自慢の日本酒×料理!蔵元が経営する珠玉のレストラン【全国】

自慢の日本酒×料理!蔵元が経営する珠玉のレストラン【全国】

ビール工場やワイナリーには、おいしいお酒と食事が楽しめるレストランが併設されていますよね。実は、日本酒の蔵元にもそんな素敵なレストランがあり、人気を博しています。四季折々の趣向をこらしたメニュー、そして蔵元自慢の酒。至福の休暇を約束してくれる全国の蔵元レストランをご紹介します。

2016年11月13日

1. 小林酒造(北海道夕張郡栗山町)

のなさん(@no_na.k_531)が投稿した写真 -

北海道夕張の豊かな自然に囲まれた小林酒造。明治11年創業の、道内最古の歴史をもつ蔵元です。北海道の地酒づくりを看板にかかげ、100%北海道産の米を仕込みに使う徹底ぶりが高く評価されています。敷地には、赤いレンガづくりの素敵な蔵がならんでいます。北海道なので「ビール園かな?」と勘違いしてしまいそうですよね。

小林酒造の蔵元レストラン①:「錦水庵」

「錦水庵」外観 879340

出典:せばっ!さんの投稿

小林酒造の1万坪を超える広大な敷地には、18棟もの蔵が立ち並んでいます。そのなかに、そばと酒の店「錦水庵」があります。

「錦水庵」内観 879334 古民家お蕎麦屋さんです。

出典:Liliasさんの投稿

囲炉裏もある純和風の室内は風情たっぷり。

「錦水庵」料理 879328 合盛

出典:☆流れ星さんの投稿

北海道産のそば粉100%を使ったざるそばが人気です。北海道は国内有数の蕎麦の産地。秋をむかえ冷え込んでくる季節に、熱燗と蕎麦で一杯・・・至福のひとときです。

錦水庵の詳細情報

錦水庵

栗山 / そば、日本酒バー

住所
北海道夕張郡栗山町錦3-93 小林酒造内
営業時間
11:00~16:00
定休日
火曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

小林酒造の蔵元レストラン②:「蔵」

「蔵」料理 879321 北の錦コロッケ

出典:Légumeさんの投稿

小林酒造の敷地にもう一軒あるのが「レストラン蔵」です。栗山町はコロッケが名物で、こちらでは名物のコロッケと小林酒造の酒やサッポロビールを一緒に味わうことができます。

「蔵」料理 879323 北の錦カレー

出典:トムさんの投稿

特製カレーには小林酒造の酒粕が隠し味で使われていて、とてもまろやかな味わいに仕上がっているそうですよ!

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

2. 石川酒造(東京都福生市)

「福生のビール小屋」外観 879394 立派な入口です

出典:たんじきさんの投稿

文久3 年(1863年)創業の石川酒造は、御当主が代々この地域の名主をつとめてきた旧家です。蔵のすぐ近くには多摩川が流れていて、江戸時代には漁で獲れた鮎を幕府に献上していたそうですよ。

「手打蕎麦 雑蔵」外観 879450

出典:ジュネ水星さんの投稿

広大な敷地には国の文化財に指定されている素晴らしい蔵が何棟も建っています。東京都内でこれほど充実した蔵が集中している場所は見かけません。特に明治13年に建てられた本蔵は、酒の仕込みに使われる蔵としては日本最大で見ごたえがあります。

「手打蕎麦 雑蔵」その他 877961 石川家のケヤキ

出典:ジゲンACEさんの投稿

石川家のご神木であるケヤキの木。樹齢700年ともいわれ、福生市の文化財に指定されています。

石川酒造の蔵元レストラン①:「雑蔵」

「手打蕎麦 雑蔵」外観 877960 雑蔵

出典:ジゲンACEさんの投稿

敷地の一角に立つ古い蔵を改装した店が、おいしい日本酒・蕎麦・豆腐料理などを楽しめる「雑蔵」です。観光客だけでなく、地元の人たちが休日にふらっと立ち寄って蕎麦や熱燗をすすって帰るとか。地域に愛されている蔵である証ですね。

「手打蕎麦 雑蔵」その他 877963

出典:pioさんの投稿

蔵の中は年代を感じさせる古い家具でしつらえられています。

「手打蕎麦 雑蔵」内観 877965 雑蔵

出典:ジゲンACEさんの投稿

チープさとは無縁の店内。一枚板でつくられたテーブルで、うまい蕎麦と日本酒をいただけるなんてぜいたくです!

「手打蕎麦 雑蔵」料理 879442

出典:n_colさんの投稿

さっくさくの「天ぷらざる蕎麦」は絶品!

「手打蕎麦 雑蔵」ドリンク 879436 山廃純米2992とペールエール

出典:ゆき森さんの投稿

看板銘柄「多満自慢」をベストの状態でいただくことができます。

手打蕎麦 雑蔵

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

石川酒造の蔵元レストラン②:「福生のビール小屋」

「福生のビール小屋」外観 879399

出典:八咫烏さんの投稿

雑蔵」のとなりには、イタリアンレストラン「福生のビール小屋」があります。店の前にはテラス席が広がり、晴れの日に外でビールで一杯なんて最高ですね。

「福生のビール小屋」内観 879403 店内の様子。

出典:routastさんの投稿

蔵を改装した店内はウッディで落ち着ける雰囲気です。

「福生のビール小屋」ドリンク 879406 2008/9 多摩の恵 ヴィンテージボトルコンディション

出典:HTIEKさんの投稿

石川酒造が醸造する地ビール「多摩の恵」をいただくことができます。石川酒造は、もともと明治時代にビール蔵だった歴史があり、1998年にビール造りを再開しました。

「福生のビール小屋」料理 879413 小海老とアンティチョークのピッツア

出典:hyy1127さんの投稿

店内で生地から仕込み、本格窯で焼き上げるピザが大人気。

「福生のビール小屋」料理 879412 前菜盛り合わせ

出典:hikari_gokeさんの投稿

前菜から肉・魚のメイン、デザートまで、本格的なイタリアンのコース料理とアラカルトが楽しめます。

福生のビール小屋の詳細情報

福生のビール小屋

拝島、熊川、牛浜 / イタリアン、ビアガーデン、ビアホール・ビアレストラン

住所
東京都福生市熊川1
営業時間
11:30~21:30(L.O.20:30)
定休日
火曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

3. 小澤酒造(東京都青梅市)

「澤乃井ままごと屋」外観 879519

出典:helihopさんの投稿

東京都青梅市で元禄15年(1702年)から酒を造り続けている小澤酒造。先にあげた石川酒造と同じく多摩川水系を仕込みに使う蔵です。

@k.i.1028が投稿した写真 -

看板銘柄は「澤乃井」。石川酒造の「多満自慢」とならんで、多摩地方で古くから愛飲されきた地酒です。
無料の蔵見学では、仕込みに使う湧き水や秘蔵の古酒など、「澤乃井」の秘密の一端を間近に観ることができます。
「澤乃井ままごと屋」外観 879507 多摩川清流を望む

出典:

小澤酒造は、周囲を多摩川の清流と渓谷に囲まれた風光明媚な場所にあります。川沿いには小澤酒造が経営する「澤乃井園」があります。おいしい食事と「澤乃井」を楽しめる食事処が数軒立ち並んでいて、一年中観光客がひっきりなしに訪れます。

小澤酒造の蔵元レストラン:「ままごと屋」

「澤乃井ままごと屋」外観 879510

出典:WoodySnowさんの投稿

澤乃井園にある食事処のなかで一番人気をほこるのが「ままごと屋」です。純日本建築の建物は風情たっぷりですね。

「澤乃井ままごと屋」内観 879621

出典:WoodySnowさんの投稿

窓の外に広がるさわやかな緑を眺めながらくつろげます。

「澤乃井ままごと屋」料理 879622 楓コース   5,400円(税込) お料理の内容は季節により異なります。

出典:

豆腐料理や湯葉料理をはじめ、本格的な懐石料理が好評です。

「澤乃井ままごと屋」料理 879618 きき酒セット756円(税別) 内容は季節により異なります。

出典:

「澤乃井」の飲み比べも!

澤乃井ままごと屋の詳細情報

澤乃井ままごと屋

沢井 / 懐石・会席料理、豆腐料理・湯葉料理

住所
東京都青梅市沢井2-748
営業時間
営業時間11:00~17:00 最終受付15:00 【11時】 【11時半】 【12時】 【2時】 【2時半】 【3時】 基本的に上記のお時間でご予約承っておりますが、 お電話にてご相談ください。
定休日
月曜日(祝日の場合は翌日)金曜日(祝日と11月は営業)
平均予算
  • ¥6,000~¥7,999

データ提供

4. 熊澤酒造(神奈川県茅ヶ崎市)

「湘南の造り酒屋」という言葉には、なんとなく違和感を抱く人もいるかもしれません。湘南といえば、海、サーフィン、サザン・・・。そんなイメージと質実剛健な日本酒の蔵元がリンクしないようにも思えます。でも、「天青」の醸造元・熊澤酒造といえば、関東屈指の蔵元として全国的にすこぶる高い評価を受けている蔵元なのです。
「蔵元創作料理 天青」外観 879753

出典:月子*さんの投稿

明治5年創業の熊澤酒造は、湘南で生き残った最後の蔵元です。熊澤酒造が最後まで選ばれ続けた理由は、看板銘柄「天青」が体現する「うそのない酒造り」に人々が魅了されているから。でも、それは理由の一つにすぎません。熊澤酒造は、おそらく日本でもトップ3に入る「休日にたずねてみたい蔵元」なのです。その魅力を支えているのが、敷地内に軒を連ねるハイセンスな店舗の数々です。

熊澤酒造の蔵元レストラン①:「蔵元料理 天青」

「蔵元創作料理 天青」外観 879757 朽ち果てる寸前の美学

出典:湘南の宇宙さんの投稿

「蔵元料理 天青」へいざなう小道は、さりげない緑に包まれています。

「蔵元創作料理 天青」外観 879765 天青に通じる小道、杉玉のある軒下が蔵の入口

出典:蕎麦ねこさんの投稿

醸造蔵の裏道を抜けると店の入口に通じます。

「蔵元創作料理 天青」内観 879778

出典:kuroたんさんの投稿

店内のしつらいは、蔵の造りを活かしきった内装でありながら、「和風」に傾きすぎることがない絶妙のバランスが見事。

「蔵元創作料理 天青」料理 879784 岡本豚グリル

出典:湘南の宇宙さんの投稿

本当に蔵元のレストラン?と思ってしまうほど本格的な料理の数々。

「蔵元創作料理 天青」料理 879793 前菜盛り合わせ

出典:湘南の宇宙さんの投稿

日本酒の蔵元レストランというと、蕎麦、天ぷら、豆腐・・・そんなメニューがならびがち。でも「天青」のテーブルにならぶ一皿はきわめて洗練されています。女性客が殺到するのも当然ですね。

蔵元創作料理 天青の詳細情報

蔵元創作料理 天青

香川 / 創作料理、和食(その他)、懐石・会席料理

住所
神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7
営業時間
11:30~14:00L.O 17:30~20:00L.O(金土日祝~20:30L.O)
定休日
火曜日 ※祝日除く
平均予算
  • ¥5,000~¥5,999
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

熊澤酒造の蔵元レストラン②:「トラットリア・モキチ」

「トラットリア・モキチ」内観 879803 入り口

出典:山海美味さんの投稿

熊澤酒造の敷地には、「天青」以外にもハイセンスな食事処がズラリとならび、いつたずねてもお客さんでにぎわっています。こちらは本格イタリアンを楽しめる「TRATTORIA MOKICHI」。

トラットリア・モキチの詳細情報

トラットリア・モキチ

香川 / イタリアン、ピザ、パスタ

住所
神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7
営業時間
[平日]11:30~15:00(L.O.14:30)/17:30~22:00(L.O.21:00) [土日祝]11:30~22:00(L.O.21:00)
定休日
第3火曜日(8月、12月は無休)
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥5,000~¥5,999

データ提供

熊澤酒造の蔵元レストラン③:「モキチ ベーカー&スウィーツ」

「モキチ ベーカー&スウィーツ」外観 879813

出典:kanreki60さんの投稿

蔦のケープに包まれたおしゃれな外観は、パンやお菓子を製造販売する「モキチ ベーカー&スウィーツ」の建物。

「モキチ ベーカー&スウィーツ」内観 879837

出典:おさおっさんさんの投稿

ハード系からおかず系まで、上質なパンがディスプレイされています。酒蔵にパンを買いに行く・・・シュールですが、熊澤酒造の魅力を象徴する光景です。

モキチ ベーカー&スウィーツの詳細情報

モキチ ベーカー&スウィーツ

香川 / パン、ベーグル、洋菓子(その他)

住所
神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7
営業時間
10:00~17:30 (売り切れ次第終了)
定休日
第3火曜日 (8月・12月無休)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

熊澤酒造の蔵元レストラン④:「mokichi wurst cafe」

A photo posted by @nobeey11 on

築200年の古民家を移築した「mokichi wurst cafe(モキチ ヴルスト カフェ)」では、エスプレッソや併設工場でつくる特製ソーセージなどをいただけます。

モキチ ヴルスト カフェの詳細情報

モキチ ヴルスト カフェ

香川 / カフェ

住所
神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7
営業時間
10:00~17:30
定休日
[1月~7月・9月~11月] 第3火曜日 [8月・12月] 無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

繰り返しになりますが、これまで紹介した店はすべて熊澤酒造の敷地で営業しています。酒蔵が生き残るために、いったい何が必要なのか。もちろん、それぞれの地方で求められるカラーは異なりますが、熊澤酒造の試みは、湘南という地域性とぴったりマッチしたおかげで大成功しました。大いに参考になりそうですね。

5. 山梨銘醸(山梨県北杜市)

「臺眠」その他 879877

出典:Cohi-Cohiさんの投稿

日本酒の8割は水でできており、水の質は酒の質に大きな影響を与えます。霊峰富士が磨き上げた極上の水を仕込みに使う酒。それが山梨銘醸の「七賢」です。

創業1750(寛延3)年の山梨銘醸。フレッシュな13代目が蔵を継ぎ、新しい酒造りに奮闘しています。南アルプス水系でもずば抜けた水質をほこる「白州の水」を仕込みに使う「七賢」。その名声は年々高まるばかりです。

山梨銘醸の蔵元レストラン:「臺眠」

「臺眠」外観 879895 味のある外観です。

出典:ブロンプトン2011さんの投稿

山梨銘醸が敷地内で運営するレストランが「臺眠(だいみん)」です。

「臺眠」内観 879904 店内

出典:みゅーぱぱさんの投稿

蔵ならではの高い天井と大きな窓からたっぷり差し込むお日様の光。清潔と素朴さが同居した、居心地の良い空間です。

「臺眠」料理 879909 鮭の麹漬定食

出典:みゅーぱぱさんの投稿

メニューはシンプルな定食が中心です。最高の水で育った米・味噌・野菜の味は、下手に手を加えるよりも、素材の味を活かす素朴な一皿でこそ引き立ちます。

「臺眠」料理 879916 ビーフシチュー

出典:kiyosatoさんの投稿

とろとろに煮込まれたシチューには、七賢の仕込み水が使われています。そりゃあ、うまいはずです!

臺眠の詳細情報

臺眠

長坂 / 定食・食堂、カフェ

住所
山梨県北杜市白州町台ヶ原2287-2 山梨銘醸内
営業時間
1F:cafe  10:00~17:00 2F:めし屋  11:30~15:00  17:00~20:30(夜の部は完全予約制(前日までに))  但し、GW・8月の土日祝は夜の部も通常営業 現在、1階の喫茶は営業していないようです。
定休日
火曜日(祝日の場合営業、翌日休)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

6. 舩坂酒造店(岐阜県高山市)

「味の与平」外観 879924 お酒屋さん&お土産屋さんの入り口

出典:コドモさんの投稿

飛騨高山のひなびた町並みにすっと溶け込む舩坂酒造店。江戸時代末期に創業し、200年間この地で酒を造り続けてきました。高山は日本でも屈指の城下町。創業当時は140軒もの蔵元があったそうですが、現在は6軒まで減ってしまいました。

舩坂酒造店の蔵元レストラン:「味の与平」

「味の与平」外観 879926

出典:好んで雑用係さんの投稿

小さな酒蔵である舩坂酒造店は、生き残りのために積極的な顧客開拓戦略を展開しています。敷地のなかに、醸造を行う蔵のほか、酒や和小物を扱うショップ・試飲もできるバー・カフェ・名物・飛騨牛を堪能できる「味の与平」と、盛りだくさんにつめこまれています。

舩坂酒造店の蔵元レストラン:「味の与平」879928

出典:

木のぬくもりに満ちた「味の与平」の店内。

「味の与平」料理 879933

出典:好んで雑用係さんの投稿

一番人気は、もちろん飛騨牛のセット。決してはずれのない定番です。

「味の与平」料理 879936 飛騨牛陶板焼き

出典:コドモさんの投稿

とろけるような飛騨牛の脂身を、とびきりの酒でのどに流し込めば・・・もう言葉はいりませんね。肉のうま味と米のうま味の相乗効果で、口のなかに幸せが広がります。

味の与平の詳細情報

味の与平

高山 / ステーキ、鉄板焼き、すき焼き

住所
岐阜県高山市上三之町105
営業時間
ランチ 11:00~14:30(ラストオーダー) ディナー 17:00~20:00(ラストオーダー) 4月6日から4月20日までコロナウイルス拡散抑制の為、臨時休業となります。
定休日
不定休
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥5,000~¥5,999

データ提供

7. 山本本家(京都府京都市)

「鳥せい 本店」外観 880016

出典:かんみ♪さんの投稿

延宝5年(1677年)に伏見で創業した山本本家。鳥羽伏見の戦いに巻き込まれ蔵を全焼するというアクシデントも乗りこえて、今日まで340年間、酒を造り続けてきた老舗です。

山本本家の蔵元レストラン:「鳥せい」

「鳥せい 本店」外観 880020

出典:senkoishiiさんの投稿

山本本家の名声は、直営する鳥料理専門店「鳥せい」によってさらに高められています。料理の質が非常に高いため、評判を聞きつけた客が全国から足を運ぶ名店です。飛び込みで入店するのはまず無理でしょう。

「鳥せい 本店」料理 880040 宴会メニューお鍋のセット

出典:

鳥料理に使われるのは、毎日産地から直送される新鮮な「日南鶏」。自慢の酒「神聖」を煮込んでつくるタレは、上品なコクがあり、焼き鳥の風味を倍増させてくれます。

「鳥せい 本店」料理 880037 冬季限定「たれ口」

出典:

料理とともに供される酒は、蔵出しの生原酒。火入れ(加熱処理)をしていないため、ふくよかな風味が口いっぱいに広がります。鳥料理との相性もばっちりです。

鳥せい 本店の詳細情報

鳥せい 本店

伏見桃山、桃山御陵前、中書島 / 居酒屋、焼鳥、定食・食堂

住所
京都府京都市伏見区上油掛町186
営業時間
平日 11:30~15:00(L.O.14:30) ディナータイム 17:00~22:00(LO 21:00)まで営業します。 土日祝 11:00~~22:00(LO 21:00)まで営業します。 (土日祝日は続けて営業致します)  
定休日
月曜日(祝日・12月は営業)
平均予算
  • ~¥999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

8. 櫻正宗(兵庫県神戸市)

@tropicsnow88が投稿した写真 -

「~正宗」という名を冠した酒が全国にたくさんありますよね。「正宗」は、例えるなら蕎麦でいう「やぶ」のような大看板だといえるでしょう。全国に100銘柄以上ある「~正宗」の元祖が、兵庫の蔵元「櫻正宗」です(ただし、それぞれの蔵に子弟関係はありません)。
「櫻宴」外観 880066

出典:肝油ドロップさんの投稿

櫻正宗は1717年創業です。当初は「薪水」という名を冠していたのですが、1840年、6代目当主が臨済正宗(りんざいせいしゅう)のお寺に参詣した際、「せいしゅう」が「清酒(せいしゅ)」の響きに似ていて縁起が良いということに目をつけて、以後「櫻正宗」という銘柄を看板にしたそうです。

「櫻宴」外観 877974 お店の外観

出典:tomoseipapaさんの投稿

櫻正宗が蔵をもつ灘地域は、いうまでもなく日本一の酒どころです。「灘の生一本」という言葉は、日本酒愛好家でなくても一度は耳にしているのではないでしょうか?大関・白雪・白鷹・白鹿・白鶴・剣菱・日本盛・菊正宗・澤の鶴・月桂冠。誰もが知っている酒のトップメーカーは、すべて灘に集中しています。櫻正宗も、巨大な「灘同盟」の一角を占める名門です。

櫻正宗の蔵元レストラン:「櫻宴」

「櫻宴」外観 877976

出典:よっしーもんきーさんの投稿

櫻正宗が敷地内に店をかまえる「櫻宴」は、櫻正宗記念館の2階にあります。櫻正宗記念館には、ショップ・カフェ・資料展示コーナーや、文字通り3杯までしか飲めない「呑処 三杯屋」などがあり、日本酒をテーマにしたアミューズメントビルのような趣きです。

「櫻宴」内観 880075 資料館内

出典:tomoseipapaさんの投稿

櫻正宗記念館の2階には、櫻正宗の歴史を伝える資料展示コーナーが併設されています。酒造りの豊かな歴史に触れることができます。

「櫻宴」内観 880080 店内

出典:燠さんの投稿

店内は見てまわるだけでも楽しいです。食べるべきは、お客さんのほとんどが注文するという名物のポン酒鍋。スープの半分に櫻正宗の酒を使ったぜいたくな鍋料理です。

櫻宴の詳細情報

櫻宴

魚崎、南魚崎、住吉(阪神) / 懐石・会席料理、鍋(その他)、ダイニングバー

住所
兵庫県神戸市東灘区魚崎南町4-3-18 櫻宴 2F
営業時間
11:30~15:00(L.O.14:00) 17:00~22:00(L.O.21:00)
定休日
火曜日
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

9. 辻本店(岡山県真庭市)

文化元年(1804年)から岡山で酒を造る老舗、辻本店。美作勝山藩の御用達として、藩主に献上する酒を長く造っていたことから、「御前酒」という銘柄の酒を看板にしています。
岡山の酒といえば、すべての酒米のルーツともいわれる「雄町」を使った酒。雄町はやわらかい実のため醸造には高い技術が必要な品種です。そのため、徐々に生産量も少なくなり、一時はほとんど途絶えた時代もありました。近年、雄町を使った酒のうまさが見直され、作付面積も増加。辻本店も、いまでは50%の酒を雄町米で仕込んでいるそうです。
先代の杜氏を引き継いだ現杜氏は、女性杜氏の辻麻衣子さん。この蔵の娘として生まれ、大学卒業後、蔵人として酒造りに加わりました。しかし、先代杜氏が急逝。やむなく老舗蔵元の杜氏として、そして岡山でただ一人の女性杜氏として、先代の後を継ぐことになりました。ちなみに女性杜氏は、全国でも30名ほどしかいないといわれています。
辻本店は、「菩提もと」という非常にむずかしい仕込みで知られた蔵でした。ほとんどの蔵では大量の酵母と乳酸を添加してすばやく酒をつくる「速醸もと」を採用しています。

しかし昔ながらの醸造にこだわる辻本店では、あえて手間ひまのかかる「菩提もと」で酒を仕込んでいます。先代が確立した菩提もとの応用技術を、麻衣子さんもしっかり継承。旨味とキレが見事に共存した麻衣子さんの酒は、菩提もとの傑作と高く評価されています。

辻本店の蔵元レストラン:「西蔵」

「西蔵」外観 880117 蔵レストラン

出典:Jsemiconさんの投稿

そんな辻本店の傑作たちをうまい料理とともに味わえるのが「レストラン西蔵」です。その名のとおり、辻本店の醸造蔵の西にあった蔵を改装した店です。白と黒のコントラストが美しいなまこ壁の蔵。

「西蔵」内観 880254

出典:Sumisumiさんの投稿

高い天井が心地よいですね。

「西蔵」料理 880261

出典:こしさんさんの投稿

先付けに食前酒。もちろん辻本店の酒です。

「西蔵」料理 880266

出典:Sumisumiさんの投稿

一番人気の西蔵膳。御前酒の吟醸粕でつけこんだ銀鱈の粕漬けは最高です。

西蔵の詳細情報

西蔵

中国勝山 / 懐石・会席料理、日本酒バー

住所
岡山県真庭市勝山116
営業時間
11:00~15:00(ラストオーダー14:30) 定休日 毎週木曜日
定休日
木曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

いかがでしたか?

ご紹介した蔵元レストランはごく一部。まだまだ素敵なお店がたくさんあります。旅先で、「どこでご飯食べようか・・・?」と悩んだとき、近くに蔵元レストランがあったらぜひ立ち寄ってみてください。新しい食の世界が開けるかもしれませんよ。

全国のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード