東京でスイーツを食べるなら絶品クレープはいかが?おすすめ10選

東京でスイーツを食べるなら絶品クレープはいかが?おすすめ10選

スイーツの中でも「クレープ」は別格。色々な組み合わせを気軽に楽しめる柔軟さは、お友達やパートナーとシェアするにもぴったりですよね。そして東京にはとにかく美味しいクレープリーがたくさん。お散歩中に立ち寄りたいとっておきのクレープ店をご紹介します。2016年09月18日 最終更新

ブログで紹介

HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。

2

オレンジカウンティ 本店(祖師谷大蔵)

最初にご紹介するのが小田急線祖師谷大蔵駅から徒歩3分ほどの場所にある「オレンジカウンティ」。入り口はやや奥まった住宅街のほうにあるので、少しわかりづらいかもしれません。

こちらのクレープの特徴は、皮がもっちりしていて生クリームたっぷりなところ。通常のサイズでもボリューム満点で、学生や生クリーム好きにはたまりません。リーズナブルでフレッシュな美味しさが人気の理由です。
「オレンジカウンティ 本店」外観 771318

出典:月ウサギ☆さんの投稿

イートインがあるので、座って食べられるのも嬉しいところ。お店の反対側からテイクアウトもできます。祖師谷大蔵の本店のほか、経堂駅にも支店があります。

「オレンジカウンティ 本店」内観 771319

出典:モンチッチさんの投稿

木のぬくもりが温かい店内。手作り風の内装がとても素敵ですね。

「オレンジカウンティ 本店」料理 771330 生クリームカスタード苺シナモン

出典:シノンセさんの投稿

生クリームカスタード、いちごをトッピングしたクレープ。ミニサイズで色々な種類を試してみるのもおすすめ。

「オレンジカウンティ 本店」料理 771331

出典:johnbull2009さんの投稿

こちらはハロウィンの季節だけの限定クレープ。黄色のかぼちゃクリームと紫芋のモンブランクリーム。中には自家製のベリーのパンナコッタが入っています。

季節限定クレープのほか週替わりのメニューもあり、何回訪れてもいろいろな味が楽しめるクレープリーです。

オレンジカウンティ 本店の詳細情報

オレンジカウンティ 本店

祖師ケ谷大蔵、成城学園前 / クレープ、洋食・欧風料理(その他)、カフェ

住所
東京都世田谷区祖師谷3-1-17
営業時間
11:00~22:00 <平日ランチタイム> 11:00~14:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

PARLA(外苑前)

インスタ映えするクレープといえばこちらの「PARLA」。東京メトロ外苑前駅より徒歩約10分ほどの場所にあります。まるでパリの街角にあるカフェのようにオシャレで、お酒も飲める大人の為のクレープリー。

トリュフやブルーチーズ、イチジクなどのリッチな食材を使用しているため、価格は他店のクレープと比べると高めですが、味はお墨付き。
「PARLA」外観 771313 PARLA

出典:職人!西島兵庫さんの投稿

外国の街角に迷い込んだような素敵な外観。店内に席はなく、テイクアウトのみとなります。

「PARLA」料理 771314 シシリアンエメラルド

出典:murielleさんの投稿

「PARLA」のクレープには、とにかく華があります。こちらは「ピスタチオマスカルポーネ グリオット バニラ蜂蜜」。見た目が美しいのはもちろんですが、素材の組み合わせによって、今まで味わったことがないような高級なクレープがいただけます。

「PARLA」料理 771324 いちじくとブルーチーズ

出典:cas87250さんの投稿

こちらは「イチジクとブルーチーズ」の組み合わせ。イチジクのコンポートはさっぱりとした甘さと濃厚さ。ブルーチーズの風味と重なって、味わい深い仕上がりになっています。

「PARLA」料理 771325 苺とスミレの媚薬

出典:プニプニ51さんの投稿

「イチゴとすみれの媚薬」は、スミレ色のリキュールが効いた一品。まさしく食べたらとろけちゃいそうです。

有名フランス料理店で利用している最高級の素材を使って作り出される「PARLA」のクレープ。とにかく一度は試してみてくださいね。

PARLAの詳細情報

5000PARLA

外苑前、国立競技場、千駄ケ谷 / クレープ

住所
東京都渋谷区神宮前2-10-1
営業時間
12:00〜17:00 18:00〜22:00
定休日
8月1日、2日は京都高島屋催事出店のためお休みいただきます。年末年始・臨時休業あり。
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

モアノ(根津)

東京メトロ根津駅から徒歩7分ほどの場所にあるのがこちらの「モアロ」。上野恩賜公園の近くにあるので、美術館巡りの後や散策中に寄りたいおすすめのカフェです。ギャラリーを併設したカフェで、看板犬のワンちゃんがテラス席でのんびりしていてホッコリさせられます。

シンプルなソルトバタークレープは、外側がカリカリ中はもっちりとした味わいで塩気がいいアクセントになっています。ぜひ、紅茶とあわせて味わってみて。
「モアノ」外観 771308 店前

出典:「一期一食」さんの投稿

入口の横に細長く伸びたレンガの壁が目印です。

「モアノ」内観 771309 店内のテーブル席。

出典:くいしんぼうヤマゲンさんの投稿

店内は秘密の小部屋のようなこぢんまりとした雰囲気ですが、居心地の良さは抜群です。

「モアノ」料理 771334 ソルトバター(¥600)

出典:ふらどらさんの投稿

「モアノ」のクレープは生地が薄く、パリッと香ばしいのが特徴。そしてシンプルなクレープがとても美味しいんです。こちらはソルトバター。生地の間にグラニュー糖がたっぷりかかっていて、甘さと塩のバランスにうっとり。

「モアノ」料理 774236 4種類あったクレープの中から、ハニー&ジンジャー(700円)に。ジンジャーが思ったよりもガッツリ入ってきて存在感がすごかった。上に乗せていたバニラアイスは◎。

出典:ゴンからの手紙さんの投稿

こちらは「ハニー&ジンジャー」。しょうががかなり効いていて、蜂蜜とのコントラストが印象的。添えられたバニラアイスも濃厚で溶かしながら生地と一緒に食べると絶品。

古い洋館を改造したような店内でいただく、シンプルだけど味わい深いクレープ。是非根津にお出かけの際は立ち寄ってみてくださいね。

モアノの詳細情報

モアノ

根津、京成上野、上野 / カフェ、クレープ、フレンチ

住所
東京都台東区池之端4-16-31
営業時間
11:00~18:00 (L.O.17:00)
定休日
月曜・火曜日 (祝日は営業)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

コムクレープ 原宿店(原宿)

明治神宮前駅から徒歩3分ほどの場所にあるのがこちらの「コムクレープ原宿店」。2016年の7月にオープンしたばかりの、富山で大人気のクレープ店の関東第一号店になります。オープン当初からテレビや雑誌などで特集されていることもあり、とにかくいつもお客さんの列が絶えません。イートインスペースはなく、テイクアウトのみになります。

A photo posted by mao (@m___ojj) on

「コムクレープ 原宿店」料理 771303 クレープブリュレ 600円

出典:ひろまめ27さんの投稿

こちらで食べるべきは看板商品の「クレームブリュレ」。クレープの中にはバニラビーンズ入りのカスタードクリームがたっぷり。表面はクレームブリュレ同様に、ぱりっぱりに焼かれていて、この食感が病み付きに!

クレームブリュレとクレープのいいとこどりをしたこのクレープ、とにかく食感が面白い!一度食べて見る価値ありですよ。

コムクレープ 原宿店の詳細情報

コムクレープ 原宿店

明治神宮前、原宿、表参道 / クレープ

住所
東京都渋谷区神宮前1-8-25 One Takeshita Place1-A
営業時間
10:00~20:00
定休日
水曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

クレープハウスCIRCUS(吉祥寺)

JR吉祥寺駅から徒歩4分ほどの場所にあるのがこちらの「クレープハウスCIRCUS」。吉祥寺に住んでいる方で知らない方はいないと言われるほど、地元で大人気のクレープリーです。テイクアウトのみとなりイートインスペースはありません。(外にちょっとしたイスがあります)。生地の大きさと美味しさに定評があり、具だくさんのクレープが人気の理由です。
「クレープハウスCIRCUS」外観 771298

出典:生Qさんの投稿

店主が1人で切り盛りしていますが、注文が入る毎に一枚一枚焼いてくれます。そのため、皮はアツアツでサックリもっちりしています。

「クレープハウスCIRCUS」料理 771299

出典:やしよんさんの投稿

こちらでは、デザート系のクレープだけではなく、お惣菜系のクレープメニューも充実しています。写真は「ハムレタスエッグ」。生地が大きいのでお腹いっぱいになります。ちょっとしたランチにもGood!

「クレープハウスCIRCUS」料理 773539 生クリーム・チョコ・バナナにバニラアイスをトッピング。フチはサクサクだけど、もちもちした生地に合わないわけがない!かなり満足度高いクレープでした( ´ ▽ ` )ノ

出典:おかのかおさんの投稿

デザート系クレープの人気メニューは「生クリーム・チョコ・バナナ」の組み合わせ。追加でアイスクリームをトッピングするのもおススメです!

一番シンプルな「生クリーム」のみのクレープがなんと260円と、とにかくお安くクレープが食べられるのも嬉しいところ。素朴な厚めでもっちりな「クレープハウスCIRCUS」のクレープ、是非一度試してみてくださいね。

クレープハウスCIRCUSの詳細情報

クレープハウスCIRCUS

吉祥寺、井の頭公園 / クレープ

住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-12-13 センチュリーホーム吉祥寺ビル 1F
営業時間
13:30~20:00
定休日
毎週火曜日になりました。年末は30日まで、年始は3日からです。
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

ポポット(学芸大学)

東急東横線学芸大学駅から徒歩4分ほどの場所にある「ポポット」。ガレットとクレープの専門店です。シンプルですが、生地の美味しさをダイレクトに味わえるクレープが人気。アルコール類も揃っているので、休日の贅沢なランチにもぴったり。
「ポポット」内観 771294

出典:ちゃぷぅさんの投稿

マスタード色の壁にブラウンのインテリアが素敵な店内。

ポポット(学芸大学)774140

出典:でかぷり夫さんの投稿

クレープの生地は薄めで、ギリギリまで火を通しているためとても香ばしいのが特徴。写真は、砂糖とバターだけのとてもシンプルな組み合わせですが、絶妙なバランスのクレープ生地の美味しさで、あっという間にぺろり。

「ポポット」料理 774138 バナナキャラメル(840円)♪バターの風味たっぷり!

出典:焼肉姉妹さんの投稿

こちらは「バナナ・キャラメル」。キャラメルソースの苦味が効いていて、ほんのり甘いクレープ生地との相性抜群です。

ポポットの詳細情報

ポポット

学芸大学 / クレープ、洋菓子(その他)、フレンチ

住所
東京都目黒区五本木3-31-6
営業時間
12:00~17:00 19:00~22:00
定休日
水曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

ピエロ(大山)

東武東上線大山駅のから徒歩6分ほどの商店街にある「ピエロ」。元フレンチシェフが腕をふるうテイクアウトオンリーのクレープリーです。お店の壁にぎっしり貼られたメニュー表が圧巻で、何を買おうか迷ってしまい結局定番のチョコバナナを買ってしまうこと間違いなし。

こちらのクレープは、他のクレープリーと比べると大きさが1.5倍ほどあろうかと思うほどのボリューム。しかし、生クリームはあっさりとした上品な味わいなので、ぺろりと食べられます。コワモテのおじさんが作っていますが、優しくて美味しいクレープです。
「ピエロ」料理 771288

出典:こすめさんの投稿

店名のとおり大きなピエロがお出迎えしてくれます。イートインスペースはなく、テイクアウトのみとなります。

「ピエロ」料理 771289 バナナチョコ生クリーム430円

出典:ぷにちんさんの投稿

ふんわり柔らかいクレープ生地は、どんなトッピングとも相性抜群。こちらは定番の「バナナチョコ生クリーム」。迷ったらコレです。

「ピエロ」料理 774148 生クリームカスタード苺クレープ 480円

出典:みたらしにゃんこさんの投稿

こちらはカスタードクリームと生クリームの組み合わせがとっても美味しい「生クリームイチゴカスタード」。カスタードは卵の味が強めで濃厚です!

「ピエロ」料理 774151

出典:チェリーブラッサムさんの投稿

クレープの種類がとっても豊富なのも「ピエロ」のいいところ。写真は「小倉マロン生クリーム」。和風の組み合わせも新鮮でいい!

生地がとても柔らかくもっちりしていて、ボリューム満点なのが嬉しいクレープリー。大山方面にお出かけの際は是非試してみてくださいね。

ピエロの詳細情報

ピエロ

大山、板橋区役所前、中板橋 / クレープ、アイスクリーム

住所
東京都板橋区大山町31-5
営業時間
[月~金] 12:30~20:00 [土・日・祝] 13:30~20:00
定休日
火曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

Au Temps Jadis(明治神宮前)

東京メトロ明治神宮前駅から徒歩15分ほどの場所にあるのがこちらの「Au Temps Jadis(オ・タン・ジャディス)」。フランス語で“昔の時間”という意味だそうです。店内は、クレープの本番フランスの田舎町にあるような素朴で優しい雰囲気。ブルターニュ地方の伝統的なクレープとガレットがいただけます。
「Au Temps Jadis」外観 774157

出典:毎日外食グルメ豚さんさんの投稿

古い洋館のような造りでツタのからまる味のある外観。お店の入口はこちらの地下にあります。

「Au Temps Jadis」内観 774159 2015/5

出典:dulce1994さんの投稿

木のぬくもりに溢れた店内は、フランスから取り寄せられた調度品がたくさん。

「Au Temps Jadis」料理 771283 塩バターキャラメル!

出典:ひなたぼこりさんの投稿

クレープ生地は薄めですがもっちりとしていて、意外に食べ応えがあるのが特徴です。こちらは「塩バターキャラメル」。たっぷりかかったカラメルソースはさらっとしていますが、ほろ苦さと甘さのバランスが◎。

「Au Temps Jadis」料理 771284 チョコレートのクレープ(税抜850円)+生クリーム(税抜100円)

出典:まこぷんさんの投稿

こちらはチョコレートのクレープ。生地の間にもチョコレートソースが塗られていて、見た目以上にチョコレートの存在を感じられます。ココアパウダーのほろ苦さもいいアクセントになっています。

店名のとおり、「昔の時間」にタイムスリップしたような空間でいただく絶品クレープは、思い出に残る味。デートにもぴったりのお店です。

Au Temps Jadisの詳細情報

Au Temps Jadis

明治神宮前、原宿、渋谷 / クレープ、フレンチ

住所
東京都渋谷区神南1-5-4 ロイヤルパレス原宿 B1F
営業時間
11:00~20:00
定休日
水曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

メルシー クレープ(自由が丘)

東急東横線自由が丘駅から徒歩5分ほどの場所にあるのがこちらの「メルシークレープ」。「自由が丘スイーツフォレスト」の中にあります。見た目はカジュアルで可愛いらしいですが、フレンチの人気店が監修しており本格的なクレープがいただけます。
「メルシー クレープ」外観 771278

出典:オカデンチさんの投稿

店頭には素敵なクレープの見本がずらり。入る前からわくわく感がとまりません。

「メルシー クレープ」料理 773664 フレーズバルサミコ

出典:白雪姫さんの投稿

成城のフレンチの人気店「マルメゾン」のシェフが監修したこちらのクレープは盛り付けがとても素敵。写真は「フレーズバルサミコ」。バルサミコ酢といちごの酸味とアイスクリームと生クリームの甘みが、調和する至福の組み合わせです。

「メルシー クレープ」料理 773665 クレープ・フルーツサラダ

出典:hymurockさんの投稿

こちらの「フルーツサラダ」はオレンジのソースと各種フルーツがトッピング。ほんのり甘いクレープ生地とフルーツソースの相性は抜群です。

「メルシー クレープ」料理 773667

出典:hama0257さんの投稿

「チョコバナナ」は軽くカルメリゼされたバナナをたっぷりトッピング。カリッとローストされたアーモンドチップもいいアクセントに。

クレープ生地は薄く繊細で、トッピングの美味しさを際立たせてくれています。自由が丘に行ったら是非立ち寄ってみてくださいね。

メルシー クレープの詳細情報

メルシー クレープ

自由が丘、奥沢、緑が丘 / クレープ、洋菓子(その他)、カフェ

住所
東京都目黒区緑が丘2-25-7 ラ・クール自由が丘 2F
営業時間
10:00~20:00
定休日
不定休(スイーツフォレストに準ずる)
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

アンドレア(下北沢)

最後にご紹介するのが、下北沢の人気クレープリー「アンドレア」。小田急線・京王井の頭線下北沢駅から徒歩4分ほどの場所にあります。たまには、変り種のクレープを食べてみたいという方には、納豆入りのクレープはいかがですか?唯一無二の世界観で、納豆やキムチ、過去には明太子を使ったクレープがあったそう。もちろん、スタンダードなクレープも美味しいのでご安心を。ボリュームもあり、コスパもGoodです。
「アンドレア」外観 771273 2011/5 再訪問

出典:ほぼ週4さんの投稿

ピンクの縁取りされたカウンターが目印。イートインスペースはなく、テイクアウトのみになります。

「アンドレア」料理 771274 プリン+クリームチーズ+チョコ+生クリーム+アイス
 470円

出典:apricotonさんの投稿

こちらのクレープは、生地を含めて組み合わせが自由自在なのが嬉しいところ。写真はプリン・クリームチーズ・チョコレート・生クリームの組み合わせ。生地は薄めでパリッとした仕上がりです。

「アンドレア」料理 773659

出典:yasuko1221さんの投稿

こちらは抹茶のクレープ生地にチョコ・イチゴ・生クリームのトッピング。抹茶のクレープ生地はほんのりとしたお茶の香りが新鮮で、美味しい!

「アンドレア」料理 773661 アップで

出典:ほぼ週4さんの投稿

そして「アンドレア」ならではのトッピングがなんと「納豆」。納豆に生クリームと聞くとギョッと引いてしまうのですが、はまると病みつきになると評判です。こちらは納豆・コーヒーゼリーに生クリームの組み合わせ。納豆のねばねば感は生クリームで気にならず、実はトッピングとして優秀かも?!

生地を含めて組み合わせの種類が多いので、どんなクレープにしようかな?とお料理感覚で色々試せるのが「アンドレア」の魅力。最高の組み合わせを目指して、色々なトッピングを楽しんでくださいね。

アンドレアの詳細情報

アンドレア

下北沢、新代田、世田谷代田 / クレープ

住所
東京都世田谷区代田6-5-26
営業時間
【土・日・祝】13時頃~24時頃 【平日】14時頃~24時頃
定休日
不定休ですがほぼやってます。夏季・年末年始のお休みについては ENJOY TOKYOのアンドレアをご覧ください。
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

クレープは、お店によって個性が出るので意外にも奥深いスイーツ。気分にあわせて、お手軽にテイクアウトしたりおしゃれなカフェでゆったり食べられるのもいいところ。是非お気に入りのお店をみつけてみてくださいね。

関連まとめ

関連キーワード