滋賀県の秘境美術館。光と緑の桃源郷「ミホミュージアム」

滋賀県の秘境美術館。光と緑の桃源郷「ミホミュージアム」

滋賀県信楽町の観光スポットといえば、緑深い山々に囲まれたMIHO MUSEUM(ミホミュージアム/通称・ミホ美)。ルーブル美術館のガラスのピラミッドで有名なI・M・ペイ氏の建築と、自然が融合した芸術空間はまさに桃源郷。冬季は休業していますが、春になったらお花見がてらおでかけしてみませんか。

2016年12月22日

信楽焼きで有名!信楽観光なら「ミホミュージアム」へ行こう!

信楽焼きで有名!信楽観光なら「ミホミュージアム」へ行こう!960670

出典:

陶芸の町、滋賀県甲賀市信楽町。信楽焼と言えばたぬきの焼き物で有名ですが、信楽観光なら秘境感あふれる美術館「MIHO MUSEUM」がおすすめ!
「信楽陶苑 たぬき村」から車で緑深い山々に向かって車で15分ほど。こんなところに美術館があるの?という場所にありながらも、国内外から観光客が訪れる人気のスポットです。

世界的建築家が手掛けた幻想的な建築、季節ごとの豪華な企画展示、そして壮大かつ貴重なコレクションの数々は、もはや、美術館を越えた芸術空間。美術館好き、建築好きなら一度は行きたい、MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)をご紹介します。

すっごい山奥にあるんです…

初めて行く人は、「え、こんなところに本当に美術館なんてあるの…?」と半信半疑になるほどの山奥にあります。しかし、そんな山々を走る道中も楽しみの一つ。周辺には、鶏鳴の滝や三筋の滝、陶芸施設などもあるので気になるスポットがあれば帰りに寄っていきましょう。
すっごい山奥にあるんです…952856

どこまでも続く細い山道。だんだん不安になってきますが大丈夫です。

山道を登ったり下ったりグネグネと曲がるうちに、突如視界が開け、外国へでも行ったかのような風景が広がります。ここからMIHO MUSEUMのレセプションになっており、さらにここから登ったところに美術館棟があります。
すっごい山奥にあるんです…952861

右側にレセプション棟があり、そこで入場券を買います。ひと息ついたら、早速奥へ進みましょう。

桃源郷への道

レセプションから美術館までの道は、桃源郷をイメージしてつくられています。遊歩道の左右には枝垂れ桜が植えられており、春には美しい光景が広がります。春になると公式HPで、桜の開花情報なども見られますよ。

さらに進むと、何やら不思議なトンネルに出会います。
桃源郷への道952863

美術館の敷地内に、トンネル?

桃源郷への道960782

出典:51さんの投稿

ここからすでにアートな空間がはじまります。歩いて渡ります。トンネル内に並んだ光源が辺りを優しく照らし、内部がカーブしているせいかとても静かで落ち着く空間になっています。

桃源郷への道952653

出典:颯颯(さっさつ)さんの投稿

春にはこんな幻想的な光景に出会えます。

ゆるやかな斜面を登っていくことになりますが、体力が心配だという人はレセプション前から電気自動車に乗って行きましょう(無料・シャトル運行)。
桃源郷への道960744

出典:

トンネル出口側は、とにかく緑が深くまさに桃源郷。橋の下は谷になっていて、景色がとてもいいです。
桃源郷への道960933

出典:@TOHOさんの投稿

やっと美術館棟に到着。でも、ここで満足してはいけません。本番はここからですよ~

美しい建築に圧倒!

レセプション棟から遊歩道、そして美術館棟にいたるまで、設計者は、I・M・ペイ(イオ・ミン・ペイ)によるもので、ルーブル美術館のガラス張りピラミッドを設計したことで有名です。“幾何学の魔術師”との異名を持ち、シャープで幾何学的なデザインが特徴的。世界的にも著名なアジア系建築家の一人です。
美しい建築に圧倒!952659

出典:ISEIさんの投稿

どこにいても自然光を浴びることのできる、ガラス張りの開放的な空間。個性的なのに景観を邪魔しない、計算され尽くした構造美にため息がでます。ここがどこであるか一瞬分からなくなってしまうような、不思議な感覚に包まれます。

美しい建築に圧倒!952656

出典:Ai snapper64さんの投稿

ガラスの向こうには雄大な自然がひろがります。建物に守られていながら、自然の息吹を直に感じる素敵な空間になっています。実は、建物の約80%が地中に潜る造りになっており、自然との調和に対する並々ならぬ意欲を感じ取ることができます。

企画展の豪華さも話題に

企画展は年に3回ほど行われます。
私立美術館ですが、人気が高く、なかなかお目に掛かる機会のない貴重な展示が多く行われています。最近では、伊藤若冲と与謝蕪村、二人の天才人気絵師を特集した企画展が話題を集めました。(なかでも目玉とされた「象と鯨図屏風」はMIHO MUSEUMの所蔵です)。

外国からの来館者も多く、いつ行っても企画展は混雑しています。

A photo posted by akihito (@mt.hit) on

行くたびに楽しめる! 煌びやかな太古の文明!

常設展示は、世界中の様々な文明を総覧できる、とっても豪華な仕様になっています。

紀元前エジプトに始まり、インダス、メソポタミア、ローマなど、各文明の貴重な絵画や彫刻が、それぞれの部屋でじっくり楽しめます。
仏教美術やキリスト教にまつわる資料もあり、歴史に詳しくない人でも楽しめます。
エキゾチックなお面や、現代人の目から見てもお洒落でかっこいい装飾品は一見の価値あり。
文明ごとに異なる美意識を比較しながら楽しむのがオススメです。

ミホ美自慢のカフェ&レストラン

美術館巡りのもう一つの楽しみは、やっぱりお食事です。こちらには、それぞれ趣の異なるカフェとレストランがあります。
そのときの気分に合わせて、美味しいものをいただきましょう。

PINE VIEW (カフェ)

美術館棟の常設展示ゾーン隣りにある、お洒落なカフェ「パインビュー」。片側がガラス張りで日当たりもよく、さらに何と、店内に竹が生えており風流な空間になっています。
ゆったりとした席に腰掛け、ケーキや紅茶をいただきながら四季の移ろいを楽しめます。サンドイッチやパスタなどの軽食もあります。
「PINE VIEW 美術館棟 南館」内観 953071

出典:sa-кцяаさんの投稿

「PINE VIEW 美術館棟 南館」料理 953069 カボチャのプリン

出典:orcristさんの投稿

器に信楽焼をつかったかぼちゃのプリン。こちらのカフェは、食材にこだわり各地から美味しいものを取り寄せています。

パイン ビュウの詳細情報

パイン ビュウ

甲賀市その他 / カフェ

住所
滋賀県甲賀市信楽町桃谷300 美術館棟 南館
営業時間
10:30~17:00(L.O.16:30)
定休日
美術館の休館に準ずる
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

PEACH VALLEY(レストラン)

無農薬のこだわり野菜を使った料理が楽しめます。パインビューに比べて内装はあっさりしていますが、料理は本格的。パンの販売もしているので、店内がお客さんでいっぱいの場合は、購入して外でたべるのもおすすめ。
「ピーチバレイ」料理 960862 おむすび膳(1600円)

出典:モリモリ三太郎さんの投稿

人気の「おむすび膳」。有機野菜をつかうなど食材にこだわっています。他にも手打ちうどんや手打ち蕎麦など、本格和食が食べられます。

ピーチバレイの詳細情報

ピーチバレイ

甲賀市その他 / レストラン(その他)

住所
滋賀県甲賀市信楽町桃谷300
営業時間
(10:00~17:30) ランチタイム (11:30~15:30)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

休館に要注意!

MIHO MUSEUMは、春・夏・秋季とそれぞれ開館期間が決まっており、その期間が終わると、展示入れ替えなどでしばらく休館を挟みます。

冬期は「路面凍結の為」休館になります。次の開館は2017年3月18日(土)~となっていますのでご注意を。
春は桜、秋は紅葉とお花見を兼ねておでかけするといいですね。暖かくなるのを楽しみに開館まで待ちましょう。
2017年展覧会予定


 3月18日(土)~6月18日(日)
  春季特別展 「和ガラスの美を求めて ―瓶泥舎コレクション」北館
  同時開催 「古代オリエント美術の愉しみ
  ― エジプトから中国まで ―」南館(中国・西域展示室)

 8月1日(火)~9月3日(日)
  夏季特別展 「雪村 奇想の誕生」北館

 9月16日(土)~12月17日(日)
  「開館20周年記念特別展」(仮称)北館

※展覧会名・内容変更されることがあります。
※上記期間以外は休館いたします。

出典:MIHO MUSEUM

MIHO MUSEUMへのアクセス

「ピーチバレイ」その他 960963 MIHO MUSEUM美術館棟エントランス

出典:プレーゴさんの投稿

京都駅から電車で15分弱、石山駅で下車してバス利用も可能です。

【バス】
MIHO MUSEUM 行きバスなら約50分820円。タクシーなら約40分。

【車】
混雑時にも対応できるよう大きな駐車場が設けられています(ただし、桜の時期などは満車の場合があります)。
栗東IC→県道55号→県道12号
新名神高速道路信楽ICより
約14km信楽IC→国道307号→県道12号
山奥にありますが、道中も旅の醍醐味です。多少時間はかかりますが自然を満喫することもでき、素晴らしい建築と展示品は一見の価値あり!ぜひ、自然と文化の調和した奇跡の芸術空間を体験してみてくださいね。

滋賀県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード