2016年04月01日

美容と健康に♪アボカド料理が美味しい東京の専門店

美容と健康に♪アボカド料理が美味しい東京の専門店

「世界一栄養価の高い果物」としてギネスブックにも載るアボカド。豊富な脂肪分が含まれる、森のバターとよばれる「アボカド」は、栄養価が高くまったりとした口当たりでお醤油につけて食べると「トロ」のような味わいで美味しいですよね。そんな美味しいアボカド料理が食べられる東京の専門店をご紹介します。

アボカド食べ放題もやってる「アボカド 下北沢店」

「Mexican Dining AVOCADO 下北沢店」外観 19739

出典:

「アボカド下北沢店」は、駅南口を出て商店街を南へ歩いて約5分、途中を左に曲がるとすぐにピンクの外装と大きな植木鉢が見えてきます。内装もオシャレなので、デートにも使えそう。

「Mexican Dining AVOCADO 下北沢店」料理 19740

出典:

メキシコ料理の定番「ワカモレ」。アボカドは最高級ランクのものを使用しています。アボカドをディップにして、チップスにつけていただきます。とりあえず先に頼んでおきたい一品。

「Mexican Dining AVOCADO 下北沢店」料理 19741

出典:食のギャングスターさんの投稿

ビーフとチキンのタコス。店内にあるTVでサッカー観戦をしながら食べたい一品。

「Mexican Dining AVOCADO 下北沢店」料理 19742

出典:食のギャングスターさんの投稿

チーズリゾットにもアボカドが入っています。チーズのコクとアボカドがマッチ。

「Mexican Dining AVOCADO 下北沢店」料理 19743 アボカドたち

出典:神々の遊びさんの投稿

アボカド食べ放題もやっています(電話で要予約)。メキシコ産のアボカドを使っているので全然青臭くないですが、森のバターといわれるアボカドをいくつ食べられるか挑戦してみては。

アボカド 下北沢店 (AVOCADO) - 下北沢/メキシコ料理 [食べログ]

閉業や休業等の理由により食べログに店舗情報が存在しないか、一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

アボカド鍋が食べられる「アボカド ダイニングバー プラチナラウンジ(麻布十番)」

「アボカド ダイニングバー プラチナラウンジ」料理 19746

出典:nyanco1979さんの投稿

「メロンと生ハム」に見えますが、「アボカドと生ハム」です。ついついワインが進む一品。

「アボカド ダイニングバー プラチナラウンジ」料理 19747 アボカドバーグ(アボカドクリームソース)

出典:タツさんの投稿

メニューにはアボカドの創作料理が「これでもか!」と並びます。人気のアボカドクリームハンバーグやアボカドとベーコンのトマトクリームパスタ、アボカドグラタン、など豊富に取り揃えています。

「アボカド ダイニングバー プラチナラウンジ」料理 19748

出典:ハムのひとさんの投稿

鍋にアボカドが入った「アボカド鍋」。テレビ番組でも取り上げられた、珍しい鍋です。もちろん、珍しいだけでなく、アボカドと長芋のとろろが塩ベースの味付けに馴染んでおいしい!と評判です。

「アボカド ダイニングバー プラチナラウンジ」外観 19749

出典:nyanco1979さんの投稿

店内は白を基調としたスタイリッシュな空間。六本木・麻布十番でアボカドが食べたくなったら立ち寄ってみてくださいね。

アボカド ダイニングバー プラチナラウンジ (avocado 's Dining&Bar Platinum Lounge) - 麻布十番/居酒屋 [食べログ]

閉業や休業等の理由により食べログに店舗情報が存在しないか、一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

原宿の若者に愛される「マドッシュ!カフェ(明治神宮前)」

「マドッシュ!カフェ」内観 19752  店内はキャットストリートを愛する皆さんの活気であふれています

出典:

東京メトロ『明治神宮前駅』から明治通りを渋谷方面に歩いて約7分、ちょっと脇に入ったキャットストリートにある「マドッシュ!カフェ」。アーティスト三輪ノブヨシさんが手がけたインテリアは、おしゃれな古着屋さんのような雰囲気。いつも多くの人でにぎわう人気店。

「マドッシュ!カフェ」料理 19753  アボカドとモッツアレラチーズのフライ

出典:

「アボカドとモッツアレラチーズのフライ」は、アボカドのタネがあった部分にモッツアレラチーズを乗せ、生ハムで巻いて揚げた一品。生ハムの塩加減が絶妙にきいた、人気メニュー。

「マドッシュ!カフェ」料理 19754 ボリュームがあるように見えるなぁ

出典:YELLO WRODYさんの投稿

カルボナーラにもアボカドがたっぷり。

「マドッシュ!カフェ」ドリンク 19755 アボカド・マンゴースムージーとアボガリータ

出典:Japanese Massholeさんの投稿

スムージーもお酒もアボカド入り。

「マドッシュ!カフェ」外観 19756

出典:liloさんの投稿

ポップな感じの店舗看板。入り口にはアボカドの形をした看板があります。原宿や渋谷で遊ぶ際はぜひ立ち寄ってみては。

マドッシュ!カフェの詳細情報

マドッシュ!カフェ

明治神宮前、渋谷、原宿 / レストラン(その他)、カフェ、ダイニングバー

住所
東京都渋谷区神宮前5-28-7
営業時間
[ランチ] 11:30~15:00 last order 15:30 close [ディナー]17:00~23:00 日曜日は22:00まで (※FOOD L.0 22:00/DRINK L.O 22:30)
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

ヒルナンデス!で話題「アボカドキッチン ローリーズ(明治神宮前)」

「アボカドキッチン ローリーズ」内観 19759

出典:美肌ちゃんさんの投稿

ワインバーを居抜きで出店したというお店は、白とナチュラルな木目を基調とした空間がおしゃれ。ヒルナンデス!でも取り上げられた今話題のお店です。

「アボカドキッチン ローリーズ」料理 19760

出典:美肌ちゃんさんの投稿

「スパムと半熟卵、アボカドの丼ぶり」。ランチタイムは、ランチコンボにすると、アボペチーノ(飲むアボカド)、メイン、スープバー、ドリンクバー、などが付いてくるボリューム満点のラインナップ。

「アボカドキッチン ローリーズ」料理 19761 ②アボカドと温泉卵の生春巻き

出典:cheese♪♪さんの投稿

「アボカドと温泉玉子の生ハム巻き」もおすすめの一品。ナイフを入れると温泉玉子がとろ~り出てきます。

「アボカドキッチン ローリーズ」ドリンク 19762 飲むアボカド

出典:美肌ちゃんさんの投稿

ドリンクもアボカドを贅沢に使っています。お店自慢の「アボペチーノ」は、レモンと程よい甘さを加えて、ヨーグルトのような濃厚ながらもさわやかな味わい。

「アボカドキッチン ローリーズ」外観 19763 お店にはこんなオブジェがあって・・・

出典:美肌ちゃんさんの投稿

大きなアボカドのオブジェが目印です。

マドッシュカフェ 原宿店 の詳細情報

マドッシュカフェ 原宿店

明治神宮前、原宿、表参道 / バー

住所
東京都渋谷区神宮前3-20-19
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

女子率高め「アボカフェ(神保町)」

「アボカフェ」内観 19766 店内

出典:taityo2009さんの投稿

日本で最初にアボカド専門店としてオープンしたお店。女性のお客さんが多いので男性一人での入店は勇気が必要かも。

「アボカフェ」料理 19767

出典:りおーさんの投稿

アボカド海老の揚げ餃子は、ぷりぷりの海老とアボカドコクがマッチした一品。絶妙の揚げ具合が専門店ならでは。

「アボカフェ」料理 19768 アボカドと海老のピリ辛ラー油炒め

出典:よーぜふ (K)さんの投稿

アボカドと海老のピリ辛ラー油炒め。ビールに合う一品。ブームで一時期は入手困難になった石垣島「ペンギン食堂」のラー油を使用しているそう。

「アボカフェ」料理 19769

出典:りおーさんの投稿

アボカドと豆腐のジェノベーゼ焼きチーズ。バジルソースが香る、アボカドとチーズが濃厚な味わい。

「アボカフェ」料理 19770 アボカドのレアチーズケーキ

出典:

アボカドのレアチーズケーキも珍しい一品。

アボカフェの詳細情報

アボカフェ

神保町、新御茶ノ水、御茶ノ水 / カフェ、ダイニングバー、創作料理

住所
東京都千代田区神田神保町1-2-9 ウエルスビル 3F
営業時間
営業時間は変更になる場合があります。 SNSまたはお電話にて確認お願いします。 [月~金] 11:30~15:00 (L.O.14:30) 17:30~21:30 (food LO:21:00) [土・日・祝日] 12:00~15:00 (L.O.14:30) 15:00~21:00 (food LO:20:30)
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

いかがでしたか?

美容と健康にいいと評判のアボカドを使った、個性豊かなお店をご紹介しました。普段は、自宅でサラダにして食べるという人も、いつもと違ったアボカド料理を専門店で食べてみては。それぞれのお店のアボカドを食べ比べてみるのもおすすめです。

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ