沖縄『伊平屋島』エメラルドの海・伊平屋ブルーと大自然を満喫!観光&グルメ紹介

沖縄『伊平屋島』エメラルドの海・伊平屋ブルーと大自然を満喫!観光&グルメ紹介

沖縄県最北端の有人島でも有名な『伊平屋島(いへやじま)』は、手つかずの大自然が残されたローカルな島。何もしなくても楽しめる山と海に囲まれた癒しのアイランドです。綺麗な海“伊平屋ブルー”を堪能しながらの船旅は爽快! 海では、シュノーケリングやダイビングをはじめ、キャンプやBBQなどもできる隠れた穴場スポットも。それだけではありません。観光をはじめ、島でとれる豊富な食材を使用した、ご当地ならではのグルメなど、島の魅力にアプローチします♪

2016年10月12日

澄んだエメラルドグリーンの海が広がる「伊平屋島」

A photo posted by Shin 💫 (@snufkin1014) on

細長い形をした『伊平屋島』は、沖縄本島・北部にある“今帰仁村(なきじんそん)”から北側およそ40kmほどの場所に浮かぶ島です。沖縄の最北端の有人島で、人口はおよそ1,300人ほど。観光客も少ない島なので、ほとんど手つかずの大自然をそのままが大好きという方にはピッタリ! ぜひ訪れてほしい離島の穴場でもあります。

伊平屋ブルー

伊平屋ブルー832994

出典:

伊平屋島の大きな魅力は、“伊平屋ブルー”とも言われる海の美しさ! その秘密は、なんと言ってもサンゴ礁の連なりにあります。海の生命力をたっぷり堪能することができます。

A photo posted by SEA LOVE♡ (@sakiwill) on

サンゴには、カラフルな魚たちがたくさん生息します。これを目当てに訪れるシュノーケリングやダイビングの常連も少なくありません。
伊平屋ブルー832970

出典:ケロッピさんの投稿

エメラルドグリーンの海が四方八方に現れるこの島は、まさに南国のパラダイス。

伊平屋島へのアクセス

A photo posted by こばーん (@koburn) on

【那覇空港⇒運天港(本島・今帰仁村)】
那覇空港からは、北部・今帰仁村の運天港へ。レンタカーか高速バスの手段が便利です。

・レンタカー:沖縄自動車道で終点・許田(きょだ)IC経由でおよそ1時間半から2時間ほど。
・高速バス:那覇空港からの直通バス「やんばる急行バス」を利用し、終点・運天港で下車、徒歩1分です。所要時間は、およそ2時間35分ほど。

【運天港(本島・今帰仁村)⇒前泊港(伊平屋島)】
運天港からは、通常1日2往復するフェリーを利用しておよそ1時間20分で、伊平屋島の前泊港に到着します。

伊平屋島の周遊方法は?

時間を有意義に使いたいのならレンタカーや自転車がおすすめ。また、島には100円バスとも呼ばれる“コミュニティ-バス”が島を一周しています。要所をのんびり廻りたい方には、この手段が格安です。橋の開通で結ばれた「野甫島(のほじま)」を経由するのもポイントです。
ちなみに、野甫島(野甫港)から、伊是名島(いぜなじま)へ船で渡ることも可能です。定期便はなく、チャーターとなりますがひとりからでもOK。旅のスケジュールのひとつとしてご提案します。

島を観光するならここ!

1.島のランドマーク「虎頭岩(とらずいわ)」

1.島のランドマーク「虎頭岩(とらずいわ)」832825

出典:

前泊港に入港する際に、港の右側に見える崖のような岩山が、島のランドマークでもある「虎頭岩」です。名前の通り、伏した虎の頭に見えることに由来して名づけられたとか。実はこの岩、風水の力も持つと信じられ、島の人々に親しまれているそうです。ぜひ1枚、ご利益の写メはいかがですか?

また、山には頂上まで登れる階段が設置されているので、手始めに訪れてみては? 晴天の頂上からの海と山の絶景はとても気持ちいいです。本島北部の海もキレイですが、その美しさはさらに磨きがかかります。前泊港からは徒歩3分ほどです。

2.伊平屋村立歴史民俗資料館

2.伊平屋村立歴史民俗資料館832947

出典:

前泊港の目の前にある『伊平屋村立歴史民俗資料館』。島を廻るにはこちらに立ち寄るのがおすすめ。地元ならではの旬な見どころや情報も発見できるかも? 島の歴史や文化などにも触れることができますよ。

伊平屋村教育委員会歴史民族資料館の詳細情報

伊平屋村教育委員会歴史民族資料館

住所
沖縄県島尻郡伊平屋村我喜屋217−27

データ提供

3.米崎ビーチ・米崎海岸海水浴場

3.米崎ビーチ・米崎海岸海水浴場832956

出典:

前泊港から南に徒歩15分でアクセスできる、島の南端に位置する『米崎(よねざき)ビーチ』。手つかずの自然が魅力の島だけあって、こちらのビーチも天然そのままを堪能できます。1kmほど続く遠浅のロングビーチとエメラルドグリーンのまばゆさに感動してしまう方も多いでしょう。

3.米崎ビーチ・米崎海岸海水浴場832999

出典:

ビーチ内には、自然を満喫できる緑地も広がっているので、海と山を両方楽しむことができる贅沢空間を楽しむことができます。日や時間によっては、ビーチをひとりじめなんてことも。

米崎海岸海水浴場の詳細情報

米崎海岸海水浴場

住所
沖縄県島尻郡伊平屋村島尻
アクセス
前泊港から徒歩で15分

データ提供

いへや愛ランドよねざき

米崎ビーチに隣接する『いへや愛ランドよねざき』は、島の楽しみに加えたいレジャー施設です。キャンプやバーベキューもセットで楽しめ(宿泊も可能)、シーカヤックもとてもリーズナブルな価格設定になっているのでおすすめです。

集落の石垣に注目!

集落の石垣に注目! 832932

出典:

沖縄をよく訪問される方は「あれっ?」と思った方もいらっしゃるはず。伊平屋島の石垣はちょっと風変わり。平べったい色違いの石がたくさん積み重ねられているのが特徴です。

4.クマヤ洞窟

4.クマヤ洞窟833006

出典:

島の最北端にある『クマヤ洞窟』。階段を上り見事な岩山の中腹にあります。道なりは結構しんどいので、歩きやすい靴でトライしてみてくださいね。

4.クマヤ洞窟832991

出典:

「天の岩戸伝説」でも知られる県指定の天然記念物にもなっている洞窟です。中は砂の地面が広がるレアな景色が見どころのひとつです。光が洞窟内を照らす光景がとても幻想的。日時によっても光の射す度合いや角度が変わるため、違った光景を求めて何度も足を運ぶ方も多いそう。

クマヤ洞窟の詳細情報

クマヤ洞窟

住所
沖縄県島尻郡伊平屋村田名
アクセス
前泊港から車で20分

データ提供

5.念頭平松

5.念頭平松833001

出典:

沖縄県の指定天然記念物にもなっている『念頭平松』は、島の北部にあります。見事なリュウキュウマツでも知られ、横15m、高さ8mにも及ぶ大きさです。

念頭平松の詳細情報

念頭平松

住所
沖縄県伊平屋村田名

データ提供

6.田名のクバ山

6.田名のクバ山833022

出典:

沖縄県の指定天然記念物でもある“クバ”が群生している場所でも知られる『田名のクバ山』は島最北端の山でもあります。昔から神が訪れる神秘の木とされ、拝所周辺によくみられます。また、隣接する灯台があり、その灯台が沖縄県最北端のものということになります。

田名のクバ山の詳細情報

田名のクバ山

住所
沖縄県伊平屋村田名

データ提供

7.野甫島(のほじま)

7.野甫島(のほじま)832926

出典:

野甫大橋の開通によって、伊平屋島と結ばれた『野甫島』。橋から海を見下ろすと天然のウミガメが泳ぐ姿も見ることができるとか。やはりここは沖縄と感じざるを得ない瞬間です。

7.野甫島(のほじま)832957

出典:ケロッピさんの投稿

野甫島にもキレイなビーチ『野甫海岸』があります。

7.野甫島(のほじま)838524

出典:

魚も豊富な島では、釣りのスポットとしても親しまれています。

野甫島の詳細情報

野甫島

住所
沖縄県伊平屋村野甫

データ提供

8.伊平屋ムーンライトマラソン

A photo posted by TERUYA IKEDA (@vanchan56) on

毎年10月には、伊平屋島でマラソン大会が行われます。2016年で第22回に! このマラソンに一度参加してみたいというランナーも多くるそう。なぜかと言うと、タイトルの通り10月の美しいムーンライトの中、夕刻から暗くなるころにかけて実施されるたまらないマラソンイベントなんです。海の水面に揺れる月明りを見ながらのランニングは格別とか。

島のグルメならここ!

9.海産物料理 海漁(かいぎょ)

「海産物料理 海漁」内観 833059

出典:linktoshiyaさんの投稿

前泊港からほど近い場所にある居酒屋『海漁』。島の食材が豊富なことでも知られる伊平屋島でとれた、新鮮な地魚料理を味わいましょう。

「海産物料理 海漁」料理 833056

出典:linktoshiyaさんの投稿

まずは「刺身盛り」で新鮮な地魚に舌鼓を。脂ののったもちもちの食べ応えある他ではなかなかありつけません。沖縄のオリオンビールとの相性も抜群です。

「海産物料理 海漁」料理 833058

出典:linktoshiyaさんの投稿

「イカ墨焼きそば」も人気メニューのひとつです。イカ墨の量がハンパない。ありそうでなかなか出会えないクオリティー、また食べたくなる絶品料理と評判が高いです。

海産物料理 海漁の詳細情報

海産物料理 海漁

伊平屋村 / 居酒屋、魚介料理・海鮮料理、沖縄料理

住所
沖縄県島尻郡伊平屋村我喜屋217-30
営業時間
[月~金・日] 12:00~24:00(L.O.23:00) [土] 12:00~14:00
定休日
旧盆・年末年始
平均予算
  • ~¥999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

10.お食事処 みなと

「お食事処 みなと」外観 833068

出典:いえしまさんの投稿

前泊港のポートターミナル2Fにある『みなと』は、気軽に入れる島の食堂です。ゴーヤーチャンプルーや伊平屋そばなどの島ごはんをはじめ、カツカレーやチャーハンなどのオーソドックスなメニューもそろいます。

「お食事処 みなと」料理 833065 伊平屋そば

出典:いえしまさんの投稿

お腹が空いているときにはどれにしようか迷ってしまいますが、ここならではの島ごはんでチェックして! おすすめは「伊平屋そば」。出し汁が効いていて麺と三枚肉との相性抜群な一品です。

お食事処 みなとの詳細情報

お食事処 みなと

伊平屋村 / 定食・食堂、居酒屋

住所
沖縄県島尻郡伊平屋村我喜屋217-27 前泊港ポートターミナル 2F
営業時間
11:30~14:00 18:00~24:00
定休日
日曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

いかがでしたか?

大自然がそのまま残る伊平屋島。のどかな雰囲気、壮大な岩山、美しい海など、さまざまな顔を持つ見どころ満載の島です。海で一日遊ぶのもヨシ。島でとれたご当地グルメを堪能するのもヨシ。キャンプやシーカヤック、シュノーケリングなどのアトラクションでアクティブに過ごしたりと遊びどころもたくさんある魅力いっぱいの島に訪れてみてはいかがでしょうか?
いかがでしたか? 832981

出典:

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード

大山を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先