シビれるけどおいしい!札幌にある「175°DENO」の担々麺!

シビれるけどおいしい!札幌にある「175°DENO」の担々麺!

北海道札幌市にある「175°DENO〜担担麺〜」。日本未入荷のスパイスなどを使うことで、他では食べられない本格的な坦々麺が食べられると、人気が出ているお店なんです。坦々麺ですと、「辛い」というイメージ。ですが、ここのお店では「シビれる」という表現なのです。辛さとは違う、痺れ度合いを自ら選んで食べるスタイル。美味しいので、これがまたクセになるんです!気になってきましたね。では、紹介していきます。

2016年09月05日

『痺れる』美味しさで女性ファンも多し!「175°DENO(デノ)」の坦々麺

らーめんのまち札幌には担々麺のお店も多くありますが、中でも「175°DENO〜担担麺〜」の担々麺が美味しいと評判が広がっています。オシャレな店内や汁ハネ防止の髪エプロン、髪ゴムなど女性への心遣いも嬉しい。女性のおひとりさまでも気軽に入れるお店でもあるんです。
『痺れる』美味しさで女性ファンも多し!「175°DENO(デノ)」の坦々麺757596

出典:

すべての食材にこだわり抜いたDENOの坦々麺は他では味わえない本格的な1杯です。辛さではなく山椒のピリリ感を示す『痺れ』の度合いで好みを選ぶこちらの坦々麺。痺れなしでも結構辛めです。辛いものが苦手な方やお子様には、辛くない担々麺の用意があるので安心です。

汁なし坦々麺

「175°DENO〜担担麺〜 本店」料理 757472

出典:

日本ではらーめんの様な汁に浸った坦々麺が主流ですが、実は本場では汁なしが普通の坦々麺なんです!こちらでは本場さながらの汁なし担々麺を味わうことが出来ます。

「175°DENO〜担担麺〜 本店」料理 757544 麺

出典:或 真宗さんの投稿

縮れ平打ち麺にこだわりのタレに麺を十分絡めて、召し上がれ♪

汁あり坦々麺

「175°DENO担担麺 北2西3 駅前通店」料理 757530

出典:

こちらは見慣れた汁あり坦々麺。安心感のある見慣れた顔つきですが中身は本物!汁なしも美味しいですが、汁ありはコクのあるスープを飲み干せる楽しみも加わります。

こだわりが詰まった自家製辣油と本場四川省の山椒

「175°DENO〜担担麺〜 本店」料理 757540 お好みでラー油もどうぞ

出典:urya-momenさんの投稿

本場の材料を買い付けに行き作っているという自家製辣油。テーブルに置いてあり、辛さをお好みにカスタマイズ出来ます。

「175°DENO〜担担麺〜 本店」内観 757541

出典:PINYAさんの投稿

ココでしか味わえない美味しい辣油は、お持ち帰り用も。餃子に刺身に焼肉に…どんな料理も本格的にアレンジ出来る「175°DENO」の辣油。筆者もお店に行けば、必ず購入して買えるほどです。

「175°DENO〜担担麺〜 札幌北口店」料理 757599 オプションの花椒三種盛り

出典:辣油は飲み物さんの投稿

こちらは有料トッピングの山椒三種皿。真ん中が世界一辛い山椒、左右のは産地の違う青山椒だそうで、ピリリとした痺れが大好き!というか方に是非挑戦して頂きたい!

こだわりが詰まった自家製辣油と本場四川省の山椒758053

出典:

坦々麺に使われる花椒は、中国四川省の山まで生産者から直接買い付けるというこだわり。店名にもある「175°」は奥深い味わいと香りに仕上げるために、花椒を低温からじっくり175℃まで焼くことからきているそうです。

「175°DENO〜担担麺〜 本店」その他 761225 四川省の市場にて

出典:

お店では花椒の量を「シビれない」「シビれる」「すごくシビれる」の3段階表記しています。辛さとはまた違う、ビリビリとした感覚が、花椒の特徴です。辛味を足したい方は、店主特製ラー油をお好みで絡めて食べてくださいね。この「シビれる」は「辛さ」とは違います。辛いのが得意な人でも、一度「シビれる」で試してから、上の段階に進んでください。

札幌にある3箇所の『175°DENO〜担担麺〜』

そんな坦々麺が食べられるのは、アクセスの良い場所に3箇所お店を構える「175°DENO〜担担麺〜」のお店。その3店舗を、詳しくご紹介していきます!

175°DENO〜担担麺〜 本店

「175°DENO〜担担麺〜 本店」外観 757414

出典:ティキ-スパート2さんの投稿

市営地下鉄大通駅、1番出口徒歩2分、大通公園の一本南の路地、雑居ビル1階の奥にあるのが「175°DENO」の本店です。

「175°DENO〜担担麺〜 本店」外観 757415 思わぬ場所にあります。

出典:yoshimin+さんの投稿

目立たない場所にありますが、ビルの狭い廊下には順番待ちのお客の列が続いています。

「175°DENO〜担担麺〜 本店」内観 757694 カウンターは気さくなスタッフと楽しめる人気席

出典:

黒を基調としたBARのような店内。女性のお客さんが多いのもうなづけますね。

175°DENO担担麺 本店の詳細情報

5000175°DENO担担麺 本店

西8丁目、西4丁目、大通 / ラーメン、担々麺、居酒屋

住所
北海道札幌市中央区南1条西6-20 KYビル 1F
営業時間
13時以降スムーズにご案内可能 大通公園と電車通の仲通り(東に一方通行) [平日] 11:30〜15:00(L.O) 17:30〜21:00(L.O) [土・日・祝] 11:30〜16:00(L.O)(昼のみ営業)
定休日
なし
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

175°DENO〜担担麺〜 札幌北口店

「175°DENO〜担担麺〜 札幌北口店」外観 757461

出典:

札幌駅北口のすぐ向かいというアクセスの良い場所お店を構えるのが、「175°DENO〜担担麺〜 札幌北口店」。

「175°DENO〜担担麺〜 札幌北口店」外観 757781 ビルの中へは、サンクスの左右の入り口から

出典:

札幌民なら一度は見たことのある北口横断歩道の向かいのこちらのビル、東カン札幌ビルの1階にあり、サンクスさん横の入口から入ります。

「175°DENO〜担担麺〜 札幌北口店」内観 757462 竹をモチーフにしたモダンな店内

出典:

お店は竹を基調としたオシャレな雰囲気。オフィス街にあるので、毎日のランチとしてもオススメのお店です。

175°DENO〜担担麺〜 札幌北口店の詳細情報

175°DENO〜担担麺〜 札幌北口店

札幌(JR)、さっぽろ(札幌市営)、北12条 / ラーメン、担々麺、居酒屋

住所
北海道札幌市北区北7条西4丁目1-1 東カン札幌ビル 1F
営業時間
10:30-22:30(L.O)(通し営業) ※コロナウイルスの影響により下記の通り臨時営業  10:30-21:30(21:00L.O.)
定休日
なし
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

175°DENO担担麺 北2西3 駅前通店

「175°DENO担担麺 北2西3 駅前通店」外観 757468 2014/12

出典:ぁおさんさんの投稿

「175°DENO担担麺 北2西3 駅前通店」は地下鉄札幌駅と大通駅を結ぶ地下歩行空間に直結、敷島ビル出口からどうぞ。地下1階の中ほどに店舗があります。

175°DENO担担麺 北2西3 駅前通店757829

出典:

敷島ビルの外観はこちら。赤れんがテラスの斜め向かいにビルがあります。

「175°DENO担担麺 北2西3 駅前通店」内観 757469

出典:

お客さんと店員さんの距離が近いカウンター席。少しこじんまりとしたお店ですが、提供されるスピードが早いので回転率がいいです。あまり待つことなく、食べることができますよ。

175°DENO担担麺 北2西3 駅前通店の詳細情報

175°DENO担担麺 北2西3 駅前通店

さっぽろ(札幌市営)、大通、西4丁目 / ラーメン、担々麺、居酒屋

住所
北海道札幌市中央区北2条西3-1-12 敷島ビル B1F
営業時間
[月・火・水・木・金 ] 11:30〜15:00(L.O) 17:30〜21:00(L.O) [土・祝] 11:30〜16:00(L.O) 日曜定休
定休日
1/4より通常営業 土曜・祝日昼のみ夜休業、日曜定休
平均予算
  • ~¥999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

シビれたくなったら『175°DENO』へGO!

「175°DENO〜担担麺〜 札幌北口店」料理 758182 汁なし担担麺

出典:

一度食べたら、また行きたくなる!クセになる痺れがたまらない「175°DENO〜担担麺〜」。是非体感してみてはいかがですか?

北海道のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

札幌×ホテル・宿特集

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ