これぞ大人の楽しみ方!山形の酒蔵&資料館見学できるスポットをご紹介

これぞ大人の楽しみ方!山形の酒蔵&資料館見学できるスポットをご紹介

全国区の日本酒銘柄がいくつもある山形県には、歴史と伝統のある酒蔵が数多く存在しています。酒造りは土地の風土から大きな影響を受けて行われるもの。酒蔵見学を通してその地の歴史や文化をより深く知ることができるのです。日本酒の美味しさ、素晴らしさを理解できるのは大人になったからこその醍醐味ですよね。今回は山形の酒造りに触れられるスポットをご紹介します!

2016年10月19日

山形には50を超える酒蔵がある!

山形には50を超える酒蔵がある!849900

出典:

全国に名が知れ渡った日本酒の銘柄を多く輩出している山形県。おいしい日本酒が生まれる地には、必ず優れた酒蔵も存在します。山形県も例外ではなく、県内にはなんと50を超える個性豊かな酒蔵があります。

米、水、杜氏のすべてが揃った山形の酒造りがどのように行われているのか、日本酒好きの方には興味深いはず。酒造りの歴史やその土地の文化、風土も学べる山形県内のスポットをエリア別にご紹介していきます。大人の社会見学にもぜひどうぞ!

冨士酒造【庄内エリア】

鶴岡市大山にある老舗の酒蔵

鶴岡市大山にある老舗の酒蔵844425

出典:

鶴岡市大山にある4つの酒蔵のうちのひとつ「冨士酒造」。代表銘柄「栄光冨士」でよく知られています。1778年に創業した歴史の長い酒蔵で、建物も重厚感のある造り。近年ではアメリカやアジアでも、その商品の人気が高まっています。

蔵元の加藤家は、あの戦国武将加藤清正の子孫ともいわれており、ゆかりの品も伝わっているそうですよ。

鶴岡市大山にある老舗の酒蔵844440

出典:

こちらはお米を蒸らしている過程です。水は地元鶴岡の地下水を使用。基本と伝統を守りつつ、マイクロバブルなどの新技術を酒造りに取り入れる挑戦も行っています。

事前の予約を行えば内部の見学も可能です。日本酒を試飲することもできますよ!

人気銘柄「栄光冨士 古酒屋のひとりよがり」

A photo posted by SAORI Sato (@saori_ca) on

栄光冨士の名を世に知らしめた銘酒「古酒屋(こざかや)のひとりよがり」。自分たちが飲みたいと思う酒を作ろうという蔵人たちの心意気から生まれたお酒です。なめらかな中にも甘やかでふくよかな味と香りが漂います。

一度は飲んでみる価値のあるおすすめの逸品です。

冨士酒造の詳細情報

冨士酒造

住所
山形県鶴岡市大山3-32-48
アクセス
JR羽越本線羽前大山駅から徒歩10分

データ提供

渡會本店 【庄内エリア】

充実の「酒蔵資料館」を見学

充実の「酒蔵資料館」を見学844428

出典:

こちらも鶴岡市大山地区にある酒蔵のひとつ「渡會(わたらい)本店 」です。伊勢国から移り住み、1615年には酒造りをはじめていたという伝統の酒蔵。代表銘柄で知られるのが「出羽ノ雪(でわのゆき)」と「和田来(わたらい)」です。

充実の「酒蔵資料館」を見学844433

出典:

併設されている「出羽ノ雪酒造資料館」では、酒造りの方式や歴史、道具類の展示などがされています。実際の酒造りは見学できませんが、特に日本酒&歴史好きの方は楽しめるスポットです。

充実の「酒蔵資料館」を見学844432

出典:

渡會本店の高い技術を学びに他の酒蔵の人々が訪れていたこともあるそう。元首相大平正芳のほか、夏目漱石や正岡子規といった偉人や文人にゆかりの品も多く残されています

さまざまな方面との交流が盛んであった歴史がうかがえますね。

おすすめ銘柄は「和田来」

A photo posted by yutaka ito (@yutaka__ito) on

2005年に立ち上げた新銘柄「和田来」は、フルーティーな甘みと香りに加えキレのよい飲みやすさが特徴。「ワイングラスで美味しい日本酒アワード」の最高金賞を2013年から3年連続で受賞しています。気軽に買える控えめなお値段も嬉しいところです。

東北醸造【庄内地方】

初孫酒造資料館「蔵探訪館」

初孫酒造資料館「蔵探訪館」844455

出典:

全国的にも有名な銘酒「初孫」を送り出している東北醸造の資料館が酒田市にあります。創業明治26年以来、米と水に恵まれた庄内地方で品質にこだわった酒造りを続けてきました。10月~4月の期間限定で工場の見学も行われています。事前にお問い合わせと予約をして訪れてくださいね。

初孫酒造資料館「蔵探訪館」844384

出典:

資料館のエントランスには地元の文化、風習を伝える展示も。江戸時代以降、北前船がもたらした酒田の街の繁栄が、酒造りにもたらした大きな影響がうかがえます。

初孫酒造資料館「蔵探訪館」844386

出典:

きき酒やお酒の飲み比べもできるコーナーも設けられています。試飲をすれば一本ほしくなってしまいますよね。もちろんお買い物コーナーもありますよ。

迷ったらコレ!「初孫 魔斬(まきり)」

A photo posted by SHINJI (@shinchapoo) on

引き締まったキレのよさの中にも、どこかまろやかさを含む味わいで全国区の人気がある日本酒です。「魔斬(まきり)」とはかつて酒田の漁師が使った鋭い刃物のことで、魔よけの縁起物にもされているそう。

温度によって違った味わいが楽しめるお酒です。どれを買うか迷ったらぜひお試しください!

酒造資料館初孫蔵探訪館の詳細情報

酒造資料館初孫蔵探訪館

住所
山形県酒田市十里塚字村東山125-3
アクセス
酒田駅から車で15分
営業時間
10:00〜16:30
定休日
[月] 年末年始
料金
大人 0円 無料

データ提供

酒造資料館 東光の酒蔵【置賜エリア】

古い土蔵を改装した館内は雰囲気満点

古い土蔵を改装した館内は雰囲気満点844529

出典:

米沢市にある「小嶋総本店」は1597年創業の造り酒屋。かつては米沢藩御用達もつとめた由緒ある酒蔵です。一般の方にもその歴史を知ってもらうため、古い蔵を改装して造ったのがこちらの資料館です。

古い土蔵を改装した館内は雰囲気満点844532

出典:

東北一の広さといわれる140坪の土蔵の中では、かつてのお店の様子や醸造の工程、道具類の展示が行われています。立派な蔵の中に足を踏み入れただけで、当時の酒造りの面影が伝わってきます。

古い土蔵を改装した館内は雰囲気満点844534

出典:

見学の最後にはきき酒コーナーもあり、無料&有料の試飲もできます。情緒漂う古い酒蔵のよさが感じられるスポット。お酒が好きな方もそうではない方も、米沢を訪れたらぜひ立ち寄ってみてほしい場所です。

晩酌にいかが?「東光 純米吟醸原酒 」

A photo posted by kay (@ka_y03) on

気軽に普段使いできるお酒のラインナップに「東光 純米吟醸原酒」を加えてみませんか。香り高く豊かな味わいにキレのよさもプラスされた一本。数々のコンテスト受賞歴も物語っている実力と人気を兼ね備えたお酒です。

酒造資料館東光の酒蔵の詳細情報

酒造資料館東光の酒蔵

住所
山形県米沢市大町2-3-22
アクセス
米沢駅からバスで5分
営業時間
9:00〜16:30
定休日
[12月31日〜1月1日]
料金
小学生 150円 団体30人以上で割引 100円 中学生 210円 団体30人以上で割引 160円 高校生 210円 団体30人以上で割引 160円 大人 310円 団体30人以上で割引 280円

データ提供

樽平酒造【置賜エリア】

樽平酒造【置賜エリア】844472

出典:

「樽平(たるへい)酒造」は、米沢市に隣接する川西町にあります。創業から300年以上を経た酒蔵で、伝統の製法を守り抜いた純米酒のみを生産。漫画『美味しんぼ』やNHKドラマ『蔵』にも登場したことがあるそうですよ。

A photo posted by Kenji (@siesta_mok) on

国指定の文化財にも登録されている酒蔵を無料で見学できます。酒造りの期間中など予約が必要なときもありますので、お問い合わせの上、お出かけください。

10代目井上庄七がコレクションをしたという600点あまりの東洋陶磁が収められた「掬粋巧芸館(きくすいこうげいかん)」の見学もできます。国の重要文化財に指定されている美術品も展示。日本の私立美術館の中でも歴史の古いもののひとつです。こちらも事前のお問い合わせをお忘れなく。

樽平酒造【置賜エリア】844463

出典:

見学の後には試飲とお土産販売もあります!代表銘柄がズラリと勢ぞろいしており、どれを選べばよいか目移りしてしまいそうですね。そんなときは次にご紹介する銘柄がおすすめです。

人気No.1「住吉 銀 超辛口 +7」

A photo posted by Kano Naoto (@kanonaoto2) on

「住吉」の中でも長い人気を誇る一本。ほんのり黄金色に染まったお酒は、本来の旨みを残すために濾過をしない製法で作られています。酒樽には吉野杉を使用しており、お酒からもほのかに木の薫りが漂います。深みのある味わいで一度飲むとクセになるという方も多い一品です。

古澤酒造資料館【村山エリア】

そば打ちもできる資料館

そば打ちもできる資料館844512

出典:

寒河江(さがえ)市にある「古澤酒造」は、天保7年創業の歴史ある酒蔵。代表銘柄「澤正宗(さわまさむね)」で知られています。大正6年に造られた蔵では資料展示を行っており、見学は無料です。

そば打ちもできる資料館844518

出典:

実際に酒造りに使われていた大かめや麹室、6尺桶などが観られます。試飲&販売コーナーも設けられており、こちらも人気です。

館内にはそば打ち体験ができる「紅葉庵」もありますよ。自分で打ったそばがすぐ食べられる貴重なスポット。予約の上ぜひご利用くださいね。

見た目もかわいい!純米吟醸「出羽の里」

A photo posted by yu masuda (@massu0606) on

山形県産の好適米「出羽の里」を使った純米吟醸酒です。米のふくよかで柔らかな味わいをご堪能いただけます。おしゃれなパッケージで女性にも好まれること請け合い!お土産品にも最適です。

古澤酒造資料館の詳細情報

古澤酒造資料館

住所
山形県寒河江市丸内3-5‐7
アクセス
寒河江駅から徒歩で10分
営業時間
10:00 〜 16:00
定休日
年末年始
料金
大人 0円

データ提供

おいしい日本酒の里「山形」

おいしい日本酒の里「山形」844567

出典:popopopo_nyaさんの投稿

日本酒の産地山形の酒蔵や資料館をご紹介しました。背景にある歴史や文化に触れると、より一層お酒の美味しさ、素晴らしさを感じることができるはず。日本酒が好きな方はもちろん、普段あまり飲まないという方にも、その奥深さに触れてもらえたら幸いです。

山形県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

山形県を旅する

編集部おすすめ

関連キーワード