2016年09月05日

知床八景を巡る旅~太古の自然が残る地へ~観光スポット案内

知床八景を巡る旅~太古の自然が残る地へ~観光スポット案内

世界自然遺産登録されている北海道の知床。壮大な自然が織りなす名勝が点在するこの土地で、特におすすめしたい「知床八景」をご紹介します。トレッキングや沢登りといったアクティビティーが楽しめるほか、美しい滝や絶景スポットなど、どこを取っても知床の素晴らしさが感じられる観光スポットばかり。日常の喧騒から離れて大自然の懐に抱かれる…。そんな旅がしたいあなたに向けて「知床八景」を魅力をお届けしていきます。

知床の魅力が満載の「知床八景」

知床の魅力が満載の「知床八景」756566

出典:ducaさんの投稿

北海道東部にある知床半島は、いまだ手つかずの自然の中に珍しい動植物の生態系が保たれている貴重な場所。2005年には世界自然遺産にも登録されました。ヒグマやエゾシカの生息地として知られるほか、長い年月をかけて形作られた大自然の造形美がそこかしこで私たちの目を楽しませてくれます。

中でも特に素晴らしい景観が観られる「知床八景」は、観光客からの人気が高いスポットです。「知床八景」とはどのような場所なのでしょうか。早速ご紹介していきましょう。

1. 知床五湖

1. 知床五湖755456

出典:s_n_yさんの投稿

知床を観光する人ならまずここを訪れるという人気スポットが「知床五湖」です。知床連山の麓に広がる大小5つの湖の周りには、斜里町(しゃりちょう)の「知床フィールドハウス」を拠点とした2つの道が整備され、散策ができるようになっています。

1. 知床五湖756514

出典:k a g u r aさんの投稿

「高架木道」は初心者の方でも気軽にトレッキングできる散策路です。展望台からは知床の壮大な峰々の大パノラマをバックに一湖の美しい水面の輝きが楽しめます。無料で開放されており、車いすやベビーカーの使用も可能です。

より身近に自然を感じたい方には「地上遊歩道」を巡るコースがおすすめ。知床の珍しい動植物たちを観察できますよ。ヒグマの活動時期によって遊歩道の利用方法が異なりますので、訪れる際には事前にHPをご確認くださいね。

2. フレペの滝(乙女の涙)

2. フレペの滝(乙女の涙)755451

出典:わーるういんどさんの投稿

「フレペの滝」は、黒々とした断崖絶壁を滴り落ちる様子がまるで涙に見えることから、地元では「乙女の涙」と呼ばれています。海に向かって流れ落ちているのは川の水ではなく、なんと知床の山々が長い年月をかけて育んだ地下水。岩の割れ目から水がサラサラと流れる情景はなんとも美しく繊細です。

2. フレペの滝(乙女の涙)755452

出典:耳男さんの投稿

フレペの滝へは、斜里町にある「知床自然センター」から徒歩で向かいます。散策道の道すがら、開拓期の人々の足跡が感じられるエリアもあり、広大な草原や深い森と共に知床の歴史も感じられる場所として人気です。

3. プユニ岬

3. プユニ岬755445

出典:kichonさんの投稿

眼前に広がるオホーツク海と一緒にウトロの街や港、晴れた日には阿寒国立公園まで見渡すことのできる絶景ポイントです。ウトロから知床峠への途中にあるプユニ岬には展望台がなく、手前にある見晴橋から風光明媚な景色を観ることができます。

3. プユニ岬755446

出典:オヤジクラブ#0さんの投稿

プユニ岬は夕陽の名所としても有名です。遮るものが何もないオホーツク海を一面に赤く染める夕陽は、まさに息をのむほどの美しさ。冬場には流氷が早くに到来する地点でもあり、一年を通して多くの観光客の目を楽しませてくれる定番のスポットです。

プユニ岬の詳細情報

プユニ岬

住所
北海道斜里郡斜里町岩尾別
アクセス
JR釧網本線知床斜里駅から斜里バス知床五湖・知床大橋方面行きで1時間、知床自然センター下車、徒歩15分

データ提供

4. オシンコシンの滝

4. オシンコシンの滝755373

出典:雪男13さんの投稿

日本の滝100選にも数えられる「オシンコシンの滝」は、落差約50mという知床でも有数の大きな滝。国道沿いの比較的アクセスのしやすい場所にあり、毎年多くの観光客が訪れます。階段を登ったところにある展望台からは、オホーツク海や知床連山などの壮観な景色が広がります。

4. オシンコシンの滝757828

出典:測量野帳さんの投稿

途中から水の流れが二股になっていることから「双美の滝」とも呼ばれています。大量の水が流れ落ちる滝を目の前に水しぶきを浴びていると、その圧倒的な迫力を肌で感じていただけるでしょう。

オシンコシンの滝の詳細情報

オシンコシンの滝

住所
北海道斜里郡斜里町ウトロ西
アクセス
知床斜里駅からバスで40分

データ提供

5. オロンコ岩

5. オロンコ岩755399

出典:ducaさんの投稿

ウトロ港にそびえる高さ約60mの巨岩が「オロンコ岩」です。その名の由来はいくつかあり、「そこに座っている岩」を意味するアイヌ語という説や、かつてこの地に住んでいた「オロッコ族」にちなんでついた名だともいわれています。

5. オロンコ岩757888

出典:ゆゆこさんの投稿

岩肌に沿って200段ほどの階段が続いており、頂上からはオホーツク海を背景に、ウトロ街並みや知床連山といった360度大パノラマの景色を楽しめます。

かなりの急斜面を登るため、上までたどり着くのが大変な分、頂上から見る景色の素晴らしさはひとしおとの評判です。どうぞご自身の体力と体調に合わせて、知床の美しい景観をお楽しみくださいね。

オロンコ岩の詳細情報

オロンコ岩

住所
北海道斜里郡斜里町ウトロ
アクセス
JR釧網本線知床斜里駅から斜里バスウトロ温泉方面行きで50分、ウトロ温泉ターミナル下車、徒歩5分

データ提供

6. 夕陽台

6. 夕陽台755415

出典:masa4792さんの投稿

「夕陽台」は「知床国設野営場」の中にあり、高さ50mほどの崖から観る景色が非常に美しい場所です。オホーツク海に沈む夕陽を望むスポットとしても知られています。ウトロ港やオロンコ岩を眼下に、夕暮れのロマンチックな光景を観に訪れるカップルも多いそうです。

6. 夕陽台755417

出典:鈴電さんの投稿

ウトロの温泉街からも近く、野営場の敷地内には「夕陽台の湯」という入浴施設もあります。流氷の季節には幻想的な氷の風景が広がり、知床の冬を感じさせてくれます。プユニ岬と並んで知床を代表する絶景ポイントのひとつです。

夕陽台の詳細情報

夕陽台

住所
北海道斜里郡斜里町ウトロ香川
アクセス
JR釧網本線知床斜里駅から斜里バスウトロ温泉方面行きで50分、ウトロ温泉ターミナル下車、徒歩15分

データ提供

7. 知床峠

7. 知床峠755355

出典:Z33VMXさんの投稿

標高738m地点にある「知床峠」は、斜里町と羅臼町を結ぶ知床横断道路の頂上付近にあります。天候がよければパーキングから目の前にそびえる羅臼岳の雄大な姿を見ることができます。羅臼側からは、根室や国後島まで見渡せる日もあるそうですよ。

7. 知床峠755358

出典:ぱんだやさんの投稿

7月頃まではあちらこちらに残雪も見かける雪国らしい景観が楽しめるとあって、ドライブにも人気のコースです。11~4月にかけては雪で通行止めになるため「日本一開通期間の短い国道」としても知られています。

知床峠の詳細情報

知床峠

住所
北海道斜里郡斜里町知床国立公園内
アクセス
JR釧網本線知床斜里駅から斜里バス羅臼行きで1時間20分、知床峠下車すぐ

データ提供

8. カムイワッカ湯の滝

8. カムイワッカ湯の滝755306

出典:ひどくんさんの投稿

「カムイワッカ湯の滝」は、知床の硫黄山から湧く温泉が川を流れる全国的に見ても珍しい場所。一の滝まで水の中を歩いて登っていきます。滝つぼで泳いだり、水遊びをする方の姿も見られますよ。童心に返ってアクティビティー&温泉気分が楽しめるスポットです。

滑りやすくなっていますので、靴や服装など事前の準備はしっかりと行っておきましょう。

8. カムイワッカ湯の滝756524

出典:ducaさんの投稿

川は河口部で「カムイワッカの滝」となり、断崖から海に向かって流れ落ちます。海側からのみ見学できるその光景は観光船に乗った方だけの特権。大自然の雄大さを感じさせてくれますよ。

カムイワッカ湯の滝は、斜里町の山林を深く分け入った場所にあり、かつては訪れる人も少ない秘境ともいえる場所でした。現在ではシャトルバスでのアクセスもできるようになりましたので、観光シーズンには多くの人々で賑わっています。

カムイワッカ湯の滝の詳細情報

カムイワッカ湯の滝

住所
北海道斜里町字岩尾別 知床国立公園内
アクセス
JR釧網本線知床斜里駅から斜里バス知床大橋行きで1時間54分、カムイワッカ湯の滝下車、徒歩30分

データ提供

8. カムイワッカ湯の滝761109

出典:

知床半島クルーズは航行コース・船の種類からご自身に合ったものをお選びください。知床岬コース・ヒグマウォッチングコース・硫黄山コースなど、陸路からは見ることのできない雄大な自然を楽しむことができますよ。

大自然に抱かれて心豊かな旅を

大自然に抱かれて心豊かな旅を756512

出典:k a g u r aさんの投稿

他では見られない自然にあふれた知床は、一度行くとその魅力の虜になる方が多いそう。雄大な景色、珍しい動植物、大自然の作り出す荘厳な空気など、都会での生活では味わえないものを、五感をフルに使って感じ取ってきてくださいね。きっと一生の思い出になる忘れられない旅となるでしょう。

北海道のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ