青森旅行で絶対食べるべき!超絶品ご当地グルメおすすめ8選

青森旅行で絶対食べるべき!超絶品ご当地グルメおすすめ8選

青森県は、大間のマグロ・八戸のサバ・青森のホタテなど、新鮮な魚介類の宝庫です。しかし、それだけではありません。メディアでメジャーなB級グルメから、今も親しまれる伝統の郷土料理やラーメンまで盛りだくさん!青森県ならではのご当地グルメをご紹介いたします。

2016年08月09日

1. みなと食堂「平目漬け丼とせんべい汁セット」

八戸市(最寄り駅:陸奥湊駅)

「みなと食堂」料理 714069

出典:kyahさんの投稿

「みなと食堂」は、八戸市営魚菜小売市場にあります。こちらで絶品と評判なのが「平目漬け丼」です。ボリュームたっぷりの平目の漬けの上に、卵黄がのっています。ご飯の下にたまったタレ・平目の漬け・卵黄をまぜて食べると、にんにく風味のタレ・まろやかな卵・平目の漬けの甘味が絶妙にマッチして、これが本当においしいのです。
「みなと食堂」料理 704415

出典:eat and runさんの投稿

卵黄のまろやかさと、お刺身のシャキシャキした食感と、タレの風味は絶妙です。

「みなと食堂」料理 698367

出典:ヤシマソブリンさんの投稿

「平目漬け丼」と「せんべい汁」のセットです。八戸名物が2ついっしょに食べられます。

おすすめは、「せんべい汁」とのセット「平目漬け丼とせんべい汁のセット」です。八戸ご当地グルメが一度に2つ味わえます。「せんべい汁」の方は、八戸の伝統郷土料理で、南部せんべいと茸と野菜が入った醤油味のお汁です。お汁を吸ったせんべいのふにゃふにゃした食感が独特です。早朝から営業しているので、朝食にもおすすめです。
「みなと食堂」内観 698368 カウンター席5席程あります♪

出典:まなみなまさんの投稿

こじんまりしたお店ですが、お昼は行列のできる人気店です。

「みなと食堂」外観 698372 外観

出典:daliaroseさんの投稿

混雑するお昼を避けて、朝の時間帯がおすすめです。

みなと食堂の詳細情報

5000みなと食堂

陸奥湊 / 海鮮丼、郷土料理(その他)、定食・食堂

住所
青森県八戸市大字湊町字久保45-1
営業時間
[月~土] 6:00~15:00
定休日
日曜日・年末年始
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

2. 八食市場寿司「いちご煮」

八戸市

「八食市場寿司」料理 698359 いちご煮

出典:*プーたん*さんの投稿

八戸名物「いちご煮」。フルーツのいちごではなくウニとアワビのお吸い物なのです。

日本有数の漁港の街・八戸に来たら、地元の人から観光客にまで人気の「八食市場寿司」で八戸グルメを味わいましょう。こちらのお店は市場の中にあるので、新鮮な魚介類がお安くいただけます。お店は朝からやっていますが、お昼は行列覚悟です。おすすめは、八戸伝統郷土料理「いちご煮」です。フルーツのイチゴを煮たのではなく、ウニとアワビのお吸い物です。ウニがイチゴのような形に見えることから、「イチゴ煮」と呼ばれるようになったそうです。「イチゴ煮」といっしょに、ボリューム満点の新鮮なネタのお寿司も味わってみてください。
「八食市場寿司」内観 698360

出典:あやばーさんの投稿

八戸漁港であがった新鮮な魚介類と、八戸ご当地グルメがそろっています。お昼になると、広い店内はたちまち満席となります。

「八食市場寿司」外観 698361 入口

出典:TOM775さんの投稿

全国でも有名な、八戸観光で人気のグルメスポットです。ここで食べるためだけに八戸を訪れる人も少なくありません。

八食市場寿司の詳細情報

八食市場寿司

長苗代 / 回転寿司

住所
青森県八戸市河原木字神才22-2 八食センター
営業時間
10:00~21:00
定休日
無休(臨時休業あり)
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

3. 味の札幌 大西「味噌カレー牛乳ラーメン」

青森市(最寄り駅:青森駅)

「味の札幌 大西」料理 698374 味噌カレー牛乳ラーメン

出典:まなみなまさんの投稿

テレビの旅番組などでおなじみ「味噌カレー牛乳ラーメン」のバター乗せです。

こちらのお店の「味噌カレー牛乳ラーメン」は、一度味わうとやみつきになる不思議な味です。スープのベースは味噌で、カレー粉と牛乳が入っています。いずれも自己主張の強そうな味ですが、味噌と牛乳がまろやかなコクを生み出し、カレー粉がスパイシーなアクセントをつけています。麺は、中太縮れ麺でスープが麺に絡みあっておいしいです。さらに青森市民はバターを加えます。食べ進めるうちにバターが溶けて、こってりとした味に変化するのを楽しむのです。青森市民のソウルフード「味噌カレー牛乳ラーメン」。ぜひ味わってみてください。
「味の札幌 大西」料理 704424 (2014/8月)「味噌カレー牛乳ラーメン(バター入り)」の麺

出典:natchan72さんの投稿

中太縮れ麺は食べごたえ抜群で、スープにもとてもよく絡みます。

「味の札幌 大西」内観 698377

出典:shohei sato (しょへ)さんの投稿

カウンター席とテーブル席があります。

「味の札幌 大西」外観 698380

出典:ぴょん子さんの投稿

昔から地元では人気店でしたが、テレビで「味噌カレー牛乳ラーメン」が紹介されてから、観光客にも大人気のお店となりました。

味の札幌 大西の詳細情報

味の札幌 大西

青森 / ラーメン、郷土料理(その他)

住所
青森県青森市古川1丁目15-6 大西クリエイトビル 1F
営業時間
11:00~21:30(LO)
定休日
なし(年末年始、夏休み)
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

4. 青森魚菜センター本店「のっけ丼」

青森市(最寄り駅:青森駅)

「青森魚菜センター 本店」料理 698390

出典:Eaterさんの投稿

自分でチョイスしたネタで作る海鮮丼が「のっけ丼」です。

「青森魚菜センター本店」はいろんなお店が入った市場です。自分の好きな具材で作る「のっけ丼」を食べるには、まず最初に1,000円分の10枚つづりのチケットを買います。次に、容器に入ったご飯をチケットで購入。後は市場の中を自由に歩いて、食べたい食材を見つけてはチケットで買ってご飯の上にのせていくのです♪人気はボタンエビ、ホタテ、マグロなどです。市場だけに食材はどれもボリュームがあります。食べたいものだけで作る、自分だけの海鮮丼。新鮮な青森の海の幸を思いっきり味わってください。

「青森魚菜センター 本店」料理 704410 小分けされた盛り付け食材が所せましと陳列

出典:sweets junkieさんの投稿

店内のいろんなお店で「のっけ丼」用の食材が並んでいます。お店によって扱っている食材が違いますから、丼を手に、じっくりと選んでまわるのが「のっけ丼」作りの楽しさです。

「青森魚菜センター 本店」内観 698394 休憩所②

出典:アルゼンチンファンさんの投稿

イートインスペースは、店内のあちこちにあります。写真の右側のテーブルセットで食事できます。お箸、水、醤油とわさびも用意されています。

「青森魚菜センター 本店」外観 698398 外観

出典:あやプーさんの投稿

大きな看板と、「のっけ丼」と書かれたのぼりが目印です。すぐわかります。

青森魚菜センター 本店の詳細情報

青森魚菜センター 本店

青森 / その他

住所
青森県青森市古川1-11-16
営業時間
7:00~16:00 ※のっけ丼の営業時間
定休日
火曜日(行楽シーズンは営業アリ)、1月1日・2日、不定休(お店の公式HPをご覧ください)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

5. 司バラ焼き大衆食堂「バラ焼き」

十和田市

「司バラ焼き大衆食堂」料理 698400 after

出典:詐称グルメ王さんの投稿

「バラ焼き」は、B-1グランプリで全国に有名になった十和田のご当地グルメです。

「司バラ焼き大衆食堂」は、手軽に十和田名物グルメ「バラ焼き」を味わえるお店です。「バラ焼き」は、醤油をベースにした甘辛いタレに玉ねぎと牛バラ肉をからめたものです。鉄板で、まずは敷き詰めた玉ねぎがあめ色になるまで炒めてから、牛バラ肉を炒めていただきます。甘辛い牛バラ肉と玉ねぎを食べると、白いご飯が食べたくなること間違いありません。


「司バラ焼き大衆食堂」料理 704456 バラ焼きオンライス。ライスは100円。

出典:愛腹喰意地郎さんの投稿

ご飯に乗せて食べたくなるのが、「バラ焼き」です。

「司バラ焼き大衆食堂」内観 698405 屋台な店内。やや狭め

出典:さっちゃん自然派さんの投稿

席ごとにコンロがおかれています。ちょうどいい焼き加減はお店のスタッフが教えてくれますので、初めてでも安心です。

「司バラ焼き大衆食堂」外観 698408 外観。

出典:Nagimikanさんの投稿

店内に30席、屋外に10席あります。

司バラ焼き大衆食堂の詳細情報

司バラ焼き大衆食堂

十和田市 / 定食・食堂、焼肉

住所
青森県十和田市稲生町15-41
営業時間
11:00~14:30(LO14:00) 17:30~23:00(LO22:30)
定休日
月曜日※月曜日が休日の場合は火曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

6.魚喰いの大間んぞく「マグロ丼」

大間町

「魚喰いの大間んぞく」料理 698416

出典:蔵さんの投稿

大間産マグロのマグロ丼です。

大間といえば、頭に浮かぶのはマグロです。こちらの「魚喰いの大間んぞく」というお店は、地元・大間で獲れたマグロがリーズナブルな値段で食べられると評判のお店です。おすすめは大トロ、中トロ、赤身がのった「マグロ丼」です。お味噌汁と漬物、小鉢が2つついてきます。マグロ漁師さんのお店とあって、食事だけではなくマグロを解体して販売もします。大間のマグロを確実に味わいたい時は、こちらがおすすめです。
「魚喰いの大間んぞく」料理 704372 マグロ丼(大トロ、中トロ、赤身)¥3,500

出典:蔵さんの投稿

大トロと中トロ、赤身の「マグロ丼」です。

「魚喰いの大間んぞく」内観 698422 座った席から

出典:dreamtheaterさんの投稿

漁師さんが営業する店だけあって、大漁旗がのれんになっています。

「魚喰いの大間んぞく」外観 698424

出典:半熟たまご#さんの投稿

マグロだけではなく、新鮮なイカも味わえます。

魚喰いの大間んぞくの詳細情報

魚喰いの大間んぞく

大間町その他 / 魚介料理・海鮮料理、海鮮丼、定食・食堂

住所
青森県下北郡大間町大間大間平17-377
営業時間
8:00~18:00
定休日
不定休
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

7. 三忠食堂本店「津軽そば」

弘前市(最寄り駅:弘前駅)

「三忠食堂 本店」料理 698428 三日がかりの津軽そば

出典:ぎずも355さんの投稿

津軽伝統の「津軽そば」です。

「三忠食堂」は、映画「津軽百年食堂」のモデルとなったお店の1つです。昔から地元で愛されている「津軽そば」は、こちらでいただけます。江戸時代から津軽地方独自の製法で作られていたそばは、そばのつなぎに大豆を使い3日かけてそばを打ち、麺にした後は1晩寝かせてから煮て、さらに注文を受けてから湯通しします。手間をかけてつくった麺は、他の地方では味わえない独特の食感です。ダシは焼き丸干しと昆布で、あっさりとしつつ香り高い味わいのそばつゆとなります。津軽地方ならではの日本そばですが、お値段は普通のおそばと変わりません。手軽に味わえる津軽地方伝統グルメです。
「三忠食堂 本店」料理 704447 煮おきの独特な麺

出典:ぎずも355さんの投稿

トッピングにナルトがあるのが、こちらのお店の「津軽そば」の特徴です。

「三忠食堂 本店」内観 698431 店内

出典:まーにむさんの投稿

店内は、映画を観た方にはおなじみの光景です。

「三忠食堂 本店」外観 698436

出典:nori964さんの投稿

昔から親しまれてきた大衆食堂です。

三忠食堂 本店の詳細情報

三忠食堂 本店

弘前 / 定食・食堂、そば、ラーメン

住所
青森県弘前市大字和徳町164
営業時間
11:00~19:00 桜まつり期間中は、本店は休業し、弘前城公園内の出店で営業
定休日
火曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

8. 妙光食堂「つゆ焼きそば」

黒石市(最寄り駅:境松駅)

「妙光食堂」料理 698439 妙高食堂@黒石 つゆやきそば

出典:Ryumanさんの投稿

黒石名物「黒石焼きそば」を丼に入れ、ラーメンスープをかけたのが「つゆ焼きそば」。トッピングは揚げ玉とネギです。

消え去ってしまった黒石のソウルフード「つゆ焼きそば」を復活させたのが、「妙高食堂」です。こちらの「つゆ焼きそば」は、スープの中に入っているのは何と「黒石やきそば」。「黒石焼きそば」は、幅広の太平麺・豚バラ肉・キャベツ・玉ねぎをウスターソースで炒めた、黒石の人気のご当地グルメの焼きそばです。そんな「つゆ焼きそば」のお味ですが、酸味に加えてちょっぴりピリ辛なお味。不思議な味わいで、ラーメンのようでいてしっかり焼きそばの味がします。お店によっては、うどんの汁や豚骨スープなど、かけるスープが異なっています。

「妙光食堂」料理 704439 つゆ焼そば

出典:まーにむさんの投稿

麺が幅広いのが黒石の焼きそばです。その焼きそばで、「つゆ焼きそば」を作っています。

「妙光食堂」内観 698443

出典:くろあめさんの投稿

「つゆ焼きそば」は、このお店から全国で知られるようになりました。

「妙光食堂」外観 698444 実は入口(のれんも)は2つ

出典:黒ひまわりさんの投稿

現在、黒石市内ではいろんなお店で「つゆ焼きそば」を出していることから、看板に、あえて元祖と銘打っています。

妙光食堂の詳細情報

妙光食堂

境松、黒石 / 定食・食堂、焼きそば、ラーメン

住所
青森県黒石市元町66
営業時間
11:00~18:00
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

いかがでしたか?

青森旅行に行ったらぜひ食べてみてほしい、おすすめのご当地グルメをご紹介いたしました。どれも絶品のものばかりです。ぜひ足を運んでみてくださいね。

青森県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

青森県を旅する

編集部おすすめ

関連キーワード