街歩きと門司港グルメ。門司港レトロデートのすすめ♪

街歩きと門司港グルメ。門司港レトロデートのすすめ♪

デートスポットとしても人気の観光地、福岡県北九州市門司港にある門司港レトロ地区。120年の歴史を感じさせる大正ロマン漂う建物が並ぶ街並みは、大人のお散歩デートにぴったりです。ミニクルーズや門司港グルメも楽しめば、きっと忘れられない一日になるはず。デートにおすすめの見どころやレストランなどをご紹介します。

2016年12月16日

古くて新鮮!?120年の歴史を持つ門司港レトロ

古くて新鮮!?120年の歴史を持つ門司港レトロ884215

出典:u.limさんの投稿

明治時代初期に開港し終戦前の昭和初期までの間、近代日本を代表する港町として栄えた門司港。終戦後は大陸貿易や石炭の需要の縮小で港としては衰退しますが、現在は約120年の歴史を持つ観光地「門司港レトロ」としてたくさんの人たちが訪れています。その魅力はなんといっても、明治・大正時代に建てられたレトロモダンな建築物が複数残る街並み。落ち着いていながらも洗練された雰囲気は、大人のお散歩デートにぴったりです。
古くて新鮮!?120年の歴史を持つ門司港レトロ884226

出典:MJEさんの投稿

海沿いのレトロな街並みには、歴史を感じる建造物やミュージアム、おしゃれなカフェや雑貨屋などが並びます。海辺を散歩したり、海風を感じながらテラスでお茶を楽しんだりと2人のペースで楽しい時間が過ごせるはず。

古くて新鮮!?120年の歴史を持つ門司港レトロ884216

出典:zoom2orzさんの投稿

夜はライトアップも。お天気の良い日中も魅力的ですが、夕焼けが美しいたそがれ時や夜景が見える夜も良いですよ。

音楽から花火まで、イベントも多彩

門司港レトロ地区では、毎年お盆の時期に山口県下関市と合同で行われる「関門海峡花火大会」、冬に行われるイルミネーションやキャンドルナイトなど、年間を通して様々なイベントが開催されます。各種音楽イベントやグルメイベント、骨董市なども定期的に開催されていますので、興味のあるイベントに合わせてお出かけするのも良いですね。
音楽から花火まで、イベントも多彩883997

出典:小倉1645さんの投稿

2015年には下関会場と合わせて110万人もの人が訪れたという関門海峡花火大会。この日ばかりは混雑必至ですが、下関市と門司港の両岸から打ち上げられる1万5000発の花火は見に行く価値あり、の美しさです。

音楽から花火まで、イベントも多彩884209

出典:財務系王子さんの投稿

アンティークや手作りの雑貨やインテリアのお店が多数出店する、グランマーケットやフリーマーケットも人気です。

門司港レトロ地区をのんびり散策

まずは、歴史を感じる建物やおしゃれなお店が並ぶ門司港の街並みを散策しましょう。門司港レトロ地区はコンパクトなので、ゆったりと見てまわるのにぴったりです。特に見ておきたいスポットをいくつかピックアップしてみましたので、参考にどうぞ♪
門司港レトロ地区をのんびり散策882521

出典:kocusさんの投稿

JR門司港駅周辺から見ていきましょう。門司港駅自体も明治24年にドイツ人技師の監修のもと建てられた貴重な建物で、国の重要文化財にも指定されています。ただし、現在は大規模保存修理工事中のため外観を見ることはできません。(※工事期間は平成24年9月~平成30年3月の予定)

旧門司三井倶楽部/アインシュタイン博士も宿泊した大正時代の洋館

JR門司港駅の目の前にあるこの建物は、三井物産の社交施設として大正10年に建てられました。ヨーロッパ伝統の木造建築工法で作られ、アールデコ調の装飾もモダンな木造2階建ての洋館です。来日の際にアインシュタイン博士が宿泊したことでも有名で、当時の部屋はそのまま保存され、「アインシュタインメモリアルルーム」として公開されています。平成2年には、国の重要文化財に指定されています。
旧門司三井倶楽部/アインシュタイン博士も宿泊した大正時代の洋館858019

出典:

シックな色合いの壁や木部と白い窓枠のコントラストが特徴的。ハーフティンバー様式(木骨様式)という伝統工法が用いられています。

rieさん(@eirotac)が投稿した写真 -

レストランやイベントホールとなっている1階は無料、アインシュタインメモリアルルームと門司出身の作家「林芙美子」の資料室がある2階は大人100円・小中学生50円で見学することができます。(※金額は2016年10月現在)

旧大阪商船/ひときわ目を引く八角形の塔が目印

旧門司三井倶楽部のすぐ側には、八角形の塔が特徴的な旧大阪商船ビルがあります。大正6年に大阪商船門司支部として建てられ、海外へと旅立つ人たちの拠点のひとつとなっていたものを修復した建物です。オレンジ色のタイルと白い石のコントラストが美しく、現在は貸ホールやギャラリーなどとして使用されています。
旧大阪商船/ひときわ目を引く八角形の塔が目印857269

出典:a.hiroshiさんの投稿

ヨーロッパの街並みを思わせるモダンな建物。国の登録有形文化財にも登録されています。

旧大阪商船/ひときわ目を引く八角形の塔が目印857246

出典:ゆうきちさんの投稿

日没後のライトアップされた姿も素敵です。

北九州市旧大阪商船の詳細情報

北九州市旧大阪商船

住所
福岡県北九州市門司区港町7-18
アクセス
門司港駅から徒歩で1分
営業時間
9:00〜17:00
料金
小学生 70円 わたせせいぞうギャラリーのみ 団体割引あり 中学生 70円 わたせせいぞうギャラリーのみ 団体割引あり 大人 150円 わたせせいぞうギャラリーのみ 団体割引あり

データ提供

ブルーウィングもじ/恋人たちに人気の歩行者専用はね橋

門司港駅の方から海沿いを少し歩くと、歩行者専用としては日本最大級のはね橋「ブルーウィングもじ」が見えてきます。10時~16時の間で1時間に1回(12時台は除く)船が通過する際に、音楽と共に橋が上がります。「恋人の聖地」にも認定されていて、門司港デートならぜひ立ち寄りたい場所のひとつです。
ブルーウィングもじ/恋人たちに人気の歩行者専用はね橋875282

出典:kki15さんの投稿

yuriさん(@pottery.lilys)が投稿した写真 -

開閉時間は約20分。橋が上がっていく様子は、近くで見るとなかなかの迫力です。

旧門司税関/門司港レトロ地区を一望できるレンガ造りの建物

明治45年に建てられ、昭和初期まで税関庁舎として使用されていました。平成6年に復元が行われましたが、今も外観はもちろん内部にも当時の面影が残っていて趣があります。2階の展望室からは門司港レトロ地区を一望でき、1階は休憩所や門司税関関連の展示室、カフェなどになっています。
旧門司税関/門司港レトロ地区を一望できるレンガ造りの建物872359

出典:

旧門司税関/門司港レトロ地区を一望できるレンガ造りの建物872362

出典:

歴史を感じるレンガの壁と近代的な鉄骨との組み合わせが独特の雰囲気。展望台からは、はね橋「ブルーウィングもじ」が上がっていく様子を眺めることもできます。

「フルーツファクトリーモーンデレトロ」料理 872394

出典:蒼天子さんの投稿

休憩には、1階裏手の「Fruit Factory Mooon de Retro」(フルーツファクトリーモーンデレトロ)がおすすめ。新鮮なフルーツを使ったバフェや生ジュースをいただくことができます。オープンテラスもありますよ。

フルーツファクトリーモーンデレトロの詳細情報

フルーツファクトリーモーンデレトロ

出光美術館、九州鉄道記念館、門司港 / カフェ、パフェ、フルーツパーラー

住所
福岡県北九州市門司区東港町1-24 旧門司税関 1F
営業時間
11:00~17:00 終業時間は季節により異なります。
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

北九州市旧門司税関の詳細情報

北九州市旧門司税関

住所
福岡県北九州市門司区東港町1-24
アクセス
門司港駅から徒歩で5分
営業時間
9:00〜17:00
料金
無料

データ提供

門司港レトロ展望室/高さ103mからの大パノラマ

高層マンションの31階、高さ103mからの大パノラマが魅力の展望室です。門司港レトロの街並みはもちろん、関門海峡とそこを跨ぐ関門橋などの絶景を眼下に見渡すことができます。夜景も素晴らしく、昼夜を通してデートにおすすめですよ。館内にはカフェコーナーもあり、景色を眺めながらお茶を楽しむこともできます。
門司港レトロ展望室/高さ103mからの大パノラマ872488

出典:

存在感のあるビルは世界的に有名な建築家、黒川紀章氏によって設計されました。なお、手前に見えるのは、旧門司税関です。

門司港レトロ展望室/高さ103mからの大パノラマ872497

出典:

山口県と福岡県を繋ぐ関門橋もよく見えます。

「エアーズカフェ」ドリンク 875276

出典:パーティールームさんの投稿

展望室のカフェコーナー「エアーズカフェ」では、コーヒーやケーキセットの他、ビールなどのアルコール類も販売しています。

エアーズカフェの詳細情報

エアーズカフェ

出光美術館、九州鉄道記念館、門司港 / カフェ

住所
福岡県北九州市門司区東港町1-32 門司港レトロ展望室 31F
営業時間
10:00~21:00(L.O.20:30) 2018年4月1日(日)〜営業時間 平日 10:00~17:00(L.O.16:30) 土日祝日 10:00~19:00(L.O.18:30)
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

門司港レトロ展望室の詳細情報

門司港レトロ展望室

住所
福岡県北九州市門司区東港町1-32
アクセス
JR門司港駅から徒歩で5分
営業時間
10:00〜22:00
定休日
年4回(不定期)
料金
小学生 150円 中学生 150円 大人 300円

データ提供

気軽に楽しめるミニクルーズで忘れられない思い出を

街歩きの後は…所要時間20分、大人800円子ども400円(2016年11月現在)で気軽に楽しめるミニクルーズはいかがですか?門司港レトロ内の第一船だまりから出航する門司港レトロクルーズでは、海上から門司港の街並みを眺めつつ関門橋の近くまで行くことができます。日中のデイクルーズだけではなく、日没後のナイトクルーズもありますよ♪
気軽に楽しめるミニクルーズで忘れられない思い出を875292

出典:

出航は門司港レトロ地区の中心にある第一船だまりから。

気軽に楽しめるミニクルーズで忘れられない思い出を875291

出典:

ブルーウィングもじをくぐって関門海峡へ。

気軽に楽しめるミニクルーズで忘れられない思い出を875618

出典:

海風に吹かれながら、船上から見る街並みも素敵です。

営業は平日11時~、土日10時~となっていますが、出航時間は不定期となっています。また、天候の影響で営業が難しい場合もあります。事前に電話などで出航時間等の確認をしておくことをおすすめします。

お土産探しは海峡プラザで♪

門司港レトロクルーズが出航する第一船だまりの側には、観光客向けのショッピングモール「海峡プラザ」があります。お土産屋さんや雑貨屋さんが多数入っていて、定番ものからちょっとおしゃれなものまで揃うので、お土産探しにはとても便利です。「トリック3Dアートミュージアム」があったり、お店によっては手作り体験もできるので、時間の余裕があればいろいろのぞいてみると楽しいですよ。
お土産探しは海峡プラザで♪876369

出典:

いろいろな雑貨・お土産屋さんや飲食店が入っています。外にはパラソルやテーブルがたくさんあるので、ちょっとした休憩にも。

「Bee Honey 門司港店」外観 877564 お店の前の通り。

出典:akiiさんの投稿

オルゴールやジェルキャンドル、ガラスエッチングなどの手作り体験ができるお店もあります。

平面のはずなのに、カメラやスマホで撮影すると立体に見えるトリックアートが楽しめる「トリック3Dアートミュージアム」(※別途入場料金が必要)で盛り上がるのも良いかも。

「Bee Honey 門司港店」その他 877565

出典:ΨあやΨさんの投稿

海峡プラザの外には、バナナの妖精「バナナマン」と「バナナマン・ブラック」が。門司港は、バナナの叩き売り発祥の地といわれています。

お土産探しは海峡プラザで♪877569

出典:ニコラスさんの投稿

この辺りの外灯にはガス灯が使われていて、日没から午前0時まで点灯します。日没後も雰囲気があって素敵ですね。

ランチにもディナーにも!おすすめのレストラン&カフェ

デートにはおいしい門司港グルメも欠かせない!ということで、おすすめのレストランやカフェをご紹介します。

こがねむし

門司港名物といえば焼きカレー!おいしい焼きカレーが食べられるお店はたくさんありますが、こちらは味・コスパ・お店の方の人柄の良さで40年近く地元の人たちに愛されているお店です。焼きカレー以外に、チーズオムハヤシやオムカレーといったメニューも人気です。
「こがねむし」料理 879312 牛肉トロリのハヤシに とろたまの卵とコラボ 650円

出典:My Diningさんの投稿

看板商品はやはり焼きカレーですが、とろりとした卵がおいしいオムハヤシやチーズオムハヤシもおすすめです。

「こがねむし」外観 879308 ・思ってたより派手な

出典:Fisher.Lionさんの投稿

カフェというよりも、昔ながらの「喫茶店」といった佇まい。

こがねむしの詳細情報

こがねむし

出光美術館、九州鉄道記念館、門司港 / 喫茶店、カレーライス、ハヤシライス

住所
福岡県北九州市門司区東本町1-1-24
営業時間
11:45~15:00(L.O.14:30) 17:00~21:00(L.O.20:20) ※但し、昼、夜とも売り切れ次第終了
定休日
金曜日(祝日の場合は営業、前日休み)
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

ファンキータイガーカリビアン

門司港の中心、第一船だまりでひときわ目立つ…海賊船!?それがファンキータイガーカリビアンです。タレントのロバート秋山さんのお父様のお店としても有名で、話題性十分!ですが、それだけではなくおいしくてボリュームたっぷりのハンバーグや焼きカレーがいただけます。
「ファンキータイガーカリビアン」料理 879325

出典:裏道食堂さんの投稿

焼きカレーもハンバーグも海賊船らしく?ボリュームたっぷり。

「ファンキータイガーカリビアン」料理 879329 白いトマトちゃん

出典:akiiさんの投稿

ちょっと気になる「白いトマトちゃん」。湯剥きしたトマト丸ごとに特製の白いドレッシングがかかったものですが、こちらもなかなかの人気です。

ファンキータイガーカリビアン857266

出典:MJEさんの投稿

残念ながら出航はできませんが、レトロな港町で船上レストランとはロマンチックですね。ただし、波の具合によっては結構揺れるので、船酔いしやすい方は要注意です。

ファンキータイガーカリビアン

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

海人(カイト)

せっかく海の近くに来たのだからおいしい魚が食べたい!という人にはこちらがおすすめ。当日仕入れた新鮮な魚介類を比較的リーズナブルに食べられると評判の、魚問屋直営の食事処「海人」の本店です。1階は回転すし、2階は掘りごたつ式の席でコースやランチ(ランチは平日昼間のみ)、海鮮丼や焼きカレーなどが食べられるようになっています。
「海人」料理 879382 わがまま鮨盛り

出典:ChnnSiTaKi RiNaさんの投稿

値段はチェーン店の回転すしよりは高めですが、一般的なお寿司屋さんと比べるとリーズナブル!しかも、市場直仕込みだからネタが新鮮で本格的な味が楽しめます。

「海人」外観 879401 外観

出典:lionkoalaさんの投稿

お店は第一船だまりや海峡プラザがある辺りから5分程度、線路を渡って少し歩いた場所にあります。

海人の詳細情報

海人

出光美術館、九州鉄道記念館、門司港 / 寿司、回転寿司、ふぐ

住所
福岡県北九州市門司区港町3-3
営業時間
【1階 廻転寿司】 11:00 - 15:00 LO 14:30 17:00 - 22:00 LO 21:30 【2階 海鮮処】 11:00 - 15:00 LO 14:00 17:00 - 22:00 LO 21:00
定休日
水曜日(祭日前・祭日は営業) 
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

cafe UMINEKO(ウミネコ)

門司港駅側のcafe UMINEKOは、本場フランスの味を再現したガレットやこだわりのジェラートがいただけるおしゃれなお店です。店内では雑貨の販売も行っており、お店でも使用しているフランス製の陶器や輸入品のチョコーレート、ムーミングッズなどのヨーロッパ雑貨を購入することもできます。
「ウミネコ」料理 879464

出典:CamCanたまさんの投稿

ガレットは、フランスではおなじみのそば粉を使ったクレープです。食事メニューには、ガレットの他にパスタも。

「ウミネコ」外観 879468 うみねこ

出典:楽しい毎日さんの投稿

門司港レトロな外観。テラス席なら、愛犬も一緒に食事を楽しめます。

「ウミネコ」その他 879480 輸入物のお菓子♪

出典:楽しい毎日さんの投稿

ヨーロッパ雑貨のコーナーを眺めるのも楽しい♪全体的に女性好みのお店です。

ウミネコの詳細情報

ウミネコ

九州鉄道記念館、門司港、出光美術館 / カフェ、アイスクリーム、クレープ

住所
福岡県北九州市門司区西海岸1-6-2 旧JR九州本社ビル 1F
営業時間
[月~日] 10:00~20:00(L.O.19:30) 雑貨コーナーは 10:00~19:00
定休日
火曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

夕日や夜景を眺めながらお酒を楽しめるお店

夕日や夜景も美しい門司港。それを大切な人と眺めながらのお酒は格別でしょうね。そんな大人な時間にぴったりなお店をご紹介します。

展望レストラン 陽のあたる場所

焼きカレーフェアでグランプリを獲るなど洋食の味に定評があるレストランですが、ワインや地ビール、焼酎やカクテルなどドリンクのメニューも豊富です。そして、なんといってもロケーションが素晴らしい!大きな窓から夜景を眺めながら食事やお酒を楽しめます。ランチセットもあるので、昼食にもおすすめです。
「展望レストラン 陽のあたる場所」内観 879584 門司港の夜景、プライスレス!

出典:現場のゆっき~特派員さんの投稿

お店は門司区駅近くのビルの7階。大きな窓からは昼間は海が、夜もは夜景が良く見えます。

「展望レストラン 陽のあたる場所」ドリンク 879603

出典:Bolegardさんの投稿

いかにもレトロで、落ち着いた雰囲気のお店です。デートにはぴったりなのではないでしょうか。

「展望レストラン 陽のあたる場所」料理 879592

出典:Bolegardさんの投稿

ここの焼きカレーもかなり有名です。ただし、メニュー名は焼きカレーではなく「鉄板焼きカレードリア」。

展望レストラン 陽のあたる場所の詳細情報

展望レストラン 陽のあたる場所

門司港、九州鉄道記念館、出光美術館 / イタリアン、カレー(その他)、創作料理

住所
福岡県北九州市門司区西海岸1-4-3 日産船舶ビル 7F
営業時間
【ランチ】 [月~金]11:00~14:00(L.O) [土日祝]11:00~15:00(L.O) 【ディナー】 [月~金]17:00~22:00(L.O) [土日祝]15:00~22:00(L.O) 仕込みや仕入れの関係の為変更時が有ります。
定休日
火曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

テンポ

「テンポ」は、世界的にも有名なイタリアの建築家アルド・ロッシ氏が手掛け、門司港のランドマークともいえる「プレミアムホテル門司港」の最上階にあるバーです。バーカウンターに座れば、関門橋や下関市街の夜景を眺めながらウィスキーからソフトドリンクまでお好みの飲み物を楽しむことができます。オリジナルカクテルもありますよ♪
「テンポ」ドリンク 880322

出典:まるとみやさんの投稿

いくつかあるオリジナルカクテルのひとつ「門司港の夕日」。お酒にうるさい方にも、雰囲気を楽しみたい方にもおすすめのお店です。

「テンポ」内観 880375 カウンター

出典:花ちゃんDON!さんの投稿

奥に暖炉があったりと、レトロな街にふさわしい落ち着いた雰囲気が印象的です。

テンポ884225

出典:MJEさんの投稿

門司港レトロ地区の中心地にあるプレミアムホテル門司港は、駅からも近くて便利。存在感のあるデザイナーズホテルです。

バー テンポの詳細情報

バー テンポ

出光美術館、九州鉄道記念館、門司港 / バー

住所
福岡県北九州市門司区港町9-11 プレミアホテル門司港 9F
営業時間
PM 8:00~PM 11:00 (L.O. PM 8:30)
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

公式詳細情報 プレミアホテル 門司港

プレミアホテル 門司港

門司・関門海峡 / 高級ホテル

住所
福岡県北九州市門司区港町9-11地図を見る
アクセス
福岡からJR博多駅→特急約40分→小倉駅←在来線約13分→門...
宿泊料金
4,200円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
15:00(IN)〜 11:00(OUT)など
スーパーSALE6月14日(日)まで

4,200円〜 / 人

もっと見る

データ提供

ビアレストラン 門司港地ビール工房

ビール党に人気なのがこちら。1階がジンギスカンのフロア、3階がレストランになっていて、石窯焼ピッツァなどのビールに合うおいしい料理と共に、2階の醸造設備で仕込んだ地ビールを味わうことができます。海に面した関門海峡や門司港レトロを見渡す場所にあるので、窓からの景観も素敵です。ディナーはもちろん、ランチにもおすすめです。
「ビアレストラン 門司港地ビール工房」外観 880458 外観

出典:akiiさんの投稿

醸造所併設の珍しいビアレストランです。季節限定、数量限定のスペシャルなビールにお目にかかれるかも。

「ビアレストラン 門司港地ビール工房」内観 880446 店内からの光景

出典:ジュリアードさんの投稿

窓からはこんな景色も。

「ビアレストラン 門司港地ビール工房」料理 880429

出典:hiroakiyokoさんの投稿

ここの焼きカレーも有名です。数種類ありますが、中でも、水を使わずヴァイツェンビールで煮込んだ「新・ヴァイツェン焼カレー」が有名。

ビアレストラン 門司港地ビール工房の詳細情報

ビアレストラン 門司港地ビール工房

出光美術館、九州鉄道記念館、門司港 / ビアホール・ビアレストラン、洋食、ジンギスカン

住所
福岡県北九州市門司区東港町6-9 門司港地 ビール工房 1F・3F
営業時間
11:00~22:00(L.O.21:15)
定休日
5~12月無休、1~4月第2・第4月曜日(祝日営業)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

いかがですか?門司港には他にもたくさんの見どころがあります。鉄道の歴史に興味があればJR門司港駅近くの九州鉄道博物館へ行くも良し、雑貨屋や工房めぐりをするも良し、美術館やアトリエでアートな一日を過ごすも良し、いろいろな楽しみ方ができるのも門司港の魅力です。ぜひ2度、3度と訪れて、2人オリジナルのお気に入りデートコースを見つけてくださいね♪

福岡県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

福岡県×ホテル・宿特集

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ