紅葉狩りにお茶会に。秋のイベント盛りだくさんの名古屋「白鳥庭園」へ

紅葉狩りにお茶会に。秋のイベント盛りだくさんの名古屋「白鳥庭園」へ

白鳥庭園は、中部地方最大級の日本庭園。1年中さまざまなイベントが開催されていますが、秋は仲秋の名月を迎えてお月見茶会や星空観測会があったり、紅葉シーズンにはライトアップされたりと特に見逃せないイベントが盛りだくさんです。名古屋のど真ん中でしみじみと秋の風情を楽しめる広い庭園は、ファミリーにもカップルのデートにもおすすめです!

2017年09月15日

本格的な日本庭園で四季を味わう

本格的な日本庭園で四季を味わう1332285

出典:たじまさんの投稿

白鳥庭園(しろとりていえん)は、名古屋市熱田区にある公園です。敷地面積3.7ヘクタールのなかに池泉回遊式庭園(ちせんかいゆうしきていえん:池と周辺をめぐる園路を中心に庭を造る様式)があり、四季の花々を楽しめるようにしてあります。実はこの庭園は1989年の世界デザイン博覧会で使用した白鳥会場を再整備したもので、正式には名古屋国際会議場や南広場を含む広大な「白鳥公園」の一部です。

本格的な日本庭園で四季を味わう1332335

出典:esuqu1さんの投稿

白鳥庭園といえば、春のシダレザクラ・山桜が有名ですが、秋の静かな光景もしみじみした味わいがあってステキなんですよ。
本格的な日本庭園で四季を味わう1332286

出典:esuqu1さんの投稿

中部地方の地形を再現したお庭をお散歩

暑さで少しぐったりした庭園内の木々も、9月になれば元気を取り戻します。秋風が立つ広い庭園内をゆったりと散策してみましょう。
中部地方の地形を再現したお庭をお散歩1332272

出典:しょうがさんの投稿

庭園の特徴は、中部地方の地形をイメージして造られていること。築山は「御嶽山」に見立てられ、そこから「木曽川」が流れ出して、流れが注ぎ込む池は「伊勢湾」です。水の源流から海までの流れをテーマにしているユニークな設計で、庭園内には御嶽山のふもとを流れる「寝覚の床渓谷」も再現されています。

見どころは数寄屋造りの茶室とモダンな和庭園

広い庭園には目立つ施設がふたつあります。ひとつは数寄屋造りの茶室「清羽亭(きよはてい)」。もうひとつが水を使ったモダンな和庭園「汐入の庭」です。どちらもイベントで大活躍する場所なので覚えておきましょう。

清羽亭(きよはてい)

清羽亭(きよはてい)1332287

出典:fumi@さんの投稿

庭園のほぼ中央にある清羽亭は、京都数寄屋大工と尾張大工のコラボによって出来上がった本格的な数寄屋建築です。外観のイメージは白鳥が舞い降りる姿で、母屋とふたつの茶室があります。市民茶会が行われる秋露祭(しゅうろさい)では、母屋から渡り廊下でつながった「立礼席(りゅうれいせき)」で、気軽にお抹茶をいただけます。

汐入の庭(しおいりのにわ)

汐入の庭(しおいりのにわ)1332282

出典:しょうがさんの投稿

池の一部にデザインされた「汐入の庭」は、人工的に作る汐の満ち干きで変化する景色を楽しむ庭です。時間ごとに噴水が波しぶきを作り、打ち寄せた水が岩場のくぼみから砂浜へ上がっていく様子をあらわします。日本庭園にモダンな手法を取り入れたもので、白鳥庭園の中心をなすところです。

秋の目玉は9月の秋露祭!

秋の目玉は9月の秋露祭!1332271

出典:shunkanyaさんの投稿

秋露祭は、白鳥庭園全体を使った秋で最も大きなお祭り。2017年は、9月18日(月・祝)で開催されます。気軽に参加できるお茶会などが行われます。イベントの見どころを詳しく紹介していきますね(内容は変更になる可能性があります)。

涼風(すずかぜ)市民茶会

涼風(すずかぜ)市民茶会1332280

出典:Re.ikkoさんの投稿

秋露祭の9月18日(月・祝日)の午前10時~午後4時におこなわれるお茶会です。1年で一番過ごしやすい季節に、秋風に揺れる草木を愛でながら優雅にお抹茶を頂きましょう。開催場所は芝生広場です。

白鳥寄席 特別席

白鳥寄席 特別席1332313

出典:kyuさんの投稿

清羽亭の広間では、東京・大阪・名古屋を代表する噺家による白鳥寄席を行います。午前11時と午後2時からの入れ替え制で、各席70席が用意されます。前売りチケットが必要になり、大好評の寄席ですので早めに予約しておきましょう。お腹を抱えて大笑いすれば福が舞い降りてきそうですね。

光に浮かぶ紅葉と水面のコラボが、息をのむほど幻想的

光に浮かぶ紅葉と水面のコラボが、息をのむほど幻想的1332276

出典:HLナイコンさんの投稿

紅葉狩りといえば、渓谷や山までわざわざ足を運ぶことが多いですが、白鳥庭園なら地下鉄の駅から歩いてたったの10分。駐車場も用意されているので、小さな子どもさんや、長距離歩けないおじいちゃん・おばあちゃんと一緒に、無理せず紅葉狩りに出かけられるのが嬉しいですね!
光に浮かぶ紅葉と水面のコラボが、息をのむほど幻想的1332277

出典:esuqu1さんの投稿

白鳥庭園といえば桜!と思っている人も多いでしょうが、実は紅葉の穴場スポットです。庭園内にはヤマモミジやドウダンツツジ、イロハモミジが約1500本あり、見ごろは例年11月下旬~12月初旬。ライトアップもあり、光を浴びた紅葉は幻想的な美しさ。池の水面に映りこんだ様子は、シャッターを何度もきってしまうほど私たちを魅了します。

観楓会

観楓会1332275

出典:QRLYさんの投稿

紅葉を眺めつつ、秋の一日を満喫できるイベントが「観楓会(かんぷうかい)」。市民茶会や芝生ステージでのライブ、マルシェなど、秋露祭りと同様に気軽に楽しめます。2017年の開催日程は11月18日(土)、19日(日)、23日(木・祝)、25日(土)、26日(日)の5日間で(マルシェやライブステージは18、19、23日の3日間で開催)、もちろん期間中もライトアップされます。

秋のお花もたくさん。足元の小さな秋を見つけよう

9~11月には、たくさんの秋の花が咲きます。たとえばキバナタマスダレ(黄花玉簾)はクロッカスに似た花で、白い花が可憐な印象。ギボウシ(擬宝珠)は種類がいろいろあるので、見比べるのが楽しい花です。紫色の小さな実はコムラサキ(小紫)で、別名をコシキブともいいます。黄色い花はツワブキ(石蕗)。葉がつやつやしているので「つやぶき」→「つわぶき」というそうです。
秋のお花もたくさん。足元の小さな秋を見つけよう1332288

出典:トムーヤンさんの投稿

「ツワブキ」の花はとっても可憐でキュートです。

園内はとても広いのですが、秋の花々を見ているとあっという間に楽しく歩けちゃいます。カメラを片手に、秋の1日を健康的に過ごしてみましょう。
秋のお花もたくさん。足元の小さな秋を見つけよう1332274

出典:みちゃさんの投稿

春の白鳥庭園もいいけど、秋だって負けていません

春の白鳥庭園もいいけど、秋だって負けていません1332289

出典:esuqu1さんの投稿

いかがでしたか?白鳥庭園の秋のすばらしさを感じていただけましたでしょうか?紅葉が鮮やかで深山の雰囲気さえ感じられる白鳥庭園。この風景と静けさが地下鉄名城線の神宮西駅から歩いて10分ほどとは驚きですね。広い敷地内をゆったりと歩いて秋を楽しむのもよし、アマチュアカメラマンとなってフォトスポットを捜し歩いてもよし。幻想的な風景を存分に楽しんでみてはいかがでしょうか?

愛知県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

名古屋×ホテル・宿特集

関連キーワード