地獄ってどんなとこ?富山の面白マニアックスポット・まんだら遊苑!

地獄ってどんなとこ?富山の面白マニアックスポット・まんだら遊苑!

「悪いことをしたら地獄に落ちる」……小さい頃、悪いことをしたときにこんなこと言われたりしませんでしたか?血の池や針の山など、聞けば聞くほどおそろしい"地獄"――そんな話に聞くだけの地獄の光景を、ちょっとだけ覗き見できる面白スポットが富山県にあります。それが富山県立山博物館内に併設されている「まんだら遊苑」。ここでは「まんだら遊苑」の魅力をちょっとだけご紹介しますね。

2016年12月18日

「まんだら遊苑(ゆうえん)」って、どんなところ?

富山県立山博物館内にあります

富山県立山博物館内にあります947435

出典:

富山県の霊峰「立山(たてやま)」を望む場所に「富山県立山博物館」があります。「まんだら遊苑」はこの「富山県立山博物館」の施設の一つです。
富山県立山博物館内にあります947436

出典:

「富山県立山博物館」では、立山の自然と私たち人間とのかかわりをテーマにした展示が行われています。

3つに別れた施設の一つが「まんだら遊苑」

A photo posted by tochey (@kito_kitochey) on

施設は大きく3つ。立山の自然や信仰・文化が学べる「展示館」、立山信仰に関する大迫力の映像を見ることができる「遙望館」、そして立山曼荼羅(たてやままんだら)の世界を体感することができる「まんだら遊苑」です。

A photo posted by 結城敦 (@atsunyaaa) on

「まんだら遊苑」の苑内には、地獄をイメージした様々な施設があります。全国どこを探しても、他にはない面白いスポットなんですよ。

ところで、どうして立山で「地獄」なの?

ところで、どうして立山で「地獄」なの?947429

出典:めろことんさんの投稿

どうして富山県の立山に「地獄」をテーマにした施設があるのか。それは、古くから人々の間で進行されている「立山信仰(たてやましんこう)」にルーツがあります。
ところで、どうして立山で「地獄」なの?947431

出典:zaneriさんの投稿

立山は古くから修験道の霊場として知られていましたが、平安時代中期ごろに仏教の地獄・浄土思想が日本に入ってきたことにより、少しずつ形を変えていきます。
ところで、どうして立山で「地獄」なの?947432

出典:komugi-40さんの投稿

人々は、立山が噴火したときの火口を「地獄」に見立て、「神聖な場所」として立山を信仰しました。

A photo posted by Shun (@syuntaso) on

江戸時代になって「立山曼荼羅」と呼ばれる絵が描かれたことで「立山の地獄」は徐々に人々の間に浸透していき、今日のような「地獄のイメージ」ができ上がったと言われています。
ところで、どうして立山で「地獄」なの?947434

出典:hiyo_chikiさんの投稿

この「立山の地獄」は、芥川龍之介、太宰治といった文豪にも大きな影響を与えているんですよ。

お待ちかねの「まんだら遊苑」に行ってみよう!

それでは、"地獄"の勉強も済んだところでさっそく「まんだら遊苑」の中に入ってみましょう!

地獄編

A photo posted by saori asamura (@ir_o_as) on

もう、この標識からして不気味さが漂っています……この生き物は一体なんでしょう?地獄の鬼……でしょうか?
地獄編947414

出典:

「まんだら遊苑」に入るなり「血の池地獄」がお目見えします。真っ赤に染まった本物の血……を使っているわけでは勿論ないのでご安心を。でも見るからに怪しく、おどろおどろしさが漂っています……。
進んでいくと、不思議な井戸があります。この井戸に向かって呼びかけると、自分がこれまでに犯した罪が聞こえてくるんだとか……。あなたはいくつの罪を犯しましたか?
地獄編947412

出典:

更に先へ進むと「精霊橋」と呼ばれる橋が見えてきます。ちなみに、こちらの橋は両脇がガラス張り、下はスケスケの格子の橋です。

A photo posted by すーさん (@oneselfism) on

それなりに高さがあるので、高所恐怖症の人にはまさに"地獄"!
地獄編947416

出典:

そのまままっすぐ「立山山頂」を目指しましょう。といっても、あくまでも形式的なものなので、本格的な登山装備は要りません。この「山頂」の眺めは、ぜひ自分の目で確かめてくださいね。

A photo posted by ゆっけ (@yukke_hell) on

とりあえず、地獄はここまで。ここからは「極楽」を体験しましょう。

極楽編

A photo posted by Naito Keiko (@keikosharon) on

極楽といっても、意外とシンプルな場所のようです。雲や美しい花々に囲まれた場所を想像していた人には、ちょっと物足りないかもしれませんね。ここで静かに目を閉じて、「この世」と「あの世」と「人間の生き方」について思いを巡らせてみるのも良いかもしれません。

「あの世」から「この世」へ

「あの世」を見て回ったら「この世」に戻ってきましょう。「あの世」に行きっぱなしはいけません。
極楽から「この世」に戻るには「闇の道」を通る必要があります。

A photo posted by @tamak274 on

「闇の道」……狭くて暗くて、不気味です。中は、どのようになっているんでしょうか?
「あの世」から「この世」へ947422

出典:

怪しさ満点の狭い道を通り抜けるとそこは……何が目の前に現れるのかは、ぜひ実際に「闇の道」を抜けてからのお楽しみです!満喫しすぎて「この世」に帰ってくるのをお忘れなく!

全国でここだけ!「あの世のテーマパーク」

全国でここだけ!「あの世のテーマパーク」947428

出典:シロエビさんの投稿

富山県の霊峰「立山」。古くから人々に信仰されてきた「立山」は、私たちの暮らす「この世」と地獄・極楽がある「あの世」が接する場所と言えるかもしれません。

A photo posted by 僚 (@oda.1027) on

ぜひ一度「まんだら遊苑」に足を運んで、地獄と極楽を体験してみてくださいね。夏の夜には「まんだらナイトウォーク」が開催。この時期ならではの雰囲気満点のライトアップも見逃せません。
全国でここだけ!「あの世のテーマパーク」947425

出典:

なお「まんだら遊苑」は、12月~3月の間は冬季休苑ですのでご注意を。

富山県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード