京都旅行のプランに取り入れたい美術館・博物館7選

京都旅行のプランに取り入れたい美術館・博物館7選

ウグイス鳴く平安京の昔から文化・芸術の中心であり続けた京都。今では世界中から注目される観光地の1つとなりました。今回は、そんな京都に行ったら訪れたい、文化や芸術を肌で感じる美術館や博物館をご紹介します。神社仏閣巡りや、食べ歩きの合間にいかがでしょうか?

2016年08月19日

京都観光、スマートに決めたい方に!

夏は涼しく冬は暖かい、美術館・博物館へ行こう

夏は涼しく冬は暖かい、美術館・博物館へ行こう729620

出典:

雨にも負けず、風にも負けず、雪にも夏の暑さにも負けぬ・・・気候に左右されることのない美術館と博物館。夏は暑くて、冬は底冷えの京都観光にはぴったりなスポットなんです!

夏は涼しく冬は暖かい、美術館・博物館へ行こう729624

出典:

古都・京都には、様々な文化やアートに触れられるスポットがたくさん。今回は、そんな京都のおすすめ美術館と博物館をご紹介します。動くに動けない京都の夏旅行や冬旅行に美術館巡りはいかがでしょうか。屋内で、コンパクトに京都のお宝を堪能しましょう。

京都市美術館【京都市左京区】

西日本最大のアートスポット

西日本最大のアートスポット682577

出典:ceule Hoaさんの投稿

京都市の岡崎公園内にある「京都市美術館」。1933年(昭和8年)11月、その5年前に京都で挙行された昭和天皇即位のセレモニーをきっかけに、東京都美術館に次ぐ日本で二番目の大規模公立美術館として設立されました。高島屋日本橋店や共立講堂などで有名な前田健二郎の設計で、堂々たる洋風建築ながら千鳥破風がついているなど、昭和初期に流行した和洋折衷の「帝冠様式」です。

西日本最大のアートスポット688038

出典:

建物の内装だって、凄いんです。現在では入手不能な高品質な大理石がふんだんに使われています。この階段を下るとき、王侯貴族の気分を味わえますよ。

A photo posted by Sandy Lin (@sandysumire) on

竹内栖鳳(たけうちせいほう)や上村松園(うえむらしょうえん)など、京都画壇のビックネームのコレクションで有名なこちらの美術館。所蔵の竹内栖鳳作「絵になる最初」は、モデルが服を脱ぐ、まさしくその瞬間を捉えた作品で、2016年国指定重要文化財に指定されました。明治や大正時代など近・現代美術が集まる美術館です。

A photo posted by 仲西さや香 (@sayaka_ag) on

常設展だけでなく、共催展や公募展など年間150以上もの展覧会が開催されている「京都市立美術館」。2016年7月~9月は跳ね上がった口ひげが印象的なスペインの画家サルバトール・ダリの作品が展示された「ダリ展」が開催されています!

細見美術館【京都市左京区】

美術を愛する多くの人々が集まるスポット

美術を愛する多くの人々が集まるスポット687565

出典:

「細見美術館」は地下鉄東西線「東山」駅から徒歩7分の所にある、私立美術館。実業家・細見古香庵氏から三代にわたり、細見家が蒐集したコレクションを展示しているんです。 常設展はなく、企画展のみ。琳派に関連する企画や、フジフイルム・フォトコレクション、はたまた18禁の春画展など、独自の切り口でユニークな美術展を手掛けています。

美術を愛する多くの人々が集まるスポット729931

出典:

ユニークなつくりの館内。開放的な吹き抜けが特徴です!意外と階段が多いので、いい運動になります。

2016年6月からは「伊藤若冲」の生誕300年を記念した展示を開催しています。東京美術館など他の美術館でも実施中の、「伊藤若冲」の展示ですが、また一味違った展示を楽しめるんです。

「茶室 古香庵」内観 729920

出典:Camelliaさんの投稿

「細見美術館」の最上階にある「古香庵」では予約をするとお点前や茶の湯体験も!床の間もきちんと設えてある本格的なお茶室で、一息ついてみては。伝統文化の継承保存と普及振興に努める「細見美術館」ならではの体験ができますよ。

漢字ミュージアム【京都市東山区】

2016年6月オープン!漢字を"体験"する博物館

2016年6月オープン!漢字を"体験"する博物館685148

出典:

「衹園四条」駅から八坂神社方面へ徒歩5分。"奥深い漢字の世界"に触れられるミュージアム「漢字ミュージアム」がオープンしました。漢字テストが苦手だった方、学生の頃は漢字が書けたけど大人になってからはPCとスマホ三昧ですっかり手が動かなくなった方、と、漢字に対して苦手意識をお持ちの方は多いのでは。ここでは、子どもも大人も漢字文化を楽しめちゃうんです。

2016年6月オープン!漢字を"体験"する博物館682479

出典:

「漢字五万字タワー」!ミュージアムの入口すぐで来館者を出迎えてくれるタワーに圧倒するのみです。

2016年6月オープン!漢字を"体験"する博物館682482

出典:

「踊る甲骨文字テーブル」では、巨大な甲骨に手をかざして、漢字のルーツとも言われる甲骨文字を見つけましょう!うっすらと歴史の授業が思い出され・・・るかも。

平安時代に京都で誕生した、純粋な日本の文字といえるひらがなやカタカナのルーツは漢字です。ここでは、そんなひらがなやカタカナの元の漢字スタンプ「モトの字スタンプ」で遊べたり、自分の名前を万葉仮名で書いたりと、漢字文化に楽しく触れることができちゃいます。

京都国際漫画ミュージアム【京都市中京区】

サブカル好きにはたまらないミュージアム

サブカル好きにはたまらないミュージアム729742

出典:

地下鉄烏丸線、烏丸御池駅2番出口より徒歩2分の立地にある「京都国際漫画ミュージアム」。約30万点の漫画の蔵書を誇ります。現在では“MANGA”としても世界中に広がるマンガについて、真面目に楽しく「マンガって何?」を理解できるような展示がされているんです。

A photo posted by Kasumi Hasegawa (@3__8) on

ここ、漫画ミュージアムは歴史ある、旧・龍池小学校を改装して作られました。芝生のお庭にゴロンとして漫画を読むのが一推しの楽しみ方です。小学校で堂々と漫画を読む!昔やりたくてもできなかった夢が叶えられますよ。

サブカル好きにはたまらないミュージアム729790

出典:

世界中で読まれている日本のMANGA、こちらでは、翻訳された日本の漫画を楽しむことができます。一番多いのは中国語(繁体字)で、英語、ハングル、フランス語などももちろんありますよ。なんとマレー語まで!

A photo posted by ayako (@at_ak_ab) on

常設展示に加え、イベントも要チェックです!2016年6月からは江口寿史展が開催中。未完の大作「ストップ!! ひばりくん!」、ぶりっこという流行語を生んだ「すすめ!!パイレーツ」などその世界にどっぷりはまってください。

A photo posted by @__eeooochasanji__ on

訪れた漫画家が壁に直筆サインとイラストを残しています。漫画好きなら必見です!誰のサインとイラストかわかる方、もはや立派な文化人です。

源氏物語ミュージアム【宇治市】

世界中で読まれた世界最古の長編小説の時代にトリップ

世界中で読まれた世界最古の長編小説の時代にトリップ682493

出典:i9724さんの投稿

京阪電鉄「宇治」駅から徒歩8分、源氏物語だけを扱った「源氏物語ミュージアム」があります。古代のラブロマンス・源氏物語をマンガのようにわかりやすくビジュアル化したのが「源氏物語ミュージアム」なんです。数々の女性の心をわしづかみする光源氏が主人公の源氏物語はマンガや映画にもなったので、ファンも多いのでは?どっぷりとその世界に浸れる美術館なんです。

A photo posted by ゆみ (@yumiimiii) on

主人公の光源氏の私邸・六条院を再現した模型や、当時の衣装や小道具のレプリカ、また、当時の話し言葉での物語の音読などもあります。源氏物語を五感で楽しめそうですね!源氏物語の登場人物のうち誰に似ているかなんて占いもあるので、カップルやグループで行くと盛り上がりますよ。

世界中で読まれた世界最古の長編小説の時代にトリップ687380

出典:

全部で54帖にもわたる長編小説・源氏物語。宇治にある「源氏物語ミュージアム」は、特に源氏物語の中でも宇治を舞台にして描かれた「宇治十帖」に関する展示が多いのが特徴です。「浮舟」などの映画が楽しめます。

相国寺承天閣(しょうこくじじょうてんかく)美術館【京都市上京区】

絵師「伊藤若冲」好きなら必訪の美術館

絵師「伊藤若冲」好きなら必訪の美術館682510

出典:

地下鉄烏丸線「今出川」駅から歩いてすぐ、同志社大学の裏手に位置する「相国寺承天閣美術館」。室町時代に「京都五山」として金閣寺・銀閣寺と並ぶ権威ある禅寺に定められた相国寺の中にあります。所蔵品のレベルは高く、古美術マニアのリピーターも多いんですよ。わびさびな佇まいも風情あります。

A photo posted by Hiromi Shibata (@hiromio228) on

2016年、東京美術館での伊藤若冲展にて4時間以上待ちの騒ぎを引き起こした「動植綵絵」。禅宗に深く帰依していた若冲本人が永代供養を願って相国寺に寄贈したものだったんです。幕末になると相国寺は、財政難に陥って宮内庁に売却することに。現在、「相国寺承天閣美術館」では精密印刷されたものが展示されています。雰囲気をつかみたい方は是非!

A photo posted by Takahiro (@taka_pong) on

「釈迦三尊像」も若冲本人より相国寺に寄贈されたもの。彼は当時の住持とも親交が深く、大変信仰に篤い人でした。なお、こちらは肉筆です。間近で若冲の筆遣いを感じることができます。衣装の模様一つ一つまで手を抜かずに描き切る描写の細かさや、絢爛豪華な色使いに圧倒されますよ。

絵師「伊藤若冲」好きなら必訪の美術館685677

出典:

その他、「葡萄小禽図」「月夜芭蕉図」をはじめとした数多くの肉筆の作品を、じっくりと見ることができます。

高台寺 掌(こうだいじ しょう)美術館【京都市上京区】

美しい蒔絵が見られる美術館

美しい蒔絵が見られる美術館685683

出典:

京都駅から市バスにて「東山安井」下車徒歩5分にある高台寺掌美術館。高台寺は「蒔絵の寺」としても知られており、その境内にある「掌美術館」では美しい蒔絵の一級品が見られるんです。

美しい蒔絵が見られる美術館687442

高台寺は豊臣秀吉の正室、北政所ねねによって太閤秀吉を弔うために建立されました。「掌美術館」という名前には、彼女が掌にのせて慈しんだ品々という意味が込められています。

美しい蒔絵が見られる美術館687467

「片身替蒔絵懸盤」。中央を稲妻形の線で区切った斬新なデザインです。桃山時代に確立された蒔絵の技法は「高台寺蒔絵」と称されるほど、高い技術とデザイン性を誇りました。

いかがでしたか?

いかがでしたか?729877

出典:

街歩きしただけでも十分に満足できる京都ですが、美術品や工芸品に触れることで、改めて京都という町が持つ奥深さや複雑な歴史に圧倒されます。一味違う京都旅行を楽しみたい方は、ぜひ、美術館巡りもしてみてくださいね。

京都府のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

京都府×ホテル・宿特集

関連キーワード