曹洞宗の大本山!福井の永平寺で禅の世界を体感しよう

曹洞宗の大本山!福井の永平寺で禅の世界を体感しよう

福井県にある「永平寺」をご存知ですか?曹洞宗の中心寺院として全国的にも名高く、多くの修行僧がここで厳しい修行に励んでいます。また美しい建造物や燈籠まつりなどのイベントも魅力的で、福井を代表する観光地としても大人気です。さらに、一般の人でも参加できる修行体験も行われているんですよ。今回は、そんな永平寺の魅力をたっぷりとご紹介していきます!

2016年10月29日

永平寺って?

曹洞宗の大本山

曹洞宗の大本山863918

出典:なお1105さんの投稿

永平寺は、福井県吉田郡永平寺町に位置する曹洞宗の寺院です。1244年に道元が開山し、横浜の總持寺(そうじじ)と並んで曹洞宗の大本山となっています。現在も約200人の修行僧が永平寺で修行に励んでいるほか、観光地としても有名で全国各地から多くの参拝客が訪れます。参拝料は大人500円、小中学生200円です。

どこにあるの?

どこにあるの?863967

出典:☆YU-KO☆さんの投稿

永平寺は福井県の北部に位置しています。電車を利用する場合は、JR福井駅からえちぜん鉄道の永平寺口駅まで約25分、その後バスに乗車し約10分で到着します。そのほか、福井駅東口から永平寺門前まで約30分で行ける直行バスも便利です。また永平寺周辺には町営駐車場が3つありますので、マイカー利用もおすすめ。福井北ICから約15分で到着します。

永平寺の見どころ

傘松閣

傘松閣863920

出典:koyama-nishiさんの投稿

まずご紹介するのは、美しい天井画が魅力の「傘松閣(さんしょうかく)」です。144名の画家によって描かれた、230枚もの天井画はまさに圧巻!時間を忘れてうっとりと見とれてしまいます。またこの天井画の中から鯉2枚・唐獅子2枚・リス1枚の計5枚を探し出すと、願い事が叶うといわれているのだとか。永平寺を訪れたらぜひ探してみてくださいね。

七堂伽藍

七堂伽藍863946

出典:koyama-nishiさんの投稿

七堂伽藍のひとつ「法堂」

「七堂伽藍(しちどうがらん)」は、山門・仏殿・法堂・僧堂・庫院・浴室・東司という7つの建物の総称です。日々の修行に欠かすことのできない重要な建物であり、この7つの配置は坐禅姿を模しているともいわれています。仏殿は本尊を祀る場所、法堂は一般の寺院でいう本堂に当たる場所、庫院は料理を作る場所です。また僧堂・浴室・東司(トイレ)は三黙道場と呼ばれ、私語厳禁となっています。

承陽殿

承陽殿863976

出典:

続いてご紹介するのは、道元の御真廟である「承陽殿(じょうようでん)」です。道元のお墓に当たる建物であるため、曹洞宗の聖地として重要視されています。中央には道元の御尊像と御霊骨が安置されており、左右には2代から5世までの御尊像が祀られています。

瑠璃聖宝閣

瑠璃聖宝閣863961

出典:

永平寺の宝物殿である「瑠璃聖宝閣(るりしょうぼうかく)」には、国宝の「普勧坐禅儀(ふかんざぜんぎ)」が展示されています。これは道元が自ら執筆した、禅の奥儀を記述した書です。そのほかにも重要文化財や書・絵画・書籍・器物など、約8,000点もの貴重な宝物が展示されています。

寂光苑

寂光苑863971

出典:

永平寺の小川に沿って奥まで進んで行くと「寂光苑(じゃっこうえん)」があります。深い緑に覆われた静かな場所で、道元と歴代住職のお墓が並んでいます。そのほか、誰でも自由につくことができる寂照の鐘や、美しい玲瓏の滝などもありますよ。

イベントもたくさん!

永平寺冬の燈籠まつり

永平寺冬の燈籠まつり863943

出典:M1021さんの投稿

永平寺で毎年2月に開催されているのが、「永平寺冬の燈籠まつり」です。このお祭りでは境内の山門・瑠璃聖宝閣・唐門・報恩塔・鐘楼といった5つの伽藍がライトアップされ、参道も燈籠の光でやさしく照らされます。昼間とは違った幻想的な風景を楽しむことができますよ。また、このイベントでは拝観料がかからず無料で見学が可能です。

永平寺大燈籠ながし

永平寺大燈籠ながし863935

出典:コイケヤプレミアムさんの投稿

永平寺口駅からすぐ近くの九頭竜川では、毎年8月に「永平寺大燈籠ながし」が開催されています。永平寺の役寮・雲衲衆(うんのうしゅう)約120名による読経の後、1万個もの燈籠が川を流れ、荘厳で幻想的な光景が広がります。河川で行う燈籠流しとしては、日本一の規模なのだそうですよ。さらに、フィナーレには色とりどりの花火も打ち上がります!

修行体験もできる!

坐禅・写経体験

A photo posted by 石部 収実 (@osaishi) on

永平寺では、見学だけでなくさまざまな修行体験も可能です。例えば、日々の喧騒を忘れて心を穏やかにする坐禅体験や、般若心経266文字を一人一文字ずつ担当する一文字写経などがあります。誰でも気軽に禅の世界に触れることができますよ。どちらも事前予約制で、坐禅体験は1,000円、一文字写経体験は700円だそうです。

お寺に宿泊する「参籠」も

お寺に宿泊する「参籠」も864045

出典:結城 立野さんの投稿

さらに本格的な修行を体験してみたいという方には、お寺に泊まり込んで修行をする「参籠(さんろう)」もおすすめです。修行僧と同じように、法話を聞いたり坐禅やお勤めなどを行います。さらにお風呂・食事中は私語厳禁で、朝は3時~4時に起床するのだとか!観光ではなく修行ですので、しっかりと心構えをしてから参加するようにしましょう。

門前まちで精進料理

「山侊」料理 864020

出典:nekonosekaiさんの投稿

永平寺周辺には、本格的な精進料理を食べられる場所もたくさんあります!例えばこちらの「山侊」は、永平寺のすぐ近くにあるお食事処です。野菜を中心とした体にやさしい精進料理のほか、食べ歩きにぴったりのお団子やそばなどを味わうことができます。

山侊の詳細情報

山侊

轟、越前野中、光明寺 / そば

住所
福井県吉田郡永平寺町志比5-10-1
営業時間
8:00~16:00
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

「古跡館 りうぜん」料理 864013

出典:k-tan.kskさんの投稿

「古跡館 りうぜん」は、永平寺の参道沿いにある手打ちそば屋です。そばに大根おろしや薬味を乗せた、福井名物の「越前おろしそば」を味わうことができます。精進しぐれとごま豆腐を主にした伝統的な精進料理もあり、こちらは予約制となっています。

古跡館 りうぜんの詳細情報

古跡館 りうぜん

光明寺、下志比、轟 / そば、精進料理

住所
福井県吉田郡永平寺町荒谷37-10
営業時間
9:00~17:00
定休日
木曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

「永平寺そば亭 一休」料理 864030 永平寺蕎麦のセット

出典:わんこいなりさんの投稿

「永平寺そば亭 一休」も、永平寺のすぐそばにある人気のお食事処です。おろしそばや精進料理のほか、ぜんざいやそば団子など甘味メニューも充実。また、隣にある「アトリエ菓修」のケーキをこちらのお店で食べることもできるそうです。ランチはもちろん、カフェタイムの利用もおすすめですよ。

永平寺そば亭 一休の詳細情報

永平寺そば亭 一休

轟、光明寺、越前野中 / そば、甘味処

住所
福井県吉田郡永平寺町志比28-9-2
営業時間
10:00~17:30
定休日
火曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

いかがでしたか?

いかがでしたか?864044

出典:結城 立野さんの投稿

福井県の永平寺についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?美しい天井画や七堂伽藍、国宝のある瑠璃聖宝閣など、見どころが盛りだくさんの豪華な寺院です。それだけでなく、曹洞宗の大本山である貴重な場所で修行体験をすることもできます。日々の喧騒から離れて修行に励み、自分を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

福井県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード