沖縄美ら海水族館で有名な「海洋博公園」をフルで満喫する、おすすめ13スポット!

沖縄美ら海水族館で有名な「海洋博公園」をフルで満喫する、おすすめ13スポット!

美ら海水族館で有名な『海洋博公園』は、海にちなんだ見どころ満載の複合施設です。沖縄では首里城の次に観光客が多い人気のスポット!見どころは水族館だけではありません。さまざまな魅力的スポットが目白押しの海洋博公園の全貌をディープに探ってみたいと思います。初めての沖縄でしたら絶対にはずせない沖縄の代表的スポットを楽しみましょう♪

2016年08月19日

広~い『海洋博公園』を廻ってみましょう!

広~い『海洋博公園』を廻ってみましょう!720851

出典:fukumaさんの投稿

沖縄の北部、大自然の見どころも多い本部町にある『海洋博公園』は、1975年に開催された“沖縄国際海洋博覧会”を記念して、翌年、国営の沖縄記念公園の一部として設置されました。場所は離れていますが首里城公園などもそのひとつです。海洋博公園では「沖縄美ら海水族館」が有名ですが、それ以外にも見どころ満載です。
広~い『海洋博公園』を廻ってみましょう!720894

出典:せい@justiceさんの投稿

公園は3つのエリアから構成されています。大人気の【海のエリア】は、巨大ジンベエザメやマンタ、サメ・エイなどが見れる世界最大級の「沖縄美ら海水族館」、イルカショーが人気の「オキちゃん劇場」をはじめ、マナティー館・ウミガメ館・イルカラグーン、人工の白砂「エメラルドビーチ」など海とふれあうことふができる至福の空間です。【歴史・文化のエリア】では、「海洋文化館」や「おきなわ郷土村」。【花・緑のエリア】は、一年中さまざまな花を満喫できる「熱帯ドリームセンター」など、1日で廻りきれないほど遊びどころ満載です。
広~い『海洋博公園』を廻ってみましょう!721032

出典:

まずは、総合案内所(ハイサイプラザ)でパンフレットをゲットして館内を廻りましょう。広い館内には電気遊覧車が運行しています。園内の端から端まで運行しているので、行きたい場所にアプローチしてくれますよ。有料ですが2回以上乗るなら1日周遊券を購入するのが賢明です。

海のエリアを堪能しましょう!

1.世界最大級「沖縄美ら海水族館」

1.世界最大級「沖縄美ら海水族館」720843

出典:hodophotoさんの投稿

海洋博公園と言えば、ほとんどの方の一番のお目当てがココ『美ら海水族館』。沖縄の海の再現というモチーフで作られた世界最大級を誇るメイン水槽“黒潮の海”。熱帯魚から深海魚までおよそ16,000匹以上の魚が華麗に泳ぎます。
1.世界最大級「沖縄美ら海水族館」728769

出典:mako Tさんの投稿

こちらの注目は「ジンベエザメ」。エサのやり方の技術で他の魚を食べてしまうというアクシデントはほとんどないそうです。1日に数回あるジンベエザメのエサやりタイムは要チェック!1回の食事で約100リットルのエサと海水を吸い込む姿は圧巻という言葉に尽きます。時間については公式サイトでチェックしてみてくださいね。
1.世界最大級「沖縄美ら海水族館」720890

出典:ふらわーさんの投稿

他にもマンタ・大型のサメ・巨大エイなども人気です。まるでダイビングで海の中をもぐっているような錯覚すら覚えます♪
1.世界最大級「沖縄美ら海水族館」720897

出典:Falfaさんの投稿

清掃するスタッフのパフォーマンスも見どころです。迫っていく巨大サメたちに飲み込まれてしまうのではないかと、見ている方も心配になってしまいます。
1.世界最大級「沖縄美ら海水族館」720867

出典:nicky777さんの投稿

巨大水槽の他にも多種多様に工夫が凝らされた水槽があるのでそちらもお忘れなく~!カラフルな色がキレイな魚や滑稽な生物がたくさん!ここでしか見ることができない貴重な種もいるので要チェックです。

2.オキちゃん劇場

2.オキちゃん劇場720837

出典:junerさんの投稿

青くキレイな海と伊江島が遠目に見えるステキな背景に見る人気の名物ショーが『イルカのオキちゃんショー』です。ダンスや圧巻のハイジャンプなど、見事なパフォーマンスに拍手がなりやみません。過去に訪れた方は観覧席が暑かった記憶がありませんか?でも大丈夫!日除けが設置されたので、快適空間の中、ショーを楽しむことができますよ♪
2.オキちゃん劇場720902

出典:Aoniyoshiさんの投稿

イルカショーは、およそ20分間、ダイバーショーは、およそ15分間行われます。いずれも無料で楽しめます。

3.間近でイルカが見れる「イルカラグーン」

3.間近でイルカが見れる「イルカラグーン」720919

出典:

イルカショーを満喫したらイルカをもっと間近で見たくなる方も多いはず!そこでおすすめなのが「イルカラグーン」。イルカへのタッチは禁止されていますが、毎日何回か開催している餌付けに参加することができます。参加料は無料ですがエサ代が有料となります。所要時間が約30分程度です。土日祝日のみ1日1回の開催なのでお気を付けください。

4.「ウミガメ館」にも立ち寄ってみましょう

4.「ウミガメ館」にも立ち寄ってみましょう720838

出典:雨ん棒さんさんの投稿

沖縄本島でも産卵にウミガメがやってくるそうですが、離島ほど遭遇できなくなったそうです。そんな中、沖縄近海に生息するウミガメを水上と水中から観察することができる「ウミガメ館」にも立ち寄ってみましょう。無料で閲覧可能です。

5.「マナティー館」で人魚のモデルに出会える?

5.「マナティー館」で人魚のモデルに出会える?721121

出典:

人魚伝説のモデルとなったと言いつがれる、アメリカマナティーを飼育している「マナティー館」。なんと体長は大きいもので4m以上にもなるとか。餌付けタイムもチェックしたいポイントです♪
5.「マナティー館」で人魚のモデルに出会える?720941

出典:

あれ人魚!?と思った方も少なくないのでは?しなやかなしっぽの感じが言われればそうかも!無料で閲覧することができますよ♪

6.エメラルドビーチ

6.エメラルドビーチ721070

出典:

海洋博公園内にはビーチもあります。エメラルドグリーンの色合いを見せる、その名も『エメラルドビーチ』。人工とは思えない美しさを堪能できます。水質はAAランク(もっとも良い)と認められ、“日本の水浴場88選”や“快水浴場百選”に認定されました。
6.エメラルドビーチ721095

出典:

監視員やクラゲ防御ネットも設置され、安全で快適な空間です。入場・シャワーともに無料で遊泳できますよ♪遊泳期間は4月1日から10月31日まで!

歴史・文化のエリアを堪能しよう!

7.海洋文化館・プラネタリウム

7.海洋文化館・プラネタリウム720960

出典:

『海洋文化館』は、大型のカヌー、太平洋を床に描いた地図、壁を利用した大型映像で知る海洋の歴史などが見どころです。とくに人気の『プラネタリウム』もあり、最大恒星数がなんと1億4千万個にも及ぶスケールだとか。思わずうっとりしてしまいそうになるキレイで美しい星空を巨大ドームのスクリーンが演出してくれる心地いい空間です。沖縄の民謡や神話などを取り上げたさまざまなプログラムが用意されています。有料ですが他では類を見ないコスパなので、ぜひ立ち寄ってみてください。所要時間約20分、毎日実施しています。
土日祝限定で、クラフト体験が実施されています。しかも入館料のみ!ぜひ、オセアニアのお面や星空早見シート作りを体験してくださいね。所要時間は約30分です。

8.おきなわ郷土村

8.おきなわ郷土村721052

出典:

『おきなわ郷土村』は、琉球王国時代の沖縄の村落を再現しています。民家や高倉など赤瓦屋根の古民家とはちょっと違うイメージの沖縄の文化に触れることが出来そうです。
8.おきなわ郷土村721062

出典:

古い建物ですが、各家屋では、日本語、英語、中国語で聞くことができるボタン式のセルフガイドで、より詳しく学ぶことができます。無料観覧できるのも嬉しいクオリティーです♪

花・緑のエリアを堪能しましょう!

9.熱帯ドリームセンター

9.熱帯ドリームセンター720976

出典:

まるで古城のようなインパクトのある建物『熱帯ドリームセンター』には、さまざまな南国ならではの熱帯植物を閲覧することができます。2,000株以上のランが常時展示される温室は、海とは違った見事な異空間が味わえます。珍しいトロピカルフルーツも見ることができます♪
9.熱帯ドリームセンター721026

出典:

ガイドをしてくれる無料貸し出しの器具もあるので植物について詳しく学びたい方にはおすすめです。ぜひホール内の受付に問い合わせてみてください。

10.熱帯・亜熱帯都市緑化植物園とグラウンドゴルフも楽しもう!

10.熱帯・亜熱帯都市緑化植物園とグラウンドゴルフも楽しもう!730073

出典:

「熱帯・亜熱帯都市緑化植物園」は、亜熱帯地域を住民のための緑化に改善するための研究がなされている場所でもあります。それに関わるおよそ400種類以上の植物を閲覧することができます。

A photo posted by hitomi* (@mi_sou0115) on

また、ガーデンは無料でグラウンドゴルフが楽しめる超穴場なのです。24ホールのロングコースと8ホールのショートコースが選べます。豊富な緑の好環境の中、プレイを楽しむことができますよ。

海洋博公園の魅力はまだまだあります!

11.カラフルな公園の人気者たちと記念撮影!

11.カラフルな公園の人気者たちと記念撮影!721102

出典:

園内の至る所に沖縄に棲む生物のオブジェがあります。記念撮影にいかがですか?
11.カラフルな公園の人気者たちと記念撮影!721106

出典:

愛らしいカニさんも彩り豊か。見事な植物のオブジェです。
11.カラフルな公園の人気者たちと記念撮影!721115

出典:

沖縄の天然記念物“ヤンバルクイナ”もいました。

12.噴水広場・噴水が音楽に併せて踊るって?【3月~9月のみ】

12.噴水広場・噴水が音楽に併せて踊るって?【3月~9月のみ】721131

出典:

暑い日には思わず駆け寄りたくなる噴水も見どころのひとつ。センターノズルから噴射する高さは7mにもなるとか。定時になると、琉球民謡やポップスにあわせて噴水ショーが始まります。サイトでも時間が公開されていますのでその都度チェックしてみてくださいね。※夏期(3月~9月)のみに実施されているそうです。

13.海岸遊歩道

13.海岸遊歩道721141

出典:

海洋博公園の海岸沿いには遊歩道が整備されています。トロピカルな植物の中、南国ムード満点!キレイな海を横目に快適な散歩を楽しめます。心地いい風を浴びながら夕日を堪能するにも快適なスポットです。

おトク情報

「おきなわ郷土村」でお茶とお菓子の無料サービスが!

「おきなわ郷土村」でお茶とお菓子の無料サービスが!721155

出典:

おきなわ郷土村の「地頭代の家」では、お茶とお菓子の無料サービスや、三線の演奏体験、沖縄の踊りを無料体験できますよ。地元のおばぁが、直々に伝授してくださるそうです♪

A photo posted by Kubo Kaisaku (@cayart) on

無料入館日をチェックしよう!

年に何度か各施設の入場料が無料となる日があるので要チェックです。

【熱帯ドリームセンター・海洋文化館(プラネタリウムを含む)】
2016年は年4回実施(4月29日(金)、5月4日(水)、10月9日(日)、10月30日(日)の4回)
※対象の条件はありません。
ただし、5月5日(木)は小中学生のみ、9月19日(月)は65歳以上の方のみ。

【沖縄美ら海水族館】
2016年は年2回実施(5月4日(水)、5月5日(木)の2回)
対象は、小中学生のみ。

詳しくはサイトでご確認くださいね。

A photo posted by さおり (@s_o_r_87) on

沖縄の植物体験イベントが無料!

毎月テーマを変えて、沖縄の花や葉を使った『植物のクラフト作り』が無料で体験できますよ。場所は「バンコの森」。植物園休憩所で行われています。旅の思い出にいかがですか?

パスポートでおトクがいっぱい!

沖縄美ら海水族館は、年間パスポートがあります。年に2回以上利用する方でしたら元がとれてしまうコスパ最強のパスポート!観光の方にもおすすめです♪安いだけではありません。長い行列を横目にスルー入館できたり、電気遊覧車が無料で乗り放題(同行者1名までOK)、園内のショップや飲食店の利用が5%オフなどの得点もありますよ。受付から2~3分程度で発行出来てその日から使えるのもお気軽です。

10人以上なら、バーベキューを堪能!

1日1組10名から、東シナ海のサンセットを眺めながらバーベキューが楽しめます!お手軽、レギュラー、満足のコースがあり、それぞれ牛、豚、鶏肉、ウィンナー、野菜がセットになったもの。たった1組というVIP感も相まって、旅の思い出になること間違いなし!

交通アクセス

那覇からは、沖縄自動車道を使うのが一般的です。終点の許田IC(きょだ)から国道58号・449号、県道114号を本部方面へ快適な湾岸道路の風景を楽しみながら進みましょう。およそ27kmのところにあります。ざっくりとですが那覇から海洋博公園までは渋滞の無い状態で2時間ほど見ておきましょう。

注意事項

A photo posted by @robojunky on

パーキングについての注意事項ですが、園内はかなり広く9か所ほどのエリアに分かれています。行く先をよく確認して駐車するエリアを選びましょう。とんでもない所に停めてしまうと結構しんどい思いをしてしまいますのでお気を付けください。

南国ムード満点の夕刻タイムもチェック!

南国ムード満点の夕刻タイムもチェック!720861

出典:そーやさんの投稿

海洋博公園は西側に面しているので、夕日の時間を狙って訪問するのもいいですね。

いかがでしたか?

いかがでしたか?720846

出典:black jackさんの投稿

海や水族館だけではない海洋博公園の魅力を堪能できましたか?古民家や熱帯植物園など、海・緑・文化をまとめて一度に触れることができる味わい深い公園です。水族館だけ訪れてそのまま帰ってしまう方も多いようですが、次回訪れる際にはゆっくりと園内を探索してみるのもいいかもしれません♪

海洋博公園の詳細情報

海洋博公園

住所
沖縄県国頭郡本部町石川424
アクセス
沖縄自動車道許田ICから国道58号・449号、県道114号を本部方面へ車で27km

データ提供

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード