2016年11月18日

やるなら今!新潟県「岩原スキー場」でスノボデビューしよう♪

やるなら今!新潟県「岩原スキー場」でスノボデビューしよう♪

初心者でスノボを始めたい人、子どもをスノボデビューさせたい人、どうしたらいいか悩みますよね。まずは、新潟県湯沢町にある、「岩原スキー場」に行ってみませんか?ここはメインゲレンデの幅が広いので、初心者や子どもでも安全に滑ることができます。逆に上級者は満足しづらいので、ここにはあまり集まらないというのもポイントです。恥ずかしがらず、今こそスノボデビューをしちゃいましょう!

初心者におすすめ♪「岩原スキー場」

初心者におすすめ♪「岩原スキー場」892207

出典:

首都圏からは、車でもJR上越新幹線からでもアクセスしやすい新潟県にある「岩原スキー場」。呼び方は「いわっぱらスキー場」です。越後湯沢駅からはシャトルバスで約10分(有料)。スキーやスノーボードが初めてでも、大人から子供まで思いっきり、安心して楽しめるスキー場として新潟県内では人気のあるゲレンデです☆

岩原名物の一枚バーン

岩原名物の一枚バーン892272

出典:

新潟には数多くのスキー場がありますが、「岩原スキー場」は、写真でもお分かりのように、とにかく横にだだっ広いワイドバーン!そして最長4kmのロングコースが自慢のスキー場なのです!クワッドリフトを挟んで、メインバーン(ナイター営業あり)とワイドバーンがあり「岩原スキー場」で一番緩やかで広々としたコースが自慢なんです!

横に広いとなぜ初心者にはいいの?

横に広いとなぜ初心者にはいいの?897446

「岩原スキー場」は、「初心者の素直な滑りに応える」をいう理念を目標にしたゲレンデ整備をしています。横幅が広い!ということは、人にぶつかるかも!と心配になることが少ないです。広く緩やかなコースなので、ゆっくりとしたスピードで滑ることができますよ。突然速くなったら、こわくなりますもんね!

スキー場に行く前に・・・

まずは、スキー場に行く前に用意しておくと便利なものを紹介します。グローブなどの必需品は、準備をして行きましょうね。

【ヘルメット】

スキー場に行く前に・・・899087

出典:mochikazuさんの投稿

ケガのことを話すと、ちょっと不安になってしまうかもしれませんが、初心者のみなさんが必ず直面するのが“逆エッジ”。意図しない範囲でエッジがひっかかり、エッジを支点に転倒します。最初にスケーティングの練習をする、ゆるーい斜面(平らに近い)で起こりやすくて、不意をつかれるので転倒した際に頭を打つことが多いです。

A photo posted by Masato_ (@masato2013_) on

そんなことから少しでも身を守るために流行しているのが、ヘルメットをかぶることです!オリンピックの金メダリストであるショーン・ホワイト選手も、自らを手本に必ずヘルメットをかぶっています。筆者も家族全員がヘルメット族ですよ☆身を守るだけでなく、頭が寒くないんです!吹雪いていても暖かですよ。

【プロテクター】

A photo posted by Kazunori Hara (@kznr_hr) on

全身を守る鎧タイプという高額なものから、毛糸パンツに板が入っている暖かなタイプまで色々と発売されています。これだけは、用意していってくださいね!なぜなら、スノーボードはとにかくお尻を良くつくスポーツだから♪それにスクールに入れば、自分の番が来るまで雪の上に座ることになります。

【グローブ】

寒いからつけるのではなく、手を怪我から予防するという役割のためにグローブをつけます。厚手のものの方が、防寒ができていいかなと思いがちですが、初心者は薄手のほうがおすすめ。適度に薄手のタイプの方が、バインディングの脱着がしやすいですよ。※バインディングは、スノボーブーツをスノボー板に固定するための金具です。

「岩原スキー場」を楽しもう!

「岩原スキー場」を楽しもう!899096

出典:コウセツさんの投稿

準備ができたら、早速「岩原スキー場」へ行きましょう!!行ったら、その場をとことん楽しんでください。ちょっとでも疲れたなと思ったら、休憩をしましょう。ゴハンを食べたり、景色を眺めて楽しむのもいいですよ。

充実のレンタルコーナー☆

「岩原スキー場」では、世界で3本の指に入る一流メーカー「SALOMON(サロモン)」が力を注いでいる「SALOMON STATION」というレンタルショップがあります。 常に新しいモデルをレンタルしていて、毎年新品を試すチャンスです!メンテナンスも行き届いてて、ウェアやブーツなどのイヤ~な匂いもありません!安心して借りられますよ。

シーズン中は2.3回だけ行く!という方は、レンタルが絶対におすすめです。特に中学生くらいまでのお子様でしたら、成長も早くて、板もブーツも毎年買い替えるってことも多いです!筆者の子供たちは、1シーズンに2回もブーツを買い替えたことがあります…。

スキー場についたらコレを練習しよう!

スキー場についたらコレを練習しよう!899060

出典:

スノボでよく見る連続ターンが出来るようになるまでは、意外と大変!そのためにも、ゲレンデでの練習が不可欠です。まずは、スケーティングの練習をしましょう!軸足をビンディングで固定したまま、片方の足で蹴って滑って移動する方法です。

A photo posted by @sudami85 on

緩やかな雪面で、ひたすら練習しましょう!横幅が広いということで人気の「岩原スキー場」なら、緩やかなので練習に最適です。転び方も、最初にマスターしましょうね。手を地面についてしまうと、骨折する可能性がありますので。慣れたら10mくらい上にあがってみましょう。そこから真っ直ぐに滑り下ります。目線は前を見て、慣れるまでは手を伸ばして手先を見るといいですよ。

スキー場についたらコレを練習しよう!899206

出典:

ちゃんと止まれるようになったら、リフトデビュー♪スノーボード歴10年の筆者ですが、未だにリフトを降りるのが苦手です!リフトから眺める景色は、ステキですよ。

メニューが豊富すぎるゲレ食☆

A photo posted by @tamagooyaki on

スポーツをしていると、お腹がすきますよね。「岩原スキー場」は、ご飯がおいしいことでも有名なんです。たっくさん滑って、たっくさんご飯を食べましょう!

レストラン「ロシェプレイン」

1931年に開業した歴史ある「岩原スキー場」は、1956年に日本ではじめての夜間滑走用にナイター設備を設置したことでも有名です!だからなのかもしれませんが、夕食メニューが豊富すぎます!!15時からの追加おつまみメニューも驚きですが、17時からの特別メニューは完全予約制の「焼肉」です!ゲレンデで焼肉ですよ~!すごいの一言です。

おやつにいかが?

「ナグモ食堂」料理 896701 きなこ餅(黒みつ付)…600円

出典:りす3さんの投稿

メインゲレンデ中央(中央クワッドリフトの中間地点辺り)にある、「ナグモ食堂」ではデザートが食べられますよ!こちらは、きなこ餅(黒みつ付)」です。おやつは、和風なきなこ餅で決まりです☆

ナグモ食堂の詳細情報

ナグモ食堂

岩原スキー場前 / 定食・食堂、甘味処

住所
新潟県南魚沼郡湯沢町土樽731-79
平均予算
  • ~¥999

データ提供

「岩原スキー場」は、いかがでしたか?スノボーデビューに向けて、テンションが上がってくれたら嬉しいです。筆者もスノーボードを通じて、チビッ子から年配の方までウィンターシーズン限定の知り合いも多くできました。ぜひみなさんも今シーズン、ゲレンデデビューしてみてくださいね♪

新潟県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード