野球好き必見!後楽園「野球殿堂博物館」で野球三昧の休日を過ごそう!

野球好き必見!後楽園「野球殿堂博物館」で野球三昧の休日を過ごそう!

東京・後楽園の東京ドーム内にある「野球殿堂博物館」。日本初の野球専門博物館です。数々の名勝負の映像や、野球史に残る名選手の使用したユニフォーム等展示が楽しめるので、野球好きのオトナをはじめ、野球少年・少女にはたまらない博物館なんです!2020年東京オリンピックの追加種目に決定し、新たな歴史を刻む予感の野球史。まずは日本野球の軌跡を振り返ってみませんか?

2016年09月08日

野球好き必見!日本初の野球専門博物館

「野球殿堂博物館」とは?

「野球殿堂博物館」とは?767877

出典:

野球好きにはたまらない野球に関するあらゆる資料や実際に選手が使用していた貴重なアイテムが揃っているのが「野球殿堂博物館」。東京ドームに併設されているので、野球観戦と一緒に楽しめる施設なんです!

「野球殿堂博物館」とは?772244

出典:

今回は、そんな野球殿堂博物館の魅力をご紹介いたします。

日本野球の軌跡に感動!

日本野球の軌跡に感動!767880

出典:

プロアマ問わず野球三昧の展示に、体験コーナーなど一日中いても飽きない「野球殿堂博物館」。中でも注目のコーナーを紹介していきます。

1_WBCの感動を再現!プロローグ展示コーナー

入ってすぐのエントランスにある「プロローグ展示」コーナー。ここでは大盛り上がりを見せたWBCの記念すべき優勝トロフィーやユニフォームが展示されています。野球ファンではなくても注目したい感動の物ばかりです。

2_毎年新しい選手が並ぶ!プロ野球TODAYコーナー

A post shared by mayuko (@mayuko716) on

「プロ野球TODAY」コーナーでは昨年活躍した球団を代表する主力選手たちのユニフォームやバッド、スパイクなどが展示されています。毎年更新されるのでまだ見てない方は必見です。野球場のロッカーをイメージしてつくられた展示は雰囲気も盛り上がりますね。

3_記録を残した大選手の歴史!球史に残る名選手コーナー

3_記録を残した大選手の歴史!球史に残る名選手コーナー771765

出典:

「球史に残る名選手コーナー」には日本を代表する伝説ともいわれた名選手たちの用具が並びます。王貞治や金田正一、沢村栄治などのホームランボールやMVP賞状など貴重なものばかりが展示されています。

王貞治氏が素振りで使用していた日本刀は必見です!集中力を高めるために使用していたのだとか。

4_憧れの投手と対決できる!バッターボックス体験コーナー

A post shared by Chih-hao Liao (@murphy1014) on

一番人気の「バッターボックス体験コーナー」。実際のプロの選手映像とともにバッティングが楽しめる体験型のコーナーです。スイングのタイミングが合うと打球音が鳴り、ヒットやホームランの表示があって盛り上がれます。

5_野球やスポーツに関する本が5万冊!図書室コーナー

5_野球やスポーツに関する本が5万冊!図書室コーナー767932

出典:

野球やスポーツに関する雑誌や新聞などが5万冊も所蔵されている「図書室」もあります。日本だけではなく海外のものも揃っているため、夢中になって何時間も過ごしてしまうこともあるほど魅力的なコーナーです。

6_殿堂入りした野球選手たちの肖像が並ぶ!野球殿堂コーナー

6_殿堂入りした野球選手たちの肖像が並ぶ!野球殿堂コーナー771763

出典:

野球殿堂入りした選手たちのブロンズ製肖像レリーフがずらりと並ぶ「野球殿堂コーナー」。数々の名選手たちの功績をたたえているコーナーです。

6_殿堂入りした野球選手たちの肖像が並ぶ!野球殿堂コーナー772191

出典:

公式アプリをレリーフにかざすと映像が見れるなど楽しい仕掛けもあります。

7_野球創成期の野球用具や歴史がわかる!野球の歴史コーナー

7_野球創成期の野球用具や歴史がわかる!野球の歴史コーナー772035

出典:

野球の歴史や創成期の野球道具など貴重なものが展示されているのが「野球の歴史コーナー」です。他ではなかなか見ることのできないものや、野球ファンなら必ず押さえておきたい歴史に触れることができます。

8_名勝負、名シーンのダイジェストが見れる!映像シアター

「映像シアター」では、日本シリーズやオールスターなどの名シーンをダイジェストで見ることができます。毎月様々なテーマで上映されているため、一度見たことがある人も違う映像が見れるかもしれませんよ。

イベントが開催されることも!

通常の展示物の他に期間限定でイベントが開催されたり、本物のリリーフカーが展示されていたりと魅力が盛りだくさんの施設なんです!

@funanori_kamomeが投稿した写真 -

たまにはこんなことも!?

@s.lucky.3が投稿した写真 -

北海道日本ハムファイターズの2軍で活動しているカビー。千葉県の鎌ヶ谷から遊びに来る、なんてことも「野球殿堂博物館」ならでは!

ここでしか買えないグッズ!

A photo posted by Sakiton (@sakiton64) on

野球殿堂博物館でしか買えないオリジナル商品や魅力的な野球グッズが揃っています。特に人気の「野球守」は、野球が上手になるよう、野球の試合に勝てるように応援するお守りとして中にグローブで作られたお守りが入っています。ここでしか買えないため、ぜひ手に入れたいグッズです!

野球殿堂博物館の詳細情報

野球殿堂博物館

住所
東京都文京区後楽1-3-61
アクセス
1) JR水道橋駅から徒歩で5分 2) 東京メトロ後楽園駅から徒歩で5分 3) 都営地下鉄春日から徒歩で5分
営業時間
10:00〜18:00 3月〜9月(※入館は閉館時間の30分前まで) 10:00〜17:00 10月〜2月(※入館は閉館時間の30分前まで)
定休日
[月] (但し、祝日・東京ドーム野球開催日・春・夏休み期間中は開館) 年末年始(12月29日〜1月1日)
料金
小学生 200円 20名以上の団体利用で150円 中学生 200円 20名以上の団体利用で150円 高校生 400円 大学生 400円 大人 600円 20名以上の団体利用で500円 備考 400円 障害者手帳をお持ちの方とそのお付き添いの方1名様(小・中学生は150円) その他 400円 65歳以上

データ提供

いかがでしたか?

いかがでしたか?771760

出典:

今回は野球殿堂博物館について紹介しました。野球好きはもちろんのこと家族や友人同士でも盛り上がれる施設になっています。東京ドームに訪れた際にはぜひ行ってみてくださいね。

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード