映画「君の名は。」の舞台!岐阜県飛騨市へ行こう

映画「君の名は。」の舞台!岐阜県飛騨市へ行こう

2016年・夏に公開された新海誠監督のアニメ映画「君の名は。」。思春期ど真ん中の甘酸っぱいストーリーや緻密な風景描写が高く評価され、もはや社会現象と言っていいほどの大ヒットを記録しています。映画の舞台は、岐阜県飛騨(ひだ)市。この場所を“聖地巡礼”で訪れるファンも急増!今回は、そんな飛騨市をご案内します。

2016年12月15日

「聖地巡礼」とは?

「聖地巡礼」とは?831912

出典:三ツ矢サイダー5959さんの投稿

聖地巡礼というのは、もともと宗教用語で、信仰している宗教と関わりの深い地を訪れることを言います。たとえばキリスト教であれば「エルサレム(=キリスト受難の地)」、イスラム教であれば「メッカ(=預言者ムハンマド生誕の地)」などです。

「聖地巡礼」とは?829727

出典:じろー321さんの投稿

アニメ作品「けいおん!」の"聖地"になっている滋賀県豊郷町の「旧・豊郷小学校」。作品中では「桜ヶ丘高校」として描かれている建物です。校舎内を見学することができるため、訪れるファンの姿が絶えません。

「聖地巡礼」とは?829730

出典:重村剣護さんの投稿

アニメ作品「ガールズ&パンツァー」の"聖地"になっている茨城県大洗町は、貴重な観光資源としてファンの来訪を歓迎しています。定期的にイベントが行われているほか、町内を走るバスも「痛車(いたしゃ)」仕様に!

A photo posted by hiro (@hiro_or_j) on

諸説ありますが、アニメ作品の聖地巡礼が大きく注目されるキッカケになったのは2007年に放送された「らき☆すた」だとされています。舞台になった埼玉県久喜市の「鷲宮神社」を訪れることがファンの間で大流行したのです。その後、2009年の「けいおん!」、2012年の「ガールズ&パンツァー」といった作品の聖地巡礼が社会に認知され、一般的になっていきました。

飛騨市ってどんなところ?

飛騨市ってどんなところ?830322

出典:雲くじらさんの投稿

飛騨市が含まれる岐阜県北部は「飛騨地方」と呼ばれます。飛騨地方には昔ながらの里山の風景が広い範囲に残っていて、一部は「白川郷」のように世界遺産にも認定されるほど。

飛騨市ってどんなところ?831962

出典:sarasara330さんの投稿

飛騨市は1月の平均気温がマイナス2℃。標高が高く日本海にも近いことから、冬になると普通に雪が降り積もります。市の中心部には城下町の雰囲気を感じることができる歴史的な建築物が多く残る一方、面積の8割以上は山林で、周辺には古きよき里山の風景が広がります。

戦国時代に城下町として整備される

戦国時代に城下町として整備される829929

出典:

JR飛騨古川駅前に広がる古い町並み「瀬戸川と白壁土蔵街」。のちほど詳しく紹介します。

天正13年(1585年)頃、戦国武将の金森長近が現在の飛騨市古川町に城を築いたのが城下町としての始まり。以来、大きな戦乱や戦争の影響を受けることなく現在に至るため、市内中心部には江戸時代から昭和初期の雰囲気を残す建造物が多いのです。

2004年に4つの自治体が合併して「飛騨市」誕生

takayukiさん(@tkyk996)が投稿した写真 -

2004年(平成16年)、いわゆる平成の大合併により古川町・神岡町・宮川村・河合村の4つの自治体が合併。人口およそ3万人の飛騨市が誕生しました。しかし、その後の10年間で人口が4,000人近くも減少するなど過疎化が進んでいるため、今回の「君の名は。」ブームについては大歓迎モード。市が用意した映画のポスターからも町おこしにつなげたい意向が見て取れます。

飛騨市へのアクセス

【電車・太平洋側から】
・JR名古屋駅からJR飛騨古川駅まで「特急ワイドビューひだ」で約3時間。
・JR名古屋駅発の「特急ワイドビューひだ」はJR高山駅行きが1日5往復、JR飛騨古川駅行きが1日1往復、JR富山駅行きが1日4往復。
・JR高山駅からJR飛騨古川駅まで普通列車で約20分。

【電車・日本海側から】
・JR富山駅からJR飛騨古川駅まで「特急ワイドビューひだ」で約1時間15分。
・JR富山駅発の「特急ワイドビューひだ」はJR名古屋駅行きが1日4往復。
・JR富山駅からJR飛騨古川駅まで普通列車で約1時間40分。

飛騨市へのアクセス829876

出典:キング・ドリチソさんの投稿

映画「君の名は。」の中で主人公の男子高校生がJR名古屋駅から乗ったのが特急「ワイドビューひだ」。JR高山本線を走る唯一の特急列車で、JR名古屋駅からJR飛騨古川駅までの所要時間は約3時間。

【バス】
・東京・名古屋・大阪方面から高山行きの長距離バスに乗り、終点の高山で下車。JR高山線の普通列車に乗り換えるか、JR高山駅前の高山濃飛バスセンターから濃飛バス《古川・神岡線》に乗り換え「古川駅前」バス停下車。所要約1時間。

【車】
・東海北陸自動車道「飛騨清見IC」から飛騨卯の花街道(県道90号線)経由で約30分。
・高山市から国道41号線で約20分。

それでは紹介していきます

お待たせしました! ここからは、映画「君の名は。」の舞台になっている場所や、必ず訪れていただきたい飛騨市の観光スポットを紹介していきます。映画を観たことがある人もない人も、ぜひ参考にしてみてください。

「君の名は。」の舞台になった場所

「君の名は。」に登場するヒロイン「宮水三葉(みやみずみつは)」は岐阜県の「糸守町」に住む女子高校生。その「糸守町」のモデルになっているのが飛騨市です。実在する駅や図書館、神社、バス停などが作品中に登場するため、聖地巡礼で飛騨市を訪れるファンが急増しています。

JR高山本線の「飛騨古川駅」

JR高山本線の「飛騨古川駅」829740

出典:佐倉 かゑでさんの投稿

東京からやってきた主人公の男子高校生「立花瀧(たちばなたき)」たちが降り立った「JR飛騨古川駅」。作品中で描かれているアングルは線路の両側の市街地を結ぶ自由通路(跨線橋)の上からなので、入場券や乗車券を買わなくても写真を撮ることができます。ちなみに実際には2番線(左のホーム)に停止する列車の本数はわずかで、上り列車も下り列車もほとんどが1番線(右のホーム)に停車します。

作品中の主人公と同じようにJR名古屋駅から特急「ワイドビューひだ」に乗ってこの駅を訪れると気分が盛り上がること間違いなし。JR名古屋駅から乗り換えなしでJR飛騨古川駅に行ける「ワイドビューひだ」は1日5本です(富山行き4本と飛騨古川行き1本)。もしも車で訪れる場合は駅の東すぐのところにある市管理の無料駐車場を利用してください。

神対応の「飛騨市図書館」

作品中で、主人公の男子高校生たちが調べ物をする際に訪れたのが「飛騨市図書館」。こちらの図書館は聖地巡礼で訪れるファンのために、「#飛騨市図書館きたよ」というハッシュタグ風の言葉が書かれたブックマーク(しおり)を配布する神対応っぷりが話題になっています。

Tomokaさん(@8.ymfg)が投稿した写真 -

また、普段は撮影が許されないはずの館内ですが、受付カウンターに申請すれば主人公たちが座った「窓際の閲覧コーナー」付近などを撮影することができます。車で訪問する場合は、すぐとなりの飛騨市役所駐車場(無料)を利用。

「気多若宮神社」と「飛騨山王宮日枝神社」

ヒロインの女子高校生を探すために男子高校生たちが訪れた神社のモデルは2つあると言われています。2つの神社、それぞれの鳥居や石段を組み合わせ、一つの神社として作品中で描いているのではないかとする説が有力です。

気多若宮神社

一つは飛騨市にある「気多若宮神社(けたわかみやじんじゃ)」。飛騨古川駅から北東の方向に400mほど歩くと山にぶつかりますが、その山のふもとにあります。石段の真ん中に手すりがあり、それが作品中の風景と酷似しているようです。

「気多若宮神社」と「飛騨山王宮日枝神社」831097

出典:人生何色&NGさんの投稿

国の重要無形民俗文化財に指定されている古川祭(毎年4月19日・20日の2日間)は、この神社の例祭です。とくに4月19日の夜に行われる「起こし太鼓」には多くの観光客が集まります。「起こし太鼓」は数百人の裸男に担がれた大太鼓に若者2人が背中合わせにまたがり、交互にバチを振り下ろすという勇壮なもの。

飛騨山王宮日枝神社

もう一つは、となりの高山市。JR高山駅から南東方向800mほどのところ、小さな山のふもとにある「飛騨山王宮日枝神社(ひださんのうぐうひえじんじゃ)」です。作品中に登場する真っ赤な鳥居が、こちらのものと酷似しているようです。

「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!」と叫びたくなります。また、この神社は2012年のアニメ作品「氷菓」においても舞台となっているため、もともと"聖地巡礼"で訪れるファンの多かった神社です。JR高山駅からは徒歩で20分くらい。レンタサイクルだと10分弱程度でしょうか。

JR角川駅近くの「落合バス停」

主人公の男子高校生たちがヒロインの住む町を探しに行く際に登場するのが、この「落合バス停」。JR飛騨古川駅から富山方面へ3駅目、JR角川駅(つのがわえき)の近く、国道360号線沿いにあります。バス路線の廃止により現在はスクールバスの乗降場所として使われるのみですが、作品中で描かれている青い色のバス停が新たに置かれるなど聖地巡礼者に配慮するかたちで市が管理しています。

このバス停、実は2015年に廃止されるまでは市内巡回バスが停車していました。その市内巡回バス(東回り・西回り)は山道をクネクネと走る長大路線で、なんと1周約130km(所要時間4時間20分)。しかも、どこまで乗っても1回100円(!!)だったんですよ。そんな時代もあったのかと思いを馳せながら訪問したいですね。

「五平餅」を食べた場所

岐阜県飛騨地方には五平餅を提供している飲食店が多数あり、作品中にも登場人物が五平餅を食べるシーンが描かれています。その五平餅を食べた店舗については諸説あるものの、建物の特徴などから、JR飛騨古川駅に近い古い町並みの一角にある「味処古川(あじどころふるかわ)」でほぼ間違いないだろうと思われます。

「味処 古川」外観 831312

出典:なおかりさんの投稿

店内には聖地巡礼で訪れるファンのためのノートが置かれていて、旅の思い出を書き綴ることができるようになっています。「飛騨そば」や「飛騨牛カレー」などが食べられる食事処のほか、飛騨地方のおみやげ品・特産品を販売しているコーナーもあります。

味処 古川の詳細情報

味処 古川

飛騨古川 / ステーキ、定食・食堂、郷土料理(その他)

住所
岐阜県飛騨市古川町壱之町11-3
営業時間
9:00~17:00
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

飛騨市の観光スポット

コイが泳ぐ「瀬戸川と白壁土蔵街」

コイが泳ぐ「瀬戸川と白壁土蔵街」829745

出典:

JR飛騨古川駅から徒歩5分。江戸時代の雰囲気を残す町並みが広がっています。

飛騨地方で古い町並みといえば「高山市」が有名ですが、この機会に飛騨市にも注目してください。白壁の土蔵や町家がおよそ500mにわたって建ち並ぶ「白壁土蔵街」には瀬戸川が清らかに流れ、1000匹を超える色とりどりの鯉が泳ぐ光景は情緒たっぷり。
コイが泳ぐ「瀬戸川と白壁土蔵街」829848

出典:

春から秋にかけては、無人販売機で鯉のエサが用意されています。ちなみに冬の間は、この流れが排雪溝の役割を果たすためもあって鯉たちは一時的に他の場所に引っ越しをします。

コイが泳ぐ「瀬戸川と白壁土蔵街」829748

出典:ma333maさんの投稿

ミシュランガイドで三ツ星を獲得して以来、外国人観光客も加わって大混雑している高山市に比べ、こちら飛騨市には余裕があります。穴場の観光スポットだと言えるでしょう。静かにデートを楽しみたいカップルにおすすめですよ♪

伝統のあかり「三嶋和ろうそく店」

伝統のあかり「三嶋和ろうそく店」829746

出典:

JR飛騨古川駅から徒歩5分ほど。赤いろうそくの看板が目印です。江戸時代からの技術を伝承している和ろうそく店は、いまや全国的に見ても貴重な存在。

飛騨市が舞台のNHK朝の連続テレビ小説「さくら」でヒロイン役の女性が下宿していた和ろうそく店のモデルとなっているのが、ここ「三嶋和ろうそく店」。日本でも残り少なくなったといわれている、手作り和ろうそくの老舗です。店内に作業場があり、和ろうそくの製造工程を実際に見ることができるんですよ。

A photo posted by Kuromie (@miekurosaka) on

こちらの和ろうそくは100%植物性の原料から作られているため、ススが出にくく、炎も消えにくいのが特徴。飛騨市を訪れた際のおみやげ品として最適です。とくに看板にも描かれている赤いろうそく(朱ろうそく)は、縁起物として尊ばれています。

組ひも作りが体験できる「飛騨古川さくら物産館」

JR飛騨古川駅から徒歩約10分の距離。駐車場も完備しているお店が「飛騨古川さくら物産館」です。旧・古川町の商工会が運営している施設で、地元の民芸品からお菓子、特産品まで、さまざまなものを販売しています。聖地巡礼のおみやげを選ぶのに最適ですね。

館内では午前9時から午後4時30分まで「君の名は。」のパネル展示が行われています(期間限定・木曜休み)。また、映画の中で重要なキーワードになっている「組ひも」を作る体験も可能! これは見逃せません。

奥飛騨のパラダイス「飛騨まんが王国」

奥飛騨のパラダイス「飛騨まんが王国」831458

出典:

全6室で、宿泊施設としては小さな規模。アットホームな雰囲気です。

「飛騨まんが王国」は、あの「落合バス停」のある国道360号線沿いに建つ、ちょっと変わった宿泊施設。およそ4万冊を数える蔵書を誇る「飛騨まんが王国」や、日帰り入浴ができる温泉施設を併設しています。まんが図書館は営業時間内であれば利用時間の制限なし。平日は10:00~18:00、土日祝日は10:00~21:00(10月~3月は20:30まで)の利用が可能となっています。

「飛騨まんが王国」内にある軽食レストラン「カフェテリア白木ヶ峰」では、期間限定の「君の名は。ランチ」を提供中。作品中に登場する高山ラーメンと五平餅を、セットでいただくことができます。日帰り入浴施設で汗を流したあとにランチを食べ、おなかがいっぱいになったらまんが図書館で読書。夢のようなプランですね。

おまけの情報

飛騨市には映画館がない!

なんと、飛騨市には映画館が存在していません。となりの高山市にあった映画館も2014年に閉館したため、「君の名は。」をまだ観ることができていない市民がとても多いんです。ちなみに飛騨市からもっとも近い映画館は、おとなり富山県の「TOHOシネマズファボーレ富山(富山市婦中町)」で、飛騨市から約70Km、車なら約1時間30分の道のりです。

しかし、都市化が進まず、いまだに古きよき日本の原風景が残るような地域だからこそ映画監督の目に止まったという側面もあるので、仕方ないことなのかもしれません。いつか市民会館のような場所で上映できる日が来るのを祈るばかりです。

世界遺産「白川郷」へは車で1時間

世界遺産「白川郷」へは車で1時間831634

出典:MK*2さんの投稿

飛騨市と世界遺産「白川郷」は直線距離で25km、車では約1時間の道のりです。やはり飛騨市と同じく、かつては交通の便が悪く、都市化が進まなかったからこそこうした風景が今に残っているわけです。2008年(平成20年)に高速道路が開通し、現在では太平洋側から白川郷までダイレクトにアクセスできるようになっています。

ほかにもある、人と人が入れ替わるストーリーの傑作

あることがきっかけで人と人が入れ替わる。これまでにも国内外で、数々の傑作がつくられてきました。

A photo posted by Yasuhiko (@yasuhiko1010) on

【平安時代後期】作者不詳の『とりかへばや物語』…関白左大臣の子供2人が、男児は女性(姫君)として、女児は男性(若君)として育てられたことから起きるトラブルや苦悩が描かれている。

【1976年】アメリカ映画『フリーキー・フライデー』…主演のジョディー・フォスターがゴールデングローブ賞(主演女優賞)を受賞した作品。親子が入れ替わるストーリーの元祖とされ、中年の女性(母親)の心を持つことになってしまった女子中学生を描いたコメディー。

A photo posted by あけ (@yukichinahana) on

【1979年】日本の児童文学『おれがあいつであいつがおれで』…ひょんなことから心が入れ替わってしまった男の子と女の子(ともに小学生)の戸惑いや性への目覚め、相互理解を描いている。

A photo posted by Massa Kin (@masaakinx) on

【1982年】日本映画『転校生』…大林宣彦監督「尾道三部作」の一つで、上記の児童文学「おれがあいつであいつがおれで」を原作にしてつくられた映画。心が入れ替わってしまった中学生の男女が、お互いに協力しあい、苦難を乗り切っていくストーリー。

ほかにもある、人と人が入れ替わるストーリーの傑作831642

出典:saiyanさんの投稿

映画「転校生」で男女が転がり落ちる石段。広島県尾道市の御袖天満宮(みそでてんまんぐう)がロケ地です。

【1998年】東野圭吾の小説『秘密』…スキーバスの転落事故により娘の体に乗り移った妻と、そのことに戸惑い、葛藤する夫を描いたストーリー。のちに映画化されるなど、この作品のヒットがきっかけになり東野圭吾がブレイク。

A photo posted by かをり (@kaori_shimoda) on

【2002年】アメリカ映画『ホット・チック』…呪われたイヤリングがきっかけで、美人チアリーダーの女子高校生が、さえない中年男性の体と入れ替わってしまうコメディー。

【2003年】脚本・宮藤官九郎のテレビドラマ『ぼくの魔法使い』…何かを思い出そうとするたび外見が男(古田新太)に変身してしまう妻に振り回される夫を描いたコメディー。

A photo posted by NAGOMI (@ara5banago) on

【2006年】五十嵐貴久の小説『パパとムスメの7日間』…普段ほとんど口をきくことがなかった父と娘の体が入れ替わってしまったことからお互いにコミュニケーションを取るようになり、苦労しながらも難局を乗り切っていくストーリー。のちにTBS系でテレビドラマ化された

A photo posted by Takai Ryota (@ry0_828) on

【2010年】池井戸潤の小説『民王』…総理大臣の父と、勉強ができず粗野な性格の息子が入れ替わってしまうことによるドタバタを描いたストーリー。のちにテレビ朝日系でドラマ化された。

いかがでしたか?

いかがでしたか?831633

出典:kabachiさんの投稿

平成の大合併で「飛騨市」が誕生してから10年あまり。となりの高山市と比べると知名度はイマイチだったのですが、映画の大ヒットにより状況が一変しました。是非この機会に飛騨市を含む岐阜県北部エリアを訪れ、まだ会ったことのない魅力に触れていただきたいと思います。

岐阜県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ