箱根の大自然がギャラリー「彫刻の森美術館」で自由に楽しめるアートを満喫

箱根の大自然がギャラリー「彫刻の森美術館」で自由に楽しめるアートを満喫

「彫刻の森美術館」は、箱根連山を望む約7万平方メートルの敷地に、120点ものアートが並ぶオープンエアミュージアム。静かに鑑賞するばかりではなく、友達や恋人、家族などと作品についてワイワイ喋ったり、一緒に写真を撮るのも大歓迎です。箱根の自然に囲まれながら、のんびりお散歩感覚でアートに触れられる、箱根のおすすめ観光スポットをご紹介します。

2016年04月13日

彫刻の森美術館とは

彫刻の森美術館とは34219

出典:

小田急の箱根湯本駅から、箱根登山鉄道に乗り換えて「彫刻の森」駅下車で徒歩2分のところにあります。近代~現代の美術作品や彫刻が野外に展示されている、広大な公園のような美術館です。80年代半ばには「ピカソ館」も開設され、彫刻の森美術館は開館から実に50年近くが経とうとしています。

幅広い世代が楽しめる野外美術館

幅広い世代が楽しめる野外美術館34221

出典:humiyukiさんの投稿

ふつう「美術館」というと、じっくりと芸術作品を鑑賞するための場所として、おとなしく見て回らなくてはならないような空気が漂っているもの。しかし、彫刻の森美術館は野外なので、子どもたちが作品の周りを走り回るのも、大きな声で喋るのも自由なのです。そのため家族連れで気軽に訪れて、子どもが芸術作品に触れる機会を作るのにもぴったりのスポットなんですね。

さっそく見どころを紹介していきましょう。

ネットの森

ネットの森34224

出典:

かわいいカラフルな手編みのネットがたくさん集まってできている、ハンモック型の芸術作品です。
この作品は上ったり、ぶら下がったりして子どもが自由に遊んでOKなんですよ。

しゃぼん玉のお城

しゃぼん玉のお城34226

出典:

アメリカのアーティスト、ピーター・ピアースの作品。
まぶしい太陽の下でキラキラと光っているのは、ダイヤモンドの結晶構造を拡大した芸術作品です。
この中に入って、ジャングルジムのように遊べるようになっています。

めだまやきのオブジェ

めだまやきのオブジェ34228

出典:

こちらの大きな目玉焼きは、大人ならベンチがわりにしたくなりますが、子どもは寝転んだり、飛び跳ねたり好きにできる遊具として人気があります。

めだまやきのオブジェ34229

出典:親ばか道さんの投稿

じっと見つめていると何だか引き込まれていきそうになるこのオブジェも、子供たちにとっては公園の遊具と同じ感覚のようです。

幸せを呼ぶシンフォニー彫刻

幸せを呼ぶシンフォニー彫刻34231

出典:斗志さんの投稿

フランスのアーティスト、ガブリエル・ロアールの作品。
高さ18m、内径8mの塔の内部にはらせん階段があって、塔のてっぺんまで上れるようになっています。そして周囲は分厚い2~3㎝のガラスの破片で作られたステンドグラスで埋め尽くされているので、お天気の良い日には一層幻想的な世界が広がり、まさに圧巻です。

常設展示とともに期間限定の企画展の作品も

野外の広場には、常設展示に混ざって企画展の作品も展示されます。でもギャラリーや美術館のように混雑して、肝心の作品がよく見られないまま人波に流されてしまうなんてこともありません。自分が気に入った作品が見つかったら、好きなだけ眺めていることだってできちゃいます。

分享象(ともだち象)

分享象(ともだち象)34235

出典:kittenishさんの投稿

台湾のアーティスト、洪易(ホンイ)の作品。
モチーフは象のようですが、サイケな色使いやさくらんぼの表情が何ともインパクトがあります。

羊三兄弟

羊三兄弟34237

出典:

こちらも台湾のアーティスト、洪易(ホンイ)の作品。
羊がモチーフになっています。まるでカメの親子のように、順番に背中に乗っている姿がユーモラスでかわいいですね。

羊三兄弟34238

出典:

童話やおとぎ話の世界の中から抜け出てきたような、かわいらしい作品にはますます心が和みます。

羊三兄弟34239

出典:

こんなポップで不思議な作品も、公園の遊具のように広場に置かれています。

あのピカソの作品に浸るならココ!

あのピカソの作品に浸るならココ!34241

出典:

パブロ・ピカソの作品が展示されている「ピカソ館」がこちらです。陶芸作品を中心として、油彩や版画、彫刻といった300点あまりの作品が順次公開されています。

たくさんの作品の中でも恋多きピカソが最後の伴侶を描いた銅版画「花嫁衣裳のジャグリーヌ」が印象的でした。1枚の原画に手を加えて、18段階の過程で試し刷りしたものが順を追って見れます。

出典:ピカソ館 観光 クチコミガイド(2ページ)【フォートラベル】

散策路を巡るだけで常設展示の作品に出会える

公園を散歩するように散策路をのんびりと歩いているだけで、静かにたたずむ数々の常設展示の作品に出会えます。彫刻の森美術館のいちばんの魅力は、そこにあるのではないでしょうか。

嘆きの天使

嘆きの天使34246

出典:Y.SHUHEIさんの投稿

フランス人のアーティスト、フランソワ=ザビエ、クロード・ラランヌ夫妻の共同制作の作品。
ギリシャ彫刻のように優美ですが、実物はかなり大きい作品で迫力すら感じられる作品です。
瞳の部分から流れているのはただの水ではなく、天使の涙なのでしょう。

将軍の孫

将軍の孫34248

出典:

北村西望(せいぼう)の作品。
少年が履いているのは、おじいちゃんが履いていた軍靴なのでしょうか。かわいらしい敬礼と、大きすぎるブーツが小さな少年のあどけなさを際立たせていますね。

マント

マント34250

出典:

佐藤忠良(ちゅうりょう)の作品。
すべてがシンプルに仕上げられていますが、女性らしいたたずまいや、かわいらしく華奢な雰囲気に美しさを感じます。
彼女の視線の先に何があるのか、ちょっと気になりますね。

ミス・ブラック・パワー

ミス・ブラック・パワー34252

出典:長谷川ゆタワーさんの投稿

「彫刻の森美術館」といえばこの作品を連想する方もいるのでは?
この作品を制作したアーティストはニキ・ド・サン・ファールという女性ですが、この作品は巨大な女性像の「ナナ」シリーズの中の1つです。女性の強さと華やかさに満ちていますね。

友達と、彫刻の前で彫刻のポーズを真似して写真を撮って盛り上がり、芸術の知識は全くありませんでしたが、大変楽しい時間を過ごすことができました。

出典:彫刻の森美術館 観光 クチコミガイド(2ページ)【フォートラベル】

ミュージアムカフェやショップもアートの1つです

広々とした野外美術館なので、のんびりと歩きながら作品を楽しむ合い間には、休憩も入れたいところです。
そんな時には芝生の上に座ってひと休み、もいいですが、2015年にリニューアルしたミュージアムカフェもおすすめですよ。個性的なおみやげも揃うミュージアムショップでは、箱根みやげや家に連れて帰れるアートなおみやげに出会えます。

彫刻の森美術館カフェ

彫刻の森美術館カフェ34257

出典:

2015年の春にリニューアルしたカフェは、ピカソ館の近く、美術館の一番奥まった場所にあります。庭が見渡せるように、庭側の壁はほぼ全面ガラス張りになっているので、明るくて開放的です。1階はカフェ&美術館オリジナル雑貨を扱うショップ、2階にはギャラリーがあります。

彫刻の森美術館カフェ34258

出典:

メニューは「illy」のコーヒーや、紅茶の他に日本茶セット(お茶菓子添え)もあるので、ホッとひと息入れたい時には和めます。
フード類はホットドッグや、イタリアの伝統的なパイ菓子「ファゴッティーノ」、ブリオッシュにジェラートをはさんだ「ジェラート・コン・パーネ」など、おやつにぴったりのスイーツ類もあります。
カフェメニューで使われている食材は、1階のショップでも買うことができるんですよ。

「彫刻の森美術館カフェ」料理 34259 ソフトクリーム ミルク(2015/10/19撮影)

出典:彡厶さんの投稿

こちらは2種類ある人気のソフトクリームのうち、足柄きんたろう牛乳味です。地元の「足柄乳業」が販売している「きんたろう牛乳」が使われていて、濃厚なミルクの味わいが楽しめます。

彫刻の森美術館カフェ34260

出典:

ミュージアムカフェの近くには足湯もあります。たくさん歩いて数々の作品に出会えた後は、緑を眺めながらちょっとひと休みしていきませんか?

彫刻の森美術館カフェの詳細情報

彫刻の森美術館カフェ

小涌谷、彫刻の森、宮ノ下 / カフェ

住所
神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1121 箱根彫刻の森美術館内
営業時間
9:00~17:00(L.O.16:30)
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

ショッピングモール

ショッピングモール34263

出典:

美術館内を見学すると順路の最後にたどり着くのが、ショッピングモールとビュッフェレストランです。(ちなみにこちらは、美術館に入場しなくても単独で利用できる施設になっています)。ショッピングモールには地元・箱根の定番おみやげから、彫刻の森美術館限定のグッズやアートな雑貨類、そしてこんなかわいいキャンドルにも出会えます。

ショッピングモール34264

出典:恵比寿さんの投稿

彫刻の森美術館は、ほぼ野外展示の美術館なので、訪れる日のお天気によっても作品それぞれの印象が違って見えます。自然に囲まれながら、数々の作品に1日中ときめきたいなら、お天気の良い日にのんびり出かけるのがおすすめですね。

彫刻の森美術館の詳細情報

彫刻の森美術館

住所
神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121
アクセス
小田原駅から列車で50分 - 彫刻の森駅から
営業時間
9:00〜17:00 無休
料金
小学生 800円 中学生 800円 高校生 1,200円 大学生 1,200円 大人 1,600円

データ提供

神奈川県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

関連キーワード