究極のもふもふ王国♪キツネだらけの宮城「宮城蔵王キツネ村」

究極のもふもふ王国♪キツネだらけの宮城「宮城蔵王キツネ村」

「宮城蔵王キツネ村」は、その名のとおりキツネの展示飼育に特化した動物園です。珍しい種類のキツネも含めて、100匹以上のキツネが放し飼いになっており、その中を自由に散歩することができます。メディアでも取り上げられる癒しスポットをご紹介します!

2016年12月05日

なぜかゴリラが出迎えてくれる「キツネ村」

なぜかゴリラが出迎えてくれる「キツネ村」928113

出典:青.さんの投稿

宮城蔵王の麓にある「宮城蔵王キツネ村」は、6種類のキツネ約250頭が飼育されている国内唯一の動物園です。そのうちの約半数は放し飼いなので、キツネの様子をリアルに観察することができます。しかも、一部のキツネは直接抱っこすることもできるんですよ。映画『子ぎつねヘレン』、「天才!志村どうぶつ園」「あまちゃん」などで紹介され、人気のスポットになりました。エキノコックスなどの対策もされていますので、安心してキツネと触れ合うことができます。

なぜかゴリラが出迎えてくれる「キツネ村」920462

出典:せきあつさんの投稿

「キツネ村」なんですが、なぜかゴリラがお出迎えしてくれます。でも、後ろの看板は間違いなく「キツネ村」ですね。ツッコミを入れたい方は、まずココで記念撮影ですね。

なぜかゴリラが出迎えてくれる「キツネ村」920471

出典:

なんと!実は理由がありましたよ。

キツネ村での注意事項

A photo posted by イシダコウ (@koishida) on

基本的には大人しいキツネたちですが、放し飼いにされているところですので、必ずスタッフの指示にしたがいましょう。特に、大人1人で2人以上の小学生を連れては入園できませんので注意してください。

A photo posted by lemon3go (@lemon3go) on

気分によっては、後をつけてきたり、いたずらをしてくることがあります。入園の際にスタッフからの注意説明がありますので、聞き逃すことのないようにしてください。

自由奔放なキツネたちがお出迎え

自由奔放なキツネたちがお出迎え920721

出典:キシケンさんの投稿

キツネといえば、やっぱりこの茶色の毛並み。こうした色がついているキツネさんたちにもいろいろな種類があるのだそうです。私たちが、イメージしやすいのは、やっぱりキタキツネ、ホンドギツネなど「茶色」をしたキツネですね。他にも珍しいキツネもいるので、色々なキツネを観察してみましょう♪

A photo posted by Shingo Kishida (@shin.0605) on

タワシ?!のような後姿。思わず癒されてしまいます。
お昼寝中だったのかな?うーーーんっ!!と大きなのびですね。
心得顔に、ポーズをとってくれるキツネさんもいます。営業スマイルが、お美しい。

A photo posted by イシダコウ (@koishida) on

かと思えば、やる気ゼロな輩も。

A photo posted by TaiZo (@tazmania63) on

こちらはめずらしい銀ギツネです。いぶし銀の色、ですね。尻尾の先が白くなっているのが、とてもキュートです。
こちらは真っ白なホッキョクギツネです。美しい毛並みですが、クマのようなイヌのような……。
自由奔放なキツネたちがお出迎え920700

出典:watakenさんの投稿

落ち葉のお布団のなかで、爆睡中。

A photo posted by @bitter_sweet_sugar on

キツネといえば、お稲荷さん。園内には、お社もあります。赤い鳥居にキツネはよく似合いますね。なんだかご利益がありそうです。

A photo posted by @whitebluecat on

お社から出てきた白いキツネ、なんてまるで昔話の世界のよう。神様がキツネに化けて現れたみたいですね。

A photo posted by 杏 (@behappyann65) on

こんなツーショットなかなか見られるものじゃありません。

A photo posted by Tomoko Kawamorita (@kwmrt36) on

リア充!?ラブラブなキツネさんたちもいます。
自由奔放なキツネたちがお出迎え920527

出典:

園内を歩いていると、こんなふうに後ろをテケテケと付いてくる子もいます。

可愛すぎる!赤ちゃんキツネたち

気持ちよさそうに寝ていますね。見ているこちらも眠くなってきそう。

A photo posted by @bitter_sweet_sugar on

下の子がつぶれてる。「うげー、重い~」という目線で訴えています。

A photo posted by Yoko Yama (@fifteeeen50) on

やっぱりママと一緒が一番♪

キツネを抱っこしよう♪

キツネを抱っこしよう♪920629

出典:

有料になりますが、キツネを抱っこして記念撮影をすることができます。こうしてみるとキツネってやっぱり大きい動物なんですね。安全のため、必ず注意事項を守り、スタッフの指示に随ってください。(※安全上の理由から、中学生以下は抱っこできません。高校生以上であることが条件となっています)

キツネを抱っこしよう♪920703

出典:celicaさんの投稿

できれば、子ギツネも抱っこしたいですね。

キツネを抱っこしよう♪920658

出典:

ヤギやウサギもいます。シーズンによっては、赤ちゃんに触れられることも。小さな子どもたちは、こちらで楽しんでくださいね。

アクセス方法

A photo posted by Tiff Chou (@choutiff) on

自動車の場合は、東北自動車道/白石I.Cが最寄のインターとなります。「キツネ村」まではおよそ20分です。またバスでは白石駅(在来線)から出る「きゃするくんバス」(祝日以外の毎週火・金曜日)や、白石温泉薬師の湯へご宿泊される方へのサービスで「薬師の湯シャトルバス」が出ていますが、残念ながら交通の便はよくありません。車での来園がおすすめです。

最後に

最後に920664

出典:

TVなどで紹介されたこともあって、ただいま人気急上昇の「宮城蔵王キツネ村」。人間がルールを守れば、楽しく触れ合うことができます。年中無休ですが、冬季は営業時間が短くなりますので注意してくださいね。

宮城県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

全国を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先