豊後高田市「昭和の町」で昭和のよき時代へタイムスリップ!

豊後高田市「昭和の町」で昭和のよき時代へタイムスリップ!

懐かしくて温かい、そんな昭和30年代の商店街の街並を再現した大分県豊後高田市「昭和の町」。現存する昭和の建物を残しつつ、忠実に当時の様子を再現した町並みをぶらりと歩けば、呼び起こされるノスタルジックな気持ち。今回は、そんな「昭和の町」をご紹介します。2016年09月01日 最終更新

ブログで紹介

HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。

0

憧れの田舎「豊後高田市」

憧れの田舎「豊後高田市」754232

出典:singiさんの投稿

大分県北部の国東半島に位置し、海と山に囲まれた豊かな自然と温暖な気候の豊後高田市。「いなか暮らしの本」2013年2月号にて住みたい田舎1位に輝いたこともある、長閑な町なんです。

憧れの田舎「豊後高田市」754481

出典:Shigetakaさんの投稿

国宝「富貴寺大堂」をはじめ、貴重な文化財が点在する市内。「歴史の表舞台からは遠いこの地でなぜ?」と疑問に思うかもしれませんが、神仏習合の地として独特の六郷満山文化を花開かせたという背景があるのです。長閑なだけじゃない、歴史ロマン溢れるエリアなんです。

古い時代が息づく町・豊後高田市「昭和の町」

古い時代が息づく町・豊後高田市「昭和の町」731679

出典:

今回は、魅力溢れる田舎・豊後高田市で注目の観光スポット「昭和の町」をご紹介します。商工会議所や行政が一体となって取り組んだまちおこしの一大プロジェクトなんです。昭和を忠実に再現した町並みで散歩や、写真撮影など昭和ロマンを感じる旅に出かけてみませんか?

どうやって行くの?

どうやって行くの?754470

出典:たつくんさんの投稿

「昭和の町」は、JR宇佐駅から車で約10分。バスを利用する場合はJR宇佐駅から「豊後高田行き」または「伊美行き」に乗車して約10分の豊後高田市新町にあります。

「昭和の町」商店街をぶらぶら散策

昭和30年代の町並み

昭和30年代の町並み754536

出典:

「昭和の町」に来たのなら、まずは散策してみましょう!総延長550mの通り沿いには、“昭和の店”が点々と立ち並び、各店には、"一店一宝"の方針で昭和時代に使用されていた品々が展示されています。さっと歩けば15分もかかりませんが、せっかくなら時間を忘れて、昭和の建物に足をとめ、昭和の品々に触れながらゆっくりと散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか。

昭和30年代の町並み754627

出典:

古い建物を建て替えることができなかったことを逆手に取り、商店街に昭和30年代の町並みを再現した「昭和の町」。商店街の懐かしい雰囲気に、心が温かくなってきます。

A photo posted by @sanntetsu on

「森川豊国堂」は創業大正8年の老舗和菓子屋。夏にはアイスキャンディーなども売っているのでぶらぶら散策にはとっても嬉しいですね。食べ歩きにぴったりなコロッケを売るお店や、見るだけでも楽しい雑貨屋など見所はたくさんです。

ボンネットバスで行く時間旅行!

ボンネットバスで行く時間旅行!754560

出典:

「昭和の町」の顔になっているのが、昭和32年式のボンネットバス「昭和ロマン号」。レトロなデザインのバスに乗って「昭和の町ミニ周遊コース」でつかの間の時間旅行を、車掌さんのガイド付きで楽しむことができます。乗るだけでもワクワクする「昭和ロマン号」はなんと無料で乗車できます!

町の魅力を深堀!ご案内制度

町の魅力を深堀!ご案内制度754796

出典:kki15さんの投稿

「昭和の町」の歴史や一店一品、一店一宝をもっともっと深く知りたい!そんな方におすすめなのが「ご案内制度」です。昭和の商人の話など、楽しいエピソードを聞きながら案内人と一緒に歩けば楽しさアップです。

昭和ロマン蔵で昭和をなつかしむ

昭和ロマン蔵で昭和をなつかしむ754617

出典:

大分県きっての大金持ちといわれた”野村財閥”が昭和10年前後に米蔵として建てた旧高田農業倉庫を改修して作った施設「昭和ロマン蔵」。「昭和ロマン蔵」には、「昭和の夢三丁目館」、「駄菓子屋の博物館」、「昭和の絵本美術館」の3つのミュージアムが入っています。

駄菓子屋の夢博物館

Mihoさん(@miho.m214)が投稿した写真 -

昭和の面影が散りばめられた「駄菓子屋の夢博物館」。駄菓子屋のおもちゃ所蔵では日本一の小宮館長の30万点を超える所蔵品から、選りすぐりの6万点が公開されています。

A photo posted by ゆきえ (@cheru0v0) on

歴代のペコちゃんが展示されていて、デザインの移り変わりを知ることができます。
大人は子どもの頃を思い返すことができ、若い世代は昭和の時代を感じることができるワクワクした空間です。

昭和の町三丁目館

昭和の町並みを再現した大掛かりなセットがある「昭和の町三丁目館」。五感で楽しめるスポットなんです。朝・昼・夕方・夜の様子を作り出すために照明が切り替わります。映画「ALWAYS 三丁目の夕日」などの世界観が好きな方はきっと気に入りますよ。
昭和の町三丁目館731739

出典:たかなごはんさんの投稿

昭和30年代の民家を再現した空間は、まるで映画やドラマの風景のよう。当時の暮らしを目にすることができます。ちゃぶ台返しで有名な“THEちゃぶ台”も生で見られますよ。

昭和の町三丁目館731733

出典:chewさんの投稿

昭和の教室を再現した空間では、今では見ることのない木製の椅子と机が並べられています。ノスタルジックな気分になれますね。

昭和の絵本美術館

昭和の絵本美術館731723

出典:

「昭和の絵本美術館」では、童画家の黒崎義介氏が描いた絵本の原画を見ることができます。桃太郎や笠地蔵、かぐや姫など子どもの頃の思い出がよみがえります。

昭和の絵本美術館731726

出典:

「駄菓子屋の夢博物館」、「昭和の町三丁目館」、「昭和の絵本美術館」の共通入場券には特典があり、「グリコの小さな絵本」が一人1個もらえます。

「昭和の町」で味わうグルメ

旬彩 南蔵(しゅんさいみなみぐら)

「旬彩 南蔵」外観 754749

出典:クオリティさんの投稿

「旬彩 南蔵」は「昭和ロマン蔵」館内にある日本料理のレストランです。米蔵を改造して作った建物は天井が高く、広々としています。

「旬彩 南蔵」料理 731630

出典:クオリティさんの投稿

名物のとり天はふわっとした食感が新しい!刺身も新鮮で美味しいです。

「旬彩 南蔵」料理 731631

出典:クオリティさんの投稿

小麦粉を練っただんごと野菜がたっぷり入った「だんご汁」も豊後高田市の名物料理です。素朴で、どこか懐かしい味がします。

旬彩 南蔵の詳細情報

旬彩 南蔵

宇佐 / 割烹・小料理

住所
大分県豊後高田市新町989-1 昭和ロマン蔵
営業時間
11:00~16:00
定休日
無休(12月30日〜1月2日を除く)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

いかがでしたか?

いかがでしたか?754716

出典:

豊後高田市の「昭和の町」をご紹介しました。町全体がレトロで、まるでタイムスリップした感覚になれますよ。ぜひ、古き良き時代を体感してみてください。

関連まとめ