日本一早い桜・沖縄の世界遺産「今帰仁城跡」と地元穴場スポットをご紹介♪

日本一早い桜・沖縄の世界遺産「今帰仁城跡」と地元穴場スポットをご紹介♪

沖縄の世界遺産のひとつ「今帰仁城跡」。海や山に囲まれた立地から見渡す展望も抜群!なんと言っても日本一早く咲く桜の名所としても有名です。また、大自然の癒しを満喫!これが北部エリアの最高の楽しみ方であり遊び上手の原点!周辺のマイナー場所やおいしいグルメを堪能しましょう!あまり観光客が訪れない地元の穴場などおすすめスポットをご紹介します。

2016年04月01日

25800

出典:

沖縄有数の世界遺産の中では、那覇空港からはもっとも遠い北部に位置する「今帰仁城(なきじんぐすく)跡」。周辺に海あり山ありと手つかずの大自然に囲まれいるのも魅力です。都会を離れてゆったりとした時間を体感するのが今帰仁城跡の醍醐味でしょう。「まるでここは天空の城ラピュタ?」という絶賛の声も浮上しているようですが、実際に足を運べばその理由に辿りつくことでしょう。

観光も自然をモチーフとした名所が盛りだくさんです。沖縄といえば海、沖縄といえばジャングル!いつもと違う時の流れ方を感じることが出来る北部の魅力にも迫ってみたいと思います。

今帰仁城へのアクセス

今帰仁城へのアクセス25802

出典:

レンタカーご利用の場合:那覇空港から那覇高速自動車道経由で走行距離ベースで約100キロ、所要時間は約1時間半です。終点の許田ICを降りて、国道58号線⇒71号線⇒505号線(本部循環線)と乗り継ぎ海沿いを経由し、今泊交差点を左折してしばらく行くと左側にあります。
バスご利用の場合:今帰仁城跡入口下車徒歩15分です。
パーキング:無料で開放されています。

今帰仁城のヒストリーに迫る!

今帰仁城のヒストリーに迫る!25804

出典:kojiroxさんの投稿

今帰仁城は1982年から約4年間の発掘調査により、13世紀終盤から17世紀の初旬頃まで機能していたと解析されています。

遡ること14世紀、沖縄本島は「三山時代」と呼ばれ、北部を北山、中部を中山、南部を南山が支配していました。今帰仁城跡は北山が支配していたエリア。しかし1416年、中山の尚巴志(しょうはし)に滅ぼされ、北山の歴史は終わりました。1609年には薩摩に滅ぼされ城は炎上。御嶽(うたき)という役割となり、参拝する場所として親しまれてきました。

展望も最高なロケーション!

展望も最高なロケーション!25806

出典:雅之さんの投稿

「今帰仁城跡」はそのままの自然を垣間見ることができることでも定評があります。眺望を楽しむなら城内北端の「御内原(うーちばる)」と呼ばれるポイントがおすすめ!今帰仁村のほぼ全域を見渡すことができるんですよ!北部の山並も雄大ですし、海を見下ろすこともでき、伊平屋(いへや)島・伊是名(いぜな)島をはじめ、晴れた日には与論(よろん)島を遠目に見ることも出来ます。

展望も最高なロケーション!25807

出典:photo1001さんの投稿

設置された簡易のチェアが設置されているので、座ってゆっくり景色を堪能するのもいいですね!

石積みに圧巻!見事な外郭は要チェック!

今帰仁城は「主郭・御内原・大庭・七五三の階段・大隅・カーザフ・平郎門・外郭」から構成されています。外郭の石のひとつひとつが大きいのが特徴!チェックしてみましょう。
石積みに圧巻!見事な外郭は要チェック!25810

出典:くるまにあさんの投稿

今帰仁城の入口である「平郎門」をくぐりぬけて城内へと進みます。

大庭から東の方角にある一段高いところにある郭を主郭(しゅかく)と言います。主郭には多くの土台となる礎石(そせき)が建物の形をぼんやり想像できるほどですが現在でも残っています。

今でも庶民が守る唯一残っている建物

今でも庶民が守る唯一残っている建物25814

出典:takayukinさんの投稿

現在、今帰仁城跡には「火神の祠(ひのかんのほこら)」という唯一残っている建物があります。地元のおじぃやおばぁをはじめ、参拝する姿を見受けます。幼少時代から学んできた「神を信じる心」がここにあります。一番高いところに位置する主郭で見学することができます。

外郭と海のコラボが美しい

外郭と海のコラボが美しい25816

出典:

数百メートルに及ぶ蛇行する外郭も見事です。

まだまだあるおすすめポイント!

グスク桜まつり(1月下旬から2月初旬)

グスク桜まつり(1月下旬から2月初旬)25819

出典:

緋寒桜(ひがんざくら)は鮮明なピンクが特徴。冬の桜に感激する声も絶えません。

今帰仁城跡の見どころといえば、1月下旬から2月初旬に行われる「グスク桜まつり」です。日本一早く咲く桜としても有名です。今帰仁城跡の桜の開花を風の便りに聞くと、春がやってきた!と心も躍ります。城壁を照らす幻想的なライトアップも見どころのひとつです。また、平朗門から城内へ向かう参道にはロウソクの灯り「グスク花あかり」がお出迎え。また地域で受け継がれてきた伝統芸能や太鼓のパフォーマンスなども人気です。

ハイビスカスと石積みがなんともマッチ!(開花時期:5月から10月)

ハイビスカスと石積みがなんともマッチ!(開花時期:5月から10月)25823

出典:えぐりんさんの投稿

ハイビスカスと城壁のコラボなど沖縄らしい光景も探してみてくださいね。

ライトアップが幻想的!(1月下旬から2月初旬)

ライトアップが幻想的!(1月下旬から2月初旬)25825

出典:y_uさんの投稿

夜にはライトアップ!これがお目当て地元の方も多いようです。

ライトアップが幻想的!(1月下旬から2月初旬)25826

出典:photoさんさんさんの投稿

ライトアップは桜まつりと並行して行われます。

注意事項

いくつか注意事項について明記しておきましょう。
・季節によって開園前や閉園後の延長営業もありますので、その都度チェックされてください。
・年中無休ですが、予告の無い特別な理由により休園する場合もありますので事前にチェックされてください。

周辺のおすすめスポットに行ってみよう!

北部といえば海洋水族館、フクギの並木、古宇利島などがメジャーなスポットとしても有名ですが、あまり知られていないスポットでゆっくりするのも良いですね。

沖縄に瀬戸内海?「嵐山展望台」

沖縄に瀬戸内海?「嵐山展望台」25833

出典:

無料のパーキングに車を停め、その前にはちょっと老朽化した建物、「嵐山展望台」です。しかし、ここから見る展望は圧巻です。沖縄の瀬戸内海といわれるだけあって、入りくんだ島の輪郭は飽きの来ない景色です。

沖縄に瀬戸内海?「嵐山展望台」25834

出典:A.シーゲルさんの投稿

晴れた日は青と緑の鮮やかなコントラストが美しいですよ。

嵐山展望台の詳細情報

嵐山展望台

住所
沖縄県名護市呉我
アクセス
許田インターから車で25分

データ提供

今帰仁城跡からは、国道505号線経由、約15km・30分程です。

透明度抜群!地元のビーチ「崎本部ビーチ」

A photo posted by Mika (@muuu0517) on

崎本部ビーチは手つかずの地元の方に愛される天然ビーチです。遠浅で眩しい白い砂が特徴なとてもきれいなビーチです。透明度も最高!ビーチ北よりにある岩場の近くでシュノーケリングを楽しむのもおすすめです。

崎本部ビーチへのアクセス

今帰仁城跡からですと、国道505号線⇒449号線で海沿いを南方面に向かいホテルオンザビーチルーを目指せば目的地点です。約14km・20分です。

パーキング:50台無料
売店:設置なし
シャワー:あり
トイレ:あり
ロッカー:なし

周辺のおすすめグルメをチェックしましょう!

海の見えるレストラン「ホテルオンザビーチルー」

A photo posted by Ka-mmy☆ (@ka_mmy) on

折角、崎本部ビーチに立ち寄ったのなら、海が目の前にある洋食レストランに立ち寄ってみましょう。ボリューミーさと味とロケーションとコスパ!4拍子揃っていると定評があるお店です。目に前は白い砂浜が続くビーチ!
「オン・ザ・ビーチ ルー」料理 25846 手ごねハンバーグステーキ

出典:

ステーキやハンバーグのクオリティーにも定評があります。ホテルなので、朝食やランチの利用も可能ですし、夕日を見ながらのディナーもロマンチックです。テラス席も有り、バーベQも可能です。

オン・ザ・ビーチ ルーの詳細情報

オン・ザ・ビーチ ルー

本部町 / 洋食、沖縄料理、バーベキュー

住所
沖縄県国頭郡本部町崎本部2626-1
営業時間
[月~水・金~日] 木曜定休日 18:00~21:30(L.O) 閉店22:00 ティータイムは毎日 12:00~16:00
定休日
木曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

今帰仁城跡周遊はいかがでしたか?

今帰仁城跡周遊はいかがでしたか?25850

出典:はねとび☆さんの投稿

まだまだ今後も発掘解析が進行している未知にあふれた「今帰仁城跡」。海や山に囲まれた立地なので、自然が大好きな方には超おすすめな観光エリアです。あちこち廻る沖縄も良いですが、日々の忙しい時間から解放され、ゆっくりとした時間を過ごすのも沖縄北部の醍醐味です。

今帰仁城跡の詳細情報

今帰仁城跡

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊
営業時間
8:00〜18:00 夏期延長時期(5月〜8月)午前8時〜午後7時
定休日
年中無休
料金
大人 400円 小中高生 300円 小学生未満 無料

データ提供

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード