2016年10月03日

手つかずの大自然!沖縄・人気の離島『久米島』を満喫する観光スポット16選

手つかずの大自然!沖縄・人気の離島『久米島』を満喫する観光スポット16選

アクセスも充実している人気の離島『久米島』。はずれのないグルメも人気の秘密ですが、魅力的な観光スポットにも迫ってみたいと思います。島の見どころはキレイな海や無人島ツアーだけではありません。絶景や島の歴史を味わえるミュージアムなども点在します。島の魅力を十分ご堪能ください♪

久米島ってどんな島?

久米島ってどんな島?815400

出典:led-manさんの投稿

『久米島』は、沖縄本島から真西方向100kmほどの位置にある離島です。沖縄では5番目に大きい島で、人口は1万人というのどかな島です。その昔、久米島は、琉球で一番美しい島という意味から「琉美島(くみじま)」とも言われていたとか。そんな美しい島ではダイビングやシュノーケリング、無人島「ハテの浜」などのビーチレジャーが目的の方も多いですが、穴場の観光スポットも満載です。

ネコバス?!

A photo posted by Tomomi.A (@tomo.a.r_y) on

島を廻るには、島一周道路も整備されており、レンタカーを使うのが効率的です。また、島を一周する循環バスも飛行機が到着する時間に合わせて久米島空港から出発しているので、要所を絞って廻る方には格安な手段です。しかも、空港線の運行バスの車体には、アニメーション映画監督の宮崎駿から寄贈されたウミガミのイラストが! 「町民が連携して島の未来を切り開いてほしい」という願いが込められたもの。ぜひチェックしてくださいね!

久米島の交通アクセス

久米島には、飛行機と船を利用した2つの交通手段が可能です。
久米島の交通アクセス811844

出典:

飛行機は1日7便ほど、那覇空港から久米島空港まで直行便が結ばれています。所要時間は30~35分なので、寝る暇もなく到着してしまいます(2016年9月現在)。
久米島の交通アクセス815483

出典:

船は、那覇の泊港(とまりこう)から1日2便出港しています(2016年9月現在)。所要時間は2時間50分~4時間ほどで島の南部にある兼城港(かねぐすくこう)に到着します。ゆっくりとクルーズを楽しみたいなら、おすすめなアクセス方法です。また、「フェリーくめしま」よりも「ニューくめしま」の方がキレイでゴージャス感があるので、乗り比べてみるのもいいですね。
久米島の交通アクセス811897

出典:

ちなみに、船を利用すると、久米島南部を回り込むルートになっているので、「トクジム自然公園」の断崖絶壁の圧巻な風景も堪能できますよ。

離島といえばビーチ!

離島といえばビーチ!812094

出典:yottaさんの投稿

1.イーフビーチ

1.イーフビーチ815658

出典:Nonemmaさんの投稿

日本の渚100選にも選ばれている『イーフビーチ』は島の南東部にあります。白いロングビーチと透明度あるエメラルドグリーンが特徴で、白い要因ともなるサンゴがビーチのいたるところで見ることができます。
1.イーフビーチ815663

出典:Mets.さんの投稿

民宿やリゾートホテルが軒を連ねる島で最も人が集まるイーフエリアにあります。「イーフビーチホテル」に隣接しており、島で一番人気の海水浴場です。シャワーやトイレなども完備されています。

イーフビーチの詳細情報

イーフビーチ

住所
沖縄県島尻郡久米島町謝名堂
アクセス
1) 兼城港から車で15分 2) 久米島空港から車で20分

データ提供

2.シンリ浜

2.シンリ浜815668

出典:

島の東側、リゾートホテル「サイプレスリゾート」に隣接したまるでプライベートビーチのような空間『シンリ浜』。宿泊客や地元の方が散歩などをしていますが、泳ぐならイーフビーチを利用する場合が多く、ほとんど人がいません。

A photo posted by akito hoshi (@akito_hoshi) on

遊歩道が久米島空港の滑走路と並行しているので、飛行機の離着陸を見ることが可能です。奥に行けば行くほどかなり近寄ることができますよ。
2.シンリ浜811909

出典:ressenさんの投稿

また、島の東側に位置するので、夕日のスポットとしてもおすすめなビーチです。黄金色に輝く海と夕日をたっぷり堪能できます。

シンリ浜の詳細情報

シンリ浜

住所
沖縄県島尻郡久米島町大原南開113
アクセス
久米島空港より兼城方面へタクシー3分

データ提供

3.ハテの浜

3.ハテの浜812082

出典:harukitomさんの投稿

ツアーで行くのが一般的なキレイすぎる無人島『ハテの浜』。全長5km以上にも及ぶいくつかのサンゴ島からできています。真っ白な砂は、日本とは思えない景観。透明な海はまるでプールに浮いているかのようです。
3.ハテの浜812385

出典:御手洗まことさんの投稿

地元の人は、カヤックを使って上陸するのだとか。人によっては奥武島から2時間ほどかかるそう。
3.ハテの浜813187

出典:Mets.さんの投稿

見たことのない魚たちにたくさん会うことができるのもこの島の魅力です。エサに近寄ってくる愛らしい魚の顔をぜひ♪

ハテの浜の詳細情報

ハテの浜

住所
沖縄県島尻郡久米島町
アクセス
泊フィッシャリーナから船で20分

データ提供

島の観光スポットを廻ろう!

4.具志川城跡

4.具志川城跡812100

出典:

島の北西部にある『具志川城跡』は、15世紀の初めに豪族が住んでいたお城です。南海貿易の中心となる場所でもありました。ゆっくりと修復されている最中で、石垣がキレイに積まれていく姿が訪問するたびに立派になっています。

具志川城跡(沖縄県久米島町)の詳細情報

具志川城跡(沖縄県久米島町)

住所
沖縄県島尻郡久米島町字仲村渠432
アクセス
空港から車で10分 - 兼城港から車で15分
料金
無料

データ提供

5.ミーフガー(女岩)

5.ミーフガー(女岩)812135

出典:

具志川城にほど近い『ミーフガー』は、子宝に縁があるパワースポットとしても知られています。ミーフガーの意味は“女岩”を意味します。高さ20mを越える岩のスケールも圧巻ですが、久米島が「全国で2位の出生率を誇る島」と実証される神秘的なスポットです。

ミーフガーの詳細情報

ミーフガー

住所
沖縄県島尻郡久米島町仲村渠179
アクセス
久米島空港から車で10分 - 兼城港から車で20分

データ提供

6.ガラサー山 (男岩)

6.ガラサー山 (男岩)812155

出典:

フェリーが到着する兼城港のすぐそばにある『ガラサー山』は、先ほどご紹介したミーフガーと対になっていて、こちらは“男岩”。ヒョウタンのような島の先端に、大きなこけしのオブジェのような景観にビックリ! 一瞬「何あれ!」と声にしてしまうインパクトの姿に驚く人も多いとか。もちろん、天然の岩です。隣接した「ふるさと公園」から横のアングルで見るのがおすすめだそう。

7.久米の五枝のマツ(くめのごえだのまつ)

7.久米の五枝のマツ(くめのごえだのまつ)812168

出典:

島の西部にある『久米の五枝のマツ』は、伊平屋島の念頭平松と並ぶ、沖縄の2大名松とされています。見事な大きい松は一見の価値あり。
7.久米の五枝のマツ(くめのごえだのまつ)812174

出典:

まるでオクトパスのように中心から伸びる枝が圧巻です。重さに倒れてしまわぬように人為的な処置も不可欠のようです。

久米の五枝の松の詳細情報

久米の五枝の松

住所
沖縄県島尻郡久米島町上江洲773
アクセス
1) 兼城港から車で5分 2) 空港から車で5分

データ提供

8.上江洲家(うえずけ)

8.上江洲家(うえずけ)812221

出典:

国指定重要文化財にも指定されている『上江洲家』は、具志川城主の末えいでもあります。上江洲家のつくりは、「石垣殿内」と呼ばれる屋敷建築が特徴です。立派な石垣は家の周囲を囲むカタチで見ることができるので、そばでじっくり観賞してください!

上江洲家の詳細情報

上江洲家

住所
沖縄県島尻郡久米島町西銘816
アクセス
1) 兼城港から車で5分 2) 空港から車で5分
営業時間
9:00〜18:00
料金
大人 300円 中学生 200円 小学生 100円

データ提供

9.久米島ホタル館

9.久米島ホタル館812272

出典:

兼城港の近くにある『久米島ホタル館』は、県指定天然記念物のクメジマボタルを見ることができます。ツアーもあり、夜に出発するホタルツアーも人気です。さらに星空を見るのに最高の場所だとか。
ホタル以外の虫や動物にも会えて、子供たちの喜ぶ姿が見れる場所として地元の方からも親しまれています。

久米島ホタル館の詳細情報

久米島ホタル館

住所
沖縄県島尻郡久米島町字大田420
アクセス
1) 空港から車で10分 2) 兼城港から車で3分
営業時間
11:00〜16:30
定休日
[月火] 年末年始
料金
大人 100円 子供/50円

データ提供

10.熱帯魚の家

10.熱帯魚の家812284

出典:

島の北部にある面白いネーミングの『熱帯魚の家』。岩の間をカラフルな魚たちが泳ぐ姿を、海に入らず服を着たまま無料で見学できる体験スポットです。なるべく引き潮の時間を選んで訪れたほうがおすすめ。

熱帯魚の家の詳細情報

熱帯魚の家

住所
沖縄県島尻郡久米島町比屋定

データ提供

11.比屋定バンタ展望台(ヒヤジョウバンタ)

11.比屋定バンタ展望台(ヒヤジョウバンタ)812286

出典:

久米島に来たらぜひ訪れたい『比屋定バンタ展望台』。絶壁にあり、下を覗けば足がすくんでしまうほど!
11.比屋定バンタ展望台(ヒヤジョウバンタ)812298

出典:

見慣れてくれば、圧巻の美しい海のグラデーションを果てしなく遠方まで臨むことができます。

A photo posted by @moana_mahaloha on

また、パーラーが隣接しているので天ぷらや久米島名物「しまふくのみそクッキー」が購入できます。絶景を見ながら朝食やランチを楽しむのも最高ですよ。
11.比屋定バンタ展望台(ヒヤジョウバンタ)812293

出典:

展望台の真下をよーく見ると、釣り堀のようなものが! これは、久米島名産でも有名な“クルマエビの養殖場”だそう。

比屋定バンタ展望台の詳細情報

比屋定バンタ展望台

住所
沖縄県島尻郡久米島町比屋定
アクセス
1) 兼城港から車で15分 2) 久米島空港から車で20分

データ提供

12.宇江城城跡

12.宇江城城跡812389

出典:玲さんの投稿

比屋定バンタ展望台から、更に山の方にグイグイ登っていくと、久米島で最も高い場所にある標高が約310mの『宇江城城跡』にたどり着きます。こちらも久米島に来たらぜひ訪れたい絶景スポット。車でもアクセス可能です。
12.宇江城城跡812346

出典:

もちろん、比屋定バンタ展望台よりも高い場所にあるので、爽快感は断トツ! 360度のパノラマな景色は、改めてここは海に囲まれた離島だと認識せざるを得ません。ちなみに、恐さを楽しみたいのなら比屋定バンタ展望台の方がリアリティーある高さなのでおすすめです。
12.宇江城城跡812348

出典:

無人島ツアーでも人気の「ハテの浜」の全貌も見ることができます。

宇江城城跡の詳細情報

宇江城城跡

住所
沖縄県島尻郡久米島町字宇江城2063
アクセス
久米島空港から車で30分 - 兼城港から車で30分
料金
無料

データ提供

13.久米島紬ユイマール館(くめじまつむぎ)

13.久米島紬ユイマール館(くめじまつむぎ)812356

出典:

島の東部にある『久米島紬ユイマール館』では、沖縄の重要な伝統芸能のひとつでもある“久米島紬”を堪能できます。日本で紬の発祥とも言われ、重要無形文化財にも指定されています。草木や泥による天然素材から染められた濃い色合いが特徴。そんな久米島紬を、気軽に体験して学べるとあって、おすすめの穴場スポットです。

14.久米島ウミガメ館

14.久米島ウミガメ館812359

出典:

島の東部にある、車でも行ける離島・奥武島(おうじま)にある『久米島ウミガメ館』。建物の前にはウミガメにまつわる浦島太郎と乙姫様のオブジェがお出迎えしてくれます。
14.久米島ウミガメ館812368

出典:

こちらではウミガメの展示もそうですが、何よりもウミガメの保護が最大の目的です。ウミガメの大水槽を優雅に泳ぐ姿に圧巻! ウミガメの生態を学んだり、エサをあげることも可能です。また、ウミガメ館オリジナル映像をシアターで観賞することができます。思わず涙を流してしまう人もいるほどの感動作だとか。

久米島ウミガメ館の詳細情報

久米島ウミガメ館

住所
沖縄県島尻郡久米島町奥武170
アクセス
1) 久米島空港から車で30分 2) 兼城港から車で25分
営業時間
9:00〜17:00 入館はPM16:30まで
定休日
[火] G.W期間中、7月21日〜8月31日は開館  火曜日が祝祭日の場合も開館
料金
小学生 200円 団体(15名以上)/180円 中学生 200円 団体(15名以上)/180円 大人 300円 団体(15名以上)/270円

データ提供

15.奥武島の畳石

15.奥武島の畳石812366

出典:Nonemmaさんの投稿

ウミガメ館の裏手にある『奥武島の畳石』。まるで亀の甲羅のようなカタチをした岩が砂浜に広がっています。独特でミステリアスな景色が誕生するきっかけは、約2千万年前にさかのぼります。溶岩が固まる時にできた割れ目がこのカタチを作ったそう。できれば引き潮の方がより大きなスケールで見ることができますので、スケージュールを組む際の参考にしてみてくださいね。

奥武島の畳石の詳細情報

奥武島の畳石

住所
沖縄県島尻郡久米島町奥武
アクセス
久米島空港から車で25分 - 兼城港から車で20分

データ提供

16.バーデハウス久米島

16.バーデハウス久米島812382

出典:

ウミガメ館と畳石に隣接した『バーデハウス久米島』は、海洋深層水を使用した温浴施設です。健康増進というコンセプトが高く地元の方にも愛される癒しの空間です。ダイエット効果もあり、女性には嬉しいですね。旅の疲れはここで取り除いて最後まで楽しく久米島を楽しみましょう♪

久米島廻りいかがでしたか?

大自然が手つかずに残された『久米島』。飛行機でも気軽にアクセス可能ですし、ちょっと長めなクルーズも楽しみたいという方には海の旅もおすすめです。無人島・海・絶景・伝統・島の生物などを満喫できて最後は癒しのバーデゾーン。旅を充実させるすべてが揃った魅力が多い離島です。
久米島廻りいかがでしたか?812391

出典:両ちゃんさんの投稿

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ