スノボだけじゃない!この冬やりたい珍しいウィンタースポーツ4選

スノボだけじゃない!この冬やりたい珍しいウィンタースポーツ4選

スキーやスノーボードは、限られた時期にしか楽しめないスノーアクティビティ!毎年心待ちにしている人も多いのでは?そんな冬のスポーツ好きな方に、この冬挑戦してほしいウィンタースポーツと体験できるスポットをご紹介します。日本に上陸して間もないアクティビティや、あまり浸透していないアクティビティ…ちょっと体験するだけでネタになるようなウィンタースポーツばかりです。

2016年10月13日

新しいウィンタースポーツに挑戦しよう!

新しいウィンタースポーツに挑戦しよう!840101

出典:Rampageさんの投稿

冬といえば、毎年待ち望んでいる人も多いウィンタースポーツが楽しい季節です。スキーやスノボードもいいけれど、たまには珍しいウィンタースポーツに挑戦してみてはいかがでしょうか。一味違ったスノーアクティビティとそんな珍しいスポーツが体験できるスキー場やスポットを紹介します。

エアボード(Air Board)

スイスで誕生した雪の上をものすごい勢いで滑走するスノーアクティビティ「エアボード」。うつ伏せになり頭を前にして滑るためスリル満点です!初心者でも体重移動をするだけで気軽に楽しめます。今、最も注目されている新感覚スノーアクティビティです。
「エアボード」に使用するボードは、ゴム製で空気を入れて膨らませて使用します。裏面にエッジがついていて、クッション性が高く体重移動も自由自在!空気を抜けば折りたためて持ち運びも簡単です。
このスピード感がすぐに味わえるのは「エアーボート」ならではです。スキーやスノーボードのように長い練習をしなくても、簡単な操作で滑ることができます。まだ珍しいスノーアクティビティのため、滑っているだけでみんなの注目の的になれますよ。

そんな「エアーボート」に挑戦できるスキー場がこちら!

霧ケ峰スキー場

@quenttaが投稿した写真 -

「エアボード」を手軽に楽しむなら「霧ケ峰スキー場」。長野県の上諏訪駅よりバスで30分の霧ケ峰高原にあります。「エアボード」のレンタルがあるので気軽に楽しめますよ。子供向けのスキーイベントや家族で楽しめるスキーコースの豊富さが魅力です。霧ケ峰の美しい自然の中で思う存分「エアボード」を堪能しましょう!

デュアルスノーボード(Dual Snowboard)

アメリカのスノーボーダーによって考案された新しいスタイルのスノーアクティビティ「デュアルスノーボード」。両足に左右分離したスノーボードの板を装着して滑ります。両足が自由に動くため、スノーボードには出来ない多彩なトリックをすることも可能なんです。
「デュアルスノーボード」に使用する板は、装着したまま歩くことができます。セパレートの良さとして、コンパクトで持ち運びがしやすいのもポイントです。スノーボードのブーツと板と同じ規格のため交換して使用することもできます。
両足が自由に動くので「デュアルスノーボード」ならではのトリックを決めることも可能です。まだ珍しいスポーツのため履いているだけで注目を浴びますよ。エッジが少ない分スノーボードよりも止まるのが難しいため周りには十分注意して遊びましょう。

そんな「デュアルスノーボード」に挑戦できるスキー場がこちら!

竜王スキーパーク

プロのスノーボーダーも練習に来る「竜王スキーパーク」は、湯田中駅からバスで30分、信州中野インターチェンジから車で16㎞の竜王山にある施設です。スキー場の中には温泉施設や、スノーバギーが出来るアドベンチャーフィールドもあります。「デュアルスノーボード」のレンタルもあるので初めてでも気軽に体験できますよ。

スノースクート(Snow Scoot)

マウンテンバイクのフレームに2枚のボードをつけたスノーバイクで滑走する新しいスノーアクティビティ「スノースクート」。バイクのようにハンドルをきったり体重移動で雪の上を自由に滑ることができます。自転車のように簡単に乗りこなせるためチャレンジしやすいのもポイントです。

hiroshiさん(@hii1500)が投稿した写真 -

ハンドルがついているためスキーやスノーボードより安定性が高く、簡単に楽しむことができます。フレームやボードを取り替えて自分だけのオリジナルマシンにカスタマイズも可能です。リフトやゴンドラにもそのまま乗れますよ。
転び方やスケーティングから練習を始めていきます。慣れてきたら「スノースクート」ならではの多彩なトリックに挑戦してみましょう!新しいスポーツだからこその未体験な楽しさにやみつきになること間違いなしです。

そんな「スノースクート」に挑戦できるスキー場がこちら!

野沢温泉スキー場

野沢温泉スキー場843338

出典:萌葱さんの投稿

飯山駅からシャトルバスで25分、上信越自動車道の豊田飯山インターチェンジから車で25分にある「野沢温泉スキー場」では、スノースクートにゲレンデを開放しています。100%天然雪のスキー場で、充実のコース・ゲレンデ数を誇っています。周辺には温泉街もあるので、滑走後の楽しみもたくさん!

スノーカイト(Snow Kite)

大きなカイトを操りながらスキーやスノーボードを装着して雪上を滑走する「スノーカイト」。カイトサーフィンを雪の上でやるように風の力を利用して滑ります。スキーやスノーボードをとは違ったふんわりとしたジャンプや、長い滞空時間を活かした華麗なトリックなどを決めることもできますよ!
「スノーカイト」の専用カイトは軽々と飛べるように設計されているので、風に恵まれるとかなりの高さを飛ぶことができます。「スノーカイト」で味わえる浮遊感とスピード感は格別です!すでにスキーやスノーボードを持っていればそのまま使えます。

sk.さん(@17.sk)が投稿した動画 -

スキーなどのように傾斜を滑るのではなく、平面の雪上を滑走します。スキー場のように開発された場所ではなく、自然のありのままを感じながら楽しむことができるのです。しっかりと講習を受ければ安全に、それほど難しくもなく体験できますよ。

そんな「スノーカイト」体験するならこちら!

X-FLY(エックスフライ)

「X-FLY」では「スノーカイト」を2日間でマスターできるプランがあります。「スノーカイト」初心者でも楽しめるように丁寧にレクチャーしてくれるので安心して参加できます。風に引っ張られて滑走する爽快感はやみつきになりますよ!

いかがでしょうか?

いかがでしょうか?843155

出典:-K2-さんの投稿

寒い冬こそ体を思いっきり動かして乗り切りましょう!今回紹介したスノーアクティビティは、珍しいものばかりで貴重な体験になりますよ。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

長野県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード