パークホテル東京のプロジェクト”アーティストインホテル”が刺激的!

パークホテル東京のプロジェクト”アーティストインホテル”が刺激的!

東京・汐留にある「パークホテル東京」で、“アーティストインホテル”と呼ばれるプロジェクトが行われていることをご存じでしょうか。部屋全体をキャンバスに見立て、様々なアーティストが個性的な部屋を作り上げるという取り組みです。コンセプトルームとは一線を画す「パークホテル東京」のアーティストルームは、外国人の旅行客を中心に大ウケ。今回は、独創的で刺激的な“アーティストインホテル”の世界へご案内いたします。

2016年12月16日

アートはホテルで感じる時代!?

「アート ラウンジ」その他 767210

出典:かねぴさんの投稿

アートって、美術館やギャラリーで鑑賞するものって思っていませんか。実は、アート鑑賞は、美術館やギャラリーだけでなくホテルでも鑑賞できるんです。東京・汐留にある「パークホテル東京」では、 “アーティストインホテル”という前衛的なアートプロジェクトを行っています。
「アート ラウンジ」内観 767349

出典:

アーティストインホテルってどんな取り組み?

皆さんは、“アーティスト・イン・レジデンス”という言葉を聞いたことはありませんか。“アーティスト・イン・レジデンス”とは、芸術館を一定期間ある場所に招き、その場所に滞在しながら創作活動を行わせるというもの。
「パークホテル東京」の“アーティストインホテル”は、そのホテル版といった感じです。アーティストが実際に「パークホテル東京」の客室に滞在し、そこから得られるインスピレーションをもとに個性的なアートを壁に表現するというものです。アートをホテルの一室で存分に楽しむという新しい取り組み。これが、外国人観光客に大ウケなんだとか。
「パークホテル東京」外観 772185 ホテルロゴ

出典:悠々さんの投稿

さっそく、ホテルの部屋を覗いてみましょう。

ルームツアー開始!

ルームツアー開始!767222

出典:

色彩の鮮やかな部屋

◆楽しくなっちゃう部屋『祭り』
『祭り』は、紅白幕、太鼓、浴衣や法被を着た人たちなど日本のお祭りを連想させるモチーフが、壁から天井まで隙間なく描かれている部屋です。室内をじっくりと観察すると、エアコンの空調口が獅子舞の口だったり、クローゼットの中に法被が描かれていたりとアーティストの遊び心が満載。この部屋に滞在するだけで、お祭り気分になって楽しくなっちゃいます。

A photo posted by @pyonkousagi on

◆幸運が訪れそうな部屋『芸者金魚』

A photo posted by @pyonkousagi on

『芸者金魚』のお部屋は、とにかくインパクトがあります。客室を水槽に見立て、赤い金魚が部屋中泳ぎ回っています。そして、妖艶な姿の芸者たち。この部屋にいると、なんとも不思議な浮遊感を感じます。

赤い金魚は、昔から縁起物とされてきた生き物。縁起物の金魚に囲まれて過ごすことで、幸運が訪れるようにというアーティストからのメッセージとか。

◆日本人の心を表現したお部屋『おたふく』
お多福の顔には、日本人の心の美しさが表現されているといわれています。細い目は内省の心、低い鼻は謙虚な心、小さな口は慎み深さ、豊かな耳は苦しんでいる人に耳を傾ける姿。これを、“五徳の美人”といいます。

A photo posted by Aya Shogaki (@wakame0112) on

そんなお多福をモチーフにした部屋が『おたふく』。部屋に入ると、ほほ笑みを浮かべた大きなお多福が出迎えてくれます。ベッドを包み込むように描かれたお多福を眺めながら、古の日本人の心の美しさを改めて感じてみるのも良いかもしれませんね。
◆猫好きにはたまらない部屋『招き猫』

A photo posted by Katsuya Shogaki (@shogakik) on

『招き猫』の部屋のメインテーマは、部屋中に描かれた“招き猫”。そして、もうひとつのテーマが、夏目漱石の小説『吾輩は猫である』です。壁や天井をよく見ると、小説の中の名文が書かれています。なんともユニーク。
◆宇宙空間のようなお部屋『詫び寂び』
『詫び寂び』は、銀の箔を壁に貼り、薬品によって硫化させることで様々な色を作り出すという日本画の伝統技法を使った部屋です。銀箔を用いて、複雑な色を表現している部屋は、ちょっとした宇宙空間のよう。アーティストルームの中でも、人気のお部屋です。
◆伝統芸能だってアートになっちゃう部屋『歌舞伎』

A photo posted by Aya Shogaki (@wakame0112) on

日本の伝統芸能“歌舞伎”をテーマにした部屋が『歌舞伎』。この部屋でおすすめなのがバスルームです。壁に描かれた絵を見ながらバスタブに浸かれば、銭湯に来た気分に。外国人に好まれそうな部屋です。

日本の美を体感できる部屋

◆哲学的な部屋『桜』

A photo posted by Tokyo Hotels (@tokyo_hotels) on

蝶を通して日本の四季を描いた部屋が『桜』。部屋に入ると圧倒されるのが、大きくそびえ立つ桜の木。でも、近くに寄って桜を見ると、桜の花びらが蝶の形になっています。蝶は、魂と時の流れを表しているそう。なんとも哲学的なお部屋です。

◆ほっこりとした気分になれる部屋『野菜』
壁を白磁の器に見立てて、日本原産の野菜が47種類描かれている部屋が『野菜』。透明感のある部屋は、なんだかほっこりとした気分になれます。暇つぶしに、47種類の野菜を探すのも面白そう。
◆力強さを感じられるお部屋『相撲』

A photo posted by KEI (@tsuchinoco22) on

日本の国技“相撲”を表現した部屋が『相撲』。力士の勝負前の緊張感、力強さがひしひしと伝わるアートが、部屋のあちらこちらに描かれています。でも、堅苦しくない。じっくりと日本の国技を理解するのにふさわしい部屋でないでしょうか。

◆伝統工芸をじっくり観察できる部屋『侍』
『侍』では、侍が師から継承される“心・技・体”の精神を感じるとることができます。木を彫刻し、漆を塗り重ねる鎌倉彫が部屋全体を装飾。中央には、侍の命ともいえる刀を配置。全体的にシックな部屋は、凛とした空間です。日本の伝統工芸の技をじっくりと観察できる部屋です。

A photo posted by 則夫 武井 (@noriotakei) on

◆エネルギーを吸収できる部屋『龍』
部屋の大きな窓から、ス~と入り込んできたかのような龍の絵。まるで部屋を一周するかのような龍の姿は、エネルギッシュです。『龍』は、東京タワーを臨む方向に位置している部屋なので、東京の近代的な風景と龍とのコントラストが抜群。パワーチャージをしたい人にぴったりの部屋です。

アーティストルーム宿泊での注意点

部屋のリクエストは受け付けていない

部屋のリクエストは受け付けていない767367

出典:

個性的で刺激的な部屋が魅力のアーティストルーム。でも、残念ならお部屋のリクエストはできないみたいです。それは、随時製作中のため。リクエストできないのは残念だけど、反面、どんな部屋に当たるか当日の楽しみというワクワクがあります。

素泊まりプランのみ

アーティストルームは、素泊まりのみ。だから、食事は自由ということになります。「パークホテル東京」は、食にもこだわっているからホテル内の食事を楽しむ良い機会。いろいろな食事を楽しんでみて。

「パークホテル東京」で“食”を堪能

アートラウンジ

「アート ラウンジ」内観 767658

出典:

25階から34階までが吹き抜けになっている「アートラウンジ」。屋外のような開放感たっぷりの空間での朝食やランチはいかかですか。ここのハイティーはとっても人気。
「アート ラウンジ」料理 767670

出典:ゆずみかんづめさんの投稿

アフタヌーンティーとは違って、お肉やお魚のメイン、ちょっとしたお酒も楽しめるハイティー。「アートラウンジ」のハイティーは、お手頃価格で満足のいく料理をいただくことができます。

A photo posted by @tarte_ispahan on

アート ラウンジの詳細情報

アート ラウンジ

汐留、新橋、築地市場 / 洋食、ハンバーグ、欧風カレー

住所
東京都港区東新橋1-7-1 パークホテル東京 25F
営業時間
[朝食]7:00~10:30 [ランチ]11:30~14:30 [喫茶]14:30~17:30 [ディナー]17:30~21:30
定休日
貸切イベントの場合休業となります
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999
  • ¥5,000~¥5,999

データ提供

花山椒

「花山椒」内観 767595 モダンテイストな店内

出典:

「花山椒」は、和とモダンを融合させた日本料理レストラン。食の芸術ともいえる懐石料理が楽しめます。
「花山椒」料理 767646

出典:

和食は、目で楽しみ、舌で楽しむのが基本。器はもちろん、旬の食材を使った手の込んだ盛り付け。見ているだけでも楽しくなる料理ばかりです。

「花山椒」料理 767649

出典:

花山椒の詳細情報

花山椒

汐留、新橋、築地市場 / 懐石・会席料理、割烹・小料理

住所
東京都港区東新橋1-7-1 パークホテル東京 25F
営業時間
御昼食 11:30~15:00(L.O14:00) 御夕食 17:30~22:00(L.O21:00)
定休日
2017年7月3日より、月曜日定休(祝日含む)
平均予算
  • ¥5,000~¥5,999
  • ¥15,000~¥19,999

データ提供

タテル ヨシノ ビズ

「タテル ヨシノ ビズ 」内観 767744 【Bエリア】窓から見える浜離宮

出典:

ホテルのフランス料理って、ちょっと敷居が高すぎる。そんなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。「タテル ヨシノ ビズ」は、カジュアルにフランス料理を楽しめるお店です。
「タテル ヨシノ ビズ 」料理 767785

出典:min2043さんの投稿

ここのお店は、お肉の種類が豊富。定番のビーフからジビエまで様々のお肉を味合うことができます。特におすすめなのが、仔羊のお肉。厚切りでジューシーなお肉は、美味しいと評判。ぜひ、食べてみてください。

「タテル ヨシノ ビズ 」料理 772157 季節ごとに味わいの異なるスフレをご用意

出典:

タテル ヨシノ ビズ の詳細情報

5000タテル ヨシノ ビズ

汐留、新橋、築地市場 / フレンチ、レストラン(その他)

住所
東京都港区東新橋1-7-1 パークホテル東京 25F
営業時間
ランチ  11:30~14:00(L.O) ディナー 18:00~21:00(L.O)
定休日
なし
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥6,000~¥7,999

データ提供

パークホテル東京で日本の良さを再認識

パークホテル東京で日本の良さを再認識767812

出典:

斬新的な芸術が楽しめる「パークホテル東京」のアーティストルーム。外国人に大人気のホテルですが、日本人でも十分に楽しめるホテルです。何かアイディアが欲しい、新たなチャレンジをしたいというときには、「パークホテル東京」に泊まって日本の良さを再認識してみるのもよいのではないでしょうか。

予約プランを見る:

関連記事

関連キーワード