浅草でお土産を買うならココがおすすめ♪浅草土産10選

浅草でお土産を買うならココがおすすめ♪浅草土産10選

東京スカイツリーも近い下町の観光地「浅草」。昭和の香りはもちろん、下町文化の残るこの街は江戸情緒も満点で外国人観光客も多く訪れます。そんな浅草のおみやげは国内はもちろん、海外に持って行っても喜ばれるようなおみやげが盛りだくさんです。今回はそんな浅草のおみやげを紹介します。

2017年07月14日

1.亀十 (かめじゅう)

「亀十」外観 1248118

出典:K-BIGSTONEさんの投稿

浅草土産ランキングに必ずと言っていいほど登場するのがこちらの「亀十」。行列が出来る「どら焼き」で有名な和菓子屋さんで、夕方過ぎには売り切れてしまうことも珍しくないお店です。

「亀十」料理 1248129

出典:玉かずらさんの投稿

こちらの「どら焼き」は好みによって黒あんと白あんが選べますが、亀十のどら焼きの本領は皮。持っただけで思わず「おおっ」と声が出てしまう、厚みがあるふわふわの皮は和菓子でありながら極上のパンケーキのようです。

亀十の詳細情報

5000亀十

浅草(東武・都営・メトロ)、浅草(つくばEXP)、田原町 / 和菓子、どら焼き、大福

住所
東京都台東区雷門2-18-11
営業時間
10:00~20:30
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

2.入山煎餅 (いりやませんべい)

「入山煎餅」外観 1248115

出典:カメさん7さんの投稿

「入山煎餅」は大正3年創業。煎餅屋さんの中では浅草で最も古い老舗。仲見世の西側、南のアーケードの商店街の中にあり、天日で3日間乾燥させた生地を紀州の備長炭で焼いたこだわりの「堅焼き醤油せんべい」が特徴。

「入山煎餅」料理 1248131 ②入山せんべい    バリッと堅く、丸い味!(^^)!  わら?ついてます。 2016.8

出典:ふわふわなまこさんの投稿

こちらでは、店舗脇のスペースで職人さんが焼き上げているところを見ることもできます。煎餅は日持ちするのでおみやげにもピッタリ。お米の風味を残した柔らかい醤油味の煎餅は、煎餅好きはもちろん、甘いモノが苦手な方などにも喜ばれることまちがいなしです。

入山煎餅の詳細情報

入山煎餅

浅草(つくばEXP)、田原町、浅草(東武・都営・メトロ) / 和菓子、せんべい

住所
東京都台東区浅草1-13-4
営業時間
10:00~18:00
定休日
木曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

3.常盤堂雷おこし本舗

「常盤堂雷おこし本舗 雷門本店」外観 1248111 常盤堂雷おこし本舗 2015年10月

出典:@すすむさんの投稿

創業250年の老舗「常盤堂雷おこし本舗」。雷門本店では、雷おこしの実演販売も行っており、できたてのおこしがいただけます。また、近年では「東京スカイツリー三角おこし」を発売するなど、新たな取組にも積極的な老舗です。

「常盤堂雷おこし本舗 雷門本店」料理 1248112

出典:h_dorcusさんの投稿

こちらはおみやげに最適な、「雷神上磯部缶」。大小の他にコンパクトな「雷神ポータブル缶」も。職場には大小。個人へのおみやげにはポータブルと使い分けられるのが嬉しいですね。缶の中には白砂糖と黒糖の雷おこしがはいっており、一つずつ個別包装されているので食べやすいのが特徴です。

常盤堂雷おこし本舗 雷門本店の詳細情報

常盤堂雷おこし本舗 雷門本店

浅草(東武・都営・メトロ)、浅草(つくばEXP)、田原町 / 甘味処、和菓子、肉まん・中華まん

住所
東京都台東区浅草1-3-2
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

4.舟和 本店

「舟和 本店」外観 1248108

出典:ねこ7号さんの投稿

創業明治35年のこちら「舟和」の芋ようかんは、当時浅草寿町で芋問屋を営んでいた創業者、小林和助氏が、同じく浅草の和菓子職人石川定吉氏と共に、当時は高価で庶民の口に入らなかった煉ようかんの代わりに、身近なさつま芋を使って芋ようかんんを作り上げたのが発祥です。当時と変わらず、甘藷(かんしょ)を一本一本手で皮をむき、着色料、保存料、香料は一切使用していません。甘藷と砂糖と少量の食塩のみで造りあげた芋ようかんはファンが多く、浅草の住民はもちろん、全国で愛されています。

「舟和 本店」料理 1248123

出典:THE EATさんの投稿

「舟和」の定番「芋ようかん」と「あんこだま」の詰め合わせ。見た目にも楽しい色とりどりの「あんこだま」は小豆、白いんげん、抹茶、苺、みかん、珈琲の6種類。ド定番「芋ようかん」はもはや説明不要の美味しさです。

舟和 本店の詳細情報

舟和 本店

浅草(東武・都営・メトロ)、浅草(つくばEXP)、田原町 / 和菓子、甘味処、喫茶店

住所
東京都台東区浅草1-22-10
営業時間
本店売店 [月~金] 10:00~19:00 [土] 9:30~20:00 [日・祝] 9:30~19:30 本店喫茶 [月~金] 10:30~19:00(L.O.18:30) [土] 10:00~20:00(L.O.19:30) [日・祝] 10:00~19:30(L.O.19:00)
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

5.満願堂 本店

「満願堂 本店」内観 1248124

出典:ひろまめ27さんの投稿

浅草に3店舗を構える「満願堂」は芋きんが名物のお店。厳選された上質のさつま芋を使用し、素材のもつ「旨み」や職人の技を感じられる、浅草土産の定番品です。芋きんで培ったコクのある焼きいもの味わいと、あっさりバニラがドッキングした焼き芋ソフトクリームも大人気♪

「満願堂 本店」料理 1248125

出典:夏ミカンさんの投稿

おみやげにおすすめの「芋きん」には消費期限24時間の焼きたてものと、おみやげ用に日持ちするように作ったものの2種類があります。家族や身近な方へのおみやげは賞味期限の短いもの。食べるまでに少し時間がかかりそうな相手には、おみやげ用に日持ちするほうをと使い分けられるのが嬉しいですね。

満願堂 本店の詳細情報

満願堂 本店

浅草(東武・都営・メトロ)、浅草(つくばEXP)、田原町 / 和菓子、ソフトクリーム、洋菓子(その他)

住所
東京都台東区浅草1-21-5
営業時間
10:00~20:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

6.淺草シルクプリン

「淺草シルクプリン」外観 1248103

出典:ノバンディさんの投稿

昭和レトロな雰囲気を醸し出しているこちらの「浅草シルクプリン」は、同じく浅草にあるケーキ店「TestaRossa Cafe(テスタロッサカフェ )」の系列店舗。こちらではシルクの名前の通り絹のような食感のプリンが大人気なんです!卵は毎朝届く茨城の奥久慈卵、生クリームは北海道産といったこだわりの素材を使った生地と、1℃単位で調整ができるスチームコンベクションオーブンによって生まれます。

「淺草シルクプリン」料理 1248126 左から 浅草シルクプリン・プレミアムシルクプリン・コーヒープリン

出典:apricotonさんの投稿

ドロリと濃厚なプリンはコーヒー味、抹茶味、苺味などいろいろな商品があり、思わず目移りしてしまいます♪小さいお子さんにも嬉しいお土産ですね!

淺草シルクプリンの詳細情報

淺草シルクプリン

浅草(東武・都営・メトロ)、浅草(つくばEXP)、田原町 / 洋菓子(その他)

住所
東京都台東区浅草1-4-11
営業時間
11:00~21:00(状況により変更の場合有。お電話にてご確認下さいとの事)
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

7.やげん堀 新仲見世本店

「やげん堀 新仲見世本店」外観 1248099 (2014/11月)外観

出典:natchan72さんの投稿

こちらの七味唐辛子のお店「やげん堀七味唐辛子本舗」の創業は1625年。400年近い歴史を持つ老舗の多い浅草の中でも、老舗中の老舗なんです。こちらの「七味唐辛子」は生唐辛子、焙煎唐辛子、黒ゴマ、陳皮(ミカンの皮)、サンショウ、ケシの実、麻の実をブレンド。七味唐辛子は漢方からヒントを得たという薬効や効能も考えられています。

「やげん堀 新仲見世本店」その他 1248100 七味唐辛子

出典:asakusa777さんの投稿

やげん堀は既成品だけではなく、店頭で店員さんと話をしながら自分だけの七味唐辛子を調合してもらえるのも特徴の一つ。「胡麻の風味強め」、「陳皮を多くして爽やかに」などの他、唐辛子を多めにして激辛にすることも可能です。また、七味を入れる容器も缶の他印籠型やひょうたん型などいろいろ用意されています。

やげん堀 新仲見世本店の詳細情報

やげん堀 新仲見世本店

浅草(つくばEXP)、浅草(東武・都営・メトロ)、田原町 / その他

住所
東京都台東区浅草1-28-3
営業時間
10:00~19:00
定休日
年中無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

8.梅園 浅草本店

「梅園 浅草本店」外観 1248095

出典:かんみ♪さんの投稿

「梅園」は浅草土産ランキング常連の1854年創業の甘味処。元祖あわぜんざいで好評を博し、現在はあんみつの他、豆かん、小倉白玉もお土産に人気。常温で3日ほど持つのも特徴で、地方へのおみやげを買うのにも最適なお店です。

8.梅園 浅草本店1248096

出典:

こちらはおみやげ用の「あんみつ」。おみやげ用の商品も含め、「梅園」の甘味は全体的に控えめな甘さ。甘さでごまかさない豆や寒天の味をしっかり楽しむことができます。

梅園 浅草本店の詳細情報

梅園 浅草本店

浅草(東武・都営・メトロ)、浅草(つくばEXP)、田原町 / 甘味処、カフェ・喫茶(その他)、和菓子

住所
東京都台東区浅草1-31-12
営業時間
10:00~20:00
定休日
水曜(祝日の場合は翌日休)・月2回不定休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

9.木村家本店

「木村家本店」外観 1248091 店頭☆2

出典:hawks-1さんの投稿

「木村屋本店」は明治元年創業の浅草で最も古い人形焼のお店。浅草寺近くの仲見世の角にあり、店の横では職人さんが手際よく、そしてリズミカルに次々と人形焼を仕上げていく様子を見ることができます。

「木村家本店」料理 1248092

出典:背番号10さんの投稿

こちら「木村屋本店」の人形焼はよくある七福神の顔をかたどったものではなく、浅草の名所にちなんで初代が考案した、五重の塔・雷様・提灯・鳩の四つの型を今でも使用。好みに応じてあん入りとあん無しがあり、どちらも常温で一週間日持ちがするので、お土産に最適です。

木村家本店の詳細情報

木村家本店

浅草(つくばEXP)、浅草(東武・都営・メトロ)、田原町 / 和菓子

住所
東京都台東区浅草2-3-1
営業時間
9:00~19:00
定休日
火曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

10.海老屋總本舗

「海老屋總本舗」外観 1248089 外観です

出典:macponさんの投稿

「海老屋總本舗」はヒルナンデス!など、メディアにもよく登場する浅草の大川橋のたもとで1869年に創業した江戸前佃煮の老舗。料理評論家の岸朝子さんが書いた「東京五つ星の手みやげ」に紹介された「若煮たらこ」が有名なお店で、しじみやソラマメ、海老や昆布の佃煮も人気です。

昔から贈答品やお中元、お歳暮などにも使われてきた「海老屋總本舗」の佃煮は、江戸の味を継承しているのはもちろん、見栄えのするパッケージでちょっと特別な人へのおみやげにもピッタリです。

海老屋總本舗の詳細情報

海老屋總本舗

浅草(東武・都営・メトロ)、本所吾妻橋、田原町 / その他、デリカテッセン

住所
東京都墨田区吾妻橋1-15-5
営業時間
9:00〜18:00
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

いかがでしたか?

「亀十」料理 1248130 大きいですね~

出典:玉かずらさんの投稿

江戸時代から続く伝統の味から、近代の和菓子、プリンなどの洋菓子まで。様々なジャンルのおみやげがひしめく浅草ならどんな人でも自分好みの逸品を見つけることができるでしょう。試食や店内で味わって買える品も多いので、東京土産に迷ったら是非一度浅草を訪れてみてはいかがでしょうか。

東京都のJR・新幹線 + 宿泊セットプラン

公式情報を日本旅行で見る(20,000円〜 / 人)

あなたにおすすめ

東京都・浅草を旅する

編集部おすすめ

関連キーワード

全国ご当地グルメ・観光特集