2016年08月22日

横浜のディープなエリアで味わう!おすすめ老舗洋食屋7選

横浜のディープなエリアで味わう!おすすめ老舗洋食屋7選

開港の地・横浜は、明治以降、異国の文化をたくさん取り入れて街が作られてきました。そんな横浜には昔ながらの懐かしい洋食屋が多いんです。中でもディープなエリアとして知られる野毛や福富町界隈には人気の洋食屋がたくさん!今回は、横浜ディープタウンで味わう絶品洋食屋をご紹介します。

昔懐かしい洋食屋さんで絶品体験!

昔懐かしい洋食屋さんで絶品体験!732960

出典:フェルさんの投稿

誰にでも心がほっこりとするような特別な洋食屋が心の中にあるはず。そんな懐かしさと美味しさを兼ね備えた絶品洋食屋さんを、横浜のディープなエリアから厳選してご紹介します。洋食文化が根づく横浜で、絶品体験してみては?

<桜木町・野毛エリア>

<桜木町・野毛エリア>733250

出典:フジペンタさんの投稿

横浜のディープなエリア代表格の野毛。長らく“おじ様たちの聖地”として知られてきた野毛ですが、最近では若者や女性が押し寄せるハシゴ酒スポットとしても注目され始めているエリアです。そんな“夜の街”感の強い野毛、そして桜木町にある老舗洋食店をご紹介します。

老舗洋食屋「洋食キムラ 野毛店」

「洋食キムラ 野毛店」外観 726826 外観

出典:Auditorさんの投稿

カッパの看板が目印の「洋食キムラ 野毛店」は桜木町から徒歩9分、大岡川近くにある野毛町にあります。昭和13年創業の老舗有名店です。三代に渡り受け継がれてきた味を楽しめますよ。

■食べるべき1品!有名すぎる「ハンバーグ」
「洋食キムラ 野毛店」料理 726829

出典:ケン太ウロスさんの投稿

貝殻型の鉄板で提供される名物「ハンバーグ」です。秘伝のデミグラスソースには自家製の梅酒が使われているので濃厚だけどくどくないんです。お肉は柔らか。卵は鉄板の上で半熟になります。テレビでも話題になった一品です。

「洋食キムラ 野毛店」料理 726834

出典:太平洋くんさんの投稿

ハンバーグのほかにも絶品洋食メニューが揃っていますよ。定番の「カニクリームコロッケ」は手作りの懐かしい洋食屋さんの味です。

「洋食キムラ 野毛店」内観 726840 素朴な店内

出典:赤提灯さんの投稿

赤と白のギンガムチェックのテーブルクロス。老舗の洋食屋らしい優しく落ち着いた店内です。家族連れでもデートでも利用しやすい洋食屋さんです。

洋食キムラ 野毛店の詳細情報

5000洋食キムラ 野毛店

桜木町、日ノ出町、関内 / 洋食、ハンバーグ、コロッケ・フライ

住所
神奈川県横浜市中区野毛町1-3
営業時間
【平日・土】 11:30~14:30(L.O.14:00) 17:00~21:30(L.O.21:00) 【日・祝】 11:30~20:30(L.O.20:00)
定休日
月曜(※祝日の場合は営業し翌火曜休)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

ボリューム満点「センターグリル」

「センターグリル」外観 726853

出典:いおしろさんの投稿

桜木町より徒歩5分、「センターグリル」は米国風洋食と謳うお店。昭和21年開店当時は終戦で食糧不足でした。「栄養のあるものを」という真心こもった思いからボリュームのあるメニューが考案され今に受け継がれます。こちらも野毛の老舗洋食屋です。

■食べるべき1品!元祖ケチャップ「ナポリタン」
「センターグリル」料理 726860

出典:edeoさんの投稿

「ナポリタン発祥」には諸説ありますが「センターグリル」はケチャップを使ったナポリタンの発祥のお店と言われています。真っ赤なケチャップと玉ねぎ、ピーマン、ハム、マッシュルームが極太もちもちスパゲッティと絡まり、懐かしい美味しさです。

「センターグリル」料理 733056 特選浜ランチ

出典:けそけそけそさんの投稿

「特製浜ランチ」はすごいボリュームです。特製オムライスとチキンカツとサラダが盛られています。リーズナブルにがっつりとランチがいただけるので大人気なんです。昔ながらのステンレスのお皿で提供されるのも、味がありますね。

「センターグリル」内観 726876

出典:rikueriさんの投稿

店内はレトロな雰囲気が漂います。1階と2階の2フロアあり、すべてテーブル席で60席以上の広さです。

センターグリルの詳細情報

センターグリル

桜木町、日ノ出町、馬車道 / 洋食、パスタ、ハンバーグ

住所
神奈川県横浜市中区花咲町1-9
営業時間
11:00~20:00(LO)
定休日
月曜(※祝日の場合営業)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

グリル料理ならお任せ「グリル・ラクレット」

「グリル・ラクレット」外観 726912

出典:柴ポチさんの投稿

桜木町から徒歩2分の場所に立地する「グリル・ラクレット」。オーナーはハンバーグの名チェーン店「ハングリータイガー」の元料理長ということでハンバーグやステーキといった絶品グリルがいただけるお店です。

■食べるべき1品!ハード系「ハンバーグステーキ」
「グリル・ラクレット」料理 726918 Bigハンバーグステーキ

出典:じゅじゅま2さんの投稿

名物の「ハンバーグステーキ」。100%ビーフを謳い、つなぎの少ない肉の旨みが凝縮された粗びきビーフハンバーグです。特製のデミグラスソースが美味しい。つけ合わせはにんじんのグラッセ、インゲン、じゃがいも。アツい鉄板でジュージューと運ばれてきます。たまりません。

A photo posted by DJSELECT (@djselect_jpn) on

「紫蘇と唐がらしの辛みそポークソテー」。肉料理メインの洋食屋らしいメニューです。2016年8月、オーナーシェフが引退ということで二代目に味が受け継がれていきます。今後の「グリル・ラクレット」の味にも注目です。

「グリル・ラクレット」内観 726926

出典:柴ポチさんの投稿

店内は庶民的な洋食屋さんです。カウンター席6席、テーブル19席。ランチの時間は混みます。

グリル・ラクレットの詳細情報

グリル・ラクレット

桜木町、日ノ出町、馬車道 / 洋食、ハンバーグ、ステーキ

住所
神奈川県横浜市中区花咲町2-77-2 大久保ビル 1F
営業時間
[月~金(木除く)、土・日・祝] 11:00~16:00(L.O15:00)
定休日
毎週木曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

地元民から愛される「ミツワグリル」

「ミツワグリル」外観 728772 ミツワグリル店頭

出典:柴ポチさんの投稿

京急日ノ出町駅から徒歩1分、「ミツワグリル」は昭和28年創業の老舗洋食屋です。昔ながらの洋食が食べられると人気があります。

■食べるべき1品!盛りもり「トルコライス」
「ミツワグリル」料理 728788

出典:koutagawaさんの投稿

名物の「トルコライス」にはケチャップベースのピラフの上にとんかつ、キャベツが盛られてボリュームたっぷりです。

「ミツワグリル」料理 733077

出典:TOMTOMさんの投稿

ランチタイムも人気の「ミツワグリル」。本日のランチ「Bランチ」のメインはハンバーグとチキンカツです。キャベツやハム、ポテトサラダなど付け合せもたっぷり。お手頃でコスパ最強のランチです。

「ミツワグリル」内観 728780

出典:りえ姫さんの投稿

35席ある店内は庶民的な雰囲気で、昭和っぽくて懐かしい気持ちになれますよ。

ミツワグリルの詳細情報

ミツワグリル

日ノ出町、桜木町、伊勢佐木長者町 / 洋食、ステーキ、とんかつ

住所
神奈川県横浜市中区日ノ出町1-20
営業時間
[月火木~日] 11:00~14 : 30 17:00~19:00(L.O)
定休日
水曜
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

<伊勢佐木・福富町エリア>

<伊勢佐木・福富町エリア>733257

出典:さんちゃんG6Vさんの投稿

ここからは、さらにディープなエリアの老舗洋食店をご紹介します!あまり馴染みのない方には、少々戸惑う独特の雰囲気をもつエリアです。お店の場所がわかりづらかったりするので、迷ったら直接お店に連絡してみてくださいね。

洋食文化を牽引「タマガワ」

「タマガワ」外観 727349 レストラン・タマガワ。レトロな店構えに期待がもてる

出典:よい子さんの投稿

関内駅から徒歩4分、伊勢佐木モールからディープな福富町に入ったところに「タマガワ」はあります。三代にわたり引き継がれてきたこちらのお店は、言わずもがな横浜の洋食文化を牽引してきた老舗の名店です。

■食べるべき1品!正統派の「ナポリタン」
「タマガワ」料理 727352 1100円『ナポコロ』2016年2月吉日

出典:samasamaのココロさんの投稿

「タマガワ」の看板メニュー「ナポリタン」は仕上げにデミグラスソースを使ったもの。先代は「ナポリタン」発祥の地と言われる「ホテルニューグランド」で修業していました。正統派ナポリタンの味を受け継いでいる“横浜の味”として人気なんです。

「タマガワ」料理 727354 ハンバーグ

出典:daikinman2さんの投稿

定番の「ハンバーグ」は丁寧に仕込まれたデミグラスソースが決め手です。つけ合わせはポテトとブロッコリーとにんじん。洋食屋らしい正統派「ハンバーグ」です。

「タマガワ=ナポリタン」と思われがちですが、どの料理も丁寧に作られ愛され続けています。「カレーライスが美味しい」「ポタージュスープが美味しい」中には「粕漬けが美味しい」なんていう声もあります。

「タマガワ」内観 727355 ヤニと日焼けで黄ばんだ店内

出典:705football∞LOVEさんの投稿

照明といい、しつらえといい・・・昭和の香りが充満する店内です。テーブルは5卓。全面喫煙可、相席ありのお店ですので、戸惑わないように注意してくださいね。

タマガワ

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

激安ランチで行列ができる洋食屋「イタリーノ」

「イタリーノ」外観 727432 外観

出典:酔うさん@酔酔どうでしょう?さんの投稿

関内駅から徒歩6分、横浜最大の歓楽街にひっそりと佇む「イタリーノ」は、昭和49年創業の洋食屋です。日替わりランチでは連日行列ができます。「美味しくて、ボリュームがあって、安い」三拍子揃った「イタリーノ」は庶民派洋食屋として絶大な人気を得ています。

■食べるべき1品!驚愕のコスパ「日替わりランチ」

A photo posted by backy045 (@backy045) on

「イタリーノ」と言ったら日替わりランチです。木曜日のメニューは「ハンブルジャワーズ」。ミニハンバーグの茹で卵乗せです。ボリュームがすごいんです!つけ合わせのスパゲティは日替わりで味が変わります。手作りドレッシングはシンプルですが酸味とにんにくが効いてキャベツによく合います。

「イタリーノ」料理 727538

出典:koutagawaさんの投稿

通常メニューも美味しい。こちらは「ナポリタン」。特製のトマトソースにあさりとえびが入っています。麺は太麺。ポークケチャップなどグリルメニューも絶品です。どのメニューもボリュームがあります。

「イタリーノ」内観 727434

出典:グズベリーさんの投稿

店内は古くテーブル3卓、カウンター4席で正直狭いです。ランチ行列時には相席になります。

イタリーノの詳細情報

イタリーノ

日ノ出町、関内、桜木町 / 洋食、ハンバーグ、イタリアン

住所
神奈川県横浜市中区福富町仲通3-4 1F
営業時間
[月〜金] 12:00〜14:30 17:00〜21:00 [土曜日 ] 15:30〜21:30
定休日
日曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

隠れた名店「レストランすいれん」

「レストランすいれん」外観 729024 入口はいかにも怪しげな感じです

出典:にょろ55さんの投稿

京急日ノ出町から徒歩3分、「レストラン すいれん」は昭和26年創業の洋食と中華が楽しめる老舗のレストランです。この界隈では穴場のお店で、常連や地元の人々に愛されるお店です。

■食べるべき1品!「サーロインステーキ」
「レストランすいれん」料理 729123 レストランすいれん:ビーフステーキ(ロース)

出典:岩上智一郎さんの投稿

お店自慢の「サーロインステーキ」にはレモンとバターがのり、付け合わせに素揚げしたポテト、いんげん、にんじん、ブロッコリー。「すいれんスペシャルランチ」では、サーロインステーキ(150g)にライス、サラダ、しじみ味噌汁が付いてリーズナブルにいただけます。

「レストランすいれん」料理 733161 グラタン

出典:ルービー・チャンボンさんの投稿

評判の「グラタン」は、濃厚でコク深いベシャメルソースが絶品!創業者は「ホテルニューグランド」初代総料理長の下で修業をし、その確かな味を伝承しています。「レストランすいれん」の料理は人々に愛され続けているのです。

「レストランすいれん」内観 729028 レストランすいれん:店内

出典:岩上智一郎さんの投稿

店内は落ち着いた雰囲気で、広々としています。座敷があるので50名までなら宴会もできちゃいますよ。

レストランすいれん

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

いかがでしたか?

「タマガワ」外観 732976 熊がお出迎え~

出典:rikueriさんの投稿

今回は、横浜のディープタウン野毛・福富町界隈の洋食屋を紹介しました。洋食屋と言っても千差万別ですが「継承したい、懐かしい味」というのは共通するところではないでしょうか?どのお店も絶品メニュー揃いなんです。この週末、ディープな洋食屋めぐりはいかがですか?

神奈川県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

横浜×ホテル・宿特集

関連キーワード

みなとみらいを旅する編集部おすすめ