兵庫県「有馬温泉」。土日もOKな日帰り入浴スポット9選

兵庫県「有馬温泉」。土日もOKな日帰り入浴スポット9選

豊臣秀吉が湯治をした温泉として有名な「有馬温泉」。日本三大名湯のひとつで、神戸から車で約20分、大阪から約30分と、関西エリアから日帰りで行ける人気の温泉街です。お料理自慢の宿も多く、ランチと一緒に日帰り入浴ができるところもたくさんありますが、実は平日限定のところが多いので要注意。そこで今回は、週末に行かれる方のために、土日も日帰り利用OKな施設をまとめました。

2016年12月16日

有馬温泉は日本最古の温泉

有馬温泉の歴史は古く、7世紀に舒明天皇(じょめいてんのう)や孝徳天皇(こうとくてんのう)が滞在したという記録もあります。山間地にあるため周囲は自然に囲まれ、温泉街は坂道が入り組んでまるで迷路のようです。
有馬温泉は日本最古の温泉25730

出典:

関西の奥座敷と言われる有馬温泉。レトロな街並みがいい雰囲気♪

有馬温泉は日本最古の温泉25731

出典:

有馬温泉のお湯は、金泉と銀泉の2種類。金泉は鉄分を多く含むため、空気にふれると茶褐色(金色)に変わります。銀泉は二酸化炭素泉、微量のラドンを含んだ放射能泉の2つで、無色透明。どちらのお湯も、温泉宿や共同浴場で入ることができます。

金と銀のお湯にひたる日帰り温泉

有馬温泉は、宿によって引いている源泉がちがいます。金泉と銀泉の両方に入れるところにするか、1種類のお湯にじっくり入るか、プランを練りましょう。
金泉の源泉は5種類(天神泉源・有明泉源・御所泉源・極楽泉源・妬(うわなり)泉源)で、いずれも80℃以上の高温。銀泉の源泉は2種類(太閤泉・炭酸泉源)で、源泉の温度が低いため加温して入浴します。


金と銀のお湯にひたる日帰り温泉25735

出典:higa-ponさんの投稿


天神泉源は、 天満宮の境内にあります。もうもうと湯煙をあげる様子は、名湯「有馬」のシンボルです。

おすすめの日帰り入浴できる場所をご紹介

陶泉 御所坊

西日本の名宿として常に上位にランクインしている人気の宿。創業が1191年(鎌倉時代)という歴史ある温泉宿です。お湯は金泉のかけ流し。日帰り入浴のみも可能なほか(但し宿泊客でいっぱいの際は不可のため予約をした方がスムーズ)、ランチ+入浴のプランも人気。ランチは御所坊自慢の山家料理か、鉄板焼きメニューがチョイスできます。お食事処からは、かつて与謝野晶子が歌にした桜と滝川が眺められます。
陶泉 御所坊25739

出典:

温泉は金泉。御所泉源と妬泉源から引いたお湯がかけ流しで楽しめます。

「陶泉 御所坊」料理 25740

出典:M(エム)さんの投稿

カウンターの鉄板で焼き上げる神戸牛ステーキは絶品です。

予約プランを見る:

ホテル花小宿

有馬で一番小さな宿と言われる和洋折衷の温泉宿です。お風呂は御所坊とおなじく、金泉の御所泉源と妬泉源から引いた混合湯。館内の温泉「楓呂(かえでろ)」には五右衛門風呂があり、今となっては新鮮な雰囲気。入浴+食事のセットプランのほか、宿から徒歩3分の御所坊内の大浴場に入浴できるプランもあります。
ホテル花小宿25744

出典:三田のイクメンさんの投稿

かつては、有馬温泉にいくつかあった外国人専用ホテルです。レトロモダンな雰囲気が有馬温泉にぴったり。

予約プランを見る:

上大坊(かみおおぼう)

有馬温泉で天神泉源に一番近い温泉宿です。お湯は茶褐色の金泉。地下206mから湧き出し、泉源温度は98度という高温です。天神泉源は含有ミネラルが海水の3倍といい、体が温まりやすいのが特徴。この宿は、入浴だけの利用が可能です(入浴時間は15:00 ~ 18:00まで)。
上大坊(かみおおぼう)25749

出典:

しばらく工事のため日帰り入浴はお休みしていましたが、2015年2月から再開しています。筋肉痛、冷え性に効果があるお湯です。

予約プランを見る:

有馬グランドホテル

有馬温泉ではめずらしい大型温泉ホテル。丘の上にあるので、有馬温泉街を見下ろせる絶景が楽しめます。展望大浴場には金泉も銀泉もあり、どちらにも入れます。
日帰り入浴プランは2食(昼・夕食)+入浴、または入浴+館内金券がセットなどさまざまなプランが用意されています。大浴場を1回利用でき、金券は売店やレストラン、アクアテラス(水着着用エリア)などで使えます。

「有馬グランドホテル」その他 25753 「金湯」「銀湯」

出典:る·しゃさんの投稿

入浴料が含まれない日帰りプランもありますのでご注意ください。館内にレストランは4か所。和食(2か所)、洋食、中華があります。

「有馬グランドホテル」料理 25754

出典:クニヒコさんの投稿

昼食は、小懐石や中華、洋食から選べるなど、選択肢が多いのも魅力。

予約プランを見る:

古泉閣

古泉閣は敷地が6万坪もあり、有馬随一と言われる湯量が自慢。日帰り入浴では、金泉の展望風呂「八角堂・岩風呂」に入れます。八角堂は自家源泉から直接パイプで引湯しているので、湯は1日2回も入替えます。岩風呂は創業以来、加水・加温せずに源泉掛流しです。
「古泉閣」外観 25758

出典:パーソナルトレーナー彦さんの投稿

2回目の入浴も別料金で受け付けています。

「古泉閣」料理 25759

出典:

お食事は京風ミニ懐石のランチ。

予約プランを見る:

御幸荘 花結び

御幸荘 花結びは、有馬温泉駅から歩いて10分ほど。展望大浴場も展望貸切露天風呂も金泉です。温泉街からちょっと離れているので、周囲はとても静か。
日帰りプランは、お部屋休憩つき(利用時間は11:30~14:30)で、お部屋には無料マッサージチェアも完備です。
御幸荘 花結び25763

出典:

「御幸荘花結び」料理 25764 八寸
(小鉢)山芋豆腐 ジュンサイ 生姜 旨酢
 桜海老の玉〆 生海苔あん
初鰹握り寿司 
稚鮎南蛮漬
バイ貝旨煮
あやめ麩みじん粉揚げ
玉子カステラ 諸胡瓜 鱚あられ揚げ

出典:ikuramboさんの投稿

花結びは、お食事で有名な宿です。トラベルサイトの「料理自慢の宿賞」などを受賞しています。

御幸荘花結びの詳細情報

御幸荘花結び

有馬温泉 / 旅館

住所
兵庫県神戸市北区有馬町1740-12
営業時間
15:00~10:00 チェックイン、チェックアウトのお時間になります。 11:30~14:30 お昼の食事のみ利用時間になります。
定休日
無休
平均予算
  • ¥8,000~¥9,999
  • ¥20,000~¥29,999

データ提供

予約プランを見る:

金の湯

有馬温泉にはふたつの外湯があり、ひとつが金の湯、もうひとつが銀の湯です。金の湯は2002年にオープンした外湯で、有馬名物の金泉に入れます。お値段も手ごろで、使いやすい外湯です。
金の湯25768

出典:

前身は1961(昭和36)年にできた有馬温泉会館。

金の湯25769

出典:

すぐ外に無料で使える足湯があります。

金の湯の詳細情報

金の湯

住所
兵庫県神戸市北区有馬町833
アクセス
有馬温泉駅から徒歩で5分
営業時間
8:00〜22:00 入館21:30まで
定休日
第2.4火曜日 [1月1日〜]
料金
子供 340円 6歳以上12歳未満 大人 650円

データ提供

銀の湯

銀の湯も外湯で、こちらは銀泉に入れます。炭酸泉、ラジウム泉なので美肌の湯。スチーム式サウナや岩風呂、バイブラバスもあります。金の湯と交代でお休みしているので、どちらにも入れないのは元旦だけです。


銀の湯25773

出典:

神社やお寺が集まる寺町にあり、和風な外観です。金の湯・銀の湯の両方に入れる2館券、金・銀・太閤の湯殿に入れる3館券もあります。

銀の湯の詳細情報

銀の湯

住所
兵庫県神戸市北区有馬町1039-1
アクセス
有馬温泉駅から徒歩で10分
営業時間
9:00〜21:00 入館20:30
定休日
第1・3火曜日 1月1日
料金
大人 550円

データ提供

太閤の湯殿館

太閤の湯殿館は、2014年2月に全面大改装してオープンしました。金泉・銀泉・炭酸泉(人工)があり、26種のお風呂と岩盤浴で楽しめるクアテーマパークです。館内には豊臣秀吉が使ったと言う、蒸し風呂や岩風呂の遺構が公開されています。当時の入浴方法などがよくわかります。
太閤の湯殿館25777

出典:

食事どころや、ボディケアも充実しています。バスタオル・タオル付きなので、手ぶらでいけます。

太閤の湯殿館の詳細情報

太閤の湯殿館

住所
兵庫県神戸市北区有馬町1642
アクセス
有馬温泉駅から徒歩で10分
営業時間
9:00〜17:00 入館16:30まで
定休日
毎月第2水曜日
料金
大人 200円

データ提供

有馬温泉は、大阪や神戸からは本当に日帰り圏内。温泉と食事をゆっくり楽しめるプランがたくさんあるので選ぶにも迷います。まずは気軽に日帰り利用をして、気にいった宿があればゆっくりと泊まってみるといいでしょう。
太閤の湯殿館25780

出典:ipさんの投稿

なつかしい円柱ポストも健在です。

兵庫県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード