濃厚でマニアック!静岡の「楽器博物館」は見れば見るほどハマる

濃厚でマニアック!静岡の「楽器博物館」は見れば見るほどハマる

静岡県浜松市にある「浜松市楽器博物館」は、日本で唯一の公立の楽器博物館です。「世界の楽器と音楽を平等に扱う」をコンセプトに1300点もの楽器を展示。コンサートや特別展などのイベントも豊富で、楽器を触れるスペースもあります。音楽好きなら一度は行きたい、楽器博物館の魅力をご紹介します。

2016年10月14日

世界中の楽器が展示される「浜松市楽器博物館」

世界中の楽器が展示される「浜松市楽器博物館」834323

出典:k.sさんの投稿

有名な楽器メーカーの工場が集結している静岡県浜松市。そんな楽器の街、浜松に楽器博物館という施設があることをご存知でしょうか。楽器の街ならではの博物館ですが「世界の楽器と音楽を平等に扱う」をコンセプトに、世界中の楽器が1300点も展示されています。知れば知るほど行ってみたくなる、楽器博物館の魅力をご紹介します。

楽器の街「浜松市」にあります

楽器の街「浜松市」にあります678803

出典:

静岡の浜松市、浜松駅から徒歩10分です。街中にあり交通アクセスも非常に良い場所。

楽器の街「浜松市」にあります678804

出典:

2015年で20周年となった「浜松市楽器博物館」。国内で唯一の公立楽器博物館です。

世界中の楽器を1300点常設!

世界中から集められた資料の数は1300点!貴重な展示も豊富で、時間を忘れて見てしまう楽器の数々です。展示品の前にあるヘッドフォンを使用すると、それぞれの楽器の音色も楽しめます。地域・種類・年代別にわかりやすく展示してあるので、ご紹介します。

【第1展示室】身近に感じられるアジアや日本の楽器

【第1展示室】身近に感じられるアジアや日本の楽器845329

出典:

日本の楽器の展示数は200、日本にあるほぼすべての種類が展示されています。雅楽の主要となる楽器から、歴史的に貴重な楽器まで、その種類もさまざま!日本にいながら中々見かけることができない珍しいものもあるので、じっくりと見てみてください。

【第1展示室】身近に感じられるアジアや日本の楽器678821

出典:

こちらの琴も、ヘッドホンからその音色を聴くことが出来ます。実物を見ながら音を聞くと、よりリアルに楽器の良さを感じられますよ!

【第1展示室】身近に感じられるアジアや日本の楽器845350

出典:

アジアの楽器の展示数は300。世界中でもこちらの博物館だけの特徴が、インドネシア・中部ジャワとバリ島の青銅ガムラン、そしてバリ島の竹ガムラン、ジェゴグの3つが揃っていること!他にもモンゴルやインド、チベットなどの資料も展示されています。

【第1展示室】身近に感じられるアジアや日本の楽器845352

出典:

韓国の楽器も豊富!民族楽器や宮廷楽器、全てが揃っているので見ごたえも充分。アジアの楽器も華やかなものが多く、とてもきれいですよ!

【第2展示室】オセアニア・アフリカ・アメリカ・ヨーロッパの楽器

【第2展示室】オセアニア・アフリカ・アメリカ・ヨーロッパの楽器845414

出典:

オセアニアの楽器の展示数は約60。オーストラリア、ニュージーランド、ポリネシア、メラネシア、ミクロネシアなどの楽器があります。制作が途絶えた楽器や映像など、貴重な資料がたくさんあるので、見逃さないようにしてくださいね♪

【第2展示室】オセアニア・アフリカ・アメリカ・ヨーロッパの楽器845422

出典:

アフリカの楽器の展示数は160。タンザニア、ケニア、エチオピア、コンゴなどの楽器を見ることができます。こちらでも今では入手不可能な楽器や、現地で演奏している映像なども展示されています。

【第2展示室】オセアニア・アフリカ・アメリカ・ヨーロッパの楽器678815

出典:

アメリカの楽器は200ほど展示されています。内容は中央・南アメリカの楽器が中心。打楽器や弦楽器など、種類もさまざまなものがあります。

【第2展示室】オセアニア・アフリカ・アメリカ・ヨーロッパの楽器845427

出典:

ヨーロッパの楽器は数も多く、380も展示されています。アメリカ人の楽器収集家のコレクションによるものがメインに展示されていますが、非常に貴重なものが豊富。サックスなどの管楽器から、違う展示室の鍵盤楽器まで多数揃えられています。

【第3展示室】圧巻のヨーロッパの鍵盤楽器

【第3展示室】圧巻のヨーロッパの鍵盤楽器845411

出典:P好きさんの投稿

中でもピアノやチェンバロといった鍵盤楽器のコレクションは貴重なものばかりです。19世紀のものもあり、当時の職人たちの丁寧な仕事ぶりに驚かされることでしょう。鍵盤楽器は王室で使われていたものや、芸術性が高いものばかり。名工と呼ばれた人々の手で作られた作品はまるでアートです。

【第4展示室】さまざまな国産洋楽器と電子楽器

【第4展示室】さまざまな国産洋楽器と電子楽器845430

出典:

浜松市の「楽器の街」らしさを感じられる国産用楽器のエリア。明治21年にリードオルガンの製作が始まってから、ピアノへとつながっていきました。そんな浜松の楽器はもちろん、日本全体の洋楽器制作の歴史を見ることができます。今では見ることのできない貴重な楽器も揃っていますよ。

【第4展示室】さまざまな国産洋楽器と電子楽器845429

出典:

100年以上の歴史を築いている電子楽器。移り変わりの激しいシーンですが、こちらでは国内外の様々な電子楽器を見ることができます。複雑なものから、身近に見かけるものまで、いろいろな電子楽器に出会えます。

聴いて感じて楽しめるエリアも!

楽器や資料の展示だけでなく、実際に演奏を聴いたり、自分自身で演奏をしたりすることもできます。実際に体感することで、楽器の本当の楽しみができますよ!

コンサートも行われる「天空ホール」

コンサートも行われる「天空ホール」845318

出典:

こちらのホールでは不定期にミニコンサートが開催されています。多数の楽器に囲まれながら聴く音楽もまた格別!ホームページでスケジュールをチェックして、実際に聴きに行ってみてくださいね♪

実際に音が出せる「体験ルーム」

実際に音が出せる「体験ルーム」692346

出典:

実際に楽器に触れて、音を出して楽しむことができるコーナーもあります。自由に様々な楽器に触れられるので、思わず時間を忘れて楽しんでしまいそう!

実際に音が出せる「体験ルーム」692344

出典:

ハンドベルは小さなお子さんでも楽しめそうです。楽譜もありますので、親子で演奏してみてはいかがでしょうか。

A photo posted by KÜMI (@__kum1__) on

電子ドラムのコーナーも!気軽にチャレンジすれば、楽器の魅力を発見できるかも♪

浜松市楽器博物館の詳細情報

浜松市楽器博物館

住所
静岡県浜松市中区中央3-9-1
アクセス
1) 浜松駅から徒歩で7分 2) 東名浜松・浜松西ICから車で30分
営業時間
9:30〜17:00 (8月は休館なし)
定休日
毎月第2、第4水曜日(祝日の場合は翌日)12/29〜1/3、月1回点検のため休館あり
料金
高校生 400円 大人 800円 備考 中学生以下・70才以上・障害者無料

データ提供

いかがでしたか?「博物館」ですが、まるで「美術館」のような要素もあります。一度足を踏み入れると、目でも耳でも楽しめる場所で、気付いたら何時間も経っていた!なんてことも。楽器や音楽好きはもちろん、そうでない人も楽しめる「浜松市楽器博物館」に、ぜひ訪れてみてくださいね。

静岡県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード