沖縄・車で行ける離島観光!海中道路で向かう、絶品沖縄グルメ15選

沖縄・車で行ける離島観光!海中道路で向かう、絶品沖縄グルメ15選

家族ドライブやデートスポットとして、観光客だけでなく地元の方も多く訪れるうるま市にある“海中道路”。海中道路にある『海の駅・あやはし館』は地元の方にも人気のグルメの宝庫!それだけではありません。海中道路の先には4つの離島があり、島ならではの味覚と展望を堪能できます。そんな離島グルメも併せた味の旅をご紹介しましょう♪

2016年08月22日

海中道路と4つの離島の味を堪能しよう!

海中道路と4つの離島の味を堪能しよう!726794

出典:ちほさんの投稿

海中道路とその先にある4つの離島、「平安座島(へんざじま)・浜比嘉島(はまひがじま)・宮城島(みやぎじま)・伊計島(いけいじま)」。デートや遊びのスポットとしても人気のエリアですが、島ならではのグルメも目白押し。海中道路から島ごとにおすすめショップをご紹介しましょう。

1.海の駅 あやはし館【海中道路】

1.海の駅 あやはし館【海中道路】726015

出典:

4つの離島に向かう前に立ち寄りたいのが、船をモチーフにした建物がインパクトある『海の駅 あやはし館』です。海中道路上にある道の駅ならぬ海の駅です。ここに来れば沖縄の珍グルメの数々を味わうことができます。とれたての野菜や魚なども販売しており、地元の方も普通にスーパー感覚で通う場所なのです。地元の方が購入する沖縄ならではの食材に興味津々の方にはピッタリです。

新鮮な海ぶどうや刺身をその場で買って味わおう

「海の駅 あやはし館」料理 726021

出典:ぐるめおやじさんの投稿

ここでは新鮮な「海ぶどう」を購入したら、醤油につけてその場で味わうことも可能です。プチプチ食感がたまらな~い。近海でとれたお刺身も一緒にいただけます。テラス席などでいただくことができます。

あやはし館のグルメはまだまだあります。さらにご紹介しましょう。

A photo posted by Daniel Ke (@daniel.ke) on

沖縄といえば、マンゴースイーツ。果肉ゴロゴロのかき氷でいただくのが女性に大人気の食べ方です。
「海の駅 あやはし館」料理 726022

出典:fanta1973さんの投稿

さとうきびをかじってみませんか?沖縄でないとなかなか体験できませんよね。どのくらいあまーいかお試しを。

「海の駅 あやはし館」料理 726023 おっぱソフトクリーム

出典:エレキマン69さんの投稿

沖縄の名物ソフトクリーム、マイルドなテイスト「おっぱソフトクリーム」も要チェック。沖縄のアイスでもう一つ忘れてはいけない“ブルーシール”と食べ比べしてみたい。

「海の駅 あやはし館」料理 726025

出典:あきぴあのさんの投稿

沖縄のおやつ「天ぷら」。サクサク天ぷらというよりはフリッターに近い感じです。衣にほんのり味がついているのが特徴です。塩・ソース・醤油・マヨネーズなどにつけてお好みのテイストでいただくのが沖縄流です。

A photo posted by 和大 平田 (@kazu8616) on

ガッツリ食べたい方には、沖縄食材を使用した「家庭料理バイキング」や「沖縄そば」などもおすすめです。海の駅というだけあって、広いパーキングは300台も駐車できる巨大スペース。アクセスもしやすくどこからでも海を眺めることができる快適空間です。往路で目ぼしいものをチェックしておいて帰りに購入するのが、衝動買い防止にもなって賢いかもしれません。

海の駅 あやはし館の詳細情報

海の駅 あやはし館

うるま市 / その他

住所
沖縄県うるま市与那城屋平4番地
営業時間
販売コーナー 9:00~19:00 アイスコーナー 10:00~19:00 鮮魚コーナー 11:00~18:00 天ぷらコーナー 11:00~18:00 レストラン 11:00~15:00
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

では、あやはし館をあとに、4つの離島グルメにアプローチ。どんなグルメが待っているのかワクワクします。まずは、平安座島のおすすめグルメを4店ご紹介~。

2.味華 (アジケー)【平安座島】

「味華」外観 726086 あじけーとはシャコガイって意味です

出典:yass0407さんの投稿

平安座島にある『味華』は、新鮮な魚料理が人気の食堂です。人気の理由は、お店の目の前が漁港という好立地。お店が仕入れる魚のクオリティーは太鼓判付き。煮魚や魚の塩焼きなどの調理メニューから、海鮮丼や刺身定食などでいただくメニューが選べます。

新鮮な魚を味わう

「味華」料理 726805 海鮮ちらし

出典:yass0407さんの投稿

たくさんあるメニューから迷ってしまったら、ご飯が見えないほどの海鮮で埋め尽くされた「海鮮丼」や「海鮮ちらし」がおすすめ。とれたての新鮮な魚しか使っていないという至福の一品です。
「味華」料理 726083 魚汁(ご飯付き)800円(税込み)

出典:おいしんぼうどんファンさんの投稿

魚の旨味がたっぷりの出汁がたまらない「魚汁」。具だくさんな一品にご飯付き。リーズナブルな人気メニューです。

味華の詳細情報

味華

うるま市 / 魚介料理・海鮮料理

住所
沖縄県うるま市与那城平安座9396-6
営業時間
11:30~17:00
定休日
月曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

3.ブランジェリーカフェヤマシタ【平安座島】

「ブランジェリーカフェヤマシタ」内観 726096

出典:ゆっきゃりんさんの投稿

浜比嘉大橋の入口近くにあるパン屋『ブロンジェリーカフェヤマシタ』。ここの注目は、テラス席から海を臨む眺望。購入したパンを片手に、ぜひナイスロケーションを堪能してください。こちらのパン生地には、隣の宮城島の名産品でもある優しいお塩「ぬちまーす」が使われています。さらにすべての商品が卵、牛乳、バターが不使用。一部バターを使用している商品もあるそうですが、基本アレルギーが心配な方でも、シンプルな味わいが楽しめます。

地元の塩がキメ手!「ぬちあんぱん」がおすすめ

「ブランジェリーカフェヤマシタ」料理 726093 ぬちあんぱんの断面

出典:macponさんの投稿

中でも一番人気が「ぬちあんぱん」。北海道あずきに沖縄の黒糖がコラボした絶品です。

A photo posted by Chloe👽 (@c.ro.alien) on

食べるのがもったいない“ハリネズミ”などを形どったかわいいパンも並びます。テラス席ではオーダーメニューもあります。モチモチ生地が最高のピザもぜひ味わってほしい一品です。

ブランジェリーカフェヤマシタの詳細情報

ブランジェリーカフェヤマシタ

うるま市 / パン、カフェ

住所
沖縄県うるま市与那城平安座425-2 2F
営業時間
11:00~19:00
定休日
月・火
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

4.いっぷく屋【平安座島】

「いっぷく屋」外観 726413 お店入口

出典:マリノスくんさんの投稿

平安座島にある『いっぷく屋』では、バラエティーにとんだ「冷やし麺」がいただけます。

看板メニュー「冷やし麺」の特徴は?

「いっぷく屋」料理 729232

出典:能継(よしつぐ)さんの投稿

いっぷく屋の「冷やし麺は」じゃがいもの澱粉と小麦粉のみを使用しているので、弾力のあるコシが決め手のオリジナル麺を堪能できます。トッピングに使われている軟骨ソーキやゴーヤも沖縄感アップ!

「いっぷく屋」料理 726113

出典:カクリコンカクーラーさんの投稿

オーソドックスな冷やし麺の他、海ぶどうや中身(モツ)がトッピングされた冷やし麺にもトライしてみては?

「いっぷく屋」料理 726114 海を見ながらいただく、海ぶどう冷やし麺

出典:マリノスくんさんの投稿

テラス席もあって、海を眺めながら食事できる贅沢なひと時を味わえます。風がなんとも心地いいこと。

いっぷく屋の詳細情報

いっぷく屋

うるま市 / カフェ、冷麺、おにぎり

住所
沖縄県うるま市与那城平安座2553-1
営業時間
正午~夕暮れ時
定休日
祭りの日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

5.てらす茶屋 ゆうなみ 【平安座島】

「てらす茶屋 ゆうなみ」外観 726152

出典:imatoko123さんの投稿

平安座島にある『てらす茶屋 ゆうなみ』は、民家をそのままお店にした落ち着く空間で食事をいただくことができます。お母さんひとりで切り盛りしているお店なので、ランチタイムを外して訪れるのがおすすめ。タコライス・ハンバーグ・魚のあんかけなどオシャレに盛られたメニューはもちろん、沖縄の“おふくろの味”が楽しめます。

はずせないメニューは「軟骨ソーキのトロトロ煮」

「てらす茶屋 ゆうなみ」料理 726135 「軟骨トロトロ」のアップ

出典:imatoko123さんの投稿

イチオシが「軟骨ソーキのトロトロ煮」。とても柔らかくとろとろのソーキ目当てに訪れるリピーターも多い看板メニューです。

「てらす茶屋 ゆうなみ」その他 726163 テラス席

出典:imatoko123さんの投稿

料理も最高ですが、それに勝る魅力は“海を見渡せる緑に囲まれたテラス席”。これがお目当てのリピーターも多く、庭には樹齢100年というフクギの木も見れるとか。人には教えたくない癒しの穴場です。

てらす茶屋 ゆうなみの詳細情報

てらす茶屋 ゆうなみ

うるま市 / カフェ

住所
沖縄県うるま市与那城平安座875
営業時間
11:00~17:00
定休日
火曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

次は、浜比嘉島のおすすめグルメを6店ご紹介しましょう。
はずせないメニューは「軟骨ソーキのトロトロ煮」726802

出典:I.Kさんの投稿

6.丸吉食品【浜比嘉島】

「丸吉食品」料理 726588

出典:ち ゅ らさんの投稿

浜比嘉ビーチに行く途中にある『丸吉食品』は、地元でとれた沖縄もずくを使ったメニューも豊富です。とくに「もずくのコロッケ」は人気メニューのひとつなので、お忘れなく。ほかにも沖縄そばや定食などの食堂メニューもあるので、お腹を空かせて訪れるのに重宝する一軒です。

ここでしか味わえない「カニともすくの天ぷら」

「丸吉食品」料理 726481

出典:ち ゅ らさんの投稿

沖縄天ぷらの相場にしてはちょっと高めですが、浜比嘉島の新名物「カニともずくの天ぷら」を目当てに訪れる方も少なくありません。ありそうで無かったこのコラボ。ワタリガニに、もずく天ぷらの素を絡めて揚げたもの。カニの風味と香りがもずく天ぷらをより高価な一品に仕上げてくれます。

「丸吉食品」内観 726480

出典:ち ゅ らさんの投稿

イートインスペースやテラス席もあり、気軽にのんびり沖縄ムードを満喫できます。このあたりに来ると地元客の独特な沖縄弁も飛び交ってなんだかホッコリ~。

丸吉食品の詳細情報

丸吉食品

うるま市 / 定食・食堂、その他

住所
沖縄県うるま市勝連浜72-2
営業時間
9:00~18:00
定休日
年中無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

7.てぃーらぶい【浜比嘉島】

「てぃーらぶい」外観 726450

出典:upsid143さんの投稿

『てぃーらぶい』は、浜比嘉ビーチの近くにある島ごはんがいただける人気のお店です。古民家で沖縄の家庭料理を食す醍醐味は、旅の思い出になること請け合いです。ちなみに“てぃーらぶい”とは、ひなたぼっこという意味だそう。

選べる島ごはん定食に大満足!

「てぃーらぶい」料理 726462 浜のてぃーらぶい定食

出典:daliaroseさんの投稿

定食は、パーツごとに選べるスタイルです。ご飯・メインのちゃんぷる・汁物を、それぞれその日の2種類からチョイスすることできます。とくに汁物は、沖縄でしかなかなかお目にかかれない「中身汁」がおすすめです。

「てぃーらぶい」料理 726464

出典:*Mio*さんの投稿

また、定食のサイド小鉢としてデフォルトでついてくる「ジーマミー豆腐揚げ」は注目の絶品。今までに食べたことがない食感と好評です。人気店なので並ぶことも多いようですので時間をずらしての訪問が賢明です。

てぃーらぶいの詳細情報

てぃーらぶい

うるま市 / 沖縄料理

住所
沖縄県うるま市勝連浜56
営業時間
11:00~16:00
定休日
定休日:火曜日 旧正月 清明際・旧盆(中ぬ日)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

8.サントリーニ【浜比嘉島】

「サントリーニ」外観 726416

出典:そらだよさんの投稿

浜比嘉大橋を渡って左折してすぐにある『サントリーニ』は、海の見える人気カフェです。避暑地リゾートにあるようなオシャレな木目調も落ち着きます。テラス席でゆったりと海を感じながら過ごすのが、この店の醍醐味です。

オシャレなコースランチはいかが?

「サントリーニ」料理 726436 県産豚肩ロースのステーキ 赤ワインソース

出典:なおちぇんさんの投稿

ランチは肉・魚などからメインを選ぶコースランチをリーズナブルにいただくことができます。注目はメインだけではありません。スープも何種類からかチョイスでき、とくに「かぼちゃのスープ」が一番人気。早めに来店しないとすぐに売れきれてしまうほどの人気ぶりです。

「サントリーニ」内観 726440 店内から海が見えます

出典:maaたんさんの投稿

晴れている日には青い海のまばゆさが際立ちます。テラスからは海中道路まで見渡せる爽快な絶景が広がります。

サントリーニの詳細情報

サントリーニ

うるま市 / カフェ、西洋各国料理(その他)

住所
沖縄県うるま市勝連浜243-1
営業時間
11:00~18:00 18:00~21:00(前日までの予約制)
定休日
水曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

ここから浜比嘉島にある「浜比嘉島リゾート」にある3店舗をご紹介しましょう。
オシャレなコースランチはいかが?726653

出典:

9.ラウンジ チャグア【浜比嘉島】

「ラウンジ チャグア」その他 726623 席からの景色。絶景。

出典:brassyさんの投稿

『ラウンジ チャグア』は浜比嘉島リゾートの飲食店の中でも、気軽にカフェ使いができるお店です。店内からガラス張りの向こうに見える海の展望が最高です。軽食は、島の野菜を使ったカレーやピザ、キレイにデコレートされたオシャレスイーツなど味わえます。

オリジナルちんすこうでティータイム

「ラウンジ チャグア」料理 726614 オリジナルちんすこうコーヒーセット(550円)

出典:noribeatさんの投稿

ティータイムにおすすめなのが「オリジナルちんすこうとティーセット」。沖縄の伝統菓子“ちんすこう”はいろいろな味が売られていますが、ここのオリジナルは塩の風味が引き立つ優しい味わいが魅力です。リゾートというと敷居が高いイメージがありますが、ワンコイン程度で海の絶景を満喫できるのも嬉しいです♪

「ラウンジ チャグア」内観 726625

出典:noribeatさんの投稿

お店はロビーの奥にあるオシャレで広々とした開放的な空間です。優雅なひとときを過ごしてみてはいかがですか?

ラウンジ チャグアの詳細情報

ラウンジ チャグア

うるま市 / ラウンジ、カフェ、ピザ

住所
沖縄県うるま市勝連比嘉202 ホテル浜比嘉島リゾート内
営業時間
[ドリンク]  10:00a.m.〜22:00 [フード]  14:00〜17:00 宿泊者以外も利用可能
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

10.レストラン浜比庭(ハピナ)【浜比嘉島】

「レストラン浜比庭」外観 726477

出典:

ホテル浜比嘉島リゾート内にある『レストラン浜比庭』はシェフのこだわり料理がいただける上ランクのフレンチレストランです。夜のコースメニューをはじめ、昼にもお手頃なコースメニューがいただける有りがたいお店です。

贅沢なコースランチに舌鼓

「レストラン浜比庭」料理 726472 山原鶏のグリル

出典:

ランチは、フレンチのコースが堪能できます。肉や魚からメインのチョイスが可能。スープ・前菜からデザートまで、どれをとってもオシャレなプレートの数々!
「レストラン浜比庭」料理 726658 近海魚のポワレ・ジャコと桜海老ソース

出典:たまがわたろうさんの投稿

進化し続ける創作料理に舌鼓~。五感で楽しめる“ごほうび級の極上の癒し”を演出してくれます。

A photo posted by k.i (@koyariku3243) on

オシャレなリゾートで海とプールを眺めながらのランチ。なんて贅沢なシチュエーションが楽しめます。

レストラン浜比庭の詳細情報

レストラン浜比庭

うるま市 / フレンチ

住所
沖縄県うるま市勝連比嘉202 ホテル浜比嘉島リゾート内
営業時間
7:00~9:00 (L.O.) 11:30~14:00 (L.O) 18:00~21:00 (L.O.)
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

11.ムルク【浜比嘉島】

「レストラン浜比庭」料理 726645 和食一例

出典:

浜比嘉島リゾートのレストランでもう1店舗ご紹介したいのが『ムルク』です。沖縄食材をふんだんに取り入れた、沖縄の食文化を体験できる究極のコース料理の他、和定食や「軟骨ソーキ炙り焼き」や「てびち」などの単品メニューも用意されています。食事だけでなく高級居酒屋としての利用も可能。地元の泡盛と併せて堪能したい味の至福が揃います。

「アグー豚の網焼き」で一杯いかが?

「ムルク」料理 726642 アグー豚の網焼き

出典:龍果実さんの投稿

沖縄食材を使ったメニューもたくさんある中、ぜひチェックしてもらいたいのが「アグー豚の網焼き」。沖縄で育てられた厳選豚を使った旨みと香ばしさが絶妙なお酒がすすむ絶品です。

ムルクの詳細情報

ムルク

うるま市 / 沖縄料理

住所
沖縄県うるま市勝連比嘉202 ホテル浜比嘉島リゾート内
営業時間
18:00~22:00(LO21:00) ホテル宿泊者以外も利用可だが 要事前連絡
定休日
不定休
平均予算
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

次は、宮城島のおすすめグルメ3店をご紹介しましょう。

12.瑠庵 島色(るあん・しまいろ)【宮城島】

「瑠庵 島色」料理 726686

出典:道産沖縄住人さんの投稿

宮城島にある『瑠庵 島色』は、リピータも多い人気のかき氷専門店です。フレーバーは定番のいちご・抹茶などをはじめ、沖縄ならではのマンゴー・黒糖みるくなどがあります。また、季節限定のたんかん・ライチ・栗などの珍メニューも楽しめます。

フルーティーな「いちごのかき氷」

「瑠庵 島色」料理 726684 いちご

出典:ラブインディアさんの投稿

人気の秘密は手作りシロップ。まるで本当のフルーツをいただいているようなジューシーさがたまりません。

「瑠庵 島色」内観 726692

出典:ユッキー@毎日ビール.jpさんの投稿

かき氷にも使われている陶器の器は、併設されているショップでも販売されています。タイミングによっては待ち時間もある人気店なので、陶器ギャラリーを見ながら待てるのも嬉しいですね。

瑠庵 島色の詳細情報

瑠庵 島色

うるま市 / かき氷

住所
沖縄県うるま市与那城桃原428-2
営業時間
11:00~17:00
定休日
火曜日・水曜日 ※7・8・9月は水曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

13.たかはなり【宮城島】

「たかはなり」その他 726704 各テーブルにはぬちまーすが置いてあります

出典:柚子胡椒姫さんの投稿

『たかはなり』は、宮城島のパワースポットでも有名な、“製塩工場ぬちうなー”の2Fにある直営カフェレストランです。店内の窓からは高台から見下ろすオーシャンビューも楽しめる絶好のロケーションです。

ぬちまーすジェラートを堪能!

「たかはなり」料理 726702 生乳でつくったコクのあるぬちまーすジェラート

出典:柚子胡椒姫さんの投稿

「ぬちまーすジェラート」は、下の工場で作られた優しい塩“ぬちまーす”が甘さを引き立てるコクのある一品。塩気がより深い「ソフトクリーム」と食べ比べもどうぞ。テーブルにぬちまーすが置いてあるので、スイカを食べる時みたいにお好みで調整して召し上がってくださいね。

「たかはなり」内観 726698 テラスの一部です

出典:macnnさんの投稿

オシャレなテラス席もあり、ゆったりな椅子に腰かければ、絶景を満喫できますよ。動きたくなくなってしまうほど居心地のいいスペースです。

たかはなりの詳細情報

たかはなり

うるま市 / カフェ、レストラン(その他)、甘味処

住所
沖縄県うるま市与那城宮城2768 ぬちうなー
営業時間
10:00~11:00 カフェメニュー 11:00~15:00 ランチメニュー 15:00~17:00(L.O) カフェメニュー
定休日
年中無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

14.あむじガーデン【宮城島】

「あむじガーデン」内観 726709

出典:fresaさんの投稿

ほぼ伊計島の手前、宮城島にある『あむじガーデン』は、夕日を眺めるのに最高のロケーションがおすすめな展望カフェです。

白玉が絶品のかき氷がおすすめ

「あむじガーデン」料理 726712

出典:erincoさんの投稿

沖縄のぜんざい、「かき氷」には紅芋の白玉が入っています。濃厚な味がインパクト!波の音が心地いいBGMにもなって、居心地のいい空間です。夕日が沈むオレンジを求めてリピートするお客さんも多い穴場スポット。

あむじガーデン

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

最後に、伊計島から1件ご紹介しましょう。

15.リトル グリーク キッチン【伊計島】

「リトル グリーク キッチン」外観 726724 縦長コンテナ×2

出典:edanyankoさんの投稿

伊計島にある『リトル グリーク キッチン』は、コンテナでつながれたとっても衝撃的な外観!こちらでは日本でも珍しいギリシャ料理がいただけます。
「リトル グリーク キッチン」内観 726727

出典:フランチェスカさんの投稿

店内に入るとオシャレな別空間が迎えてくれます。昼間はオーシャンビューが広がるナイスロケーション。予約でいっぱいなこともうなづけます。

予約必須なギリシャ料理を堪能

「リトル グリーク キッチン」料理 726730

出典:フランチェスカさんの投稿

ランチはコースのみ。ここでしか味わえないテイストの料理がボリューミーに盛られてきます。肉好きにはたまりません。味がしっかりしているのでお酒もすすんでしまいそう。

リトル グリーク キッチン

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

海中道路と4つの島グルメいかがでしたか?

沖縄のうるま市にある離島観光スポット、平安座島・浜比嘉島・宮城島・伊計島の味の旅、いかがでしたか?お腹もいっぱいになったけど、折角の沖縄ですから帰りには海の駅・あやはし館に立ち寄って、おやつや夜食でも買ってホテルに向かいましょうか~。
海中道路と4つの島グルメいかがでしたか?726803

出典:黒豚さんの投稿

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード