名湯に浸かる♪長野県の白骨温泉おすすめ7選

名湯に浸かる♪長野県の白骨温泉おすすめ7選

長野県松本市の安曇(あづみ)地区、北アルプスの山腹にある名湯『白骨(しらほね)温泉』。乳白色の濁り湯で知られ、多くの旅行雑誌に取り上げられています。とくに胃腸病、神経症、婦人病、慢性疲労等に効能があり、その昔「白骨の湯に三日入ると三年は風邪をひかない」と言われていたほど体にいいお湯です。今回は、そんな白骨温泉からお勧めの宿を厳選してご紹介!乗鞍岳の雄姿を眺めながら、贅沢な時間を過ごして下さい!

2016年12月15日

白骨温泉ってどんなところ?

白骨温泉ってどんなところ?709128

出典:

長野・岐阜県境にそびえたつ北アルプス乗鞍岳の東側、長野県松本市安曇地区の標高1400mの山あいにたたずむのが名湯・白骨温泉。その存在は鎌倉時代の文献にも登場するなど長い歴史を誇り、日本を代表する温泉地として多くの人が訪れています。

歓楽のために作られた温泉街ではなく、もともとは病気やケガを治したい人が訪れる「湯治場」でした。本格的に湯宿が建ち並び始めたのは江戸時代に入ってからで、現在は12軒の宿泊施設のほか、公共露天風呂などの日帰り入浴施設もあります。うっかり「ハッコツ」と呼んでしまいそうになりますが、あくまでも「シラホネ」ですのでお間違えなく。

名前の由来は?

izuniimiさん(@izuniimi)が投稿した写真 -

湯船の内側に温泉成分が白く付着した様子から、古くは「白船(しらふね)」の地名で呼ばれていたそうです。しかし明治時代の書物や大正時代の小説(中里介山の『大菩薩峠』)において「白骨(しらほね)」という表記が登場して以降は「白船」と呼ばれることが少なくなっていき、現在では「白骨温泉」のほうで定着しているんだとか。ちなみに現在でも一部の宿の屋号に「白船」の名が残されています。

乳白色のお湯の理由

乳白色のお湯の理由709132

出典:

どうですか、このキレイな乳白色のお湯!乳白色に見える理由は、源泉に含まれている成分にあります。硫化水素から析出(せきしゅつ)された硫黄粒子や、重炭酸カルシウムが分解・変化して生成された炭酸カルシウムを多く含むため、このように白い色をしているんだとか。肌にやさしい弱酸性で、源泉は飲むことも可能です。

アクセス

アクセス712411

出典:Tak [KBY]さんの投稿

国道158号線を走っていると、山間から青空が見えます。春夏は、青々とした緑。秋は紅葉。冬は雪景色と色々な表情を見せてくれます。

かつては悪路で冬期通行止めの扱いだった県道300号線(白骨温泉線)の改良工事が2012年に完了し、通年での通行が可能になりました。これにより国道158号線から白骨温泉郷まで約10分で行けるようになり、とても便利に。

A photo posted by miki to be (@pinknosaru) on

【車】…長野県松本市から国道158号線と県道300号線経由で約60分。岐阜県高山市から国道158号線と県道300号線経由で約70分。
【電車・バス】…アルピコ交通上高地線の終点「新島々駅」下車。新島々バスタ-ミナルで白骨温泉行のバスに乗り換え約60分。

おすすめの宿を紹介!

おすすめの宿を紹介!712421

出典:

「白骨温泉」のことを知ったら、行ってみたくなりますよね!ここからは、おすすめの温泉宿を紹介していきます。どこもステキなので、気になる宿が見つかりますよ。

1・江戸時代創業の老舗「湯元齋藤旅館」

1・江戸時代創業の老舗「湯元齋藤旅館」709345

出典:

「湯元齋藤(さいとう)旅館」の創業は1738年(江戸時代の元文3年)。白骨温泉を代表する老舗宿です。小説家・中里介山(なかざとかいざん)は大正14年の夏、この「齋藤旅館」に宿泊し、長編小説「大菩薩峠」の終盤シーン(白骨温泉が舞台)の着想を得たそうです。「大菩薩峠」は芥川龍之介や谷崎潤一郎らが賞賛するほどの大ベストセラーとなり、ここ「白骨温泉」の名を全国に知らしめるキッカケとなりました。
1・江戸時代創業の老舗「湯元齋藤旅館」710572

出典:

緑まぶしい、源泉かけ流しの露天風呂。風が吹くたび、木々の香りが舞い込んできます。泉質は硫黄、炭酸を多く含む単純硫化水素泉で硫黄成分と炭酸成分が多く、血管を拡張しカラダをぽかぽかと温めます。

1・江戸時代創業の老舗「湯元齋藤旅館」710612

出典:

大浴場は「薬師の湯」と「龍神の湯」の二つ(写真は薬師の湯)。檜(ひのき)と椹(さわら)の木を使用した湯船には温泉成分が付着し、縁が白くなっています。400年もの歴史を持つ名湯の風格を、感じずにはいられません。あ~、いい湯だな。

「湯元齋藤旅館」料理 710488 焼き物(イワナの塩焼き蒸し)

出典:もっちっちさんの投稿

渓流の王様「岩魚(いわな)」を使った各種メニューが用意されています。写真の「塩蒸し焼き」のほか「岩魚の姿造り」、お酒好きにはたまらない「岩魚の骨酒」、オーダーを受けてから一つ一つ丁寧に焼き上げる「岩魚の塩焼き」など。

「湯元齋藤旅館」料理 710555 夕食

出典:emilaさんの投稿

信州サーモンのお造りや馬刺し、信州産の和牛、きのこ鍋、山菜の天ぷらなどなど。地元の食材をふんだんに使った会席料理を楽しむことができます。

予約プランを見る:

湯元齋藤旅館の詳細情報

湯元齋藤旅館

上高地その他 / 旅館

住所
長野県松本市安曇白骨温泉4195
平均予算
  • ¥20,000~¥29,999

データ提供

2・テレビドラマにも登場する「泡の湯」

2・テレビドラマにも登場する「泡の湯」710760

出典:

本館と新館、合わせて客室数24の「泡の湯(あわのゆ)」。最大の注目ポイントは、なんといっても男女混浴の広大な露天風呂でしょう。出入口・更衣室が男女別になっており、白濁しているお湯は透けて見えることがありません。そのため、女性でも目線を気にすることなく安心して入浴することができるんです。あまりにもロケーションが素晴らしいので、テレビの2時間ドラマのロケ地として登場することもしばしば。
2・テレビドラマにも登場する「泡の湯」710763

出典:

毎分1,730リットルという豊富な湯量を誇る源泉が自慢の、大露天風呂。新緑が美しい初夏や、秋の紅葉シーズンなど、四季折々の風情を感じながら、乳白色の湯を堪能することができます。女性は専用の湯浴み着(ゆあみぎ)をまとって入浴するスタイル。あ~、来て良かったなあ。

「泡の湯旅館」料理 710863 焼き物 (黒毛和牛と野菜)

出典:Sosieさんの投稿

信州産の黒毛和牛と野菜の石焼き。温泉で疲労を回復させたあとは、滋味あふれるメニューでフルパワー充電完了!また明日から頑張れますね。

「泡の湯旅館」料理 710942 細雪どうふいくら

出典:Sosieさんの投稿

信州サーモン(ニジマスに似た長野県特産の養殖魚)のイクラが乗ったお豆腐など、海のない長野県ならではの工夫が光るメニューの数々。

予約プランを見る:

泡の湯旅館の詳細情報

泡の湯旅館

上高地その他 / 旅館

住所
長野県松本市安曇白骨温泉
平均予算
  • ¥20,000~¥29,999

データ提供

3・旅人の心休まる宿「白骨ゑびすや」

3・旅人の心休まる宿「白骨ゑびすや」710998

出典:

白骨温泉郷の中でもひときわ高い場所に位置する「白骨ゑびすや」。ここは、山々の雄大な眺望が特徴の宿。布団の上げ下げなどを行うスタッフが部屋に立ち入らない「おかまいなしプラン」が用意されているなど、まるで自宅にいるかのようなリラックスした時間を過ごすことができるんです。

uekayoさん(@uekayo)が投稿した写真 -

野鳥のさえずり、木の葉同士がこすれ合う音…。都会の喧騒を離れ、なにもかもリセットしてくれる貴重な時間です。

3・旅人の心休まる宿「白骨ゑびすや」711046

出典:

見た瞬間、時の流れの重みを感じることができる内湯。自然のパワーがひしひしと伝わってきます。あ~、いつまでもいつまでも、このお湯に浸かっていたいなあ。

白骨温泉名物の「温泉粥」。酸味や渋みのある白骨温泉の源泉を使ってお粥を作ると、あら不思議。まろやかで、ほのかな塩味が醸し出され、お米の甘さが引き立つのです。ここ「ゑびすや」では、朝食時にいただくことができます。

予約プランを見る:

4・飲泉が楽しくなる「白船荘新宅旅館」

4・飲泉が楽しくなる「白船荘新宅旅館」711086

出典:

自己源泉から湧き出る毎分250リットルの100%かけ流し温泉が嬉しい「白船荘新宅旅館(しらふねそうしんたくりょかん)」。源泉の温度が約50℃と高いため加温をする必要がなく、もちろん循環ろ過も着色もしていない、源泉から湧き出したばかりのピュアな温泉があふれています。

satoさん(@ihsotasatoshi)が投稿した写真 -

旅館の敷地内には「飲泉所(いんせんじょ)」があり、源泉を飲むことができます。容器に入れての持ち帰りも可能。冷蔵庫で保管すれば、一ヶ月ぐらいは問題なく使用できます。この温泉を浸かって、家庭で「温泉粥」を作る人もいます。ぜひ、チャレンジしてみてください。

4・飲泉が楽しくなる「白船荘新宅旅館」711110

出典:

男性用の露天風呂。ちなみに館内に7ヶ所ある内湯や露天風呂のかけ流し口から出てくるお湯は、全て飲用可能となっています。1回につき100mlくらいを一口一口ゆっくりと、1日3回~5回程度、空腹時を避けて飲泉すると良いとのこと。ここ「新宅旅館」では専用の飲泉カップが用意されています。プハ~、うまいな~(腰に手をあてながら)。

4・飲泉が楽しくなる「白船荘新宅旅館」711125

出典:

日本有数のそば処としても知られている長野県。もちろん「新宅旅館」でも夕食時にいただくことができます。「ざる蕎麦」や「投じ蕎麦」、「平面打ちの切り蕎麦」などが用意されているとのこと。「投じ蕎麦」というのは、小さくまとめた蕎麦をかごに入れ、野菜やキノコが入った鍋つゆに投入して食べる、このエリア独特の珍しいお蕎麦です。超おすすめ♪

予約プランを見る:

5・エリア最大級の「白船グランドホテル」

5・エリア最大級の「白船グランドホテル」711164

出典:

「白船グランドホテル」は白骨温泉郷では最大級の温泉ホテルで、その客室数は54。個室サウナ付きの特別なお部屋から、スタンダードな和室、そしてベッドが2つ並んだ洋室まで、さまざまなタイプの客室が用意されています。お風呂も「展望大浴場」「露天風呂」「家族風呂」「サウナ」と充実していて、飽きることがありません。
5・エリア最大級の「白船グランドホテル」711185

出典:

標高1,400mの地にお湯を湛える露天風呂は、眼前に緑の山並みが広がる絶好のロケーション。標高が高いため気温が低く、温泉に浸かっている下半身と外気に触れている上半身との温度差が心地よく感じられるのです。あ~、気持ちいいな。

「白船グランドホテル」料理 711190 小鍋 温泉豆乳鍋

出典:ぴよぴよヒヨコさんの投稿

「白船グランドホテル」名物、豆乳仕立ての「白船鍋」。信州産のキノコや野菜など、地産地消にこだわった食材が詰まっています。

「白船グランドホテル」料理 711215 お造り 大岩魚・信州サーモン

出典:ぴよぴよヒヨコさんの投稿

やさしい色合いの信州サーモンと岩魚のお造り。「これ美味しいね」「一度も食べたことない味だよね」と…普段は見ることができない山間の宿ならではの珍しい食材がテーブルに並ぶと、会話も弾んじゃいます。

予約プランを見る:

白船グランドホテルの詳細情報

白船グランドホテル

新島々 / 旅館

住所
長野県松本市安曇白骨温泉4203-6
平均予算
  • ¥20,000~¥29,999

データ提供

6・やさしい肌触りのお湯「つるや旅館」

6・やさしい肌触りのお湯「つるや旅館」711238

出典:

白骨温泉郷に10数ヶ所ある源泉には、それぞれに「湯号」と呼ばれる愛称のようなものが付けられているのですが、ここ「つるや旅館」の源泉は「絹の湯」と名付けられています。その名の通り、絹のようなやさしい肌ざわりの泉質を誇り、館内に設けられた飲泉所では温泉を飲むこともできます。
6・やさしい肌触りのお湯「つるや旅館」711312

出典:

ウエルカムドリンクならぬ、ウエルカムホットスプリング?絹の湯を飲むと消化器系の血流が良くなり、便秘や胃腸病に効くと言われています。

@exit.beamが投稿した写真 -

やや小さめの露天風呂ですが、ここ「つるや旅館」は日帰り入浴客の受け入れをしていないので、利用するのは宿泊者のみ。チェックインのあとすぐ、安定した温度の乳白色の湯に浸かることができます。さて、お風呂の次は楽しい夕食の時間。あ~、おなかがすいてきちゃったな。

「つるや旅館」料理 711296 夕食

出典:tdkit04さんの投稿

「つるや旅館」の夕食は地元の旬の食材を多く使用した山里会席料理。白骨温泉ではマストとも言える「岩魚」「信州サーモン」「信州牛」のほか、「信州そば」「野沢菜漬け」、さらにデザートには「そばの実アイス」といった具合に、長野県らしいメニューがズラリと並びます。

予約プランを見る:

7・つり橋の宿「山水観湯川荘」

7・つり橋の宿「山水観湯川荘」711317

出典:

車1台通るのがやっとの吊り橋を渡った先にある「山水観湯川荘(さんすいかんゆがわそう)」は、総客室数14のコンパクトなお宿。とことん「健康」にこだわっていて、夕食も朝食もカラダに良い食材や調理方法を追求したメニューばかりです。温泉に浸かって外側から健康になるだけでなく、温泉水を体内に取り込むことで内側からも健康になってもらいたいというポリシーがあるとのこと。素晴らしいですね。
「山水観湯川荘」料理 711329 山水観湯川荘(夕食/温泉鍋)

出典:初代タタカエラーメンマンさんの投稿

こちらは名物の「温泉鍋」。「山水観湯川荘」では、この鍋を「食べることのできる温泉」と称しています。温泉水の成分と、近くの牧場で育てられているブラウンスイス牛の牛乳、そして信州味噌がブレンドされて固まり、リゾットのようになる珍しいもので、ここでしか味わうことのできない特別なメニューです。

「山水観湯川荘」料理 711335 山水観湯川荘(夕食/岩魚の塩焼き)

出典:初代タタカエラーメンマンさんの投稿

岩魚の塩焼き。なんと、ここ「山水観湯川荘」では敷地内にある自前の池でイワナやニジマスを養殖しています。あまりにも鮮度が良すぎて、焼くと身がはじけてしまうこともあるんだとか。

標高1000mを超えると人間の脳は(異常)だと判断して、養分を摂取する量を増やすそうです。ですので、このような高地で温泉にお入りいただくことは温泉の効き目をさらに高める効果があるようです。

出典:白骨温泉 湯川荘|温泉のご案内|乳白色の温泉 無料利用できる貸切露天風呂の温泉旅館

四角い湯船や丸い湯船など、「山水観湯川荘」の露天風呂は合計3ヶ所。貸切風呂になっていて、およそ50分間を目安に利用できます。先客がいなければ、予約不要で自由に入浴できるシステム。さ~て次は、どの露天に入ろかな?

山水観湯川荘の詳細情報

山水観湯川荘

上高地その他 / 旅館

住所
長野県松本市安曇白骨4196
平均予算
  • ¥15,000~¥19,999
  • ¥20,000~¥29,999

データ提供

合わせて立ち寄りたい

せっかく白骨温泉に泊まるなら、合わせて立ち寄ってもらいたい近隣の観光スポットを紹介します。宿泊の前に、あるいは宿泊のあとに、ぜひどうぞ。

上高地

上高地711419

出典:ayashii100さんの投稿

上高地のシンボル「河童橋(かっぱばし)」。初代は明治24年に架けられ、現在は5代目の橋となっています。

「上高地(かみこうち)」は白骨温泉からバスの直行便で所要約35分、乗り換え便で所要約55分の距離。神の降り立つ地(神降地)とも称される日本屈指の山岳景勝地です。北アルプスの標高3,000m級の山々を背景に河童橋と梓川を擁する風景は、ここを訪れたことのない人でも一度はテレビなどで見たことがあるはず。
上高地711430

出典:しげさんの投稿

河童橋から上流方向へハイキングコースを歩くこと約60分。神秘の池「明神池(みょうじんいけ)」が現れます。鏡池とも呼ばれるその姿は水面が鏡のように美しく、周囲の木々や空をそっくり映し出す神秘的な風景を浮かび上がらせます。思わずお気に入りに追加したくなる、まるでプロカメラマンが撮ったかのような写真が撮れるチャンス!

上高地711703

出典:hehoさんの投稿

もうちょい頑張って奥の方まで足を伸ばせば、日本でも五指に入る紅葉の美しさを誇る「涸沢(からさわ)」にたどり着きます。一度見たら人生観が変わるとも言われている、「快晴の日の涸沢の紅葉」。見頃は例年、9月下旬から10月上旬までです。

上高地へのアクセス

上高地に通じる県道は環境保全のためマイカーの乗り入れが規制されています。上高地の手前、長野県側の沢渡(さわんど)駐車場か、岐阜県側の平湯(ひらゆ)駐車場に車を置き、シャトルバスかタクシーで向かいましょう。
上高地へのアクセス712540

出典:to0mi1さんの投稿

【沢渡駐車場からバス】…シャトルバスで約30分。シャトルバスは日中、10分から30分間隔で運行しています。
【平湯駐車場からバス】…シャトルバスで約25分。シャトルバスは日中、30分間隔で運行しています。
※どちらも例年、4月15日から11月15日までの運行。冬季は運休となります。

畳平

畳平711477

出典:

「畳平(たたみだいら)」は標高2,702m、乗鞍岳(標高3,026m)への登山の拠点になっていて、バスターミナルのほかに宿泊施設、郵便局、売店、食堂などがあります。かつてはマイカーの乗り入れが可能で「マイカーが走れる日本で一番高い場所」として有名でしたが、現在は環境保全のため、バスかタクシーによるアクセスのみが許されています。
畳平711682

出典:

畳平周辺は歩きやすい遊歩道やハイキングコースが整備されていて、登山の本格的な装備がなくても、軽い運動ができるスタイルであれば問題なく歩き回ることができます。珍しい高山植物や、天然記念物の雷鳥(らいちょう)に会いたいですね。

畳平711687

出典:smurfさんの投稿

見渡す限りの雲海も畳平を代表する風景の一つ。飛行機に乗ったときにしか見られないような光景が、バスから降りた場所で拝めるんです。これはおトクですね♪

畳平へのアクセス

畳平に通じる「乗鞍スカイライン」と「乗鞍エコーライン」は環境保全のためマイカーの通行が規制されていて、バスかタクシーによるアクセスのみが許可されています。
畳平へのアクセス712551

出典:

運がよければ出会える、雷鳥。この鳥に会う為、早朝から1日中カメラを握りしめて待つ人たちがいます。

【岐阜県側・ほおのき平駐車場から】…畳平行きのシャトルバスで所要約45分。30分~1時間毎に運行。
【長野県側・乗鞍高原観光センター駐車場から】…畳平行きのシャトルバスで所要約50分。1~2時間毎に運行。

いかがでしたか?

四季折々さまざまな表情を見せる白骨温泉は宿ごとにお風呂や食事に特色があり、とっても魅力的。ここでしか味わうことができない乳白色の湯に秘められたパワーを受け止めつつ、肩の力を抜いてリラックスしてみましょう。日常生活に戻ったとき、知らぬ間にワン(ランク)アップしている自分に驚くかも。ぜひ皆さん、足を運んでみてくださいね。

長野県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード