一推しフォトスポット♡京都「八坂庚申堂」へ行こう

一推しフォトスポット♡京都「八坂庚申堂」へ行こう

観光スポットが多く、どこを歩いてもフォトジェニックな京都の街並み。中でもビビッドな雰囲気と和を融合させた場所があるのを、ご存知ですか?それは、「八坂庚申堂(やさかこうしんどう)」。くくり猿という、丸っこくてカラフルなお守りが、印象的な場所です。その光景は、SNS映えもバッチリです★どこに行こうか迷っているなら、ぜひ訪れてみてください。

2016年10月19日

853058

出典:ももとすいかさんの投稿

京の街並みは風情があり、どこへ行っても魅力的。どこを切り取ってもステキな写真になります。そんな中、一際目立つ写真を撮りたいなら、「八坂庚申堂(やさかこうしんどう)」。乙女心をくすぐるビビッドな背景で写真を撮って、友達に自慢しちゃいましょう♪

日本最初の庚申堂!!

日本最初の庚申堂!!851362

出典:

「八坂庚申堂」は、JR京都線京都駅から市バス「清水道」で下車して徒歩約7分で到着します。拝観時間は9:00~17:00までとなっています。京都では「八坂の庚申さん」という愛称で親しまれている、小さなお寺です。

日本最初の庚申堂!!851371

出典:そーやさんの投稿

「八坂の塔」のすぐ近くにあるお堂です。この光景は、テレビや雑誌でもよく観られていますよね!!

日本最初の庚申堂!!851380

出典:

こちらは「日本最初庚申尊石碑」です。天台宗で大黒山金剛寺八坂庚申堂と号し、日本最初の庚申信仰の霊場と言われているんですよ!

どんなお寺なの??

どんなお寺なの??851451

出典:youngspringさんの投稿

「八坂庚申堂」は、中国の道教由来である“庚申信仰”の霊場としてまつられてきました。“庚申信仰”は、「三尸説(さんしせつ)」を元に色々な信仰や習俗が絡み合う複合信仰です。ちなみに、元になっている「三尸説(さんしせつ)」というのは、人間の体の中には三尸(さんし)という虫が住んでいるというもの。その虫が「庚申(かのえさる)の日」の夜になると身体から抜け出し、帝釈天にその人間の悪行を告げ口し、寿命を縮めると言う言い伝えがありました。これを恐れた人々が庚申信仰の本尊となっている「青面金剛(しょうめんこんごう)」を拝み、寿命が縮まないよう慎んでいたとされています。

どんなお寺なの??851498

出典:

そう!入るときに、入口の上を見てください!三匹の猿がいますよね!これはまさに「見猿聞か猿言わ猿」なんです。どこかで聞いた事がありませんか?実はここの三猿が、日光東照宮にも造られてそれが有名になったのだそうです。さすが歴史の街京都!!

鮮やかな着物で訪れたくなる!

A photo posted by MAI (@_m.i06_) on

着物の私とどちらが綺麗?このカラフルなスポットが堂内になるんです。こちらの背景で写真を撮ると、より一層女性の美しさが際立ちますね♪ぜひお気に入りの着物を着て、写ってみてください。明るさをあげて撮ると、色の鮮やかさがアップしてとってもいい感じに♡

鮮やかな着物で訪れたくなる!851608

出典:gaapさんの投稿

色とりどりの丸い布。これは「くくり猿」という心をコントロールしてくれるアイテムです。たくさんぶら下がっていて、とても綺麗!こんなインテリアがあったら買ってしまいそうです。

鮮やかな着物で訪れたくなる!847191

出典:horetattyさんの投稿

手足をしっかりとくくられ身動きが取れなくなった猿のお守り「くくり猿」。欲望のままに行動してしまうことを戒める形を表したもので、欲を一つ我慢することにより自分の本当の願いを叶えてもらうという意味があります。さあ、あなたも願いごとをしてみましょう♡

鮮やかな着物で訪れたくなる!851613

出典:yoshiaki_uさんの投稿

「びんづるさん」こと「撫で仏」です。この周りにもびっしりたくさんの人々からの願いが吊るされているんです。

個性的なお守りでみんなと差をつけよう!

写真だけじゃなくて、お守りでも差をつけちゃいましょう!
個性的なお守りでみんなと差をつけよう!851581

出典:

これは…よく見るとお猿さんですね!これは技芸上達のお守り「指猿」です。表情が全部違うので、好きなものを選んでくださいね。猿はとても器用な動物で足まで使えます。そんな猿にあやかろうと作られたのが、このお守りです。

個性的なお守りでみんなと差をつけよう!851588

出典:

お猿さんのお守りも様々です。心を平穏にしたい人、コントロールしたい人にご利益があるのだそうです。ユニークな表情がなんとも可愛らしい!

A photo posted by satsuki (@sidm.tp) on

こちらは厄除けのお守り♪本当に一つ一つ表情が違って見ているだけで楽しい気分になります。そのおかげで厄が吹っ飛んでいくのかもしれませんね!

八坂庚申堂の詳細情報

八坂庚申堂

住所
京都府京都市東山区下河原4丁目金園町390
アクセス
JR京都駅から市バス206系統東山通北大路バスターミナル行きで15分、東山安井下車、徒歩6分

データ提供

少し歩き疲れたら…

「ギャルソン クレープ」外観 851653

出典:ジョルノ☆さんの投稿

八坂庚申堂から徒歩約5分、美味しいクレープをブレイクタイムにいかがですか?「ギャルソンクレープ 」は本格的なクレープとガレットを頂けるお店です。おやつタイムでもランチでもOK!営業時間は11:30~19:30、定休日は木曜日です。

A photo posted by yasuko (@michiamoyasuko) on

こちらは「あまおうと自家製キャラメルのクレープ」です。見た目パリッとしてそうですが、クレープの食感はもっちりタイプ。自家製のキャラメルは、甘すぎず香ばしく酸味の少し効いた苺との相性は抜群!!

「ギャルソン クレープ」料理 851671 カシューナッツとヌテラチョコレートのクレープ

出典:なおちぇんさんの投稿

こちらは「カシューナッツとヌテラチョコレートのクレープ」です。生地自体にチョコレートが混ざっていてほんのり甘く、カシューナッツの香ばしさと良く合います。

「ギャルソン クレープ」料理 851679

出典:Freeze moonさんの投稿

ガレットは最初から決まっているトッピングに、更にお好みのトッピングをカスタマイズしていくシステムになっています。トッピングにはカマンベールチーズやハムチーズなど様々です。お料理の写真撮影はOKですが、店内撮影は禁止になっているのでご注意下さいね!

ギャルソン クレープの詳細情報

ギャルソン クレープ

祇園四条、清水五条、河原町 / クレープ、カフェ

住所
京都府京都市東山区下弁天町53-3
営業時間
11:30~19:30(L.O)
定休日
木曜日
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

ステキな写真で旅行をより盛り上げましょう!

A photo posted by Ana 杏奈 (@anaoha) on

旅行は有名処を巡るのはもちろん楽しいですし、実際に足を運ぶ事によってテレビや雑誌で得た情報以外の新たな発見が出来るのも確かです。今回ご紹介した「八坂庚申堂」は京都にある他の有名なお寺と比べると狭くとてもこじんまりしている場所です。観光客が少ない穴場スポットなので、ちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

京都府のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

京都府×ホテル・宿特集

関連キーワード

大山を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先