ユネスコ無形文化遺産に認定!全国の伝統行事を見に行こう【中部編】

ユネスコ無形文化遺産に認定!全国の伝統行事を見に行こう【中部編】

祭りって、何だか気分が高揚しますよね。郷土愛が芽生えるとともに、地域の歩んできた歴史を実感できます。その象徴となるのが山車であり、無数の提灯が飾られたり絢爛豪華に装飾が施されたりします。祭りによっては数百年継承されてきたこの文化が、このたびユネスコから認められ無形文化遺産となりました。今回は、中部地方の12行事を全てご紹介します。

2016年12月16日

中部地方でユネスコ無形文化遺産に登録された12行事

中部地方でユネスコ無形文化遺産に登録された12行事935432

出典:行雲流水さんの投稿

高山祭の屋台行事

2016年12月1日に、ユネスコの無形文化遺産として日本の「山・鉾・屋台行事」33ヶ所が認定されました。通常でも地元の人だけでなく観光客が多い祭りですが、今後はさらに人出が増えることでしょう。

ユネスコ無形文化遺産とは?

ユネスコ無形文化遺産とは?936153

出典:ねえ●●やまっちさんの投稿

美濃和紙アート

今回決定した「山・鉾・屋台行事」の2年前には、岐阜県の特産品である美濃和紙をはじめとする「和紙」が無形文化遺産に認定。建物などの文化財などが対象となる世界遺産に対し、ユネスコ無形文化遺産は保護と継承を目的として、文化や風習が選定されるものです。

山・鉾・屋台行事とは?

山・鉾・屋台行事とは?936170

出典:ちょもらんさんの投稿

日本の祭りでは山車を曳いて盛り上がるというケースが多く、その山車は屋台と呼ばれることも。また、屋台には家のような形をした造形物が乗り、さらにその上に鉾が取り付けられるものもあります。こういった文化を総称して全国33ヶ所の祭りを「山・鉾・屋台行事」とし、日本がユネスコに無形文化遺産として提案し認められました。

全国33件のうち12件が中部地方に集中!

それでは、中部地方にてユネスコの無形文化遺産認定された「山・鉾・屋台行事」を、新年度である4月から開催順に12行事をご紹介します。

1.犬山祭の車山行事/愛知県犬山市

●毎年4月第1土・日曜日
1.犬山祭の車山行事/愛知県犬山市935223

出典:羽晴琉さんの投稿

祭りの起源は1635年にまで遡り、全部で13両の車山(やま)が市内を練り歩きます。提灯の数は365で一年間を表していて、それらが横に並ぶと圧巻の光景。3層構造になっているのが、全国的に見ても珍しい形式とされています。また犬山市にある「どんでん館」では、この車山を常設しているので、いつでも見られますよ。
1.犬山祭の車山行事/愛知県犬山市935222

出典:

犬山祭の詳細情報

犬山祭

住所
愛知県犬山市犬山字北古券 犬山城前下町、針綱神社
アクセス
名鉄大山線、広見線、小牧線犬山駅から徒歩で20分
営業時間
4月上旬 (毎年4月第1土曜日曜)

データ提供

2.長浜曳山の曳山行事/滋賀県長浜市

●毎年4月13日~16日
2.長浜曳山の曳山行事/滋賀県長浜市935396

出典:

長浜城主であった豊臣秀吉(当時は羽柴秀吉)に、男児が誕生したことを祝って山車を制作したというのが、この行事の由来。最大の特長は「子ども歌舞伎」が演じられること。5歳から12歳くらいの男児が迫真の演技を4日間を通して見せてくれます。大きくて重い、山車の方向をグルリと変える大人の力も見逃せません。
2.長浜曳山の曳山行事/滋賀県長浜市935382

出典:鳳雛さんの投稿

長浜曳山まつりの詳細情報

長浜曳山まつり

住所
滋賀県長浜市長浜八幡宮他 市街地一帯
アクセス
JR長浜駅から徒歩で5分
営業時間
4月13日〜4月16日 (毎年同日)

データ提供

3.高山祭の屋台行事/岐阜県高山市

●毎年4月14・15日/10月9・10日
3.高山祭の屋台行事/岐阜県高山市935441

出典:

春と秋の2回お祭りが開催される「高山祭」。それぞれ日枝神社(春)と櫻山八幡宮(秋)が例祭の場所に指定されています。動く陽明門と言われている絢爛豪華な山車が登場し、中にはカラクリ人形の動きを奉納する行事もあり、起源は1718年頃とされています。1年に2度も楽しめるというのは嬉しいものですね。
3.高山祭の屋台行事/岐阜県高山市935436

出典:行雲流水さんの投稿

4.古川祭の起し太鼓・屋台行事/岐阜県高山市

●毎年4月19・20日
4.古川祭の起し太鼓・屋台行事/岐阜県高山市935485

出典:人生何色&NGさんの投稿

昼間に行われる屋台行列が「静」とすれば、夜の起し太鼓は「動」であり、2つの顔を持つ「古川祭」。付け太鼓をくくりつけた12組の櫓が先頭を争って競い合います。櫓の上には大勢のさらし姿をした男衆が乗り込み、勇ましい姿を見せてくれますよ。日本三大裸祭りの一つとも言われています。

5.知立の山車文楽とからくり/愛知県知立市

●毎年5月2・3日
5.知立の山車文楽とからくり/愛知県知立市935660

出典:Tsukaemonさんの投稿

山車の上で3人遣いの人形浄瑠璃「文楽」が上演されるという、全国でも珍しいスタイルの祭り。この伝統を受け継いでいくため、地元の竜北中学校には文楽クラブが設けられています。また、山車を1回転もしくは反回転させるというのはよく見かけますが、ここではぐるぐると何回も回転させ、そのダイナミックさが評判となっています。

6.亀崎潮干祭の山車行事/愛知県半田市

●毎年5月3・4日
6.亀崎潮干祭の山車行事/愛知県半田市935738

出典:

山車を曳く場所は街中というケースが多い中、半田市で開催される亀崎潮干祭では、干潮時の浜辺に山車を曳き下ろします。海風が吹き抜ける中、大きな山車が並ぶ姿は荘厳。約300年もの歴史があり、塩水に負けないよう何度も修復を繰り返してきた山車は、七宝焼を用いるなど様々なこだわりが施されています。

A photo posted by みっこ (@mikko.chan) on

7.大垣祭の軕(やま)行事/岐阜県大垣市

●毎年5月15日までの15日に近い土・日曜日
7.大垣祭の軕(やま)行事/岐阜県大垣市935782

出典:inazo77さんの投稿

大垣祭で曳くのは「軕(やま)」と呼ばれる出しもの。全部で13両作られており、それぞれ「恵比須軕」や「大黒軕」と名付けられています。かつては、他のお祭りのように毎年5月14・15日と日付が固定されていたものの、1995年からは「毎年5月15日までの15日に近い土・日曜日」とされていて、週末の多くの人出が見込まれるようになりました。

A photo posted by @hi.tana on

大垣まつりの詳細情報

大垣まつり

住所
岐阜県大垣市八幡神社を中心に旧市内一円
アクセス
JR大垣駅から徒歩で3分
営業時間
5月上旬

データ提供

8.尾張津島天王祭の車楽船行事/愛知県津島市・愛西市

●毎年7月第4土・日曜日
8.尾張津島天王祭の車楽船行事/愛知県津島市・愛西市935960

出典:庭の柿の木さんの投稿

日本三大川まつりの一つに数えられている「尾張津島天王祭」は、何と600年以上の歴史があります。歌川広重が描いた図会にも残されている行事です。まるで打ち上がった花火のように丸く光が灯されており、川面に映る姿も見事!ちなみに提灯の数は365個で、その上には12ヶ月を表す12個の提灯が縦に並んでいます。
8.尾張津島天王祭の車楽船行事/愛知県津島市・愛西市935957

出典:

天王祭の詳細情報

天王祭

住所
栃木県宇都宮市馬場通り

データ提供

9.須成祭の車楽船行事と神葭し/愛知県蟹江町

●毎年8月第1土・日曜日
9.須成祭の車楽船行事と神葭し/愛知県蟹江町935988

出典:

宵祭と朝祭は毎年8月第1土・日曜日ですが、成人式を迎える未婚の男性が葭(あし)を刈り取る行事などを含めると、7月から10月までの約100日間となることから「100日祭」という呼び名もあります。ちまきを投げて配ったり、刈り取った葭を神葭として川に流したりといった風習も。

A photo posted by bubisuke (@bubisuke) on

10.桑名石取祭の祭社行事/三重県桑名市

●毎年8月第1土・日曜日
10.桑名石取祭の祭社行事/三重県桑名市936029

出典:Cat’s Eyeさんの投稿

日本一やかましいと言われている奇祭「桑名石取祭」。午前0時になると一斉に鉦と太鼓が打ち鳴らされ、ガンガンと音が響き渡ります。この祭りのために一年があると断言する人がいるほど、桑名市において重要な行事となっているのです。それがユネスコに認められたのですから、喜んでいる人も多いことでしょう。

11.鳥出神社の鯨船行事/三重県四日市市

●8月14・15日

A photo posted by Midorineko Mat (@cutter_mat) on

鯨と船の戦いが神社で行われる珍しい祭り。古くから言い伝えられている民話に沿って行われています。神社で再現されるストーリーにも注目してください。四日市市のゆるキャラである「こにゅうどうくん」もPRに一役買っており、地元の幅広い年代の人々が、この祭りに関わっています。

12.上野天神祭のダンジリ行事/三重県伊賀市

●毎年10月23日~25日
12.上野天神祭のダンジリ行事/三重県伊賀市936106

出典:かずりんさんの投稿

涼しげな風が吹く秋に行われるのが「上野天神祭」。神輿を先頭にして、数百人の鬼たちが練り歩くというもの。恐ろしい顔をしたお面を付けているので、子どもたちは泣いてしまうかも。その後ろには、だんじりも9基続いて進んでいきます。

A photo posted by Masamichi Tano (@masamichiks) on

中部地方の伝統行事を渡り歩こう

無形文化遺産への「山・鉾・屋台行事」の登録数は、東北5件・関東6件・九州5件などに対し、中部地方は12件と圧倒的な行事数を誇っています。旅行しやすい春頃や夏休み頃に開催日が集中しているので、旅行スケジュールに組み込んで渡り歩いてみてはいかがでしょうか?

全国のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード