モダンでおしゃれな和菓子をお土産に。東京でおすすめの和菓子店11選

モダンでおしゃれな和菓子をお土産に。東京でおすすめの和菓子店11選

日本の伝統的な和菓子の文化にも、若い世代の職人さんたちが新しい風を吹き込んでいます。モダンで美しい和菓子は、お土産にするのにおすすめの物ばかり!センスの良さを自慢できる、素敵な和菓子を買いに行きませんか?

2016年09月13日

お土産におしゃれな和菓子を選んでみませんか?

A photo posted by Iyo (@unsqueaky) on

改まった席へのお土産にもふさわしい、上品な和菓子の詰め合わせ。伝統的な和菓子もいいけれど、たまにはもう少し違った物を選びたいという方には、和と洋を絶妙にミックスさせたおしゃれな和菓子がおすすめです。最近では和菓子の文化にも、若い世代の職人さんたちが新しい風を吹き込んでいます。今までになかった新しい雰囲気の和菓子をチェックしてみましょう!

「空いろ エキュート品川店」(品川)

「空いろ エキュート品川店」外観 775989 品川駅エキナカ、エキュート品川の1階

出典:無芸小食さんの投稿

エキュート品川にある「空いろ」は、最中で有名な銀座の老舗和菓子店「空也」から誕生した新しいお店。「空也」の雰囲気とは全く違う、モダンなお菓子が人気です。

「空いろ エキュート品川店」料理 775984 つき≪プレーン/白いんげんつぶ≫(中はこんな感じ)

出典:やんやんこさんの投稿

こちらは「空いろ」を代表するお菓子の一つ「つき」。ホロホロとした食感のクッキーに粒あんがサンドされています。「つぶ」と「つぶ白」の2種類のあんに、クッキーもプレーンと抹茶の2種類があります。

「空いろ エキュート品川店」料理 775987

出典:ダイジろうさんの投稿

そしてこちらは、自慢のあんこを瓶詰めにした「ほし」。スプーンの形をしたクッキーで、あんこをすくいとって味わいます。もちろん、トーストやアイスに乗せるなど、いろいろな食べ方が出来ますよ!

空いろ エキュート品川店の詳細情報

空いろ エキュート品川店

品川、北品川、高輪台 / 和菓子、洋菓子(その他)

住所
東京都港区高輪3-26-27 エキュート品川 1F
営業時間
[月~土] 8:00~22:00 [日・祝] 8:00~20:30
定休日
無休(エキュート品川店に準ずる)
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

「あかりまど 渋谷モディ店」(渋谷)

「あかりまど 渋谷モディ店」内観 776017

出典:

渋谷モディの5Fにある「あかりまど」は、ハイブリッド和菓子を味わえるカフェスタンド。茶室のイートインスペースがあり、週に2回お抹茶の体験も行っています。

「あかりまど 渋谷モディ店」料理 783051 いろいろあんこの「あんドーナツ」

出典:

カラフルな洋菓子のように見えるのは、「あんドーナツ」。普通のあんこの他に、ラムネあん・りんごあんなどの新しい味も揃っています。こちらはナンの生地を使用して作った新感覚のスイーツ。あんの種類も豊富で何度でも食べてしまいたくなります!

A photo posted by Itoh Motomi (@moet0305) on

焼き菓子も全てお店で手作りしている物。和菓子と洋菓子が絶妙にミックスされた、他にはないオリジナルスイーツです!

あかりまど 渋谷モディ店の詳細情報

あかりまど 渋谷モディ店

渋谷、神泉、明治神宮前 / カフェ、和食(その他)、和菓子

住所
東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷modi内 5F
営業時間
11:00~23:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

「wagashi asobi(ワガシアソビ)」(長原)

「ワガシアソビ」外観 783017

出典:Fiascoさんの投稿

東急池上線・長原駅から徒歩1分。カフェのような雰囲気の一軒家が、三人の和菓子職人が営む「wagashi asobi(ワガシアソビ)」です。

A photo posted by ひらめ (@hirame1101) on

「wagashi asobi」で大人気なのが、こちらの「ドライフルーツの羊羹」。いちじく・いちご・くるみが入った新感覚の羊羹で、パンやワインにも合うと評判です!北海道産小豆の上質な餡や沖縄県産の黒糖とラム酒を使用した、素材にもこだわりぬいた一品。

A photo posted by 日々おやつ (@o_tennosa) on

もう一つの看板メニューは「ハーブのらくがん」。らくがんとは、米の粉などをつなぎにした砂糖を、型押ししたお干菓子です。ローズマリー・カモミール・ハイビスカスなどのハーブや、ゆず・抹茶・いちごなどの味も揃っています。香料・着色料を使わず、素材がそのまま練り込まれた優しい味と色合が特徴。

ワガシアソビの詳細情報

ワガシアソビ

長原、洗足池、北千束 / 和菓子

住所
東京都大田区上池台1-31-1
営業時間
10:00~17:00
定休日
月曜日(祝日等の場合変更の場合あり)、不定休(公式サイトにて告知)
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

「HIGASHIYA man(ヒガシヤ マン)」(表参道)

「HIGASHIYA  man」外観 776062

出典:オレの心のありったけさんの投稿

「HIGASHIYA man(ヒガシヤ マン)」は、銀座に本店を持つ和菓子店「HIGASHIYA」のおまんじゅう屋さん。蒸したてのおまんじゅうが看板メニューですが、お土産にぴったりのおしゃれな和菓子も購入できます。

まずはこちらの「ひと口果子」。その名の通り、一口サイズの上品な和菓子です。ココアやブランデーなどの洋風に味付けした餡もあり、中にはクリームチーズやナッツなどが入っています。
「HIGASHIYA  man」料理 776061 出来立てのサクサクを頂きます。

出典:テツやんさんの投稿

最中はスリムなスティックタイプで洗練された雰囲気。自分で餡を詰めて食べるスタイルなので、作りたての味を楽しめますよ。

HIGASHIYA manの詳細情報

HIGASHIYA man

表参道、外苑前、明治神宮前 / 和菓子、大福

住所
東京都港区南青山3-17-14 中山ビルディング 1F
営業時間
11:00~19:00
定休日
無休(年末年始を除く)
平均予算
  • ~¥999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

「あめやえいたろう(Ameya Eitaro)」(新宿)

「アメヤエイタロウ」外観 776328

出典:leleさんの投稿

伊勢丹新宿店B1Fにある「あめやえいたろう」は、飴で有名な老舗和菓子店「榮太樓」のブランド。昔ながらの素材を使いながら、キュートでカラフルな飴をたくさん製造しています。

リップグロスのようなデザインの「スィートリップ」は、女性に大人気のチューブ入りみつあめ。フルーツの果汁やバラのエキスなどを使った、透き通るようなカラーが魅力です。
こちらは板あめの「羽一衣(はねひとえ)」。昔から榮太樓の飴に使用されている「有平糖(あるへいとう)」の味を生かした一品です。口の中でふわりと溶けていく食感が、まさに天女の羽衣を思わせます。

アメヤエイタロウの詳細情報

アメヤエイタロウ

新宿三丁目、新宿、新宿西口 / 和菓子、スイーツ(その他)

住所
東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店 B1F
営業時間
10:00~20:00
定休日
不定休(伊勢丹に準ずる)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ~¥999

データ提供

「西新井大師 もなかカフェ まめつばき」(大師前)

「西新井大師 もなかカフェ まめつばき」外観 776336

出典:まりあてぃーたいむさんの投稿

「西新井大師 もなかカフェ まめつばき」は、西新井大師の参道にあるこじんまりとしたカフェ。その名の通り、最中が看板メニューの和風カフェです。

「西新井大師 もなかカフェ まめつばき」料理 777740

出典:まりあてぃーたいむさんの投稿

お店自慢の「まめもなか」は、マカロンのように小ぶりでカラフル。常時6種類のあんこが揃っています。お土産用のセットは皮とあんこが別々になっているので、皮のパリパリ感までしっかり味わえますよ!

西新井大師 もなかカフェ まめつばき

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

「しろいくろ」(麻布十番)

「しろいくろ」外観 776350 外観

出典:kanzanさんの投稿

麻布十番商店街の中ほどにある「しろいくろ」は、古民家をシックな雰囲気にリノベーションした外観が目印。店内にはイートインスペースもあります。最高級の丹波黒豆を使ったお菓子がいただけるお店です。

「しろいくろ」料理 776343 しろとくろ

出典:ジョルノ☆さんの投稿

お店のコンセプトをそのまま表したかのように見えるのが、「塩黒豆ロールケーキ」の「しろ」と「くろ」。塩気の利いた黒豆を、「しろ」はクリームに練りこんで、「くろ」はチーズクリームと合わせて独特な味に仕上げています。お土産用には丸ごと一本をテイクアウトできます。

しろいくろの詳細情報

しろいくろ

麻布十番、六本木、赤羽橋 / 和菓子、アイスクリーム

住所
東京都港区麻布十番2-8-1
営業時間
10:00~18:00
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

「えんなり」(新宿)

A photo posted by @ntmsmzk on

「えんなり」は新宿の商業施設「NEWoMan」に誕生した、和菓子のセレクトショップ。エキナカのお店で、全国から厳選された3店舗が3~4ヶ月ごとに入れ替わるという、新しいシステムのお店です。2016年10月末まで出店しているお店の一つが、富山の「薄氷本舗 五郎丸屋」。5つのトーンとテイストが揃った「T五(ティーゴ)」という干菓子は、薄氷のように口の中ですっと溶けます。
同じく10月末まで出店している、葛飾区のお煎餅屋さん「富士見堂」。無農薬や減農薬のお米を使った、こだわりのお煎餅が自慢です。パッケージが可愛いのでお土産にぴったりですね!

えんなりの詳細情報

えんなり

新宿、新宿三丁目、代々木 / 和菓子

住所
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan SHINJUKU 2F
営業時間
08:00 ~ 22:00
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

「十火(じゅっか) 銀座三越店」(銀座)

「十火 銀座三越店」料理 776560

出典:B型アウトローさんの投稿

「十火(じゅっか)」は、あられやおかきの製造で知られる老舗店「とよす」から生まれたブランド。銀座三越B2Fにあるお店です。一見チョコレートのようにも見える紅白の鮮やかなお菓子は、「丸(まろ)」という米菓子。和三盆といちごを使った優しい甘さで、口に入れるとふわりと溶けます。

A photo posted by mari (@mari.y.0515) on

こちらは、極薄の米菓子に洋風の味付けをした「箔(はく)」。カカオ・チーズ・トマトなどの種類があります。

十火 銀座三越店の詳細情報

十火 銀座三越店

銀座、東銀座、銀座一丁目 / 和菓子

住所
東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 B2F
営業時間
10:00~20:00
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

「和のかし 巡」(代々木上原)

「和のかし 巡」外観 776573 外観

出典:ガレットブルトンヌさんの投稿

代々木上原にある「和のかし 巡(めぐり)」は、身体に優しいお菓子が揃ったお店。卵、乳製品、小麦粉、添加物を一切使用せず、自然の甘さはココナッツシュガーとアガベシロップのみで作るというこだわりが満載!自然食を好む方へのお土産にぴったりですよ♪

「和のかし 巡」料理 776571 福巡り

出典:ガレットブルトンヌさんの投稿

人気の大福「福巡り」は、玄米と雑穀の生地を使った黒豆大福。小豆は無農薬で、お砂糖の代わりにココナッツシュガーとアガペシロップで甘みを付けています。

和のかし 巡の詳細情報

和のかし 巡

代々木上原、代々木八幡、東北沢 / 和菓子

住所
東京都渋谷区上原3-2-1
営業時間
10:30~18:00
定休日
月曜
平均予算
  • ~¥999

データ提供

「フェーヴ(Feve)」(自由が丘)

「フェーヴ 自由が丘本店」内観 776624

出典:LIBRAさんの投稿

パティシエの辻口博啓さんが手がける豆スイーツブランド「フェーヴ」。栄養豊富な豆をスイーツとして美味しく手軽に味わってもらいたいという、辻口さんの思いが集結したお店です。

「フェーヴ 自由が丘本店」料理 776580 fève  カシューフランボワーズ

出典:綾弥スイーツさんの投稿

こちらの「カシュー×フランボワーズ」は、カシューナッツを木いちごのパウダーでコーディングした豆菓子。甘くて濃厚なドライパインとセットになっています。女性に喜ばれそうなお菓子ですね!

フェーヴ 自由が丘本店の詳細情報

フェーヴ 自由が丘本店

自由が丘、奥沢、九品仏 / 和菓子、スイーツ(その他)、洋菓子(その他)

住所
東京都目黒区自由が丘1-29-14 Jフロントビル 1F
営業時間
10:00~20:00
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

素敵な和菓子を大切な人へプレゼントしませんか?

昔ながらの味や製法に、絶妙な洋のエッセンスを加えた新世代の和菓子。和菓子に精通した方にも新鮮に感じてもらえそうな物ばかりですね!お土産やプレゼントにぜひ、素敵な和菓子をチョイスしてみませんか?

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード