2016年03月26日

秋田県の秘湯「乳頭温泉郷」は日帰り湯めぐりもおすすめ!

秋田県の秘湯「乳頭温泉郷」は日帰り湯めぐりもおすすめ!

秋田県の温泉といえば仙北市にある「乳頭温泉郷」、それぞれ異なる源泉を持ち、個性あふれる宿が揃う山奥の秘湯として有名です。そして秘湯ムードたっぷりの乳頭温泉のシンボルともいえる「鶴の湯温泉」が人気。あまりにも人気過ぎて予約がとれない!って時は日帰り入浴がおすすめ!宿泊しなくても、名物「山の芋鍋」ももちろん堪能できます!

2477

出典:カバ吉さんの投稿

今では日本人のみならず外国人も訪れる人気スポットになった「乳頭温泉郷」。秋田県仙北市「十和田・八幡平国立公園 乳頭山麓」に点在する温泉の総称です。

「乳頭温泉郷」には7つの宿・7つの湯があり、それぞれ源泉を持ち泉質はさまざまです。七湯(鶴の湯・妙乃湯・蟹場・大釜・孫六・黒湯・休暇村)を「乳頭温泉郷」と呼ばれています。その一つ一つの温泉を紹介してきましょう。

※一部の宿の硫黄泉は銀製品など一部の金属を酸化させる性質があるので、アクセサリーは外しておきましょう。湯気でも変色する可能性があるので、カバンの中にしまっておいたほうが安心です。

東北の名湯「鶴の湯」

東北の名湯「鶴の湯」2480

出典:aozoranekoさんの投稿

秘湯という名がピッタリくる「鶴の湯」。春夏秋冬それぞれ景色が全く異なります。

乳頭温泉郷なかでも有名なのは「鶴の湯」でしょう。最も古い歴史を持った宿といわれています。秋田藩主の湯治場だった由緒ある温泉です。茅葺き屋根の長屋が特徴的です。それぞれ、美人の湯「白湯」、子宝の湯「黒湯」、眼っこの湯「中の湯」、打たせ湯「滝の湯」と呼ばれる泉質の異なる源泉を持っています。

※日帰り入浴が可能です。詳細は公式サイトをご確認ください。
東北の名湯「鶴の湯」2482

出典:チッチさんの投稿

雪の時期には、景色がまるで違います。辺り一面が雪に覆われます。夜のこの景色が楽しめるのは宿泊者の特権ですね。

渓流そばにある開放的な露天「妙乃湯」

渓流そばにある開放的な露天「妙乃湯」2485

出典:フーチャさんの投稿

露天風呂の醍醐味といえば、雪見風呂!

「妙の湯」の特徴は、軒先を流れる先達川の渓流の音を聞きながらの露天風呂に入れることです。お風呂は、時間制の岩風呂、檜風呂の寝湯、青森ヒバや丸い那智石が引きつめられた内湯と混浴露天風呂があります。

※日帰り入浴が可能です。詳細は公式サイトをご確認ください。

A photo posted by debbit (@debbit) on

露天風呂からは、滝を見ながら入ることができ、ダイナミックに流れる水を見ながら入れる泉質良い温泉は最高です。

昔ながらの湯治場「黒湯温泉」

 昔ながらの湯治場「黒湯温泉」2491

出典:

温泉郷の中で最も奥にあるが「黒湯温泉」。江戸時代からの歴史を持つ温泉で源泉地が宿の横にあり、ふつふつと温泉が噴出す様子を眺めることができます。4月下旬~11月下旬の期間限定営業なので確認してから訪れてください。

※日帰り入浴が可能です。詳細は公式サイトをご確認ください。
 昔ながらの湯治場「黒湯温泉」2493

出典:

自然に囲まれながら入る露天風呂も格別です。

 昔ながらの湯治場「黒湯温泉」2494

出典:

豊かな自然の景色を眺めながら木の温もりを感じることができる、打たせ湯もおすすめです。

季節ごとの景色も楽しめる「蟹場温泉」

季節ごとの景色も楽しめる「蟹場温泉」2497

出典:

県道の途切れる一番奥に蟹場(かにば)温泉があります。お湯は無色透明です。

温泉の名前は、付近の沢に沢蟹が多く生息していたことから名付けられました。かっては湯治場でしたが、乳頭温泉郷の中でいち早く改装して、今は2階建ての本館と新館があります。秘湯の雰囲気が感じられる宿舎から50メートルほど離れた原生林の中にある露天風呂は、周囲に建物もなくブナの木に囲まれながら季節の移ろいを感じつつ入浴できます。

※日帰り入浴が可能です。詳細は公式サイトをご確認ください。

A photo posted by @chimney2530 on

雪がしんしんと降るなかの露天風呂体験もおすすめです。

山の薬湯とよばれる「孫六温泉」

湯治場の風情を残した温泉宿「孫六温泉」、素朴さが人気です。7つの湯船があり、4つの源泉を持っています。静かな山合いにあるので、静かな秘湯ムードが漂います。

※日帰り入浴が可能です。詳細は公式サイトをご確認ください。

A photo posted by niyaly (@niyaly) on

のんびりと落ち着いてお湯を楽しむなら「孫六温泉」がおすすめです。先達川沿いには女性専用の露天風呂もあります。

湯治場の風情を残している温泉地として、冬場も人気です。

木造校舎を移築したユニークな「大釜温泉」

A photo posted by H.T. (@ht._.666) on

廃校になった本城市(現在は由利本城市)の小学校を利用しているので看板には「本荘市立子吉小学校大釜分校」とつけられています。

乳頭温泉郷の中では歴史がもっとも新しい温泉です。お湯は茶色く濁っていますが、硫黄の良い香りがします。身体や服、タオルに硫黄の香りが移りますが、それがますます温泉好きには堪らないようです。

※日帰り入浴が可能です。詳細は公式サイトをご確認ください。

A photo posted by Raytan (@rayaztecs) on

落葉樹に囲まれた露天風呂は、冬なら雪見風呂、秋なら紅葉を楽しめます。

A photo posted by ノンタン (@nong_tang) on

ヒバで造られた深めの内湯。

秘湯とブナの森に囲まれた「休暇村 乳頭温泉郷」

A photo posted by nobuo_hang (@nobuo_hang) on

近年リニューアルされた、乳頭温泉郷の中では最も近代的な施設です。

乳頭温泉郷には珍しい近代的な3階建てのホテルです。内風呂と露天風呂があり、2種類の異なる泉質の天然温泉を楽しむことができます。乳頭温泉郷の中心に位置しているので、ほかの温泉へ湯めぐりするには便利な立地です。

※日帰り入浴が可能です。詳細は公式サイトをご確認ください。

A photo posted by nobuo_hang (@nobuo_hang) on

洗い場もしっかり完備。

A photo posted by nobuo_hang (@nobuo_hang) on

四季の移り変わりが楽しめるブナ林に囲まれた静かな露天風呂。

落ち着いた雰囲気のなかでランチを食べよう!!

「別館 山の宿」料理 2529 山の芋鍋(2人分)

出典:くうのむわらうさんの投稿

「鶴の湯 別館 山の宿」は残念ながら日帰り入浴の営業はしていません。囲炉裏のある食事処でランチがいただけるので、落ち着いた雰囲気で秋田の味を楽しめます。粘り強い山芋を丸めて、きのこや豚肉とともに煮込んだ味噌味の名物「山の芋鍋」をはじめ、岩魚の塩焼き、山菜などがいただけます。秋田の郷土料理「きりたんぽ」にも使われる芹(セリ)が季節によって鍋に入るので、芹の旬である冬時期に訪れるのもおすすめ。

A photo posted by @norikoshisei3 on

そして、炭火で焼く魚は香りでも、見た目でも食欲をそそられますよ。

「別館 山の宿」外観 2533

出典:ぱぷぅ~~さんの投稿

別館 山の宿の詳細情報

別館 山の宿

仙北市その他 / その他

住所
秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林50
営業時間
ランチ 11:00から14:00まで
定休日
なし
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥20,000~¥29,999

データ提供

いかがだったでしょうか?

人気の乳頭温泉郷はどの季節も多くの方が訪れます。宿泊が困難な場合は日帰り入浴で各温泉を堪能してみてください。硫黄の香りに心も身体もリラックスできると思います。

日帰り入浴を堪能できたら、次回は宿泊に挑戦してみてください。

日帰り入浴を堪能できたら、次回は宿泊に挑戦してみてください。2538

出典:激光仮面さんの投稿

夜の雰囲気はまた別格です。自然の中にある乳頭温泉郷だからこそ、夜の静まり返った森と渓流と滝の音。解放的な混浴露天風呂を楽しんでください。夜空に天の川を見つけることもできますよ。

そして七湯をめぐってみましょう!【宿泊者限定】

A photo posted by ☠mytoo.com⚡ (@mytooftr) on

乳頭温泉郷の宿に宿泊者のみ購入できる湯めぐり帖があります。組合加入7軒(鶴の湯・妙乃湯・蟹場・大釜・孫六・黒湯・休暇村)の入浴が可能。趣の異なる7つの宿、7つの温泉を楽しめるのも魅力です。各施設のフロントで販売しています。

七湯めぐりの温泉浴は万病に効くといわれております。ぜひ、湯あたりに注意しながら七湯めぐりしてみてくださいね。

秋田県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ