個性溢れる石像がいっぱい!富山の珍スポット「ふれあい石像の里」

個性溢れる石像がいっぱい!富山の珍スポット「ふれあい石像の里」

富山県には、知る人ぞ知る珍スポットがあります。それは、「ふれあい石像の里」という場所。山の斜面にあり得ないスケールで、坊主頭の石像やらスーツ姿の石像などなど多くの石像が並んでいます。石像たちの表情は、笑顔だったりピースしていたりとやけにフレンドリー。いったいこの人たちは何者?という疑問が湧いてきてしまうスポットです。隣接する「おおさわの石仏の森」とともに「ふれあい石像の里」の謎を解明いたします。2016年12月01日 最終更新

ブログで紹介

HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。

0

富山の珍スポット?!

富山の珍スポット?!914222

出典:Apapaさんの投稿

JR富山駅から約40分、富山IC.から約30分車を走らせると、山の斜面に異様な風景が現れてきます。そう、そこは富山県でも知る人ぞ知る珍スポット「おおさわの石仏の森・ふれあい石像の里」です。
富山の珍スポット?!921441

出典:河童さんの投稿

無数の石像が立ち並ぶ「おおさわの石仏の森・ふれあい石像の里」は、ミステリースポットとして観光客の間でちょっとした話題に。特に、「おおさわの石の森」から徒歩10分ほどの場所にある「ふれあい石像の里」は、シュールな石像が沢山あり、カオスな場所として訪れる者の好奇心を掻き立てている様子。

A photo posted by Chiho Matsumoto (@chi_ho373) on

富山の珍スポットとして一番知られている「ふれあい石像の里」のカオス過ぎる謎について、「おおさわの石仏の森」とともに探っていくことにしましょう。

私財6億をはたいて作られた場所

作った人は地元の実業家

「おおさわの石仏の森・ふれあい石像の里」の創設者は、富山県内で温泉などを運営する実業家の古河睦雄氏。1989年に私財6億円をはたいて作ったというからビックリです。

なぜ、6億もかけて作ったの?

なぜ、6億もかけて作ったの?914239

出典:10106さんの投稿

古河氏は、かつての戦争で中国に迷惑をかけたという思いから、その償いとして中国と商売をし、中国の文化を日本へ紹介しようと考えたようです。そして、地元の大沢野地区に石文化を築くことで、富山や飛騨路の観光名所となれば幸いと思い総工費約6億円を投資して無料施設「おおさわの石仏の森・ふれあい石像の里」を作ったのです。

A photo posted by mayu (@mt.mar_mee) on

神通峡が中国の風景に似ているからここに作った

神通峡が中国の風景に似ているからここに作った914242

出典:河童さんの投稿

「おおさわの石仏の森・ふれあい石像の里」がある大沢野という地区は、富山市内を流れる神通川の上流、神通峡の畔に面しています。なぜ、ここを選んだのか。それは、この地が、中国の風景に非常によく似ていたからということです。
神通峡が中国の風景に似ているからここに作った914241

出典:it`sさんの投稿

まずは、「おおさわの石仏の森」を見物

羅漢像がズラリと800体

羅漢像がズラリと800体914247

出典:buttonさんの投稿

「おおさわの石仏の森」には、無数の羅漢像が整然と鎮座しています。ちなみに、“羅漢”は阿羅漢(アラカン)の略。仏教において、尊敬や施しを受けるに値する聖者のことを羅漢といいます。その羅漢の石像が、500体鎮座しています。
羅漢像がズラリと800体922309

出典:

「おおさわの石仏の森」に鎮座している羅漢像の数だけ見るのなら、そう驚くことはありません。五百羅漢像と呼ばれるように、日本の寺院等ではよく見かける光景ですから。ところが、少し離れた場所にある「ふれあい石像の里」にも羅漢像が、あと300体設鎮座しているのです。

A photo posted by Kenshiro Satoh (@s_kenshiro) on

つまり、八百羅漢像というわけです。800体の羅漢像を一気に拝むことのできるのは、なかなか珍しいことですよね。圧巻の光景であることは、間違いありません。

◆あっちに石仏、こっちに石仏

A photo posted by @superkanekoshi on

「おおさわの石仏の森」に鎮座しているのは、羅漢像だけではありません。如来や菩薩(ぼさつ)、明王などの石仏が70体も鎮座しています。施設内の歩道を歩くと、あっちにも石仏、こっちにも石仏。

A photo posted by ♡ちなつ♡ (@chinakoma) on

石仏の高さは、台座を含めて180㎝。自由気ままに鎮座している石仏たちの間を歩いていると、異次元空間に迷いこんだかのような不思議な気分になります。

A photo posted by hino (@hikahi) on

◆よく見ると微妙に異なる造形

A photo posted by akari (@sunuchan) on

鎮座している石仏が多すぎて、数の多さに圧倒されがちですが、よく見ると石仏の表情や恰好が微妙に異なることに気付くはず。まるで、神通峡の美しい景色を眺めながら楽しく会話しているようです。

A photo posted by ♡ちなつ♡ (@chinakoma) on

石仏の森をもっと詳しく知りたいなら休憩所へ

A photo posted by TACamera (@tacamera914) on

「おおさわの石仏の森」には、無料の休憩所があります。いろりのある古民家風の休憩場では、管理人の方から「おおさわの石仏の森」の逸話を伺うことができます。興味のある方は、見学前に立ち寄るとより楽しむことができるかも。

A photo posted by mikouknow (@mikouknow) on

面白すぎる「ふれあい石像の里」を見物

並んでいる人物像はだれ?

A photo posted by 北川 智江 (@cha._.bo) on

「おおさわの石仏の森」から800mほど進むと、「ふれあい石像の里」というエリアに入ります。まずは、十二支をモチーフにした石像に出迎えられます。でも、ちょっと凶悪な顔つき。さらに、歩を進めると、「おおさわの石仏の森」の石仏に負けず劣らずの圧巻の光景が再来です。

並んでいる人物像はだれ?922312

出典:

しかも、並んでいる石像は、見知らぬ人物ばかり。「いったい並んでいる石像たちは誰?」という疑問ばかりが浮かんできます。それもそのはず、ここに並んでいる石像は、創設者の古河氏の親族、先生、友人、知人、社員、お世話になった人など交友関係のあった人たちばかりです。
ついでに、ビーナス像や動物などの石像が、人物像の間に点々と置かれています。ビッシリと山の斜面を420体の石像と、300体の羅漢像が埋め尽くしています。その光景は、まさにカオス。さっと見てまわるだけでも、1時間はかかります。

◆やけにフレンドリーな石像たち
並んでいる人物像はだれ?922315

出典:

高さ180㎝の人物像は、古河氏が中国の彫刻作家に写真を送って製作したものばかり。そのせいか、やけにフレンドリーな石像が多いのも特徴です。ピースをしている石像や笑顔で釣りをしている石像、運転中の石像などなど。常識を覆す石像で溢れています。

◆シュール過ぎる人物像が沢山

A photo posted by @ruuuiii43 on

フレンドリーな石像が多いと思いきや、実はシュールな石像も点々としています。おっさん像の合間にどうゆうわけか裸の女性を配置。意味が分かりません。そうかと思えば、親戚親類らしき石像が向かいあって一触即発の雰囲気。お酒を注いでいる石像、魚を持っている石像、虎の背中に乗っている婦人像などシュールな人物像が、所狭しと並んでいます。
並んでいる人物像はだれ?922310

出典:

周辺エリアのおすすめグルメもご紹介♪

西町大喜 西町本店

「西町大喜 西町本店」外観 914303

出典:ketaさんの投稿

富山のB級グルメとして知られている“富山ブラックラーメン”。元々は、肉体労働者の塩分補給として、醤油を濃くして提供したことが始まりだとか。その富山ブラックラーメンの元祖ともいえるお店が、「西町大喜 西町本店」です。
「西町大喜 西町本店」料理 914305

出典:こばちゃんさんさんの投稿

西町大喜 西町本店の詳細情報

西町大喜 西町本店

グランドプラザ前、西町、中町 / ラーメン

住所
富山県富山市太田口通り1-1-7
営業時間
11:00~20:00
定休日
水曜日(祝日の場合は翌日)
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

すし玉

「廻る富山湾 すし玉 富山掛尾店」外観 914408 外観

出典:tuppinさんの投稿

富山県は、新鮮なお魚の宝庫。だから、回転寿司屋でも新鮮で美味しいお寿司を食べることができます。「すし玉」は、富山県内に数多く存在する回転寿司屋の中でも特に人気のお店。
「廻る富山湾 すし玉 富山掛尾店」料理 914409

出典:teddyirisさんの投稿

カワハギ、のどぐろ、白エビなど地元のお魚を使ったお寿司が、低価格で食べられると評判です。平日は、お味噌汁がおかわり自由というのも人気のヒミツ。富山湾の新鮮なお魚をリーズナブルに食べるならおすすめのお店です。

廻る富山湾 すし玉 富山掛尾店の詳細情報

廻る富山湾 すし玉 富山掛尾店

南富山、南富山駅前 / 回転寿司、魚介料理・海鮮料理

住所
富山県富山市掛尾栄町5-8
営業時間
11:00~21:30
定休日
無休
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

喫茶チェリオ

「喫茶チェリオ」外観 914413 喫茶チェリオ 入口外観

出典:

創業1935年の喫茶チェリオは、富山市の総曲輪(そうがわ)という町にあるお店です。創業当時のレトロな雰囲気を残している「チェリオ」の人気メニューは、“焼肉スパゲッティ”。
「喫茶チェリオ」料理 914415 B級グルメ 総曲輪焼きスパ

出典:

甘めのソースにたっぷりの青のりがのっている見た目は、焼きそばそっくりのパスタ。パスタの上には、輪切りのレモンが可愛らしく添えられています。レモンをぎゅと搾って食べれば、さっぱりと口あたりの良いパスタ。焼肉スパゲッティは、サラリーマンを中心に人気の富山のB級グルメです。変わった料理に挑戦したい人にはおすすめの料理ですよ。

喫茶チェリオの詳細情報

喫茶チェリオ

グランドプラザ前、西町、中町 / カフェ、パスタ、パフェ

住所
富山県富山市総曲輪3-6-15-18-1
営業時間
10:00~18:00
定休日
水曜
平均予算
  • ~¥999

データ提供

ツッコミどころ満載の「ふれあい石像の里」へ行ってみよう

A photo posted by TACamera (@tacamera914) on

ちょっと変わった石仏や石像がいっぱいの「ふれあい石像の里」。異質感が半端ないカオスな場所で、ツッコミどころ満載です。富山県を観光する際には、立ち寄ってみてはいかかでしょうか。日ごろのストレス解消に、おすすめの珍スポットです。

関連キーワード

関連まとめ