人気の函館土産「トラピストクッキー」のソフトを食べに「トラピスト修道院」へ!

人気の函館土産「トラピストクッキー」のソフトを食べに「トラピスト修道院」へ!

甘いバターの香りとコクのある味、サクッと香ばしいのに口の中でとろける食感が味わえる「トラピストクッキー」は函館土産の定番のひとつ。そのクッキーを作っているのが函館近郊の北斗市にある「トラピスト修道院」です。クッキーに使われている「トラピストバター」はもちろん、バター飴やジャムなど敷地内工場で作られています。クッキーやバターなどは函館駅や空港売店でも購入できますが、足を運んでこそ食べられるソフトクリームがあります!ぜひ北海道の旨味をぎゅっと濃縮した味を堪能して!

2016年12月08日

森の中に佇むレンガ造りの修道院

森の中に佇むレンガ造りの修道院935961

出典:kon_tさんの投稿

『トラピスト修道院(正式名称は厳津シトー修道会 灯台の聖母 トラピスト大修道院)』は、フランスから来た9人の修道士によって明治29年(1896)に建てられました。ルーツは共に厳津シトー会の観想修道院で北海道最初の男子修道院と呼ばれています。道南エリア酪農発祥の地として昔から乳製品が生産されており、敷地内工場で作られたバター飴やクッキーは函館土産の定番として親しまれています。
森の中に佇むレンガ造りの修道院886828

出典:

修道院までの交通アクセスは、函館から車で国道228号線沿いに40分。電車なら、JR函館駅から江差線で40分「渡島当別駅」下車後、徒歩20分程度。

美しいポプラ並木が続く修道院への道

美しいポプラ並木が続く修道院への道886818

出典:makorigeさんの投稿

道路脇には杉の木が500本以上、ポプラが60本以上が植えられており、環境緑地保護地区に指定されています。ポプラ並木から垣間見える修道院はとても美しく道南エリアの観光スポットとしても有名です。

修道院入口

修道院入口886822

出典:

門の柵越しにレンガ造りの修道院が見えます。修道院内は男性のみが、見学可能(事前申し込み必要)です。門の入口から前庭までなら誰でも見学できます。作業風景を撮影した写真などが展示してある資料展示室も、誰でも見学可能です。

坂道を登った先に見える修道院

坂道を登った先に見える修道院886829

出典:ゴルスケさんの投稿

柵を越えると青々と美しい芝生、坂道を登った先にレンガ造りの修道院が見えてきます。木々とのコントラストが美しいレンガ造りの建物は最初の修道院が火災で焼失したため、明治41年(1908年)にJ.J. スワガー氏の設計によって建て直されたもの。1974年には聖堂も建築されました。

四季を楽しむ

遅咲きの桜が咲き誇る!

遅咲きの桜が咲き誇る!886840

出典:kawa_ikoさんの投稿

四季折々の美しい景観が楽しめる、トラピスト修道院。春になれば、通常よりも遅咲きの南殿(なでん)や、雨宿(あまやどり)、花の持ちが良い関山(かんざん)などの桜が見事に咲き誇ります。市内の桜の名所の見頃が終わった頃に咲き始めるので、長く桜が楽しめます。

遅咲きの桜が咲き誇る!935994

出典:

修道院裏手にはカトリックの巡礼地であるルルドが再現された「ルルドの洞窟」があります。春は、満開の桜を眺めながら向かいます。20分ほどの山道はちょっぴりハードですが、鮮やかな桜を見物しながら、のんびり歩けばいつの間にか到着!

夏は展望台からの眺めがおすすめ!

夏は展望台からの眺めがおすすめ!886846

出典:kawa_ikoさんの投稿

「ルルドの洞窟」近くの展望台からは、函館山や五稜郭タワーなど函館の街並みが一望できます。天気の良い日は津軽海峡と真っ青に広がったソロが見られます。

美しく染まる幻想的なルルドのツタ

美しく染まる幻想的なルルドのツタ886842

出典:maganさんの投稿

ポプラの木々が赤や黄色に染まり、まるでヨーロッパの田舎道のようなロマンティックな雰囲気になる並木道も素敵ですが、ここはぜひ、カトリックの巡礼地が再現された「ルルドの洞窟」へ。秋~冬の間に聖母像の周りに伸びるツタが緑から赤へと色を変えます。美しく色づいたツタの中心に佇む「ルルドの聖母像」は何とも幻想的。

一夜限りのクリスマスイベント

一夜限りのクリスマスイベント886848

出典:maganさんの投稿

冬は、ポプラ並木を手作りのキャンドルで灯す「ローマへの道 冬物語」が開催されます。約750mの並木道の両脇に地域のみなさんが手作りした約500本のワックスキャンドルが並べられます。修道院へと向かって光の道が浮かびあがる幻想的なイベントです。そして、ふだんは男性のみ見学可能な修道院ですが、クリスマスに行われるミサでは観光客も聖堂に入ることが可能です。キリストの誕生を祝う祭式に参加できます。トラピスト修道院で一夜限りの幻想的なクリスマスイベントを過ごすのも素敵。

トラピスト修道院を見学したら、売店へ!

トラピスト修道院を見学したら、売店へ!75760

出典:

駐車場にある売店では、修道院内で作られた乳製品・ジャム・ポストカードなどが販売されています。

トラピストバター

「トラピスト修道院 売店」その他 886810

出典:tokamyamaさんの投稿

中でも道南の定番土産として人気なのが、明治36年(1903年)から製造されている日本では数少ない発酵バター「トラピストバター」。生きた乳酸菌を使い、発酵させたバターは、フランスのシトー会修道院の伝統製法によるもの。まろやかでコクがあり、豊かな香りが特徴的。マーガリンの代わりにトーストに塗ったり、お菓子や料理にも幅広く使えます。

トラピストクッキー

「トラピスト修道院 売店」料理 75764 トラピストクッキー

出典:りす3さんの投稿

函館土産の定番といえば「トラピストクッキー」。小ぶりに作られたクッキーは、トラピストバターがたっぷりと生地に練りこまれたもの。サクサクとした食感の後にすっと溶けていく、優しい口当たり。ふんわりと甘みが広がってどこか懐かしさを感じる、ホッとする味わい。

限定品のバター飴も人気!

「トラピスト修道院 売店」料理 886811 白い飴と透明な飴のミックス

出典:ハラヒデさんの投稿

トラピストの売店内でしか購入できない限定品の「バター飴(サン)」。定番品のバター飴よりもバターの風味が濃厚なのが特徴です。何個食べても飽きない!と絶品もの。

名物のソフトクリームを味わおう♪

「トラピスト修道院 売店」料理 75772 ソフトクリーム  ¥350. 濃厚でした

出典:おのの のじさんの投稿

開店当初は販売されていなかったソフトクリームですが、数年前から販売への要望が絶えず、2011年4月に販売が開始。函館近郊で生産された牛乳に「トラピスト発酵バター」がたっぷり使用されたソフトクリームです。滑らかでクリィーミーなのに、後味はスッキリ。食べた瞬間にほのかにバターの風味が。クッキーをスプーン代わりにして食べると、また格別ですよ。ワッフルコーンとカップが選べますが、発酵バターを練り込んだ特注のワッフルコーンが断然おすすめです!

トラピスト修道院 売店の詳細情報

トラピスト修道院 売店

渡島当別 / 洋菓子(その他)、アイスクリーム、ソフトクリーム

住所
北海道北斗市三ツ石392
営業時間
9:00〜17:00(4月〜10月末) 8:30〜16:30(11月〜3月末)
定休日
1月〜3月末の日曜日・木曜日それ以外無休営業
平均予算
  • ~¥999

データ提供

トラピスト修道院の詳細情報

トラピスト修道院

住所
北海道北斗市三ツ石392
アクセス
道南いさりび鉄道 渡島当別駅から徒歩で15分

データ提供

景色が美しい周辺のおすすめ観光スポット

「トラピスト修道院」のある北斗市は、自然あふれる美しい観光スポットがいっぱい!ソフトクリームを食べ終わったら、函館方面に戻るなら、ぜひ立ち寄ってみてください。

函館の歴史を感じる「松前藩戸切地陣屋跡」

函館の歴史を感じる「松前藩戸切地陣屋跡」75777

出典:

「松前藩戸切地陣屋跡(まつまえはんへきりちじんやあと)」は、函館港の街道にともない蝦夷地の防衛を強化するため安政2年(1855年)幕府に命じられ松前藩が築いたもの。現在は国指定文化財として管理されています。JR江差線清川口駅から約5㎞の場所にあります。

800mにわたる桜のトンネル「北斗桜回廊」

800mにわたる桜のトンネル「北斗桜回廊」886856

出典:maganさんの投稿

日露戦争の勝利を記念して植えられたといわれる、約400本のソメイヨシノが道の両脇に植えられています。満開の時期には、約800mにわたり形成されるの桜のトンネルは見事!「北斗桜回廊」と呼ばれる桜の名所のひとつです。見頃である5月下旬には「陣屋さくらまつり」が開催されます。

国指定史跡松前藩戸切地陣屋跡の詳細情報

国指定史跡松前藩戸切地陣屋跡

住所
北海道北斗市字野崎
アクセス
道南いさりび鉄道 上磯駅より4km

データ提供

四季の移り変わりを楽しめる「八郎沼公園」

四季の移り変わりを楽しめる「八郎沼公園」886857

出典:央丸さんの投稿

北斗市の丘陸地にある「八郎沼公園(はちろうぬま)」。自然あふれる園内は散策しながら桜や紅葉など四季の移り変わりを楽しむことができ、地域住民の憩いのスポットとして親しまれています。沼の周りには遊歩道があり、ゆったりと散策していると心地よい風と美しい景観に心癒されます。

一年を通して楽しむ季節の花々

一年を通して楽しむ季節の花々886863

出典:函館のHiroさんの投稿

春は桜、ツツジが咲き、初夏には遊歩道に架かる橋から、愛らしいスイレンの花を間近に眺めることができます。桜の穴場スポットとしても知られる場所、のんびりとした雰囲気の中で四季を楽しめるおすすめのスポットです!

八郎沼公園の詳細情報

八郎沼公園

住所
北海道北斗市字向野
アクセス
JR新函館北斗駅から車で10分
営業時間
[4月中旬〜11月上旬] 8:30〜17:00
定休日
[11月上旬〜4月中旬]
料金
無料

データ提供

終わりに

函館北斗市にある「トラピスト修道院」は、道南エリア・酪農発祥の地として昔から乳製品を生産しています。敷地内工場で作られたバター飴やクッキーは函館土産の定番として親しまれています。修道院周辺の異国のような雰囲気を体感しながら、ぜひ伝統の味を楽しんでくださいね!

北海道のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先