”ぐるっと会津のひなめぐり”ひと足先に春を感じる会津地方の雛祭り

”ぐるっと会津のひなめぐり”ひと足先に春を感じる会津地方の雛祭り

福島県会津地方の6地区では、毎年雛まつりの時期になると”ぐるっと会津のひなめぐり”という「雛まつりイベント」が開かれます。雛まつりイベントといっても、雛あられを食べたり、白酒を飲んだりするイベントではありません。お店や個人が所有する雛人形を誰でも自由に見ることができるイベントです。それぞれの地区ごとに特色ある雛人形を見ることができるので、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

2016年11月22日

雛まつりとは?

雛まつりとは?906722

出典:としぼーさんの投稿

雛まつりは、3月3日に行われる女の子の節句です。
雛まつりとは?906723

出典:みそちゃん@PHOTOさんの投稿

女の子の健やかな成長を願って雛人形を飾り、白酒や雛あられ、菱餅、桃の花などを供えて祀ります。
雛まつりとは?906724

出典:M-慈さんの投稿

雛祭りの歴史は古く、平安時代にまでさかのぼります。
雛まつりとは?906725

出典:*tomo*さんの投稿

しかし、現在のような豪華な雛飾りを飾るようになったのは江戸時代のこと。
雛まつりとは?906726

出典:green-teaさんの投稿

雛人形は、二十四節気の一つである「雨水」の日に飾ると良いとされているんですよ。
会津地方にある6地区では、それぞれのお店や個人宅に伝わる、通常ではなかなか見ることができない貴重なお雛様が展示されます。見ごたえのあるお雛様を観にぜひ足を運んでみてくださいね。

会津若松市

会津若松市では、「大町通り」・「野口英世青春通り」で雛人形を見ることができます。

A photo posted by Chris Wang (@chris916) on

「大町通り」・「野口英世青春通り」にあるお店の女将さんたちが作る「アネッサクラブ」では、「のきさきギャラリー」として貴重な雛人形を展示しているのです。
中には江戸時代から伝わるものもあるんですよ。
「大町通り」・「野口英世青春通り」までは、会津若松駅から徒歩で15分程度。周辺は一方通行が多いので、車で行かれる際は注意してください。

会津美里町

会津美里町にある「高田インフォメーションセンター」では、陶器でできたお雛様を見ることができます。

A photo posted by Hiroko (@tatchii_hii) on

会津美里町の本郷(ほんごう)地区は昔から焼き物が盛んな場所で、美しい本郷焼の産地でもあるのです。
また、「横町門前町通り」・「天海僧正通り」でもお雛様が展示されています。
毎年2月25日には、日本三文殊の一つ「清龍寺文殊院」で「文殊大祭」が開かれます。合格祈願や学力向上、書道の上達にご利益がある文殊様ですので、併せて訪ねてみてくださいね。

会津坂下町(あいづばんげまち)

会津坂下町にある「会津坂下町内商店街」では、それぞれの家に伝わるお雛様を展示しています。
会津坂下町(あいづばんげまち)908853

出典:

観光の要所会津若松駅には地域によって異なる雛飾りが展示されています。その中には会津坂下町のものも。

どこかゆったりとした時間が流れる会津坂下町で、のんびり過ごしてみませんか?

A photo posted by ryo s (@komadono) on

会津坂下町内には、馬刺しを提供するお店も多いのでお好きな方はぜひ訪ねてみましょう。町内には、滅多に手に入らない日本酒「飛露喜」の醸造元もありますよ。

湯川村

会津若松市と会津坂下町に隣り合った湯川村でも、雛人形の展示が行われます。
場所は「道の駅あいづ 湯川・会津坂下」と「湯川たから館」です。
湯川村906736

出典:たかなつさんの投稿

「湯川たから館」には、湯川村出身の撮影監督 高羽哲夫(たかは てつお)さんの遺品などが展示されています。高羽さんが撮影を手掛けた名作「男はつらいよ」シリーズの作品が無料で上映されているのもポイントです。

喜多方市

今も昔ながらの蔵が立ち並ぶ喜多方市では、「小荒井地区」と「小田付地区」・「菅原町・駅前地区」の3か所で雛人形の展示が行われます。
喜多方市908902

出典:

中でも「ふれあい通り商店街」にある「三十八間蔵」の「ひなミュージアム」は必見です。約500体ものお雛様が一堂に会しています。

A photo posted by kissa (@kekoyasu) on

蔵の町並みを散策しながら、雛めぐりをしてみてはいかがでしょうか?

猪苗代町

猪苗代町では「中央商店街通り」・「役場通り」・「駅前」の3つのエリアでお雛様の展示を見ることができます。
展示の中には、江戸時代から伝わる貴重なものや、雛まつりにちなんだ掛け軸などもあるので注目してみてくださいね。
会場の一つである「まちのえき まるしめ」では、展示されているお雛様を見るだけでなく、起き上がり小法師の絵付けなどのイベントも開催しています。

女性だけでなく男性もぜひ足を運んでみて

いかがでしたか?雛まつりというと、どうしても女の子のお祭りというイメージがありますが、会津地方の「雛めぐり」には男性のお客様もよくいらっしゃるんですよ。
「雛まつり」だからと躊躇せず、ぜひ男性も足を運んでみてくださいね。展示期間は毎年2月4日頃から3月3日です。詳しくは公式HPをチェックしてくださいね。
女性だけでなく男性もぜひ足を運んでみて908904

出典:

福島県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

福島県を旅する

編集部おすすめ

関連キーワード