沖縄の世界遺産「勝連城跡」と一緒にパワースポットと沖縄グルメを満喫♪

沖縄の世界遺産「勝連城跡」と一緒にパワースポットと沖縄グルメを満喫♪

沖縄世界遺産のひとつとして登録されている「勝連城跡」。歴史を味わいながらの観覧はより一層の感動を覚えること間違いなし!ちょっと掘り下げた勝連城跡の魅力に迫ります。また、周辺の名所といえば「浜比嘉島」が人気観光スポットです。パワースポットを含めた浜比嘉島の魅力と沖縄グルメを欲張りに堪能できるスポットをご紹介します。

2016年04月09日

勝連城跡の魅力に迫る!

勝連城跡の魅力に迫る!26085

出典:

「勝連城跡(かつれんぐすくあと・かつれんじょうあと)」は、ユネスコ世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つとして2000年に登録されました。世界遺産の城(グスク)の中では一番古いものとされています。

遡ること15世紀、勝連を海外貿易により繁栄させた勝連城10代目であり最後の城主・阿麻和利(あまわり)の居城だったことでも有名です。不落の城としても知られている勝連城ですが、攻めてくる敵軍をいち早く察することができたと同時に攻撃のしにくかった理由は、断崖絶壁にそびえ立つ好立地にあります。

A photo posted by tamasea (@tamasea) on

現在では観光名所として親しまれており、見事な曲線美がきれいなことでも有名な城壁のビジュアルと、遮断するものなく青い海を見渡せる絶好の展望ロケーションには定評があります。そんな勝連城跡の魅力に迫りたいと思います。

勝連城跡へのアクセス

勝連城跡へのアクセス26089

出典:

勝連城跡は、わかりやすい看板もあるので便利です。

車でのアクセス:那覇空港からはおよそ50キロ、沖縄自動車道を利用して約1時間です。沖縄北ICを降りて36号線と16号線を利用、16号線沿いに駐車場があります。

バスのアクセス:那覇バスターミナルから与勝線(52番)勝連城跡前下車。

勝連城跡を楽しもう!

勝連城跡を楽しもう!26093

出典:

駐車場に車を停めたら、道を渡って勝連城跡入口へと向かいます。周辺はきれいな緑地が整備されています。お昼寝したくなるスポットです。

勝連城跡を楽しもう!26094

出典:

勝連城の歴史を勉強しておきましょう!

勝連城跡を楽しもう!26095

出典:

勝連城の勉強をした後は、いざ頂上へ!数年前に階段や手すりも整備され登りやすくなりました。年輩の方でも何も無かった以前よりは安心して登ることができるようになりました。

城跡内に潜入!

城跡内に潜入!26097

出典:

勝連城全体としては、「一の郭(いちのかく)」から「五の郭(ごのかく)」まであったとされています。現在観光として知られているのが北城にあたる「一の郭・二の郭・三の郭」で、これを囲むものが城壁とされています。昔は更に南側に、中間の内にあたる「四の郭」、南城にあたる「五の郭」に及ぶ規模で構成されていました。当時の城としてはかなり大きいものでした。

パーキングに隣接した休憩所の外に、勝連城跡の模型があるので、敷地の全体像を確認してから廻るのもおすすめです。

城壁のラインがお見事!

城壁のラインがお見事!26099

出典:

石を使ってどうしてこんなラインができるの?と思った方も多いはず。定評のある緩やかな城壁のラインを味わってみましょう。

城があった「二の郭」

城があった「二の郭」26101

出典:

「三の郭」から更に高台に位置する「二の郭」は一番大きな建物があった場所です。

「一の郭」から見下ろすのが定番

「一の郭」から見下ろすのが定番26103

出典:

「一の郭」は、「二の郭」よりも高台に位置しています。最も高い場所(標高約100m)にある「一の郭」から敷地全体を見るのが定番です。当時は、交易で得た宝物の収納場所として使われていたようです。

「一の郭」から見下ろすのが定番26104

出典:saiyanさんの投稿

景色は「一の郭」から見下ろすのが醍醐味ですが、足場が悪くなっているので足元にはくれぐれもご注意を!「一の郭」から、「三の郭」と「二の郭」を見下ろす景色も要チェック!どんな城だったのか想像してみるのも楽しい!?

展望がなんと言っても醍醐味!

展望がなんと言っても醍醐味!26106

出典:

遠目に勝連の街並みを見下ろすことができます。真下を覗き込むとチンさむスポットに早変わり!落ちないように注意してくださいね。

展望がなんと言っても醍醐味!26107

出典:

晴れている日は壮大な海の景色が広がります。

展望がなんと言っても醍醐味!26108

出典:

夕日も最高!中城湾に沈む夕刻を狙ってスケジュール調整する価値ありです。

展望がなんと言っても醍醐味!26109

出典:

一通り見終わったら思い出に記念撮影!男女の位置をお間違いないように!

まだまだおすすめのポイントが!

ガイダンスがスタート!

更には、2016年3月14日からデジタルガイダンスのサービスも始動します。沖縄県内、お城の世界遺産では初めての試みとなります。WiFi付デジタルガイダンス機能により、見どころもディープになること間違いなしです。

初日の出の名所

勝連城跡は初日の出の名所にもなっています。初日の出を見るなら勝連城という方も多いようです。一年を通じても一番人が集まる日じゃないでしょうか?

休憩所を利用しよう!

「うるまーる」外観 26117 2015年8月 ちょっと休憩するか~(´∀`)

出典:ザ・ワカヤマンさんの投稿

勝連城跡のパーキングに隣接した休憩所に立ち寄ってみましょう。観光案内所や出土品の展示などもチェックしましょう。特産品の販売店「うるまーる」では、休憩できる畳間もあるので疲れた身体には嬉しいですね。

うるまーるの詳細情報

うるまーる

うるま市 / スイーツ(その他)、その他

住所
沖縄県うるま市南風原3908
営業時間
9:00~17:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

地元ツアー「うるまーい」

勝連城跡を中心に、周辺を廻るツアー「うるまーい」もあります。有料ですが、効率よく勝連城を知ることができます。詳細は書きサイトをご確認ください。

勝連城跡について

A photo posted by NーD (@daisan_in_da_oki) on

営業時間は?

世界遺産ですが、営業時間は設定なく解放されています。旅のスケジュールがいっぱいの場合、朝一番で行ってみるとかのアレンジができそうですね。

入場料

入場料はなんと無料!世界遺産でありながら無料で閲覧できるのは嬉しいですね。

パーキング

パーキング26129

出典:

パーキングも無料です。利用時間は9時~18時。

WiFiも利用可能に!

2016年3月14日からWiFiエリア化になります。

注意点

カーナビ入力の注意

カーナビを使用する場合の注意ですが、「勝連城跡休憩所」の電話番号で検索すると、他の場所がヒットしてしまう事があるようなので、住所の入力をおすすめします。
〒904-2311 沖縄県うるま市勝連南風原3908

服装について

以前に比べると整備はされましたが、急勾配なのでスニーカーなどの歩きやすいものや軽装をおすすめします。

日傘は必需品

日差しよけが少ない開放的な場所なので、女性なら夏には日傘は必需品です。

浜比嘉島に足を延ばしてみましょう!

浜比嘉島に足を延ばしてみましょう!26141

出典:

浜比嘉大橋を渡った先「浜比嘉島(はまひがとう)」も廻ってみましょう。多く残る古民家の街並み・プライベートビーチ・パワースポットと見どころ満載です。勝連城跡からは、およそ15分約10kmです。海中道路を渡り、看板なりに右折、浜比嘉大橋を渡れば浜比嘉島です。

浜比嘉島の詳細情報

浜比嘉島

住所
沖縄県うるま市勝連浜、勝連比嘉
アクセス
那覇バスターミナルからバスで100分

データ提供

古民家を堪能

古民家を堪能26144

出典:dai sukeさんの投稿

沖縄の古民家が立ち並ぶ街並みは懐かしい情緒にあふれています。

ビーチを堪能

ビーチを堪能26146

出典:黒豚さんの投稿

知る人ぞ知る隠れ家ビーチもあります。

パワースポット2か所でご利益も2倍?

浜比嘉島のパワースポットでも知られるスポット、女性の神様アマミキヨが祀られている「アマミチュー(お墓)」と男性の神様シネリキヨが祀られている「シルミチュー(霊場)」。沖縄を作った神様と言い継がれ、特に県内の二神の中でもパワーが強いと言われています。この二神は子宝や子孫繁栄のパワーを持つとされており、参拝者も多くいらっしゃるようです。
パワースポット2か所でご利益も2倍?26149

出典:

女性の神様アマミキヨが祀られている「アマミチュー(お墓)」、身近にこういうものがあると自然に信仰深くなりそうですね。

アマミチューの詳細情報

アマミチュー

住所
沖縄県うるま市勝連比嘉
アクセス
比嘉港湾/徒歩/10分

データ提供

パワースポット2か所でご利益も2倍?26151

出典:

次はシルミチューにもハシゴしてみましょう。鳥居をくぐるとそこには108段の階段!これを登らなくてはシルミチューには行けませんが、比較的緩やかな階段なので見た目よりはしんどくない印象を受ける方も多いようです。

パワースポット2か所でご利益も2倍?26152

出典:

施錠がかけられているので通常なら洞窟の中には入れませんが、事前に連絡をとり、公民館から鍵を借りて中に入って参拝することができます。

シルミチューの詳細情報

シルミチュー

住所
沖縄県うるま市勝連浜(兼久)

データ提供

「海の駅あやはし館」で沖縄グルメを堪能!

「海の駅 あやはし館」外観 26155 外観①

出典:tomotomoさんの投稿

海中道路を渡ってすぐのところにある「道の駅あやはし館」。バイキングやお土産ショップもある中、おいしいスナックグルメが目白押しです!

・朝のとれたての「もずく」
・新鮮な「刺身」
・揚げたての「天ぷら」
・もずくが乗った「海鮮丼」
・クリーミーな「おっぱソフトクリーム」
など迷ってしまいます。

海を見ながらテラスやベンチでいただくのが最高です!

「海の駅 あやはし館」料理 26156 ソフトクリーム①(280円)

出典:tomotomoさんの投稿

ボリューム満点でクリーミーな「おっぱソフトクリーム」も人気です。

「海の駅 あやはし館」料理 26157

出典:Sean☆さんの投稿

お醤油とお皿も用意してくれるので、その場で新鮮な刺身に舌鼓。

「海の駅 あやはし館」料理 26158 海鮮丼

出典:Sean☆さんの投稿

海ぶどうも食べれて一石二鳥な「海鮮丼」もおすすめです。

勝連城跡からのアクセスはすごく簡単です。およそ5km約10分。海中道路を渡ってすぐ右側にある道の駅内にあります。食後は砂浜や遊歩道を探索してみるのもいいですよ。

海の駅 あやはし館の詳細情報

海の駅 あやはし館

うるま市 / その他

住所
沖縄県うるま市与那城屋平4番地
営業時間
販売コーナー 9:00~19:00 アイスコーナー 10:00~19:00 鮮魚コーナー 11:00~18:00 天ぷらコーナー 11:00~18:00 レストラン 11:00~15:00
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

人気の「うるまジェラート」に行ってみよう!

「うるまジェラート」外観 26163

出典:Churaさんの投稿

「うるまジェラート」は、沖縄の農家でとれた食材を使った無添加アイスで大人気です。黒糖ココア味や、レアな食材で作られたジェラートもあります。深い味わいにリピーターも多いお店です。勝連城跡からは、車で約10分、およそ4kmです。海中道路入り口から海沿いを北方向に向かい、左側にあります。

「うるまジェラート」料理 26164 種類豊富!

出典:(^^)♪さんの投稿

聞いたことのないメニューが並びます。メジャーなフレーバーといえば、「紅いも」「ぬちまーす(塩)」がおすすめです。冬にはあったかいジェラートなどもあります。

うるまジェラートの詳細情報

うるまジェラート

うるま市 / アイスクリーム、喫茶店、カフェ

住所
沖縄県うるま市与那城照間1860-1
営業時間
11:00~18:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

勝連城跡と周遊いかがでしたか?

勝連城跡と周遊いかがでしたか?26168

出典:狂鈴病さんの投稿

世界遺産なのに今どき入場時間の制限が無い勝連城跡は、「なんくるないさー」のゆるーい感じが残る沖縄!って印象を受けます。神秘の浜比嘉島も見どころ満載でおすすめですが、ちょっと足を延ばして夏なら伊計島と海水浴をハシゴするのもいいかもしれません。

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ