青森県おすすめ温泉リゾート「浅虫温泉」で新鮮な海鮮と日帰り入浴!

青森県おすすめ温泉リゾート「浅虫温泉」で新鮮な海鮮と日帰り入浴!

東北随一の温泉リゾート青森県「浅虫温泉」の日帰り入浴や周辺の観光スポット、訪れたなら食べてほしい海の幸など合わせて紹介します!

2016年04月12日

日本有数の湯どころといわれる、本州最北端の青森県。名湯や秘湯とよばれる温泉が数多く点在しています。なかでも温泉リゾートとして人気の「浅虫温泉」をご紹介します!

人気の温泉地「浅虫温泉」

「ゆ~さ浅虫」その他 2106 温泉看板

出典:くろたかまるさんの投稿

昔からの温泉地である「浅虫温泉」の泉質は含石膏弱食塩泉(ほぼ単純泉)で、無色透明のやわらかい湯ざわり。ナトリウムイオン・カルシウムイオンを多く含んでいるので、保湿効果とつやつやの美肌効果が期待できます!青森駅から電車で15~30分とアクセスが良いのも人気のひとつ。駅前にある無料の足湯や飲む温泉など施設もあるので、温泉街をぶらぶらするのもおすすめです。
人気の温泉地「浅虫温泉」2108

出典:taka1451さんの投稿

間近に見ることができる「浅虫温泉花火大会」は迫力満点!青森県最大の夏祭り「青森ねぶた祭り」の前夜祭として開催。

駅からすぐの日帰り入浴施設「ゆーさ浅虫」

「ゆ~さ浅虫」外観 2110 外観1

出典:くろたかまるさんの投稿

浅虫温泉駅からすぐの「道の駅 ゆーさ浅虫」の5階に展望浴場があります。毎月26日のお風呂の日には、大好評の青森ヒバの湯に。ヒバの香りに包まれながらのんびり温泉もおすすめです。

A photo posted by @hiyocco_ins on

展望風呂と名がつくだけあって、陸奥湾や湯の島を眺めながら温泉が楽しめます。

「ゆ~さ浅虫」料理 2116 つがるりんごソフトクリームミックス\320

出典:ほぼ週4さんの投稿

1階の売店で、人気の津軽りんごを使った「つがるりんごソフトクリーム」は入浴後にどうぞ。

「ゆ~さ浅虫」料理 2117

出典:峠の釜飯さんの投稿

ホタテのふるさとでもある浅虫温泉で食べてほしい一品「ほたてづくし定食」は3階の食堂でいただけます。

ゆ~さ浅虫の詳細情報

ゆ~さ浅虫

浅虫温泉 / ソフトクリーム、魚介料理・海鮮料理

住所
青森県青森市浅虫字蛍谷341-19
営業時間
物販コーナー [4月~6月9月~11月] 9:00~19:00 [7月~8月] 9:00~21:00 [12月~3月] 9:00~18:00
定休日
無休(施設の点検等により臨時休業する場合があり)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

温泉旅館の日帰り入浴なら「麻蒸湯札(あさむしゆふだ)」

気軽にいろいろな温泉を楽しむなら、浅虫観光案内所や浅虫温泉旅館組合加盟施設で販売している「麻蒸湯札」がおすすめ。浅虫温泉のお風呂のはしごが2軒または3軒可能です。

※詳細は浅虫温泉旅館組合のホームページをご確認ください。

麻蒸湯札が使える「宿屋つばき」

麻蒸湯札が使える「宿屋つばき」2124

出典:

旅館でもなく、民宿でもない。『宿屋』として観光リゾート浅虫温泉郷にあります。周りにある大きな旅館に比べ規模も小さく素朴な感じの宿ですが、その分居心地の良さで多くの方が訪れます。貸し切り露天風呂も数個あり、家族で大切な方とゆっくり楽しむことができます。

温泉宿らしい、丸くて小さいお風呂で夕日を眺めたり、夜空を満喫したり、または朝日を見ながら湯けむりは旅を一層演出してくれるでしょう。
麻蒸湯札が使える「宿屋つばき」2126

出典:

「麻蒸湯札」で利用可能の大浴場「ちゃっこい湯」。もちろん、かけ流しです!

麻蒸湯札が使える「宿屋つばき」2127

出典:

3階にある宿泊者限定の貸切露天風呂「ちゃっこいまるゆ」は予約制ではなく空いているときはいつでも無料で利用可能。

浅虫温泉周辺の観光スポット

本州最北端にある「浅虫水族館」

本州最北端にある「浅虫水族館」2131

出典:にっし~さんの投稿

イルカとアシカの生態展示ショーが有名の「浅虫水族館」。ほかにも水生生物の飼育・展示、ホタテなどの養殖状況も見ることができます。また環境タッチコーナーでは生きたウニやヒトデ、イソギンチャク、など波打ちぎわに生息する生物を実際に手にとって観察でき、子ども達にも人気の感じて触って、学べる水族館です。
本州最北端にある「浅虫水族館」2133

出典:にっし~さんの投稿

屋内ショープールでは一年を通じて人気のイルカショーが見られます。

本州最北端にある「浅虫水族館」2134

出典:hotutahimeさんの投稿

サンゴ礁などに生息する色鮮やかな魚たちを眺められる熱帯大水槽のほか、2015年12月にリニューアルした長さ15m、奥行10m、水深4mの大型水槽に作られたアクリル製のトンネルでは、ゆったりと頭上を泳いでいく光景を楽しめます。

陸奥湾にぽっかりと浮かんでいる「湯の島」

陸奥湾にぽっかりと浮かんでいる「湯の島」2138

出典:neさんの投稿

浅虫温泉の象徴である「湯の島」は火山活動によってつくられたそう。島を正面に陸奥湾に落ちていく夕日はとくに素晴らしい光景です。さらに毎年4月になると島全体がカタクリの花で一面覆われます。普段は無人島ですが、その時期に合わせてカタクリ祭りが開催されるので、ぜひ上陸してください!

食べておきたいご当地グルメ

青森に行ったら食べて帰りたいのは、新鮮な海の幸でしょう。新鮮な海鮮を提供しているこの2軒はどちらも観光客がたくさん訪れる地元の食堂です。何と言ってもその量に皆さん驚く事間違いなし!!ぜひ足を運んでみてください。

名物のデカ盛りマグロ丼は必見「鶴亀屋食堂」

「鶴亀屋食堂」料理 2143 まぐろ丼 中 小 ミニ

出典:skd61さんの投稿

マグロ丼の左から、中、小、ミニサイズ。

「鶴亀屋食堂」の名物は、食べても食べても食べても……ご飯までたどり着かない、このどーんとデカ盛りのマグロ丼!マグロの重さだけで、だいたい500g~700gだそう。あまりにもインパクトがあるこの丼。ひとりだと食べきるのは難しいので、ぜひシェアして挑戦してください。マグロがご飯で温まらないよう、マグロ用のお皿を出してくれるので、取り分けてからどうぞ。

釣り師でもある店主の佐藤勇さんが、独自のルートで手に入れたマグロだから成せるマグロ丼以外にも、その日おすすめの張り紙メニューもお忘れなく!
「鶴亀屋食堂」料理 2145 メバチマグロ丼(小)\2500

出典:黒ひまわりさんの投稿

メバチマグロ丼、これで「小」です!日によってマグロの種類が変わるそうなので、運が良ければ、本マグロのマグロ丼のチャンスが!

「鶴亀屋食堂」料理 2146 うにマグロ丼

出典:PRADA@COMさんの投稿

うにマグロ丼も、うにがてんこ盛りです!

「鶴亀屋食堂」料理 2147 三天丼

出典:バリバリバースディさんの投稿

名物のマグロ丼以外にも人気なのが天ぷら。これまたボリューム満点の天丼が味わえます!

「鶴亀屋食堂」料理 2148 ラーメン 600円

出典:おとげさんの投稿

魚出汁の優しいスープが細縮れ麺によくあうラーメンもどうぞ。

「鶴亀屋食堂」外観 2149

出典:ラーメン平社員さんの投稿

一見ドライブインのような外観。

鶴亀屋食堂の詳細情報

鶴亀屋食堂

浅虫温泉 / 定食・食堂、丼もの(その他)、魚介料理・海鮮料理

住所
青森県青森市大字浅虫字蛍谷293-14
営業時間
9:00~18:00(冬場は16:30ラストオーダー17時閉店)
定休日
無休
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

電車:浅虫温泉駅から北へ徒歩5分
車:浅虫水族館前のミニストップから南へ300~400m、ホテル秋田屋の手前。
浅虫温泉駅から336m

丼に海鮮がギッシリ!「ろくさん食堂」

「ろくさん食堂」料理 2153 三色丼

出典:taber521さんの投稿

一番人気は、いくら・生うに・帆立が入った特製三色丼!ほかにも、ホタテのみの特製帆立丼やイクラ丼はもちろん、味噌あわび丼などもあります。丼につくホタテ貝の味噌汁も出汁が効いていますよ!
「ろくさん食堂」料理 2155 四色丼

出典:joy_divisionさんの投稿

人気の三色丼にあわびを足した四色丼は、豪快な程てんこ盛り丼になりますよ!

「ろくさん食堂」料理 2156 おまかせ特製ちらし丼(1,500円)

出典:マロンクリームさんの投稿

また、その日によって食材が変わる特性ちらし丼も魅力的。

「ろくさん食堂」外観 2157 お店

出典:タンカ PIZZAさんの投稿

浅虫水族館の近くにあるので、まずは海鮮で腹ごしらえ!にもおすすめです。なお、早朝から営業、夜は早く閉めてしまうのでご注意ください。

ろくさん食堂

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

浅虫温泉駅から638m

お土産は浅虫名物の「久慈良餅」をどうぞ。

永井久慈良餅店

「永井久慈良餅店」料理 2162 ういろうのようでもありウロコダンゴのようでもあり

出典:うさのママさんの投稿

商品名の「久慈良餅(くじらもち)」は、「幾【久】しく、お客様に【慈】しまれる【良】いお【餅】であるように」という願いが込められている。米、砂糖、小豆、水飴、クルミ、食塩以外、余計なものは一切入っていない、こだわりの一品。もっちりとした食感にクルミの香ばしさとかりっとしたアクセントがたまりません。

青森駅、新青森駅のビルにも出店しているので、お土産にぜひどうぞ。

永井久慈良餅店の詳細情報

永井久慈良餅店

浅虫温泉 / 和菓子

住所
青森県青森市浅虫坂本51-5
営業時間
本店(旧道側)7:00~19:00 バイパス店(国道側)8:00~18:00
定休日
無(大晦日と元日は休み)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

青い森鉄道「浅虫温泉駅」から徒歩8分前後。
浅虫温泉駅から439m

いかがでしたでしょうか?!

青森は日本有数の湯どころ、そして海に囲まれた土地ならではの新鮮な海の幸!心も身体もリフレッシュさせてくれることでしょう。ぜひ心優しい県民が多くいる青森で極上体験してみてください。

青森県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

全国を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先