ワニだけじゃない!見どころ満載の静岡「熱川バナナワニ園」

ワニだけじゃない!見どころ満載の静岡「熱川バナナワニ園」

熱海の観光スポットのひとつ、「熱川バナナワニ園」!知っていますか?その名の通り、ワニがたくさん飼育されています。うーん。ワニなら興味ないかも・・・と、観光スポットの候補から外さないでください!ここにはゾウガメやレッサーパンダがいる場所や植物園など、見逃せないスポットがたくさんあります。さらに、新鮮なフルーツも味わえちゃいますよ。

2016年08月22日

729399

出典:irikunさんの投稿

JR伊豆熱川駅より徒歩3分、そこには日本のアマゾンと言っても過言ではないジャングルが...!!そう、「熱川バナナワニ園」です。静岡伊豆半島にあるこちらの施設。何と言ってもワニで有名です!でも、実は可愛らしい動物や美味しそうな果物もたくさんあるんですよ~。そんな魅力たっぷりの「熱川バナナワニ園」を徹底調査してみましょう!

「熱川バナナワニ園」ついて

「熱川バナナワニ園」ついて733978

出典:

昭和33年に開園。開園当時は、バナナは超高級品で庶民の憧れだったので、熱帯動植物園を作るならバナナがあったらいいんじゃないか!ということで、植物の代表は「バナナ」に決まったんです。南国の動物の代表は「ワニ」。バナナワニという種類がいるわけでなく、どれだけ印象が強いかで、名前が決まったようですね。

営業時間・料金体制

営業時間・料金体制729432

出典:

施設全体は、約1時間半程度で鑑賞できます。

「熱川バナナワニ園」は“本園・ワニ園”と“本園・植物園”、そして“分園”の3エリアに分かれています。本園と分園の間は、無料シャトルバスで行き来できます。年中無休で朝8:30〜夕方17:00まで営業しています(最終入館時刻は16:30)。料金は大人1,500円、高校生1,200円、子供は750円です。また、4歳以下のお子様は無料となっているので、家族みんなでのんびり楽しんでみてはいかがでしょうか?

※掲載情報は、2016年8月現在のものです。詳しくは公式HPで、ご確認ください。

「熱川バナナワニ園」の駐車場からの景色!天気の良い日ですと、青空と海をとても綺麗に望むことが出来ます。ちなみに「熱川バナナワニ園」の駐車場は無料。ドライブがてら行っても、良いですね!

営業時間・料金体制729450

出典:

こちらは、本園と分園を走るシャトルバスです。運行所要時間は大体2~3分程度。数分おきに出ているので、乗り遅れても安心です!

冬も暖かく快適♪

冬も暖かく快適♪729461

出典:kankiti03さんの投稿

年中楽しめる植物園、それには理由がありました。それは温泉熱を利用しているからなんです!この温泉熱により、園内の植物達は季節を問わず咲き続けているのです。暖かくて、私達人間も冬でも快適に鑑賞して歩く事が出来るのです!

園内に住む動物達!

主役はワニ!

主役はワニ!729490

出典:雨ん棒さんさんの投稿

「熱川バナナワニ園」というからには、主役はワニ!この園内には、絶滅の危機に瀕している貴重なワニが約20種類、約140頭飼育されています。種類のコレクションでは、世界一!分園にも、大きな「ワニの放流池」があります。たくさんのワニを見てみましょう!

A photo posted by とっくん (@tokureka) on

ワニの特徴である、大きな口とサメの様なギザギザの歯。これは大きな獲物を丸かじりして尚且つ、逃げられない様にする為の仕組みになっているのです!ワニは、爬虫類の中で最も大きな動物。1番古い祖先は2億800万年~2億4,500年前の終わりに出現した「プロトスカス」という口が短く、後ろ足の長いものだったそうです。

主役はワニ!733975

出典:aosakiさんの投稿

ゲージの中にいるワニたち。ほぼほぼ動かず、のんびりムードが漂っています。しかし、ワニはとっても優秀なハンター!普段は微動だにせず、ここぞという時にガブリ!と獲物を捕食します。そんな姿を見たい人は、毎週日曜日、昼1時からの「餌付けタイム」のがオススメ。迫力のある姿が見られます。

全部のワニが大きくて、ガブリとやられそうなものばかりではありません。赤ちゃんワニとの触れ合いも、楽しむ事が出来ますよ♪ワニは陸上で卵を産み、卵から孵ると水中で栄養を蓄えます。どんなに大きくて強く成長したワニも、赤ちゃんの頃はお母さんにしっかり守られていたんです。どんな動物も赤ちゃんの頃は、1人じゃ何も出来ないんですよね...。

主役はワニ!733983

出典:

背中の部分は少しかたい程度。赤ちゃんなので、押すとフニっとします。お腹はフニフニ。スタッフがしっかり持っていてくれるので、勇気を出して触っちゃいましょう♪

激かわ!!レッサーパンダに会いに行こう!

激かわ!!レッサーパンダに会いに行こう!729615

出典:雨ん棒さんさんの投稿

「熱川バナナワニ園」には、レッサーパンダが居る事、皆さんご存知ですか?分園に行くと、会うことができるんです!その愛くるしい表情や仕草で、子供から大人まで魅了されてしまいます!ご飯を食べる姿、お昼寝をする姿...全てが可愛らしい!!
激かわ!!レッサーパンダに会いに行こう!729633

出典:雨ん棒さんさんの投稿

レッサーパンダは中国やネパールの山岳地帯に生息し、中国系で大型の「シセンレッサーパンダ」とヒマラヤ系の「ニシレッサーパンダ」に分類されます。「熱川バナナワニ園」では、日本で唯一「ニシレッサーパンダ」を飼育している場所なんです!

激かわ!!レッサーパンダに会いに行こう!733989

出典:aosakiさんの投稿

ちなみに、「シセンレッサーパンダ」と「ニシレッサーパンダ」の違いは、個体の大きさ。「ニシレッサ-パンダ」の方が、ひと回り小さいんです。食べ物や習性等は特に大きな違いはないけれど、「ニシレッサ-パンダ」の方が暑さや病気に対する抵抗力が低いようです。

A photo posted by 柳岡 (@appi_yanagi) on

こんな間近でカメラ目線をくれるなんて...!!どうやら、自分が可愛い事を知っている様ですね♪

激かわ!!レッサーパンダに会いに行こう!729649

出典:

木登りが得意で、寝る時も木の上で眠ります。夜行性で昼間は寝てる事が多いレッサーパンダ。食欲はとても旺盛!なんと1日に食べる餌の量は、自分の体重と同じぐらいの約5kg以上にもなると言われています。主に笹が主食ですが果物も食べます。なんと、牛乳も飲むのだとか!!

竜宮城へ行ける?!ゾウガメを見に行こう!

竜宮城へ行ける?!ゾウガメを見に行こう!729677

出典:

大きい!!1度は乗ってみたい亀の背中。「熱川バナナワニ園」の分園には、ゾウガメもいます。飼育されているゾウガメは、リクガメの1種で甲長1mを超す大型のカメのことをいうそうです。100年以上は簡単に生き続け、世界で最も長生きする動物として知られています。

A photo posted by eri (@eri112525) on

飼育されているゾウガメが餌として食べるのはキャベツやニンジン、根菜類等色々な餌を食べます。実は、餌によってゾウガメの形は若干変わってきます。動物園にいるゾウガメはほとんど同じ形をしていますが、野生のゾウガメは同じゾウガメでも餌の量や生活環境が異なるので形が違います!その形の違いが出るのは首の部分。餌が多ければ「ドーム型」になり、餌が少なければ動物園では見かけることの少ない「くら型」になるといわれています。

竜宮城へ行ける?!ゾウガメを見に行こう!729711

出典:雨ん棒さんさんの投稿

小学生までなら、ゾウガメに乗ることができます。「もっとご飯をちょうだい!!」そう叫んでいる様に見えますね♪亀はとても臆病な生き物なので、優しく接してあげましょうね!

え?!こんな動物まで?!

まだいるの?と思われますよね。「熱川バナナワニ園」には、意外な動物がいるんです。ではでは紹介していきましょう。
え?!こんな動物まで?!729720

出典:

分園には、フラミンゴもいます!鮮やかな朱色が目を引きますね。鳥類の中で最も社交的な性格と言われ、縄張り意識は強くありません。大きな群れをつくって生活し、その群れに属する羽数は100万匹に及ぶ事もあるそうです。水中のプランクトンや甲殻類を餌としているので水中にくちばしを入れやすい様、くちばしは下の方に曲がっています。

フラミンゴが、片足で立っている姿をよく見ますよね?それは、羽毛の生えていない足から、体温が奪われないようにする為です。眠る時も片足で立ちますが、実はセキセイインコやオカメインコ等の鳥も同じなんですよ!

A photo posted by dai (@dai_zoo) on

こちらは「マナティ」です!体長は約2.0m~4.5m、体重は200kg~600kg。体は円柱状で両端が細くなっている形で、前肢があり、尾びれは丸いしゃもじ型になっています。水草や海草などを食べとてもおとなしい性格です。人魚姫のモデルにもなっているんですよ!この可愛い「マナティ」も見る事が出来ます!

え?!こんな動物まで?!734044

出典:

こちらは、「アマゾンマナティー」と言う種類。アマゾンマナティーに会えるのは、ここだけなんです。餌の時間には、レタスを上手に食べる姿が見られます。他にも、アマゾンの巨大魚ピラルクやアジアアロワナもいますよ。

いざバナナ園へ!

いざバナナ園へ!729755

出典:

“ワニ”と並んで主役をはるのが、“バナナ”。分園にあるバナナは、温室で大切に育てられています。バナナの栽培には最低でも常時50%の湿度が必要で、室内の気温は摂氏26度~30度が理想です。夜間の気温が20度を下回ると、バナナは発育不良を起こしてしまいます!気温と湿度をしっかり管理できないと、こんな立派なバナナ園は出来ません!

A photo posted by ぱんた (@pantasan) on

バナナにも花が咲きます!通常バナナの株は、理想的な条件下では6~7か月で花を付けますが、気象条件などによっては、1年程かかる場合もあります。フィリピンやインドネシア、タイではこのバナナの花が食用として市場で売られています。そのままではアクがあり食べられない為、水にさらしアクを抜いてから炒めて食べるそうです。

いざバナナ園へ!729773

出典:

たわわに実ったバナナ!!でも、取って食べたらいけませんよ!

他にもこんな植物が!

「熱川バナナワニ園」の3分の2を占める、植物園。およそ、9,000種の花木や果樹が育てられています。その一部を、紹介していきますね。

A photo posted by Masato Tokutomi (@toq_tomy) on

こちらは「ヒスイカズラ」という、マメ亜科に分類される常緑つる性植物。 花の色が宝石の翡翠(ヒスイ)に似ていることから、名前が付けられました。3~5月に熱帯植物園などの温室内で栽培されているので、見たい方は時期を狙って行ってみてはいかがでしょうか?

A photo posted by カズアキ (@kazuaki0322) on

マニアックな人にはたまらない、食虫植物コーナーがあります。これは「ウツボカズラ」。カップのような袋に虫を落とし込んで、自身の栄養とします。

他にもこんな植物が!734077

出典:わんすけさんの投稿

こちらは、食虫植物の中で最も有名な「ハエトリソウ」。瞬間的に獲物を挟み込む動きは、とっても感動的です。

他にもこんな植物が!730071

出典:

蘭の温室もあります。普段なかなか野生では見る事が出来ない植物は、写真におさめたりデッサンしたり...。自分なりの楽しみ方を見つけてみるのも、良いかもしれませんね。

子供が大はしゃぎ!オオオニバスで出航!

子供が大はしゃぎ!オオオニバスで出航!730080

出典:

「熱川バナナワニ園」の植物園で育っている、「オオオニバス」。浮葉(ふよう)が円形で全長2〜3m、縁が10〜15cmほど反り返っていて盆形になっています。葉の縁に切れ込みがある為、葉に水が溜まらないようになっているんです!花は直径20〜40cmにもなります。

A photo posted by @toy_sushi_story on

アマゾン川流域に自生するオオオニバス。本場では、100キロ以上の物を乗せても沈まないそうです。ここでは、期間限定でオオオニバスに乗る事が出来るのです!!しかし、体重が30キロまでの人限定!こんな貴重な体験、絶対してみたいですね!

ここでしか食べられないスイーツを味わおう!

「熱川バナナワニ園分園フルーツパーラー」外観 730101

出典:taxxさんの投稿

まるで植物園の延長の様な雰囲気のお店「熱川バナナワニ園分園フルーツパーラー 」。分園にあります。1階が売店になっており、2階がカフェ。売店の方にパーラーの利用証を受け取り、いざ2階へ!!
「熱川バナナワニ園分園フルーツパーラー」内観 730105

出典:美味B級さんの投稿

カフェの店内は、ガラス張りで開放感抜群!テラスさながらのロケーションに、圧倒されてしまいます。

「熱川バナナワニ園分園フルーツパーラー」その他 730111

出典:yah69in02さんの投稿

ショーケースには、美味しそうなパフェやおすすめメニューがずらり。こんなにあると、どれにしようか迷ってしまいますね。

「熱川バナナワニ園分園フルーツパーラー」料理 730119

出典:美味B級さんの投稿

こちらは看板メニューの「パインボート」。くり抜いたパイナップルの中にバナナやマンゴー、キウイ、パイナップル、パパイヤなどのフルーツがたくさん盛られています!!このボリュームで950円!採れたてのバナナやマンゴーがてんこ盛りで贅沢!

「熱川バナナワニ園分園フルーツパーラー」料理 730141

出典:yah69in02さんの投稿

こちらも大人気、プリンアラモード♪700円。このプリンにはマンゴーが使われています!濃厚で程よい甘みが最高の一品です。

「熱川バナナワニ園分園フルーツパーラー」料理 734090 イチゴパフェ

出典:光風霽月さんの投稿

その他にも、期間限定の「イチゴパフェ」やシンプルにマンゴーの味を楽しめる「マンゴーパフェ」などなど。気になるメニューがたくさんあります。

熱川バナナワニ園分園フルーツパーラーの詳細情報

熱川バナナワニ園分園フルーツパーラー

伊豆熱川 / 喫茶店、フルーツパーラー

住所
静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本971-9
営業時間
8:30~16:15
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

動物や植物の力強さを体感出来る場所!

動物や植物の力強さを体感出来る場所!730160

出典:

皆さん「熱川バナナワニ園」、行ってみたくなりましたか??ここに来ると、生命の力強さや目に見えない大切な何かを教えてもらえる様な気がします。気になったら、ぜひゆっくり巡ってみて下さい!

静岡県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード