かわいいサイズでキュン!モダンで手土産にもぴったり豊中の「森のおはぎ」

かわいいサイズでキュン!モダンで手土産にもぴったり豊中の「森のおはぎ」

秋になると恋しくなる和菓子といえば、餅米を甘いあずき餡でくるんだ「おはぎ」。素朴で味わい深いお菓子ですよね。でも普通はひとつひとつが大きくて、お世辞にもオシャレなスイーツとは言えないもの。ところが、大阪にそんなおはぎを現代風にアレンジし、とても人気を博しているお店があるんです! さっそくご紹介していきましょう。

2016年11月03日

「森のおはぎ」とは

大阪市の北部に位置し、梅田駅や新大阪駅までのアクセスも良い豊中市。
伊丹空港にも近いので、周辺には高層建築物が比較的少なく、落ち着いた雰囲気の街並みが人気の街です。
「森のおはぎ」とは874904

出典:boonoさんの投稿

そんな豊中市の中心部である岡町の、駅前から続く岡町商店街と桜塚商店街のふたつのアーケードを抜けて、さらにまっすぐ歩いて行くと、右手に見えてくるちいさなおはぎ屋さん。

A photo posted by ku_watch_ (@ku_watch_) on

「森のおはぎ」その他 868843 岡町商店街

出典:千本桜はんひちさんの投稿

それが2010年にこの地にオープンし、以来、大阪の手みやげの新定番となった「森のおはぎ」のお店なんです。
「森のおはぎ」外観 868844

出典:タマん家さんの投稿

お店のつくりをご紹介!

森のおはぎの店舗は、日よけの黒テントに覆われたシックな外観。
間口がせまく、ぼうっと商店街を歩いていると見過ごしてしまうので、注意してくださいね。
「森のおはぎ」外観 1084563

出典:ジョルノ☆さんの投稿

お店の建物はわずか3坪ほどの狭小空間。このため、店前にはすぐカウンターがあって、ガラス製のショーケースに入れられた可愛らしいおはぎが、すぐに目に飛び込んでくるようになっています。
「森のおはぎ」内観 868850 商品はこんな感じ

出典:グランマーさんの投稿

ショーケースを載せているカウンターは、よく使い込まれた「水屋たんす」。水屋、すなわち台所に置かれて使われていた昔の食器棚なんです。
「森のおはぎ」外観 868853 店頭

出典:千本桜はんひちさんの投稿

また、カウンター後ろのガラス扉は、現在ではもう作られていない手延べの板ガラスで、とても貴重なもの。手延べ独特の、映りこむ風景がゆがんで見えるのが味わいです。
このように、お店のいたるところに和菓子店にふさわしい調度品が用いられていて、店主のセンスの良さをうかがわせます。

おはぎ好きが高じてお店を開いた店主さん

そんな森のおはぎの店主をされているのが、森百合子さん。
「森のおはぎ」内観 868857 おっとりした日本美人の森オーナー

出典:hitohiさんの投稿

森さんは、このお店を開店する前はテキスタイルデザイナーとしてお勤めされていて、布団の柄などをデザインされていたのだそうです。なるほど、それでお店のセンスも素晴らしいんですね。納得。
「森のおはぎ」外観 868860

出典:甘辛ダチョウさんの投稿

ちなみに看板は、森さんの弟で金属工芸作家の戸田泰輔さんが手がけています。

デザイナーとして活躍されていた森さんは、もっとものづくりにも、お客さんにも、近いところで仕事をしたいと一念発起。もともと大好きだったおはぎの店を開業することにしたのだそうです。

A photo posted by @je_suis_mayu on

↑↑ 小さい子供たちが塗り絵にして楽しんでいるという、森のおはぎの手提げ袋。テキスタイルや陶器のデザインで有名な鹿児島睦さんによる図案なんです。

こうして2010年に豊中市に「森のおはぎ」が開店し、2014年には大阪市の北新地に姉妹店「森乃お菓子」もオープン。現在は市内の百貨店にも不定期に出店するなどし、ますます人気が高まっているんです。

森のおはぎの特徴とは?

「森のおはぎ」料理 874924

出典:タマん家さんの投稿

さて、いくらお店のセンスが抜群でも、それだけではおはぎが売れるはずがありません。ここでは森のおはぎの「おはぎ」自体がもつ魅力に迫ってみましょう。

・大きさ

おはぎというと、別名「ぼた餅」ともいうように、ボタッとしていて大きめのサイズなのが通常ですよね。
森のおはぎの特徴とは?868865

出典:バルサムさんの投稿

でもそれだと1個食べるとお腹がいっぱいになってしまいます。特に女性は、少しずつでもいいから、いろいろな種類を味わってみたいもの。
「森のおはぎ」料理 869011 抹茶・黒米餅¥210

出典:lovely sweetsさんの投稿

そこで、森のおはぎのおはぎはふた口で食べられる小さめのサイズになっています。これなら、3個4個はペロリといけそうです。

・見た目

そのサイズ感の小ささに負けないように、おはぎ自体の見た目は華やかなものに。

A photo posted by n & s (@yuko_55) on

普通のおはぎは餅米を餡でくるむだけですが、森のおはぎではそこにひと手間加えて、ごまやくるみなどのトッピングや、バーナーの焦げ目などでアクセントを加えています。

A photo posted by りか (@rikamori14) on

こうすることで、プチケーキや手鞠寿司のように、詰め合わせにしたときの華やかさが増し、手みやげで持参したときなどに「おっ」と喜ばれるわけですね!

・味

森のおはぎのコンセプトは「素材の味がするお菓子」。
「森のおはぎ」料理 868878 大納言雑穀もち(断面、2013年1月)

出典:やんやんこさんの投稿

のちほどご紹介しますが、森のおはぎではあずきや餅米以外にも、「ほうじ茶」「味噌」「サツマイモ」「トウモロコシ」などの素材も、季節によっておはぎの材料として使用しているんです。
「森のおはぎ」料理 868879 丹波黒豆雑穀もち(断面、2013年1月)

出典:やんやんこさんの投稿

そこで、それらの素材が持つ本来の味を活かすため、森のおはぎでは商品によって餡を炊き分けたり、餅米に塩を加えたり、味噌に砂糖を加えたりして、個々のおはぎに合った甘みと塩味のバランスをとっているんです。
そうすることで、ただ甘いだけだったり、味付けが濃かったりして、せっかくの素材を台無しにしないように微調整しているんですね。
「森のおはぎ」料理 868882 ほうじ茶黒米もち(断面、2013年1月)

出典:やんやんこさんの投稿

おはぎ用の餅米だって、雑穀米や黒米、季節によってはよもぎが入ったものなどを蒸し分けて、個々の商品に合わせたものをチョイスしているこだわりぶりなんです。

森のおはぎの詳細情報

森のおはぎ

岡町、曽根、豊中 / 和菓子

住所
大阪府豊中市中桜塚2-25-10
営業時間
午前の部>10:00~13:00 午後の部>14:00~19:30(売り切れ次第終了)
定休日
日・月・(祝祭不定休)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

種類が豊富な「森のおはぎ」を個別にご紹介

定番のおはぎ

「森のおはぎ」その他 868924

出典:sKさんの投稿

それでは最後に、見た目にも可愛らしい「森のおはぎ」のおはぎたちをご紹介していきたいと思います。まずは、通年の定番おはぎから。

・大納言雑穀もち

森のおはぎでもっとも人気があるのが、このシンプルなあずきのおはぎ。
「森のおはぎ」料理 868891 大納言雑穀もち(\126、2013年1月)

出典:やんやんこさんの投稿

シンプルとはいっても、あずきには北海道産の大納言あずきを使用し、あえて小粒なあずきもブレンドして、なめらかななかにもつぶつぶの食感が感じらるようになっています。
また、餅米にも「もち玄米」「もち麦」「はだか麦」といった雑穀を混ぜ込んで、単調な食感にならないように工夫がされているんですよ。

・深炒りきなこ雑穀もち

おはぎといえば、あずきよりもきなこのほうが好きだというひとも多いのではないでしょうか。そんなひとにオススメなのが、この「深炒りきなこ雑穀もち」。
「森のおはぎ」料理 868892 深炒きなこ雑穀もち(\126、2013年1月)

出典:やんやんこさんの投稿

京都から取り寄せた大豆を香ばしくなるまで炒ったきなこは、このとおり普通のきなこよりも色が濃いですよね。それにともなって、香ばしさが強く少しだけほろ苦さを感じる、おとなの嗜好にかなう一品となっています。
実は中にはあずきを忍ばせてあるんですが、外側のほろ苦いきなこに合わせて、すこし甘みを強くしてあるんですよ。

・ほうじ茶黒米もち

ちょっと色黒のたこ焼きのような、こちらは「ほうじ茶黒米もち」。
「森のおはぎ」料理 868893 ほうじ茶黒米もち(\137、2013年1月)

出典:やんやんこさんの投稿

京都の老舗から取り寄せたほうじ茶を、粒が残るくらいに砕いて、あずき餡に練り込んであるんです。ひとくち食べると、ほうじ茶の優しい香りがたって、あとから餡の甘さがやってきます。
餅米には、古代米の「黒米」がブレンドされていて、食感の変化も楽しめますよ。

・本醸造みたらし雑穀もち

みたらし団子の串からこぼれ落ちたような、「本醸造みたらし雑穀もち」。
「森のおはぎ」料理 868896 本醸造みたらし雑穀もち(\161、2013年1月)

出典:やんやんこさんの投稿

みたらし餡には、博多の老舗の醸造蔵である「ジョーキュウ醤油」の醤油が使われています。100年以上も続けて使用されているという木桶で熟成させた醤油なので、香りが強く、キレがあります。

A photo posted by Acey Deucy (@acducy) on

そんな力強い醤油に合わせて、餅米もすこしだけ炙って、香ばしさを仕上げているんですよ。
森のおはぎの定番おはぎには、以上の他に、白餡に焼いたくるみと少量の白味噌を練り込んだ「くるみ黒米もち」や、練った黒ごまを餡に加えたコクのある「黒ごま黒米もち」などがあります。
「森のおはぎ」料理 868901 くるみ黒米もち(\179、2013年1月)

出典:やんやんこさんの投稿

こちらは「くるみ黒米もち」。

「森のおはぎ」料理 868909 黒ごま黒米もち(\141、2013年1月)

出典:やんやんこさんの投稿

「黒ごま黒米もち」です。

定番とはいえ、いずれも個性的なおはぎになっているので、ぜひともひととおり味わってみてくださいね♪

季節限定のおはぎ

「森のおはぎ」その他 868921 2015年 09月

出典:azuki0423さんの投稿

森のおはぎの店先には、以上の定番のおはぎのほかに、常時その時季に合わせた季節限定のおはぎも並んでいます。
「森のおはぎ」料理 868945 2012/03/23 季節もの~桜

出典:タマん家さんの投稿

まず、春に目を楽しませてくれるのが「花桜よもぎもち」。
ていねいに下処理をした桜の花びらを練り込んだピンク色の餡が、こちらもあざやかな緑のよもぎ餅をくるんでいます。中には小倉餡も隠れていて、上品で重層的な甘みを感じさせてくれます。

A photo posted by mame (@mame227zo) on

春の限定おはぎには、塩煮にしたエンドウ豆を混ぜ込んだ「塩うぐいす雑穀もち」もあり、また晩春になれば、山椒の若葉である「木の芽」を使った季節感たっぷりの「木の芽味噌雑穀もち」もいただけます。
夏になると、ぜひ食べていただきたいのが、「焼とうもろこしもち」。
「森のおはぎ」料理 868950 焼きとうもろこしもち

出典:ジョルノ☆さんの投稿

トウモロコシを、おはぎの形が保てるぎりぎりまで混ぜ込んであります。

おはぎに焼きトウモロコシとは驚きですが、これが以外にマッチするんです。お店が「隠れた自信作」と胸を張るひと品です。
このほかに、北海道産の枝豆を使用した「ずんだ黒米もち」、宇治の抹茶が濃厚な「一番抹茶黒米もち」などが夏の限定おはぎ。そしてそれらが店先から姿を消すと、秋の季節がやってきます。
「森のおはぎ」料理 868957 ずんだ黒米もち

出典:eb2002621さんの投稿

黄緑があざやかな「ずんだ黒米もち」。

もともと秋はおはぎのシーズンではありますが、あえてチャレンジしていただきたいのが、この「鳴門金時雑穀もち」。
「森のおはぎ」料理 868977 鳴門金時雑穀もち

出典:NYMHさんの投稿

四国のサツマイモ「鳴門金時」を皮ごと蜜煮にし、ゴマとうぐいす粉を散らして、甘じょっぱく、見た目にちょっとポップなおはぎに仕上がっています。

A photo posted by 森 百合子 (@momoririyu) on

秋の「森のおはぎ」では、このほかに五平餅感覚の「焼みそ雑穀もち」、繊細な栗の香りが楽しめる「焼き栗黒米もち」がショーケースをいろどります。
そして冬には、おせち料理にも欠かせないむっちりとした大粒の丹波黒が乗った「蜜黒豆雑穀もち」を、おこたに入りながらいただくのもよいですよね。

A photo posted by takiyum (@takiyum) on

このほか、ハロウィン前の数日間だけ限定で販売される「かぼちゃ黒米もち」というおはぎも存在しています。

A photo posted by yoko♡ (@5868rocky) on

黒米がブレンドされた餅米を、黄色いかぼちゃ餡でくるみ、かぼちゃの種と黒ごまで表情をあしらった、イタズラ心のあるひと品です。

A photo posted by keiko (@kei_haru_nk) on

いかがでしたか? 思わず手にとって、食べてみたくなる可愛らしいおはぎがたくさんありましたよね。おはぎは生菓子なのでお取り寄せはできませんが、「森のおはぎ」「森乃お菓子」のお店以外でも、府内の主要な百貨店で購入することも可能となっています。HPに掲載されるスケジュールをチェックして、ぜひ賞味してみてくださいね!

大阪府のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

大阪府×ホテル・宿特集

関連キーワード