絶景・美瑛で写真撮影の旅。宿泊は「オーベルジュてふてふ」で!

絶景・美瑛で写真撮影の旅。宿泊は「オーベルジュてふてふ」で!

米国アップル社の壁紙でも知られる「青い池」の撮影者である写真家・ケント白石氏が営む宿「オーベルジュてふてふ」。北海道は美瑛町のワイルドな自然に囲まれた場所にひっそりと佇む小さなホテルです。静かに過ごせる雰囲気といい、美味しい料理といい、大人のためのホテルなんです。写真術に関するワークショップや撮影ガイドなどこちらのホテルならでは!“#写真好きな人とつながりたい”方も必見です。

2017年01月15日

旅の楽しみって・・・?

旅の楽しみって・・・?1002700

出典:kuromu24さんの投稿

美味しいものを食べたり、温泉で癒されたり、大自然でリフレッシュしたり・・・旅の楽しみって人それぞれですよね。今回は、旅のおとも・カメラにフォーカスをあてたスポットとホテルをご紹介します!“カメラ好き”の“旅好き”さんは注目ですよ。

花と丘の町、美瑛へ行こう

絵になる景色と出会う旅

絵になる景色と出会う旅1002683

出典:Banzs-hiroさんの投稿

ただそこにいて、カメラのシャッターを切れば絵になってしまう…そんな絶景と出会えるのが北海道上川郡にある町・美瑛。なだらかな丘が続く、まさに「THE 北海道」といった雄大な景色が広がる町です。旭川空港から車で30分に位置する美瑛は、春には花が溢れ、夏には新緑と青い空が広がり、冬には美しい雪景色に様変わりと一年を通して見どころがいっぱいなんです。

思わずシャッターを切ってしまう!おすすめ観光スポット

春夏秋冬と見どころいっぱいの美瑛なら、ベストショットも連発です!思わずシャッターを切ってしまうような、絶景に出会えるおすすめスポットをご紹介します。カメラ片手にぜひ出かけてみてくださいね!

白金青い池

白金青い池978676

出典:

美瑛といえば有名なのは「青い池」です。青く見えるのは、十勝岳中腹を源とする硫黄沢川からアルミニウムを含んだ水が流れと白ひげの滝の麓を流れる美瑛川の水と混ざると目に見えないコロイドが生成されているためと言われています。11月1日から2月末まで夜の時間には池のライトアップが行われているので冬期に訪れるのがおすすめです。

白ひげの滝

白ひげの滝978680

出典:

青い池のそばにある「白ひげの滝」もおすすめです。こちらは崖の途中、岩盤の割れ目から十勝岳の地下水が湧き出して滝になるという珍しい滝です。

四季彩の丘

四季彩の丘978685

出典:ドサンコ(休止中)さんの投稿

「四季彩の丘」はその名の通り四季を通して美瑛を満喫することができるスポットです。4月下旬~10月下旬のグリーンシーズンには展望花畑で写真のような絶景を眺めることが可能です。さらに冬はスノーランドとしてウィンタースポーツを楽しむことができます。

続いてご紹介するのが、“カメラ好き”の“旅好き”さんにおすすめの小さなホテル「オーベルジュてふてふ」です。

魅力いっぱい「オーベルジュてふてふ」

魅力いっぱい「オーベルジュてふてふ」978666

出典:

美瑛の奥にひっそりと佇む、かわいらしい見た目の宿「オーベルジュてふてふ」。プロの写真家であるオーナーのこだわりがつまった小さなホテルです。寛ぎの空間でゆったりとした時間を過ごすことができると評判なんです。「青い池」まではスムースに行けば車で10分程度という立地です。

世界的な写真家、ケント白石氏の宿

A photo posted by NaoAkimoto (@naoaki1973) on

“カメラ好き”の“旅好き”さんにおすすめしたい理由はなんといってもこちら!オーナーがプロの写真家、ケント白石氏なんです。ケント白石氏といえば、Macの待ち受け画面として使われている「青い池」の撮影者としても知られています。

こちらの宿に宿泊すると別料金で写真術に関するワークショップや撮影ガイドを受けることもできるので、写真好きの方はたまらないはず。ケント白石氏の写真や写真をつかったグッズなども購入できますよ。

まるで家にいるような気分のペンション

まるで家にいるような気分のペンション1002714

出典:

客室は全部で7部屋。ツインルーム5室、ダブルルーム1室、4名様まで泊まれる和室が1室あります。清潔感ある室内は、まるで家にいるかのようにリラックスできますよ。

季節によって変化するサロンからの眺め

美瑛は四季折々の変化が魅力の地です。こちらの宿ではそんな美瑛の季節の変化を存分に楽しむことができます。特に施設内のサロンスペースでは景色を一望できますよ。

夏の緑に囲まれた美瑛も素敵ですが冬化粧に包まれた景色も魅力的。何度行っても違う美瑛に出会えそうです。

「オーベルジュ」ならではの料理によるおもてなし

「オーベルジュ」ならではの料理によるおもてなし978669

出典:

「オーベルジュ(Auberge)」とは、主に郊外や地方にある宿泊設備を備えたレストランのことを指します。こだわりの道産の食材を利用したコース料理は絶品です。

「てふてふ」料理 978670 繊細な魚介の前菜。混ぜて食べます。

出典:うかりんさんの投稿

魚介の前菜「海の幸のファンタジー」。まずはトップにのったウニをそのまま味わってみた後、混ぜていただきます。繊細な味わいで口当たりの優しい食感です。

「てふてふ」料理 1002728 Apple製品の壁紙に採用されている“青い池”「撮影したカメラマンのペンションにて、北海道でも有名なシェフが腕を振るってくれたチーズフォンデュ!
素材の味が最高です‼︎

出典:Seiさんさんの投稿

温野菜のチーズフォンデュには生でも食べれるトウモロコシ、「ピュアホワイト」が使われています。食材の多くには野菜が取り入れられていてとってもヘルシー!新鮮な野菜はソースがなくても甘くて美味しいんです。

@watakayoが投稿した写真 -

その他にも美瑛豚の角煮など、お肉料理や魚介の造りも新鮮で美味しいですよ。

「オーベルジュ」ならではの料理によるおもてなし1002716

出典:

朝から焼きたてパンを味わう幸せ!自家製パンは、宿の前に広がる麦畑でとれた麦を使って作られているんです。

完全貸し切りの露天風呂でゆったり

完全貸し切りの露天風呂でゆったり978674

出典:

開放感のある露天風呂付き浴室が2つあって好きな時間に貸し切りにして利用することができます。湯船には香り高いオンコ(イチイ)の木を使用。露天風呂からは針葉樹の広がる絶景を独占できます。

てふてふの詳細情報

てふてふ

美瑛町その他 / オーベルジュ、フレンチ

住所
北海道上川郡美瑛町美沢双葉
定休日
無休
平均予算
  • ¥20,000~¥29,999

データ提供

オーベルジュてふてふの詳細情報

オーベルジュてふてふ

美瑛(びえい) / 旅館

住所
北海道上川郡美瑛町美沢双葉
アクセス
JR美瑛駅から車で15分。旭川空港から30分。新千歳空港から...

データ提供

いかがでしたか?

いかがでしたか?1002740

出典:fesさんの投稿

美瑛は多くの魅力溢れる大自然に囲まれて心も身体もリフレッシュできるスポットです。カメラ片手に行くには絶好の場所です。観光の際には「オーベルジュてふてふ」で宿泊して贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

北海道のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ