今注目のワケ。池波正太郎も愛した神田の老舗和食&甘味グルメ7選

今注目のワケ。池波正太郎も愛した神田の老舗和食&甘味グルメ7選

今はビジネス街として賑わっている神田ですが、大通りを少し外れると昭和レトロ漂う和食の老舗がいくつもあります。特に神田須田町は戦火を免れ、明治や昭和初期築の木造建築の店が今でも健在。それらの多くは、「東京都選定歴史的建造物」に指定され、外国人観光客やアニメ等の聖地巡礼にも人気です。しかしその以前から、グルメ愛好家・池波正太郎は神田のそれら老舗を深く愛していました。玄関を上がると下足札を渡され、畳の上で寛ぎ、飲食を楽しむ…。今では希少となった、昭和の原風景を神田の老舗飲食店で体験しませんか?

2016年12月27日

天保元年創業の「鬼平」気分に浸れるあんこう鍋老舗「いせ源」

あんこう鍋というのは、食べつけたら、それこそ「たまらない……」ものだそうな。それほど熱中はしていない私だが、酒に、あんこうはよいと思う。

出典:「食卓の情景」新潮社

「いせ源 本館」料理 964524 アンコウ鍋

出典:まぐろくんさんの投稿

「あんこう鍋」の注文は一人前から可能。すっぽんの食感にも似ている、プルプルのあんこうの身はとにかく絶品です!

江戸末期の天保元年(1830年)に創業した老舗のあんこう料理専門店。当時はあんこう鍋の他にも、よせ鍋、かき鍋など、様々な鍋料理を提供していたとのことです。しかし、あんこう鍋に人気が集中し、大正時代に東京で唯一のあんこう料理専門の店となりました。現在の店舗は大正12年の関東大震災による全焼後、昭和5年に建て直したもので、奇跡的に戦禍を免れ、当時と変わらぬ姿を残しています。「あんこう鍋」には、じっくり1時間以上蒸して、味に深みが出たアンキモが使われています。あんこう鍋の最後には、締めとしてタマゴをかけた雑炊。味わいが凝縮し、たまらない美味しさです。
「いせ源 本館」料理 934468 鮎の塩焼き御膳 1300円

出典:ゆっきょしさんの投稿

秋冬が旬のあんこうですから、夏場は魚の定食も提供されます。

「いせ源 本館」内観 964542

出典:okamoooさんの投稿

畳のお部屋で仲居さんが給仕してくれるのでリラックスして食事に集中できます。

「いせ源 本館」外観 964555

出典:椿三十郎さんの投稿

昭和5年に再建された、「東京都選定歴史的建造物」に選定されている「いせ源」の建物は、見るだけでも価値がありそうですね。

いせ源 本館の詳細情報

5000いせ源 本館

淡路町、小川町、新御茶ノ水 / あんこう、鍋(その他)

住所
東京都千代田区神田須田町1-11-1
営業時間
11:30~14:00(L.O.13:30) 17:00~22:00(L.O.21:00) ※土日祝祭日は通し営業致します
定休日
無休(4月~10月は土日祝祭日休み、年末年始を除く)
平均予算
  • ¥6,000~¥7,999
  • ¥10,000~¥14,999

データ提供

明治に創業された鳥すきやきの老舗「ぼたん」

見栄も体裁もなく、うまい鳥を客に安く食べてもらおうという商売の仕方で、これはいまも変わっていないことが、三十年ぶりに行って見てわかった。

出典:「食卓の情景」新潮文庫

「ぼたん」料理 941716

出典:

「鳥すきやき」の具は、つくね、葱、焼き豆腐、白滝。葱と白滝で味に奥行きがでます。

明治30年ごろからこの地で営業している「ぼたん」。奇跡的に戦災をまぬがれた神田須田町界隈にあり、「ぼたん」の昭和初期築の建物も「都選定歴史的建造物」に指定されています。こちらは創業以来"鳥すきやき"一筋。ガスを使わず伝統の味を守り続けるために今でも備長炭と鉄鍋で調理されています。鳥の旨みを十二分に引き出すこだわりの「鳥すきやき」は昔も今も多くの人から愛されています。
「ぼたん」料理 941790 鶏鍋

出典:ジュニアーズさんの投稿

甘めの醤油ダレを入れて、グツグツ煮えてきたら、食べ頃。溶いた生卵でいただきます。老舗にしか出せない旨味とコクがあり絶品です。

「鳥すきやき」の締めの親子丼。ここでしか食べられない極上の一品です!

「ぼたん」外観 941743

出典:うどんが主食さんの投稿

奇跡的に戦災をまぬがれた神田須田町界隈。「ぼたん」の昭和初期築の建物も「都選定歴史的建造物」に指定されています。

ぼたんの詳細情報

5000ぼたん

淡路町、小川町、新御茶ノ水 / すき焼き、鳥料理

住所
東京都千代田区神田須田町1-15
営業時間
[月~土] 11:30~21:00(最終入店20:00) *7/18(土)〜9/30(水)まで臨時休業いたします。
定休日
日・祝 *7/18(土)〜9/30(水)まで臨時休業いたします。
平均予算
  • ¥8,000~¥9,999
  • ¥8,000~¥9,999

データ提供

「文豪」になりきって絶品料理を楽しみたい「山の上」

結局、「山の上ホテル」の天ぷら「山の上」へ行く。調理主任の近藤文夫君が、「きょうは、鯒のいいのが入りました」「じゃあ、薄く、やってもらおうかな」

出典:「池波正太郎の銀座日記」新潮文庫

「てんぷらと和食 山の上 本店・御茶ノ水」料理 934818

出典:ミトミえもんさんの投稿

ケーキのようにも見える「さつまいもの天ぷら 丸十」。外はかりっと、中はほくほくしていて自然な甘さが絶品です。一緒についているブランデーをかけると、贅沢なデザートにも変身しますよ。

池波正太郎をはじめ、三島由紀夫、井上靖、松本清張、吉行淳之介など数多くの昭和の文豪たちが「山の上ホテル」を常宿としていました。天ぷらと和食の老舗「山の上」は、そんな「山の上ホテル」にある店であり、文豪たちもその味をこよなく愛していました。また、「近藤」「深町」「楽亭」など有名天ぷら店の職人たちが修行したのもこの「山の上」。また、江戸前の天ぷらといえば魚介のみが普通でしたが、当時珍しかった野菜の天ぷらを取り入れ、香りを意識した太白胡麻油と純正胡麻油のブレンドを使い始めたのも、こちらのお店でした。衣のしっとりとした食感はさすが食通の文豪たちをうならせてきただけあります。
「てんぷらと和食 山の上 本店・御茶ノ水」料理 964649 天丼

出典:ノバンディさんの投稿

海老と伏見唐辛子だけの「海老天丼」。海老天が6本も乗っているのに、美味しすぎて足りなく感じることも。

クリスマスシーズンはライトアップされて美しい「山の上ホテル」。いつでも絵になる由緒あるホテルで、大切な人と極上の天ぷらを食べられたら幸せですね。

てんぷらと和食 山の上 本店・御茶ノ水の詳細情報

5000てんぷらと和食 山の上 本店・御茶ノ水

神保町、御茶ノ水、新御茶ノ水 / 天ぷら、ふぐ、懐石・会席料理

住所
東京都千代田区神田駿河台1-1 山の上ホテル 1F
営業時間
【全日】朝食7:00~(L.O.10:00)10:30 【平日】ランチ11:00~(L.O.14:30)15:00 【土日祝】 ランチ11:00~(L.O.15:00)15:30 【全日】ディナー17:30~(L.O.21:00)22:00
定休日
無休
平均予算
  • ¥10,000~¥14,999
  • ¥20,000~¥29,999

データ提供

池波正太郎が週一で通うこともあった本格割烹「花ぶさ」

はじめて入ったときから現在まで、この店のおかみさんをはじめ店の人たちのあつかいは全く変らぬ。つまり、通りがかりに入った、はじめての客への親切が、いまも変らぬということで、

出典:「散歩のとき何か食べたくなって」(新潮文庫)

「花ぶさ」料理 964684 車海老と白魚の天ぷらと御飯セット 1365円。

出典:コ〜タロウさんの投稿

1000円ちょっとで食べられるランチの「天ぷら定食」。池波正太郎も愛した味を、気軽に美味しく味わえますよ。

「花ぶさ」は昭和39年創業です。お店のある、現在の外神田4丁目は当時は神田花房町であったので、店名につけられたとのことです。池波正太郎がこの界隈を散歩中に、偶然のれんをくぐったことから、「花ぶさ」との長い付き合いが始まりました。エッセイで「戦前の東京の心意気をしのばせる」と評していた名物女将・佐藤雅江さんから、九星気学も習ったとの逸話もあります。また、名物の「千代田膳」は池波の命名で、ほぼすべてのコースにつく「生芝海老揚真丈」も、池波の考案だそうです。池波直筆による敷紙やのれん、土産袋なども見ることができ、池波正太郎ファンにはたまらない割烹です。
「花ぶさ」外観 964707

出典:†ひな†さんの投稿

入り口左手にある坪庭には綺麗に植物が植えられて、雰囲気のある佇まいです。

「花ぶさ」その他 946574 池波先生の色紙

出典:いおしろさんの投稿

飾ってある池波正太郎の色紙。味わい深い絵に人柄まで現れているよう。

花ぶさの詳細情報

花ぶさ

末広町、湯島、上野広小路 / 割烹・小料理

住所
東京都千代田区外神田6-15-5
営業時間
11:30~14:30 17:30~22:00
定休日
日・祝
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

東京三大藪そばの本家! 「かんだやぶそば」

先ず「藪」で、みんなと待ち合わせる。酒を一、二本というところか。

出典:「散歩のとき何か食べたくなって」(新潮文庫)

「かんだやぶそば」料理 944953 せいろうそば

出典:bottanさんの投稿

「かんだやぶそば」の特徴である淡い緑色をした「せいろうそば」。健康に良いクロレラが少量加えて出されています。のど越しが最高です。

江戸時代から「藪そば」は、おいしいおそば屋さんの代名詞。「藪そば」とは、江戸の中期に東京都豊島区の雑司ヶ谷の藪の中の農家が出す美味しいおそばが名物になり、それが由来となったそう。今では東京三大藪そばとして有名ですが、その本家が、ここ「かんだやぶそば」になります。そばの特徴は、外1割(そば10、小麦1)で、そばの風味が香る、柔らかいおそばです。「かんだやぶそば」の初代の堀田七兵衛は、蕎麦の風味が落ちる夏の時期に清涼感を楽しんでもらおうと、蕎麦の若芽を練り込みました。これが薄緑色のそばの始まりだそうです。現在はクロレラでこの色を出しています。
「かんだやぶそば」料理 944957 小田巻蒸し

出典:asakusa777さんの投稿

明治の頃から大人気の「小田巻蒸し」♪ そばつゆで味付けされて、具にはうどんに穴子、銀杏、芝海老、鴨のつくねなどが入っています!

東京三大藪そばの本家!   「かんだやぶそば」945116

出典:

大都会にいながら、こんな景色を見ておそばを食べられるなんて素敵ですね! 日本人だけでなく、外国人にも人気が出るのも納得です。

「かんだやぶそば」外観 964766 外観

出典:bottanさんの投稿

2001年に「かんだやぶそば」の建物は東京都選定歴史的建造物の指定を受けましたが、2013年の火災により、店舗の約1/3を焼失してしまいました。その後、店舗を改築し、2014年秋 新店舗で営業を再開。改築された後も、江戸の風情が感じられます。

かんだやぶそばの詳細情報

5000かんだやぶそば

淡路町、新御茶ノ水、小川町 / そば

住所
東京都千代田区神田淡路町2-10
営業時間
11:30~20:30(L.O.20:00)
定休日
水曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

「出すものは何でもうまい」by池波正太郎 「神田まつや」

いまでも、有名な蕎麦屋では、カレー南蛮を出さない。その是非はさておいて、私がよく足を運ぶ神田・須田町の蕎麦屋「まつや」には、この一品がメニューにあって、それがまた、うまい。うまいといえば「まつや」で出すものは何でもうまい。

出典:「むかしの味」新潮文庫

「神田まつや」料理 964935 カレー南ばんそば(2013.1)

出典:Babboさんの投稿

池波正太郎も絶賛の「カレー南ばん」。一流の老舗なのに、こういう庶民的なメニューも出すのが、「神田まつや」の懐の深さ。食欲をそそる香りと、スタンダードな味わいが絶妙です。

「神田まつや」の店舗は関東大震災後の1925年に建築された木造の建物で、江戸情緒溢れる老舗らしい佇まいです。2001年には東京都の歴史的建造物に選定されています。行列もできる人気店で、店内では昼夜問わず多くの人がおそばにお酒やおつまみを楽しんでいます。特に、ごま蕎麦が有名であっさりした味が癖になりますよ。
「神田まつや」料理 945371 【2016.5月追加】ごまそば、ちょっとアングルを変えてみましたw

出典:愛妻家14号さんの投稿

お店のおすすめでもある「ごまそば」。ツルツルしたそばに、コクのあるごま汁が絶妙な味わいをかもし出します。

「神田まつや」その他 945399 おっ! ちょうど、蕎麦を切っているところ、ラッキー♪

出典:なまらうまいさんの投稿

そば打ち、そば切りの光景を店内で見られるのも嬉しいですね。そばを待つ期待感がさらに増します。

「神田まつや」外観 965067

出典:bunbuncameraさんの投稿

東京都の歴史的建造物に選定されている、渋い店構えが、ビルの間で存在感を放っています。

神田まつやの詳細情報

5000神田まつや

淡路町、小川町、新御茶ノ水 / そば

住所
東京都千代田区神田須田町1-13
営業時間
[月~金] 11:00~20:00(L.O.19:45) [土・祝] 11:00~19:00(L.O.18:45)
定休日
日曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

最近では「ラブライブ!」の舞台としても有名なレトロな甘味処「竹むら」

神田・須田町の「竹むら」へ入ると、まさに、むかしの東京の汁粉屋そのもので、汁粉の味も、店の人たちの応対も、しっとりと落ちついている。

出典:「むかしの味」新潮文庫

「竹むら」料理 965144 田舎しうこ「

出典:うどんが主食さんの投稿

粒あんの「田舎しるこ」と、こしあんの「御前しるこ」から選べます。懐かしい素朴な甘さです。

「竹むら」は淡路町駅から程近い、外堀通りから一本入った雑居ビル群の中にある風情ある一軒家の甘味処です。連日行列ができる大人気店。東京都の歴史建造物に指定されている昭和5年築の店舗の外観のみならず、店内も昭和にタイムスリップしたかのようなレトロな家具が並んでいます。メニューも昔懐かしいものばかりで、名物の「揚げまんじゅう」「お汁粉」「あんみつ」、そして、夏期は「かき氷」や「氷しるこ」も人気です。
「竹むら」料理 965164 揚げまんじゅう

出典:jumpjump999さんの投稿

名物の「揚げ饅頭」の衣はカラっと揚げられ、生地はもっちり、餡は控えめで絶品です!

「竹むら」料理 940794 あんみつ

出典:bottanさんの投稿

甘さもしつこくなく、滑らかなこし餡が絶品の「あんみつ」。

「竹むら」外観 965166 燃えないでね・・・

出典:玉かずらさんの投稿

1930年築の建物は、2001年「都選定歴史的建造物」に指定されました。レトロな日本を味わえると、外国の方々が好む観光名所にもなっています。

竹むらの詳細情報

5000竹むら

淡路町、小川町、新御茶ノ水 / 甘味処、かき氷、和菓子

住所
東京都千代田区神田須田町1-19
営業時間
11:00~20:00(L.O.19:40)
定休日
日曜・月曜・祝日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

いかがでしたか?

今回ご紹介した神田の老舗名店は、地元の人たちや古くからの愛好家で今でも人気です。最近はそれだけでなく、その昭和レトロな建物を舞台にしたアニメ、映画、ドラマも多く作られているので、若い人も聖地巡りに訪れるようです。また、外国人観光客が日本的なものを求めてやってくることも多く、観光名所にもなったりと、沢山の人から注目を集めています。グルメ愛好家池波正太郎の好んだ味ですから、見た目だけでなく文句なしに美味しいお店ばかり。レトロな「神田」に癒されに、出かけてみませんか?

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード

全国を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先