沖縄観光・もちもちピザは何度も食べたい!「バカールオキナワ」

沖縄観光・もちもちピザは何度も食べたい!「バカールオキナワ」

何度も沖縄旅行を楽しんでいる、初めて沖縄に……訪れる回数関係なく、沖縄旅行を考えているみなさんにおすすめしたい!那覇でしか食べられない、サクッと香ばしくてもちもとの食感が味わえるナポリピッツァのお店「BACAR OKINAWA(バカール オキナワ)」。国際通りからも近いので、沖縄旅行の初日に、または帰る前日に組み込んでほしい、地元の人も観光客にも人気のレストランをご紹介します。

2016年04月01日

何度行っても感動する「バカール オキナワ」

「BACAR OKINAWA」内観 35226

出典:銀座の夜の物語さんの投稿

沖縄に絶品のナポリピッツァを出すお店があります。その味は、ここは東京・中目黒か?と錯覚してしまうほど本格的なもの。なぜ中目黒なのかは、のちほどご説明しましょう。沖縄を訪れたら「BACAR OKINAWA(バカール オキナワ)」に立ち寄るのを忘れてはなりません。BACARとは、乾杯用のグラスの名前。一歩店に入れば、そこには異国的な空間がひろがります。もしかするとそのおいしさは日本一かも?!沖縄に来たら必ず、そして何度でも訪れたい、すべてがスペシャルな"THE沖縄ピッツァ"をご紹介しましょう!

お店のある那覇・久茂地はこんな所

お店のある那覇・久茂地はこんな所35230

出典:

那覇市久茂地は、那覇市中心部に位置するオフィス街。沖縄県庁舎や那覇市役所にも近く、金融機関や放送局などが立ち並ぶ地区。国際通りを県庁方面へ入ったあたりに位置します。沖縄の経済の中心地です。「バカール オキナワ」は、飲み屋やレストランが多い久茂地のにぎやかな通りからは少し離れたところにあり、国際通りからは400mほど。お散歩がてら歩いて行くのに、ちょうどよい場所にあります。

魅力満載のピッツェリア

「BACAR OKINAWA」内観 35233

出典:syusyu313さんの投稿

カリスマ店主が作るピッツァを目当てに、多くの地元民、観光客が集まります。ピッツェリアの名店なのに、提供されるピッツァは2種類のみという、シンプルのなかにこだわりをつめこんだお店。そのピッツァは、一枚くらいはぺろっと食べられてしまうボリューム。もうちょっと食べたいなと思わせるところがニクい演出です。ほかの料理は沖縄県産にこだわった食材で作られ、イタリアンだけど沖縄気分を味わうことができますよ。そして、すべての料理はワインとよく合い、お酒がすすみます♪
「BACAR OKINAWA」内観 35235

出典:Jaffaさんの投稿

また、目の前でピッツァの生地作りや、窯でピッツァが焼きあがる様子など、工程のすべてを近くで見ることができるのも、ほかのお店では味わえない魅力。そのパフォーマンスも楽しみのひとつです。確かな味と合わせて、極上のディナータイムを過ごせると、ウィークデーも人がいっぱいのお店です。

カリスマ店主・仲村大輔さんの華麗なプロフィール

「BACAR OKINAWA」内観 35238

出典:Jaffaさんの投稿

沖縄・久茂地の繁華街にあるピッツェリア「バカール オキナワ」で腕を振るう店主の仲村大輔さんは、1977年沖縄県生まれ。イタリアにて本場のピッツァに感動し、ピッツァイオーロ(イタリアでいうピザ職人)になることを志します。帰国後には東京・中目黒の有名店「SAVOY(現・聖林館)」の味にほれこみ、当時の店主・柿沼進さんに、弟子入りを志願した手紙を送ったそう。5年近く修行して腕を磨いたあと、沖縄にて「バカール オキナワ」をオープンさせた経歴の持ち主。

そう、沖縄にいながらにして東京・中目黒かと錯覚してしまう理由は、ここにあったのです。現在は、久茂地にて店を切り盛りしながら、フードトラックでピッツァを販売するなど、精力的にピッツァの魅力を発信しています。

カリスマが作る絶品ピッツァ

「BACAR OKINAWA」内観 35241

出典:べにいもっこりさんの投稿

メニューに並ぶピッツァは、2種類のみ。「シンプルな味だから、うちのピッツァからはこれ以上引き算できない。だからこそ、食材選びには慎重になります」と仲村さん。限られた材料には、職人の技とこだわりがこめられています!

1.モッツァレラチーズがまろやかな「マルゲリータ」

1.モッツァレラチーズがまろやかな「マルゲリータ」35244

出典:

ほのかな酸味のイタリア産トマトと、イタリアから空輸されている新鮮なモッツァレラチーズ、シチリア塩、オリーブオイルなどの厳選された食材のみを使用したピッツァ「マルゲリータ」です。こだわりのポイントは、加熱されることによって深い味わいになる乳牛を使ったモッツァレラチーズ。あえてまんべなく振らない塩は、どこから食べても味の変化があるようにという配慮から。

2.ニンニクの香りが食欲をそそる「マリナーラ」

「BACAR OKINAWA」料理 35247 マリナーラ1,575円

出典:Min^2さんの投稿

「マリナーラ」はマルゲリータよりさらにシンプルで、具材はトマト、ニンニク、オレガノ・バジリコのみ。ニンニクはヒラヒラに舞えるほど、ナイフで薄くスライスします。上にオリーブオイルをかけて薪釜で約1分焼き上げると、熱せられたニンニクの風味がテーブルにまで届いて、食欲を刺激する一品に。最後にちょっとだけ塩をふれば、シンプルながら絶品のピッツァ完成です。

生地にも、魅惑されるポイントが

「BACAR OKINAWA」内観 35250

出典:Jaffaさんの投稿

ピッツァ生地は、上質な粉の香りが食欲をそそります。気候や湿度を考えてじっくり低温で発酵させる生地は、サクサクの香ばしいところと、もちもちの部分を楽しめるよう、あえて不揃いに伸ばします。このもちもちした食感に、魅了される人が続出!
「BACAR OKINAWA」料理 35252 耳の部分に注目!

出典:森のコロちゃんさんの投稿

ピッツァは平らな部分は薄いため、一枚くらいはペロッと食べられます。ピッツァ以外の前菜や、デザートまでしっかり食べてもらいたいというこだわりから。仲村さん曰く「ピッツァは、具材を楽しむイメージが強いかもしれないが、当店では、生地をおいしく食べていただくことを目指している」とのこと。

ナポリピッツァのおいしさを決める「薪釜」

「BACAR OKINAWA」内観 35255

出典:道さんの投稿

日本を代表する窯職人に作ってもらったオーダーメイドの薪窯は、一見の価値があり!釜から室内に放熱しないよう、鉄の外装を設けたのも釜のこだわりポイント。この薪釜にいれると、約1分ほどで焼き上がります。薪で焼くと、燻したような薪のかすかな香りが移り、その風味も欠かせない魅力のひとつ。焼きあがったピッツァは、1秒でも早く食べていただけるよう、スタッフが小走りでテーブルに運びます。まるで暖炉のような釜の薪の火は、店内のリラックスした雰囲気を作りだしています。

カリスマの流れるような手さばきもポイント

オーダーが入るごとに生地をのばし具をのせ、手際よく作られるピッツァに目がくぎづけ!そして薪釜へと流れるようにピッツァは運ばれていきます。

さあ、ナイフ&フォークでいただこう!

「BACAR OKINAWA」その他 35262

出典:helihopさんの投稿

ピッツァを注文すると、ナイフとフォークがセッティングされます。手で食べない理由は、焼きたてがすぐテーブルに提供されるから。熱々で、手で持って食べることができないのです。本場イタリアでは、ナイフとフォークを使って食べるのが一般的なので、イタリア気分でピッツァを味わいましょう。

前菜から人気メニューをご紹介!

「BACAR OKINAWA」メニュー 35265

出典:Gのぶさんの投稿

県産の食材を使い、その味を生かすよう調理されたものが、20種近くメニューに並びます。ピッツァの前におなかが一杯にならないよう、提供される量が工夫されています。

濃い旨みに虜になる人が続出!

「BACAR OKINAWA」料理 35268 オススメ3種盛り

出典:ナポリタン卵のせさんの投稿

一番人気なのは、「沖縄県産3種の自家製ハム盛合せ」。すべてが沖縄県産の自家製ハムで、牛の生ハム・鴨の燻製・島豚などが好評。なかでも「もとぶ牛の生ハム」はめずらしく、薄くスライスしてあるのに、ねっとりとした濃い旨みのトリコになる人が続出。良質なオリーブオイルとブラックペッパーをちらし、好みでマスタード・からしをつけて、あくまでもシンプルに食材の味を楽しみましょう。「自家製ハム盛合せ」は2種の盛り合わせもあります。

ブロッコリーだって、立派な前菜

「BACAR OKINAWA」料理 35271 ブロッコリー

出典:Web1stさんの投稿

ここのメニューで一番おいしかったという声が高い「ブロッコリー(ニンニク・たかの爪オイル)」!オリーブオイルできつね色に焦がしたニンニクと、唐辛子で味と香りつけした茹でブロッコリーはまさにペペロンチーノ。ワインやビールがどんどんいただけちゃうヘルシーな料理。茹で加減とシンプルな味つけが真似できない職人技をぜひ味わって!

まだまだあります!人気メニュー♡

甘くてとろとろな長ねぎの甘みを感じる♪

「BACAR OKINAWA」料理 35275 長葱のマリネ・・白ワインの恋人というよりも“妻”だな。

出典:美味しんぼう次郎さんの投稿

「長葱のマリネ」はワインのお供として絶大な人気を誇るつめたい前菜。外側はシャキッと内側はとろとろで、ネギの甘みを感じます。シンプルにオリーブオイルとパセリをかけた調理法で、日本の食材をうまくイタリアンにしてしまうのは、まさに「バカール オキナワ」マジック!

コクあるスープが絶品

「BACAR OKINAWA」料理 35278

出典:syusyu313さんの投稿

「モツ煮込み」も売り切れ必至の料理です。ていねいに下茹でした3種類のモツを、トマトで煮込みます。フレッシュトマトの酸味と甘さが、鶏の首肉の出汁と合わさり、コクあるスープに変身!最後にペコリーノチーズでさらに濃厚な味わいに。まったくクサミはありません。

どのメニューもお酒がすすんでとまらない!

「BACAR OKINAWA」ドリンク 35281 かわいい再利用♪(2013.正月)

出典:とも温泉さんの投稿

おいしい料理には、お酒もすすむもの。ドリンクメニューは、お店のこだわりが垣間見ることができますよ。自家製サングリアをはじめ、食前酒に、白・赤ワイン、食後酒、グラッパなど、どれも店主が自信を持っておすすめするものばかり。イタリアのピッツァレラのように、おいしいお酒を飲みながら前菜やピッツァを楽しみましょう!

〆のデザートやエスプレッソも外せない!

濃厚なタルトも絶品

とくに「ドライイチジクとピスタチオのタルト」は、イチジクの酸味をちょっぴり感じる、濃厚なタルト。ふわふわの生クリームにからめて、どうぞ。

とろけるクリームブリュレ……

「BACAR OKINAWA」料理 35288 2012年12月

出典:フランチェスカさんの投稿

「カタラーナ」は、クリームブリュレを凍らせたもの。エスプレッソとよく合う一品です。カラメルの甘苦さとカスタードの甘さが、口の中でとろけます。

本場の味をそのままに!

「BACAR OKINAWA」内観 35291

出典:Jaffaさんの投稿

こちらの「エスプレッソ」は、普通のエスプレッソとは一味違います。エスプレッソマシーンは本場イタリアからとりよせた手動レバー式で、豆もイタリアブランドを使用。
「BACAR OKINAWA」ドリンク 35293

出典:道さんの投稿

最初からエスプレッソに砂糖が入っています。自家製アイスクリームにエスプレッソをかけたデザート・アッフォガートも絶品。〆にはやっぱりおいしいエスプレッソがなくっちゃ!

凍りエスプレッソとミルクのハーモニー

「BACAR OKINAWA」料理 35297

出典:金なし贅沢夫婦さんの投稿

「オリジナルカフェラテ」は、砂糖入りエスプレッソをシャーベット状にしたものを、ミルクで割ったドリンク。エスプレッソが溶けるにつれ、コーヒーの味が濃くなります。シャリシャリとデザートのように食べたり、カフェラテとして飲んだり、二通りに楽しめますよ♪

居心地よいスタイリッシュな大人の空間

店内は、長さ540センチのカウンター席とテーブル席があります。お店に入ると右側にピッツァ窯があって、L型カウンター席が奥に続きます。天井からつるされたオレンジっぽく光るライトのかさは、なんとパスタの袋!面白いアイデアでもあり、イタリアンな雰囲気をかもしだす重要な小道具。
「BACAR OKINAWA」内観 35303

出典:Jaffaさんの投稿

テーブル席のテーブルの脚は、ミシン台。椅子は、90年前のシアターチェアというアンティークなインテリア。どれもこれも、仲村さんのこだわりがあふれています。お酒やデザートを楽しみながら、おしゃれなのに気を張らずに寛げる居心地のよさを楽しみましょう。

そこだけがまるでイタリア!

「BACAR OKINAWA」外観 35306

出典:アキバのうりぼうさんの投稿

那覇・久茂地の路地を入ると、まるでイタリアに来たかのような景色が一瞬広がります。おしゃれな外観とBACARのネオンが目に入るので、すぐに見つけることができます。薪釜は外からも見えるので、ここがピッツァレラということは一目瞭然。異国感ただよう外観なのに那覇の街にとけこんでいます。そこにはゆったりとした時間が流れています。

「バカールオキナワ」のピッツァ、食べてみませんか?

「BACAR OKINAWA」料理 35309

出典:peace_reikoさんの投稿

カリスマ店主・仲村大輔さんの作り出す、シンプルなのにすべてにこだわってるピッツェリア。そのこだわりはピッツァ生地から厳選された食材、前菜にデザート、オーダーメイドの薪窯まで、尽きるところがありません。薪釜のあたたかい火を見ながらおいしいワインをいただいて、夜が更けるまで「バカールオキナワ」を楽しみませんか?

沖縄で食べられる日本一といって過言ではないピッツァをぜひ一度、そして何度でも召し上がってみてくださいね。

BACARの詳細情報

5000BACAR

県庁前、美栄橋、旭橋 / ピザ、イタリアン

住所
沖縄県那覇市久茂地3-16-15
営業時間
17:30~23:00(L.O.22:30)
定休日
水曜日
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

SNSで人気

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード