無料で入れるところも♪東京のおもしろ博物館12選

無料で入れるところも♪東京のおもしろ博物館12選

日本各地には沢山の博物館があります。特に東京には、国が運営している施設から個人が運営しているものまで大小さまざまな博物館が存在しています。資料の収集・保存・調査・研究・展示など博物館が担う役割は非常に大きいです。そのため、博物館というとちょっと固いイメージがあるのも事実。でも博物館には、ちょっと変わった個性溢れるおもしろい施設も沢山あります。そこで、今回は東京都内にある“おもしろ博物館”を12施設ご紹介いたします。

2016年10月23日

知的欲求がうずうずする秋

知的欲求がうずうずする秋856099

出典:homico2015さんの投稿

一年のうちで過ごしやすい季節といわれている秋。読書をしたくなったり、芸術鑑賞をしたくなったりと知的向上心がアップする時期でもあります。あなたの知的欲求を満たしくれるのに一役買ってくれるのが博物館。今回は、あなたの好奇心をくすぐる東京にあるリーズナブルなおもしろ博物館を12施設ご案内いたします。
知的欲求がうずうずする秋856088

出典:チンチラブルーさんの投稿

それでは、おもしろ博物館の旅へと出発です。
知的欲求がうずうずする秋856067

出典:

無料で鑑賞

1.アドミュージアム東京/汐留

1.アドミュージアム東京/汐留855739

出典:

都営地下鉄ゆりかもめの汐留駅からすぐ、JR新橋駅からも近い場所にある「アドミュージアム東京」。電通の第4代社長の生誕百年を記念して2002年に開館した広告とマーケティングに関する展示をしている博物館です。ヒット商品の現物や、有名雑誌の増刊号、歴史的なニュースを伝えている新聞紙面などを興味深い資料がたくさん。
1.アドミュージアム東京/汐留855745

出典:

◆鑑賞のポイントは“社会と広告”

A photo posted by みひ (@miffy0316) on

「アドミュージアム東京」では、江戸時代から現代までを“社会と広告”という切り口で案内しています。広告という感性が未発達だった江戸時代、木版多色摺りの錦絵にさりげなく店名や商品名を忍ばせておく広告テクニック。マスメディアを使った広告活動が活発になってきた明治時代の新聞・雑誌・ポスター。 “社会と広告”という視点で鑑賞することによって、日本の歩みと重ね合わせながら広告の変遷を見てみてください。

2.世界のかばん博物館/浅草

2.世界のかばん博物館/浅草855759

出典:

「世界のカバン館」は、都営浅草駅から徒歩1分の場所にあります。こちらは、スーツケースで知られているエース株式会社の企業博物館。アポロ16号が月面着陸したとき、採取物を収納するに使用されたモデルのアタッシュケースなど約500点もの貴重なカバンが展示されています。アクセスしやすい場所にあるので、浅草に行った際には、立ち寄ってみるのも良いかもしれませんね。

A photo posted by naoroll (@naoroll) on

2.世界のかばん博物館/浅草855764

出典:

3.オカムラ いすの博物館/永田町

3.オカムラ いすの博物館/永田町858302

出典:

千代田区永田町に存在する「オカムラ いすの博物館」。感覚的な座り心地を科学で評価し、様々な調節機能を生み出していくという流れを知ることができる博物館。見学には事前予約が必要です。説明をしてくださる専門のスタッフがついてくれるので椅子について深く知ることができます。

4.おりがみ会館/御茶ノ水

4.おりがみ会館/御茶ノ水855791

出典:

お茶の水にある「おりがみ会館」は、伝統工芸としての折り紙を普及させるためにできた施設。「おりがみ会館」は1~6階まであります。
4.おりがみ会館/御茶ノ水855792

出典:

1階では、折り紙を用いた美しい作品を鑑賞することができます。そして、3階は色鮮やかな和紙や折り紙グッズを販売するショップ。4階では、職人の方々が1枚1枚手作業で和紙を染め、色を重ね、色紙を完成させていく工程を見学することができます。5階と6階では、折り紙を楽しく学べる折り紙教室が開催。工芸品としての折り紙の魅力をたっぷりと知ることができます。
4.おりがみ会館/御茶ノ水855795

出典:

5.日本の酒情報館「SAKE PLAZA」/新橋

5.日本の酒情報館「SAKE PLAZA」/新橋855805

出典:

港区にある「SAKE PLAZA」は、「日本酒造組合中央会」のアンテナショップのような存在の施設です。だから、北海道から沖縄まで全国の日本酒が揃っています。その数およそ800本。壁一面に並べられた日本酒の瓶は圧巻です。
5.日本の酒情報館「SAKE PLAZA」/新橋855807

出典:

◆「SAKE PLAZA」の楽しみ方

5.日本の酒情報館「SAKE PLAZA」/新橋855809

出典:

1.日本酒の世界をより深く知る
「SAKE PLAZA」では、知らない銘柄をパソコンで簡単に検索することができます。また、お酒の楽しみ方・基礎知識・各都道府県の地酒や酒蔵などのパンフレットもあるので、日本酒の世界を詳しく知ることができます。
2.日本酒の試飲
館内では、日本酒の試飲をすることもできます。普段あまり出会えることのできないお酒を探すのにおすすめ。季節によって品揃えが変わるので、訪れるたびに新しい発見があるはずです。

A photo posted by William Bennett (@cuthands) on

日本の酒情報館「SAKE PLAZA」の詳細情報

日本の酒情報館「SAKE PLAZA」

住所
東京都港区西新橋1-1-21 日本酒造会館

データ提供

6.エビスビール記念館/恵比寿

「ヱビスビール記念館」外観 855821

出典:taniyさんの投稿

「エビスビール記念館」は、JR恵比寿駅のすぐそばの「恵比寿ガーデンプレイス」内ある施設。恵比寿は、エビスビール発祥の地。1889年に醸造所が完成し、1890年に“恵比寿ビール”が発売されてことによって“恵比寿”という地名がつきました。「エビスビール記念館」を訪れれば、エビスビールの誕生から今日に至るまでを、貴重な資料や映像によって知ることができます。
「ヱビスビール記念館」内観 855828

出典:サロンちゃんさんの投稿

ヱビスビール記念館の詳細情報

ヱビスビール記念館

恵比寿、代官山 / ラウンジ、ビアバー、ダイニングバー

住所
東京都渋谷区恵比寿4-20-1 恵比寿ガーデンプレイス内
営業時間
11:00~19:00 (ヱビスツアー最終回17:10、テイスティングサロン ラストオーダー 18:30)
定休日
月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始
平均予算
  • ~¥999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

ワンコインで知りたいを解決

7.三十坪の秘密基地/浅草

7.三十坪の秘密基地/浅草855854

出典:

「三十坪の秘密基地」は、浅草にある穴場スポット。昭和レトロの資料を展示しているミニ博物館です。館内では、昭和初期の浅草をテーマにしたジオラマが展示されています。関東大震災で崩壊した凌雲閣の復元ジオラマを見ることもできます。
7.三十坪の秘密基地/浅草855855

出典:

ジオラマを囲むように、ホーロー看板がズラリと壁に掛けられています。さらに、テーマ別に展示されているマッチラベルも興味深い。昭和の色漂う浅草界隈を散策したついでに入館してみては。

A photo posted by クリヨン (@hitomimizue) on

A photo posted by emico (@emiffy) on

8.柴又のおもちゃ博物館/葛飾

8.柴又のおもちゃ博物館/葛飾855873

出典:

葛飾区は、おもちゃの街だということをご存じですか?中小のおもちゃ工場が葛飾区には集中しています。「おもちゃの博物館」は、そんな昭和の下町葛飾のおもちゃ文化を伝えたいという発案で開館。昭和の頃、駄菓子屋が沢山ありそこで販売されていた駄玩具は、下町の文化になったといっても過言ではありません。

◆「おもちゃの博物館」の楽しみ方

8.柴又のおもちゃ博物館/葛飾858333

出典:

「おもちゃの博物館」は「ハイカラ横丁」という駄菓子屋さんの2階にあります。1階の駄菓子屋さんで入場券を購入してから入館します。2階に上がると、デパートの屋上にあった玩具や、モンチッチなど昭和の子どもたちを魅了したおもちゃがひしめき合っています。
8.柴又のおもちゃ博物館/葛飾858336

出典:

アーケードゲームや懐かしのファミコン、パソコン使用のゲームなどがあり実際に遊ぶこともできます。そして、シアターコーナーでは、懐かしのテレビCMや怪獣映画などを上映。昭和の時代へのタイムスリップを楽しんで。

A photo posted by @xamilax on

柴又のおもちゃ博物館の詳細情報

柴又のおもちゃ博物館

住所
東京都葛飾区柴又7丁目3−12

データ提供

9.日本カメラ博物館/半蔵門

9.日本カメラ博物館/半蔵門855884

出典:

千代田区にある「日本カメラ博物館」は、一般財団法人日本カメラ財団が運営する博物館です。明治時代に使われていた移動式暗室、世界で初めて市販された“ジルー・ダゲレオタイプ・カメラ”のなどの逸品が展示されています。カメラ好きなら非常に楽しむことのできる施設です。

9.日本カメラ博物館/半蔵門855887

出典:

10.駄菓子屋ゲーム博物館/板橋

都営三田線板橋本町駅から徒歩で約5分。「駄菓子屋ゲーム博物館」というおもしろいスポットがあります。狭い店内には、レトロなレアゲーム機が50台以上所狭しと置かれています。そして、実際にプレイができちゃいます。
10.駄菓子屋ゲーム博物館/板橋858348

出典:arema21さんの投稿

昭和から平成にかけ、テレビゲームが普及し始めて徐々に姿を消してしまった“駄菓子屋ゲーム”。ここに来れば、10円はじき系、パチンコ系、ルーレット系、クレーンゲーム系など様々なレトロゲームをプレイすることができます。
10.駄菓子屋ゲーム博物館/板橋858349

出典:arema21さんの投稿

A photo posted by satomi (@satomi_0420_) on

11.凧の博物館/日本橋

11.凧の博物館/日本橋855903

出典:

「凧の博物館」は、日本橋にある“とろふわオムライス”で知られている老舗洋食店「たいめいけん」の建物の中にあります。その展示数は3,000以上。武者絵や美人絵の描かれた江戸凧、手のひらサイズの凧、世界各国から集められたものなど様々な種類の凧を見ることができます。

A photo posted by Shusei Toda (@st810amaze) on

11.凧の博物館/日本橋855905

出典:

◆「凧の博物館」見学のあとは…

「たいめいけん」料理 857730 たんぽぽオムライス

出典:シノンセさんの投稿

「凧の博物館」は、レンガ造りの「たいめいけん」のレトロな建物を目印に訪れるのがおすすめ。せっかくなので、「たいめいけん」の“とろふわオムライス”も堪能しちゃいましょう。名店のオムライスに思わず笑みがこぼれちゃいますよ。

たいめいけん

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

12.家具の博物館/昭島市

12.家具の博物館/昭島市858358

出典:

東京昭島市にあるフランスベッド東京工場の敷地内にある「家具の博物館」。フランスベッドの創業者の発案によって作られた博物館には、家具の収蔵資料が1,800点以上あります。そのうち“家具の伝統・継承・創造”というテーマにあった180点ほどを展示しています。
12.家具の博物館/昭島市857738

出典:chancoさんの投稿

日本内外の家具職人さんが丹精を込めて作り上げた家具を見ることができます。200年以上前の家具が現存しているのは、日本で唯一「家具の博物館」だけだとか。家具好きでなくても一見の価値がありそうです。

博物館巡る秋の休日♪

博物館巡る秋の休日♪856098

出典:homico2015さんの投稿

今回、ご紹介した東京にある個性的な博物館はほんの一部。都内にはまだまだ“おもしろ博物館”は沢山あります。秋の休日は、博物館を巡るプチ旅をしてみてはいかかでしょうか。

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード

大山を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先