2017年01月17日

穴場の京都観光!虹の苔寺と呼ばれる「光明院」の美しい庭でゆっくりと

穴場の京都観光!虹の苔寺と呼ばれる「光明院」の美しい庭でゆっくりと

JR東海の「そうだ 京都、行こう。」のポスターにも起用されたこともあるのですが、訪れる人は少なく隠れた名所として、通が訪れるスポットになっている『光明院(こうみょういん)』。京都随一の紅葉景勝地『東福寺』の塔頭でもあり、枯山水庭園『波心庭』では四季折々の素晴らしい景観を見ることができます。

994943

出典:

東福寺の勅使門を出てすぐに見えるのが『光明院』。観光寺ではないので、静かに庭を楽しみたい人向けとも言えます。紅葉シーズンは、東福寺のように混雑しないのでゆっくり紅葉が楽しめますが、おすすめは新緑の中の「波心庭」で光る苔。特に雨上がりの苔の美しさは息を飲むほどですから、春から夏にはぜひ足を運んでください。

茶亭「羅月庵」で自分を見つめてみる

茶亭「羅月庵」で自分を見つめてみる994758

出典:北陸のはるさんさんの投稿

開創(かいそう)は金山明昶(きんざんめいしょう)の光明院の見どころは、方丈前の「波心の庭」でしょう。州浜型の白砂に苔の枯池が素晴らしく、三尊石組を配した池泉式の枯山水庭園。サツキやツツジが雲紋になぞらえて刈り込まれており、間から覗く茶亭・蘿月庵は月が雲から見えるように配置されているのが魅力です。

amiさん(@ami_zzz)が投稿した写真 -

「雲ハ嶺上ニ生ズルコトナク、月ハ波心ニ落ツルコト有リ」は禅の句ですが、これをなぞらえて作ってあるのも魅力です。静かに自分を「見つめたい」そんな旅にぴったりじゃないでしょうか。
茶亭「羅月庵」で自分を見つめてみる994760

出典:丹波屋さんの投稿

作庭家・重森三玲の作品でもある「波心庭」は、東福寺とはまた違った美しさがあります。白砂は大海原を、大きな石が光の加減で輝くとまるで極楽浄土のようにも見えます。高台の雲上「羅月庵」で、のんびり薄茶をいただき、自分自身を見つめてみる。そんな旅こそが、京都観光の真髄ともいえるでしょう。
茶亭「羅月庵」で自分を見つめてみる994755

出典:北陸のはるさんさんの投稿

吉野窓からは、春は新緑・秋は紅葉と素晴らしい景観を望むことができます。京都には、窓越しに庭を楽しめる寺院が多いのですが混雑することも多くじっくり楽しめないこともあります。ぶらり一人旅を楽しみたい人や、現状から少し離れて自分を見つめなおしたい……そんな時には時間を忘れてここで過ごしてみませんか。
茶亭「羅月庵」で自分を見つめてみる1004105

出典:1bonneさんの投稿

東福寺から光明院まで、臥雲橋を越えてから徒歩数分。こちらは無人のことが多く志納金を竹筒に入れて庭を拝観するようになっています。観光寺ではありませんので、ピーンとした空気が張り詰めています。ここは『庭の美しさを静かに楽しみたい』人の為の空間となっているので、門前に貼り紙があるように穏やかに拝観しましょう。

紅葉の隠れた名所

紅葉の隠れた名所995772

出典:mykaoruさんの投稿

東福寺の紅葉は有名ですが、光明院の紅葉はまた格別な美しさがあります。茶亭・羅月庵からは、障子に赤々と紅葉が光で移された様子が楽しめますし、吉野窓から見る紅葉は絵画の如く目に焼き付きます。
個人的には、苔が美しい季節が好きなのですが静かに紅葉を楽しみたいならこちらにも足を向けてみてください。

重要文化財の厠も見ておこう!

重要文化財の厠も見ておこう!994951

出典:鴨川の夕立!さんの投稿

勅使門横には禅僧が使用していた厠(トイレ)、「東司(とうす)」があります。室町時代前期の遺構のため、国重要文化財に指定されています。当時どのように使用していたかなどの説明もあるので、ここも忘れずに見ておきたいですね。

拝観は静かに行いましょう

拝観は静かに行いましょう995778

出典:せりぞうさんの投稿

光明院は観光寺ではありませんので、住職が不在な事が多いです。入口で志納金を竹筒に入れて拝観しましょう。日没まで拝観可能ですが、季節によって時間が異なりますからあらかじめ間に合うように訪れたいもの。ここは『静かに美しい庭を楽しむ』為に、好意で開放されていますので玄関前の立札を良く読んで他人の迷惑にならないようにマナーを守りましょう。どこのお寺でも同じですが、皆さん文化や庭、建造物を楽しみに旅行に来ています。お互いに気持ちが良い時間を過ごせるようにしたいですよね。

東福寺 光明院の詳細情報

東福寺 光明院

住所
京都府京都市東山区本町15-809
アクセス
京阪本線鳥羽街道駅から徒歩5分

データ提供

京都市営バス88・202・207・208系統「東福寺」バス停下車、徒歩10分
京阪本線「鳥羽街道」駅下車、徒歩5分
JR奈良線「東福寺」駅下車、徒歩10分

庭を楽しんだらひと息入れよう!グルメスポット紹介

大谷園茶舗

「大谷園茶舗」外観 994748

出典:angelsさんの投稿

東福寺の北、泉涌寺道にある茶舗でお土産のお茶はもちろんのこと、自慢の抹茶を使ったスイーツが楽しめます。「宇治抹茶くず湯」は冬季限定のスイーツで、心も体もぽかぽかに温まります。「古都の恋心パフェ」は、オリジナルの抹茶生チョコ「古都の恋心」を使ったボリューム満点で人気パフェ。
「大谷園茶舗」料理 994750 古都の恋心パフェ

出典:

自家製わらびもちや抹茶カステラは、一度食べると病みつきになる美味しさ!抹茶をふんだんにつかったスイーツがたくさんあるので、どれを食べようか迷うくらいですよ。自家製ケーキは週替わりで食べられたり、和菓子と抹茶のセットで京都らしさを楽しんでも良し!

大谷園茶舗の詳細情報

大谷園茶舗

東福寺、七条 / 日本茶専門店、甘味処、パフェ

住所
京都府京都市東山区今熊野椥ノ森町7
営業時間
[月~土]  9:00~18:00 喫茶(9:30~L.O.17:00)
定休日
日曜、祝日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

茶匠 清水一芳園 京都本店

「茶匠 清水一芳園 京都本店」外観 994742

出典:

老舗で味わう抹茶スイーツの前に、お腹も満たせるのがこちら。紀州天然マグロなどを使った「特製やみつきランチ」は、数に限りがあるので、問い合わせをしてから訪れて。ご飯の量は調節できるので、スイーツ前に軽く食べたいときにぴったり。「勝浦天然まぐろ茶漬け」は、ほうじ茶をブレンドした特製だしで。満腹感がある一杯です。
 茶匠 清水一芳園 京都本店994744

出典:

「勝浦天然まぐろ丼」は、ほんのり甘さがあるたれに、ワサビと卵がベストマッチ!まるでスイーツを食べているかのような旨味が口の中に広がります。
「茶匠 清水一芳園 京都本店」料理 994747

出典:ちょねす0910さんの投稿

宇治抹茶をたっぷり使用した抹茶アイスがてんこ盛りの「清水パフェ」は、見ただけでお腹がいっぱいになりそうなボリューム感。抹茶以外も、世界中の美味しいお茶を楽しむ事ができるので気分で選ぶのもありですね。

茶匠 清水一芳園 京都本店の詳細情報

茶匠 清水一芳園 京都本店

七条、東福寺、清水五条 / カフェ、パフェ、海鮮丼

住所
京都府京都市東山区本瓦町665
営業時間
[水〜日] 11:00〜16:30(LO)
定休日
月曜・火曜(但し祝日営業翌日休業)、年末年始
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

東山の苔寺を後にして

東山の苔寺を後にして994974

出典:北陸のはるさんさんの投稿

東福寺から『光明院』を拝観したら、『正覚院』や『芬陀院(雪舟寺)』もじっくりと回ってみたいもの。東山の自然を散策ながら『泉涌寺』までのぶらりと歩くのも良いですよ。東福寺駅近くには、ハモ料理の『魚市』があるので夕食を食べてからホテルに戻ってもOK。一般的には、紅葉シーズンが人気ですが、美しい苔を楽しめる春にもゆっくり足を運んでみましょう。

京都府のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

京都府×ホテル・宿特集

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ