魅力の宝庫。岐阜のおすすめ観光スポットをご紹介

魅力の宝庫。岐阜のおすすめ観光スポットをご紹介

日本三大名泉にもあげられる下呂をはじめとする温泉の数々、そして高山などの古い街並みや世界遺産の白川郷…岐阜県は、じつにさまざまな魅力を持っています。美濃和紙など伝統工芸にふれる楽しみも。日本のちょうど真ん中ですから、東からも西からもアクセスしやすいのもおすすめポイントです。行けば、納得。きっとあなたのお気に入りの旅先になるはずですよ。

2016年03月23日

35423

出典:bonzさんの投稿

岐阜ってどんなイメージですか?遠方の方にはちょっと印象が薄いかもしれませんね。岐阜は豊かな自然に恵まれ、清流がほとばしり、温泉も豊富にあれば、歴史が香る町も数多いのです。そのうえ、世界遺産までありますから、観光プランは盛りだくさん!そんな岐阜のおすすめ観光スポットをご紹介します。

下呂など温泉がいっぱい!

日本の三名泉のひとつ「下呂温泉」

日本の三名泉のひとつ「下呂温泉」35427

出典:Purpleさんの投稿

草津、有馬と並んで日本三大名泉に数えられる下呂温泉。お肌がすべすべになるといわれる美人の湯として知られています。飛騨川を中心に温泉街があり、数多くの名旅館・ホテルが立ち並びます。川沿いの噴泉池(ふんせんち)や外湯、そして無料の足湯も点在し、散策しながら楽しむこともできます。

A photo posted by @naoflower on

下呂温泉に行ったら訪れてみたいのが「下呂温泉合掌村」。白川郷などから合掌造りの民家を移築し、当時の生活を再現した博物館。村内は、「合掌の里」と「歳時記の森」に分かれ、飛騨の自然と暮らしを体感できます。また、下呂の昔を影絵劇で伝える“しらさぎ座”もあり、常時公演が行われています。
日本の三名泉のひとつ「下呂温泉」35432

出典:kojiroxさんの投稿

山里の情緒あふれる「奥飛騨温泉郷」

山里の情緒あふれる「奥飛騨温泉郷」35435

出典:おかさんの投稿

「奥飛騨温泉郷」は、高山からさらに山深く入った静かな湯の里で、奥飛騨の中では一番歴史のある「平湯温泉」や、平家の落ち武者伝説を残す「福地温泉」など5つの温泉をさします。北アルプスに抱かれた、ひなびた山里の情緒があふれる温泉地です。
山里の情緒あふれる「奥飛騨温泉郷」35437

出典:もょもとさんの投稿

「朴葉(ほおば)味噌」は、飛騨の名物。朴の葉の上に味噌とネギなどをからめたものをのせて、焼きます。香ばしいおいしさに、ごはんがすすみますよ。

日本で1番高い鍾乳洞「飛騨大鍾乳洞」

日本で1番高い鍾乳洞「飛騨大鍾乳洞」35440

出典:シグマΣさんの投稿

奥飛騨温泉郷から高山市方面に戻る途中にある有名観光スポットです。日本の観光鍾乳洞の中で最も高い標高900mにあり、青の世界が広がる「竜宮の夜景」や、「月の世界」と名付けられた出口付近の美しい鍾乳洞など、神秘的な景観をたっぷりと見学できます。

鵜飼いも楽しめる「長良川温泉」

鵜飼いも楽しめる「長良川温泉」35444

出典:O. Michaelさんの投稿

「長良川温泉」は、清流・長良川沿いにある岐阜市内の温泉。市街地ながらも、岐阜城をいただく金華山など四季折々の自然が感じられる癒しの湯です。そして、これからの季節にぜひ楽しみたいのが“鵜飼”。約1300年の歴史を持ち、岐阜の夏の風物詩ともいえます。鵜匠が鵜を見事にあやつる様をぜひ間近でごらんください。鵜飼いは、毎年5月11日~10月15日までです。

A photo posted by Haruka (@neorinha) on

歴史ある町並みを楽しむ

朝市や“古い町並”の散策がおすすめの「高山」

朝市や“古い町並”の散策がおすすめの「高山」35450

出典:トラ撮らさんの投稿

趣きのある出格子(でごうし)が並び、歴史を感じさせる高山の伝統的建造物群保存地区。商人町として栄えた上町、下町の三筋を合わせて“古い町並”と呼びます。造り酒屋の看板にもなっている大きな玉も必見!「酒ばやし」といって、杉の葉を玉にしたもので、新酒ができたことを知らせる役目もあるそうです。
朝市や“古い町並”の散策がおすすめの「高山」35452

出典:北陸のはるさんさんの投稿

朝市や“古い町並”の散策がおすすめの「高山」35454

出典:

朝市も、高山観光の目玉。“陣屋前朝市”と“宮川朝市”の2ヵ所があり、多くの出店が軒を連ねます。食品だけでなく、民芸品などお土産も安く買えますのでぜひのぞいてみてください。お昼までですから、午前中なるべく早めに出かけましょう。

飛騨高山の朝市の詳細情報

飛騨高山の朝市

住所
岐阜県高山市 (宮川沿い)と(陣屋前)
営業時間
夏期6時〜12時・冬期7時〜12時
定休日
無休

データ提供

名水に恵まれた城下町「郡上八幡」

名水に恵まれた城下町「郡上八幡」35457

出典:はむすたさんの投稿

郡上八幡のシンボルである「郡上八幡城」は、日本で一番美しい山城といわれ、歴史小説家の司馬遼太郎にも絶賛されました。木造の再建城としては、日本で最も古いといわれる由緒あるお城です。
名水に恵まれた城下町「郡上八幡」35460

出典:ITAさんの投稿

水に恵まれた郡上八藩の町には、たくさんの水路があります。涼やかな水風景は、この町の大きな魅力。写真の「やなかの水のこみち」は、水路と玉砂利の道沿いに、柳並木や家屋敷が並ぶ美しい小道です。

昔がしのばれる宿場町「馬篭宿(まごめじゅく)」

昔がしのばれる宿場町「馬篭宿(まごめじゅく)」35463

出典:nomsunさんの投稿

「馬篭(まごめ)」は、江戸時代の参勤交代で多くの人々が往来した中山道の宿場町。坂の多い石畳の道は、往時をしのばせます。さまざまなお店をのぞきながら、歴史の道を散策するのも楽しいものです。馬篭は、明治の詩人・小説家である島崎藤村の生誕の地でもあります。

美濃市で歴史散策「うだつの上がる町並み」

美濃市で歴史散策「うだつの上がる町並み」35467

出典:gottyanさんの投稿

“うだつ”とは、江戸時代に作られた屋根の両端にある防火壁のこと。豪商たちが、富を競うかのように立派なうだつを作りました。写真は、旧今井家。家ごとに違ううだつを見比べるのも面白いですよ。

一度は訪れたい世界遺産

日本を代表する合掌造り「白川郷」

日本を代表する合掌造り「白川郷」35472

出典:bluesky05さんの投稿

「白川郷」は、“白川郷・五箇山の合掌造り”として世界遺産に登録されています。合掌造りの急勾配の屋根は、豪雪地帯の知恵。合掌した手の形に似ていることから、合掌造りといわれます。古い家屋は400年もの月日が経っているそうです。
日本を代表する合掌造り「白川郷」35474

出典:K2@buddyさんの投稿

白川郷の合掌集落では、冬期の期日限定でライトアップが行われます。雪景色の中、合掌造りの家屋が灯りに照らし出される幻想的な様は、まるでおとぎ話のよう。今年のライトアップはもう終わりましたが、来年のスケジュールは公式サイトで発表されますのでご興味のある方はぜひチェックしてみてください。

大自然に親しむ

ひるがの高原 「牧歌の里」

ひるがの高原 「牧歌の里」35479

出典:

「牧歌の里」は、奥美濃のひるがの高原にある、花と緑のテーマパーク。馬やジャージー牛、アルパカなどの動物とのふれあいや、季節の花が咲き乱れる広大なお花畑など、お楽しみポイントが盛りだくさんです。春には、チューリップなどが咲きそろい、白山とのコラボレーションも見事です。

日本の滝100選にも選ばれた「養老公園・養老の滝」

日本の滝100選にも選ばれた「養老公園・養老の滝」35483

出典:patashoさんの投稿

「養老公園」は、日本の滝百選にも選ばれている「養老の滝」を中心に、養老山麓に広がる広大な都市公園。養老の滝の周辺は、自然散策路が整備され、四季折々のゆたかな自然や、歴史を感じさせるスポットなどを巡りながら散策することができます。
日本の滝100選にも選ばれた「養老公園・養老の滝」35485

出典:

養老公園のもうひとつの目玉は、「養老天命反転地(ようろうてんめいはんてんち)」。美術家の荒川修作と、パートナーで詩人のマドリン・ギンズによって作られた広大なアート空間で、平衡感覚や遠近法に揺さぶりをかける不思議な芸術庭園になっています。迷路と傾斜で構築された建物(下の写真)など、探検気分で楽しめます。子供の頃の感覚がよみがえってくるかも。

養老公園の詳細情報

養老公園

住所
岐阜県養老郡養老町養老公園
アクセス
養老駅から徒歩で15分
営業時間
9:00〜17:00 荒天時は、臨時閉園あり。
料金
無料

データ提供

伝統工芸にふれる

岐阜の伝統工芸品「美濃和紙」

岐阜の伝統工芸品「美濃和紙」35489

出典:羽晴琉さんの投稿

1300年の歴史を持つ伝統工芸品「美濃和紙」。本美濃紙の技法は、国の重要無形文化財に指定され、2014年には「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」として、島根県の石州半紙、埼玉県の細川紙とともにユネスコの無形文化遺産登録として認定されました。美濃市の「美濃和紙の里会館」では、紙すき体験もできます。
岐阜の伝統工芸品「美濃和紙」35491

出典:hsntさんの投稿

毎年10月に行われる「美濃和紙あかりアート展」。うだつの上がる町並みにコンテストで選ばれたあかりたちが並びます。美濃和紙の繊細な光が創り出す幻想的な世界の美しさに息をのみます。うだつの上がる町並みの旧今井家の近くにある「美濃和紙あかりアート館」では、このイベントが再現され、いつでも入賞作を見ることができますよ。
岐阜の伝統工芸品「美濃和紙」35493

出典:hsntさんの投稿

美濃和紙あかりアート展の作品のひとつです。繊細な美濃和紙を通す光は、優しさとぬくもりに満ちています。

関の刃物

関の刃物35496

出典:

刃物で知られる関市。「関鍛冶伝承館」は、鎌倉時代から続く関鍛冶の技を今に伝える施設で、関を代表する刀鍛冶の日本刀やカスタムナイフ作家の作品の展示をはじめ、併設の日本刀鍛錬場などでは刃物まつりや一般公開日に実演が行われます。

いかがでしたか?

自然に親しみたい人も、歴史や伝統にふれたい人も、温泉などでのんびりしたい人にもおすすめの岐阜県。今年は、岐阜のさまざまな顔に出会う旅に出てみませんか?

岐阜県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ