立山黒部アルペンルート~北アルプスの大自然が満喫できるスポット案内~

立山黒部アルペンルート~北アルプスの大自然が満喫できるスポット案内~

立山黒部アルペンルートは北アルプスを富山~長野間でむすぶ山岳観光コースです。古くから霊山として信仰されてきた立山は、心動かされる大自然の神秘的な絶景に出会える場所でもあります。有名な黒部ダムや雪の壁の間を散策できる迫力の「雪の大谷」もご紹介しますよ!訪れる人が年間100万人を超えるという人気のアルペンルートにあなたもでかけてみませんか?

2016年09月19日

北アルプスの見どころ満載のルート

北アルプスの見どころ満載のルート788023

出典:smurfさんの投稿

「立山黒部アルペンルート」は、3,000m級の山々が連なる飛騨山脈(北アルプス)を富山県立山~長野扇沢でむすぶコースです。古来より立山は山岳信仰の栄えた場所でもあり、山道のいたるところで思わず畏敬の念を抱きたくなるような絶景や、自然の美しい光景に出会えることでしょう。

今回は富山県側のアルペンルートへの入り口、ケーブルカーの立山駅から旅を出発します!どうぞお付き合いください。

立山ケーブルカーで出発!

立山駅~美女平(びじょだいら)駅へ

立山駅~美女平(びじょだいら)駅へ786884

出典:シロエビさんの投稿

立山ケーブルカーを使って、標高475mの立山駅から977mの美女平駅まで山を駆け上がります。美女平には樹齢を重ねた立山杉やブナの木の原生林があり、トレッキングも楽しめます。

恋愛のパワースポット「美女杉(びじょすぎ)」

恋愛のパワースポット「美女杉(びじょすぎ)」788562

出典:

美女平駅前には恋愛のパワースポットとして知られる巨木があります。その昔、女人禁制の立山に思い人を追って入ったお姫様が、会えずに帰る道すがら、この「美女杉」の前で願をかけたという言い伝えに由来するそう。

「美しき御山の杉よ、心あらば、わがひそかなる祈り、ききしや」と3回唱えれば、恋が成就すると言われています。ロマンチックなエピソードに思いを馳せて杉の木を眺めてみると、また違った感慨が得られるかもしれませんね。

「称名滝(しょうみょうだき)」を鑑賞

落差日本一の雄々しい滝

落差日本一の雄々しい滝786898

出典:

日本一の落差約350mを誇る滝です。大量の水が岩間から一気に流れ落ちる迫力は圧巻!「日本の滝100選」のひとつにもなっています。

実はこの滝、雪解けなどの水かさが増える時期限定で、向かって右側にもう一本の「ハンノキ滝」が現れることで知られています。しかもその落差は称名滝を超えて約500mに及ぶそう!2本の大滝が揃った姿は壮観ですよ。

アルペンルート上では、「滝見台」という場所からその光景を観ることができます。

「弥陀ヶ原(みだがはら)」を散策

まるで浄土のような世界が広がる大高原

まるで浄土のような世界が広がる大高原786962

出典:ニャイコ。さんの投稿

立山高原バスで更に上を目指すと、標高1,600〜2,100mのあたりに高原地帯が広がります。その光景がまるで「阿弥陀の住む楽園」のようということから「弥陀ヶ原」という名がついたそうです。2012年には「ラムサール条約」登録湿地にも認定され、散策用の木道が設置されています。

珍しい高山植物や昆虫が生息し、四季折々の草花の移ろいが楽しめる場所です。

餓鬼田(がきた)

餓鬼田(がきた)786907

出典:tentenさんの投稿

高原の中には「池塘(ちとう)」という池のような湿地帯がいくつも見られます。餓鬼が田植えをして空腹を満たそうとした伝説に由来し「餓鬼田」とも呼ばれています。

古くからこの世の天国と地獄をあわせ持つ地と崇められてきた立山ならではの光景です。

色彩豊かな高山植物たち

色彩豊かな高山植物たち786995

出典:tentenさんの投稿

かわいらしい高山植物が出迎えてくれるのも立山の素敵なところです。長い毛をなびかせた実をつける「チングルマ」や「タテヤマリンドウ」、美しい紫色の花を咲かせる「ヨツバシオガマ」などが色鮮やかに山を彩ります。

見ているだけで心和む風景が広がっています。

室堂(むろどう)の「みくりが池」

神秘的な美しさにため息

神秘的な美しさにため息787001

出典:シロエビさんの投稿

立山高原バスの室堂ターミナルから徒歩5分ほどの場所にあるのが「みくりが池」です。深い青色の水をたたえ、静かで神秘的な雰囲気が漂っています。

春にはまだ雪と氷で覆われている湖面がその姿を現すのは7月頃からとのこと。峰々を映し出す水鏡の美しさが訪れる人々の心を惹きつけてやみません。

雷鳥(らいちょう)にも遭遇できる?!

雷鳥(らいちょう)にも遭遇できる?!787007

出典:99isoさんの投稿

みくりが池周辺では、国の特別天然記念物、雷鳥の姿を見かけることがあるかもしれません。ハイマツの茂みに隠れていることが多い雷鳥に遭遇できたら、それはとてもラッキーなこと!あまり天候のよくない日にほど出会える可能性が高いともいわれています。

名物「雪の大谷」とは?

雪の壁の間をウォーキング

雪の壁の間をウォーキング787083

出典:kai_yggさんの投稿

室堂ターミナルからすぐの大谷では、毎年4月上旬~5月下旬にかけて、10~20mもの雪の壁の間を見物する「雪の大谷ウォーク」が行われています。本来人が簡単には踏み込めない立山の自然の厳しさ、脅威も感じさせてくれる貴重な体験ができるとあって、全国から訪れる方の多い人気のイベントです。

「雄岳(おやま)」からの絶景!

疲れも吹き飛ぶ大パノラマの壮観

疲れも吹き飛ぶ大パノラマの壮観787013

出典:バンドワゴンさんの投稿

体力に余裕があれば、室堂ターミナルから立山三山の主峰、雄山への登山もおすすめです。早起きをして山頂を目指し、ご来光を目にしたときの感動はなにものにも代えがたいものがありますよ!天候によっては、一面の雲海の中に八ヶ岳や南アルプスが顔を出す幻想的な光景を見ることもできます。

山頂には雄山神社峰本社があり、立山の山岳信仰の歴史も感じられる場所です。

別名”動く展望台”「立山ロープウェイ」

絶景ポイント!「大観峰(だいかんぼう)」

絶景ポイント!「大観峰(だいかんぼう)」787019

出典:むー太郎さんの投稿

立山トンネルを室堂から黒部側へ抜けて「大観峰」へ向かってみましょう。標高2316mの地点には展望台もあり、こちらはアルペンルートきっての美観スポットです。

立山ロープウェイに乗って、1828mの「黒部平(くろべだいら)」まで一気に下ります。黒部湖を遥かに見下ろし、北アルプスが眼前に広がる絶景はまさに言葉にならないほどの美しさ…。雄大な自然と山々の孤高の姿が、日常をつかの間忘れさせてくれます。

歴史ある「黒部ケーブルカー」

昭和レトロな車両も魅力的

昭和レトロな車両も魅力的787066

出典:10pointさんの投稿

黒部平駅からは黒部ケーブルカーを使って、最大31度の急勾配を黒部湖駅まで下ります。なんと昭和44年開業当時の車両を現在も使用しているそう!昭和の香り漂うレトロな車両はどこかかわいらしくもあり、乗り物ファンならずとも一度は乗ってみたい気持ちにさせてくれます。

全線地下を通っているケーブルカーは日本でもここのみという貴重な路線です。

大スケール!「黒部ダム&黒部湖」

「黒部湖」で遊覧船クルーズ

「黒部湖」で遊覧船クルーズ787069

出典:Y.ちあきさんの投稿

「ガルべ」は日本で最も高所を運行する遊覧船。約30分をかけて湖を回り、立山連峰を背景に黒部の森の息吹を身近に感じられる体験ができますよ。深いグリーンの水をたたえた黒部湖の情景をお楽しみください。

「黒部ダム」で大迫力の放水を見学!

「黒部ダム」で大迫力の放水を見学!787064

出典:LHさんの投稿

アルペンルートの大きな見どころ「黒部ダム」は必見です!苦難に満ちたダム完成までの道のりはドラマや映画でも描かれており、規模も知名度も日本随一のダムといえるでしょう。

大人気の「観光放水」は、10tともいわれる水が一気に放出される大迫力の光景が楽しめます。6月下旬~10月中旬の期間に実施されています。

関電トンネルで扇沢(おうぎざわ)へ

旅のしめくくりはトロリーバスで

旅のしめくくりはトロリーバスで787078

出典:10pointさんの投稿

黒部ダムを満喫したら、いよいよアルペンルートの長野側の出口、扇沢駅へと向かいます。架線からの電力をエネルギー源に走るトロリーバスが日本で見られるのは、こちらの「関電トンネル」と、室堂~大観峰をつなぐ「立山トンネル」のみ。

関電トンネルでは、ガソリンを使わず環境にも優しいトロリーバスを昭和39年から取り入れており、時代を超えて今もなお立山を訪れる人々を運んでいます。

立山黒部アルペンルート (富山側)の詳細情報

立山黒部アルペンルート (富山側)

住所
富山県中新川郡立山町芦峅寺ブナ坂外11国有林

データ提供

北アルプスの雄大な自然に魅せられる旅

北アルプスの雄大な自然に魅せられる旅787084

出典:こけちょんさんの投稿

昭和46年に立山黒部アルペンルートが開通して以来、北アルプスの壮大さ、自然の美しさに魅せられた多くの人々が全国から訪れています。

トレッキングや登山、絶景やダムの見学、今では珍しいトロリーバスなど、さまざまな楽しみ方のある場所です。日常の喧騒を離れて自然の中に身を置きたくなったら、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

富山県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード