2016年09月11日

日本列島誕生を知る鍵がココに!新潟県「糸魚川ジオパーク」

日本列島誕生を知る鍵がココに!新潟県「糸魚川ジオパーク」

フォッサマグナで知られる糸魚川(いといがわ)の地質・文化・歴史などがわかる糸魚川ジオパーク。地球博物館「フォッサマグナミュージアム」や大断層の境目が見られる「フォッサマグナパーク」をはじめ、断崖絶壁の景観などさまざまな角度から日本列島の成り立ちを確認することができます。厳しい審査を通り、世界的に価値を認められた「ジオパーク」。楽しく学びたい人におすすめの充実度抜群のスポットです。

「糸魚川ジオパーク」とは?

A photo posted by LUVIFE. (@erk___220) on

「ジオパーク」とは、貴重な「地質の宝もの」やその地域の自然・文化をまもり、かつ多くの人に知ってもらう・訪れてもらうことを目的にするもの。新潟県糸魚川市は、ユネスコが支援する「世界ジオパークネットワーク」の審査を通り、2009年に日本で初めて「世界ジオパーク」に認定されました。日本列島のことがまるごとわかるジオパークとして世界的に価値を認められた地域です。
「糸魚川ジオパーク」とは?760190

出典:

かつて日本列島がアジア大陸から離れるときにできた大きな裂け目「フォッサマグナ」。その西端に、日本を東西に分ける大きな断層「糸魚川-静岡構造線」があることはよく知られています。糸魚川ジオパークには、その境目が見学できる「フォッサマグナパーク」や地球博物館「フォッサマグナミュージアム」など多くの見どころがあります。

糸魚川ジオパークの見どころ

糸魚川ジオパークの見どころ760384

出典:

日本アルプスが日本海に落ち込む断崖絶壁「親不知」

地質や文化・歴史を感じることができる場所を「ジオサイト」といいます。糸魚川には24のジオサイトがあり、それらをめぐることで日本列島の成り立ちや糸魚川市の文化・歴史などを学ぶことができます。鉱物なども総合的に学べる「フォッサマグナミュージアム」をはじめ、日本アルプスが日本海に落ち込む断崖絶壁「親不知」や、ヒスイなど多種多様な岩石を観察できる「青海(おうみ)海岸」など、景観や石から大地の歴史を読み解くことができるスポットが数多くあります。

A photo posted by 雪埜丞 (@ukinojo) on

大地の歴史を知る「フォッサマグナミュージアム」

大地の歴史を知る「フォッサマグナミュージアム」761007

出典:

フォッサマグナミュージアムは、「地球誕生」「魅惑の石たち」「大地のロマン」などのテーマに分かれ、糸魚川に約5億年前にできたヒスイなど鉱物の紹介から、フォッサマグナに関する資料展示など、大地の歴史をあますところなく紹介した地球博物館。糸魚川市・美山公園の奴奈川の郷(ぬなかわのさと)にあります。また、美山公園展望台からは山々が断崖に沿って削られた大スケールの谷地形も望め、日本列島誕生のロマンにも触れることができます。
大地の歴史を知る「フォッサマグナミュージアム」760402

出典:

大地の歴史を知る「フォッサマグナミュージアム」777836

出典:

大地の歴史を知る「フォッサマグナミュージアム」760406

出典:

「石の庭」には、日本列島が。フォッサマグナが描かれ、糸魚川を中心に日時計になっているそうです。時計の回りの石は、ヒスイです。

フォッサマグナミュージアムの詳細情報

フォッサマグナミュージアム

住所
新潟県糸魚川市一ノ宮1313
アクセス
JR北陸本線糸魚川駅からタクシーで10分

データ提供

大断層が見られる「フォッサマグナパーク」

大断層が見られる「フォッサマグナパーク」761070

出典:

フォッサマグナパークでは、糸魚川-静岡構造線の大断層が見学できます。下の写真のように北アメリカプレートとユーラシアプレートの境界が見られ、左右で地層が違うことがわかるそうです。
大断層が見られる「フォッサマグナパーク」761063

出典:

大断層が見られる「フォッサマグナパーク」777853

出典:

フォッサマグナパークの詳細情報

フォッサマグナパーク

住所
新潟県糸魚川市根小屋2484-1

データ提供

そのほかのおすすめジオサイト

親不知

親不知761094

出典:

天下の険といわれる断崖絶壁で、親知らず・子知らずとも呼ばれます。かつては北陸街道が断崖の波打ち際を通っており、悪天候のときには親も子もお互いに顧みることができないほど命がけだったことからこの名がついたともいわれます(他説もあり)。

青海海岸

A photo posted by K.shizu (@kuronakiusa) on

糸魚川の海岸や渓谷からは、ヒスイが見つかります。日本列島の成長とともに地表に姿を現したヒスイを、糸魚川の「寺地(てらじ)遺跡」に住んだ縄文人が見つけ、世界最古のヒスイ文化を誕生させたのだとか。青海海岸では、ヒスイをはじめ、さまざまな岩石を観察することができ、大地の歴史をひもとく楽しみがあります。
青海海岸761390

出典:

ラベンダービーチでは、ラベンダー色のヒスイが見つかるといわれ、石探しのおすすめのポイントです。縄文人のヒスイ海岸で太古のロマンに思いを馳せてみるのも楽しいひとときです。

塩の道

塩の道761310

出典:

フォッサマグナの断層に沿って地すべりや窪地ができたため、これらの低地を結んだ「塩の道」ができたといわれます。塩の道は、越後からは海産物を、そして信州からは穀物やタバコなどが運ばれ、貴重な交易路として使われていました。戦国時代、上杉謙信が武田信玄に塩を送った古道でもあるそうです。

塩の道(松本街道)の詳細情報

塩の道(松本街道)

住所
新潟県糸魚川市大字大野ほか
アクセス
糸魚川駅より徒歩で 5分

データ提供

小滝川ヒスイ峡

小滝川ヒスイ峡777871

出典:リップフィールドさんの投稿

「小滝川ヒスイ峡」は、日本随一のヒスイの産地。青海地区の橋立ヒスイ峡とともに国の天然記念物に指定されており、河原で岩石を採ることは禁止されています。また、まが玉池には小滝川ヒスイ原石が展示されています。
小滝川ヒスイ峡761174

出典:

A photo posted by 田中藍 (@tivtivchang) on

小滝川ヒスイ峡の詳細情報

小滝川ヒスイ峡

住所
新潟県糸魚川市小滝

データ提供

弁天岩

弁天岩777875

出典:超スローフォトライフ!さんの投稿

弁天岩は、能生(のう)海岸にある大きな岩礁。約100万年前のフォッサマグナの海底火山の噴火によってできたもので、トットコ岩などとともにこれらの岩が漁礁となり、良い港になったそうです。

弁天岩の詳細情報

弁天岩

住所
新潟県糸魚川市能生

データ提供

人気の「ジオ丼」もおすすめ!

糸魚川には、通称「ジオ丼」といって、ジオパークにちなんだ丼がたくさんあります。提供店は21店舗。南蛮エビや紅ズワイガニなどお店によって素材はいろいろ。糸魚川ならではの贅沢で新鮮な丼をぜひご堪能ください。

「傳兵(でんべい)」の海鮮丼

「傳兵」料理 761432 高級海鮮丼

出典:かじんさんの投稿

漁師一筋40年の店主が営む寿司・居酒屋。その日の朝に水揚げしたばかりの旬の地魚が豪快に盛られた海鮮丼は、絶品。10種以上の地魚を一度に味わうことができます。

漁場 傳兵の詳細情報

漁場 傳兵

糸魚川 / 寿司、魚介料理・海鮮料理、海鮮丼

住所
新潟県糸魚川市南押上2-1-22
営業時間
11:30~14:00 17:00~21:00
定休日
木曜日
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

「そば処 泉家」のとろろ丼セット

A photo posted by みさき (@m_s_kiii) on

地元の人々にも人気のおそばの名店。糸魚川駅にも近く、新幹線の待ち時間にも立ち寄りやすいので、ぜひおすすめ。とろろ丼とおそばとサラダがセットになった「とろろ丼セット」は、糸魚川の山芋(もしくは大和芋)とコシヒカリを使用しています。

そば処 泉家の詳細情報

そば処 泉家

糸魚川 / そば、うどん、丼もの(その他)

住所
新潟県糸魚川市大町2-3-3
営業時間
11:00~19:00
定休日
火曜日 第三水曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ~¥999

データ提供

「ヒスイカクテル」も話題に!

ヒスイの産地として有名な糸魚川市では、ヒスイカラーや地酒にこだわったヒスイカクテルがさまざまな飲食店で提供され、話題になっています。

カプリーノ

「カプリーノ」料理 761451 ハート

出典:

ヒスイカクテルは、6色のヒスイカラーに合わせて6種類あります。写真は、地酒「根知男山」をベースに抹茶リキュールを使った「ハート」。ほかにはヨーグルトやアマレット(杏)、クランベリーなどを使用した美しい彩りのカクテルがそろっています。

カプリーノの詳細情報

カプリーノ

糸魚川 / イタリアン、ダイニングバー、ピザ

住所
新潟県糸魚川市本町1-12
営業時間
18:00~翌2:00(L.O.)
定休日
月曜日

データ提供

糸魚川ジオパークへのアクセス

■公共交通機関利用の場合/東京からは「北陸新幹線はくたか」で糸魚川まで約2時間。大阪方面からは「北陸本線特急サンダーバード」で金沢へ。金沢からは北陸新幹線で糸魚川へ。■車利用の場合/東京からは関越自動車道に入り、藤岡JCTから上信越自動車へ。上越JCTで北陸自動車へ入ります。約4時間半。金沢からは北陸自動車で約1時間半。

A photo posted by Chatani Sho (@chars_tv) on

地質などを学んで、地球の歴史や日本列島の誕生について知ることはとても興味深いですね。糸魚川ジオパークには、楽しく学んでわくわくできるスポットがいっぱい。秋の行楽には、ぜひ候補に挙げてみてください。

新潟県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード